ロキソニンとカロナールの作用の違い

まずは、ロキソニンとカロナールの作用について見比べてみましょう。効果を発揮する作用のメカニズムに違いがあります。

ロキソニン(ロキソプロフェン)

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)のタイプに分類されます。

体内の「痛み、炎症、発熱」などを引き起こす物質(プロスタグランジン)が作られるのを抑えることによって、炎症に伴う腫れや痛みをやわらげ、熱を下げます。

カロナール(アセトアミノフェン)

NSAIDsとよばれる一般的な解熱鎮痛薬とメカニズムに違いがあります。非ピリン系解熱鎮痛薬に分類され、脳の中枢神経や体温調節中枢に作用することによって、解熱鎮痛効果を示します。

ロキソニンとカロナールのお薬の剤型<タイプ>

ロキソニン(ロキソプロフェン)

ロキソニンには、内用薬として、錠剤の他に細粒があります。外用薬としては、テープ剤、パップ剤、ゲルがあります。

カロナール(アセトアミノフェン)

カロナールには、内用薬として、錠剤の他に細粒、シロップ、ドライシロップがあります。外用薬としては、坐剤があります。

ロキソニンとカロナールの価格の違い

2016年1月時点

ロキソニン(ロキソプロフェン)の錠剤

薬価:
1錠17.5円
(参考)ジェネリック医薬品の薬価:
1錠5,6〜9.6円
34 件