血行が悪いとどうなるの?

血行が悪くなることによって、全身に様々な影響が出ることがあります。下記の症状で当てはまることがあれば、血行が悪くなっているサインかもしれません。

生活習慣から血行をよくしましょう

お腹を冷やさないようにしましょう

身体が冷えると血行が悪くなり、さらに手足が冷えるという悪循環が起こります。
温かい血液を全身に送るためには、お腹を冷やさないようにすることが大切です。

運動不足を解消しましょう

筋力が落ちると、血液を送り出すポンプの働きや血液を全身から心臓へ送り返す働きが低下します。また、筋肉には熱を生み出す力もあるため、寒い時こそ体を動かし、筋肉をつけるように意識しましょう。

規則正しい生活をしましょう

朝食は体温を上げる役割があるため、欠かさず食べるようにしましょう。栄養の偏りがないよう主食・主菜・副菜のそろったバランスの良い食事をとることが大切です。
また、寝不足やストレスによりホルモンバランスが乱れると血行不良が起こりやすくなるため、睡眠や休息はしっかりとりましょう。

食事で血行をよくしましょう

水分をとりましょう

水分補給が疎かになると、血液がドロドロになってしまいます。水かお茶をこまめに飲むようにしましょう。

理想のタイミング

46 件