【2021年】解熱鎮痛薬のロキソニンとカロナール。1分でわかる、作用や効果・副作用の違い【基礎知識】 – EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報 【2021年】解熱鎮痛薬のロキソニンとカロナール。1分でわかる、作用や効果・副作用の違い【基礎知識】 | EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報

【2021年】解熱鎮痛薬のロキソニンとカロナール。1分でわかる、作用や効果・副作用の違い【基礎知識】

発熱

2021年7月27日更新
3826152 views
解熱鎮痛薬の薬として処方される頻度の高いロキソニンとカロナール。どちらも医療用の薬と同じ成分のものが市販薬としても販売されており、皆様にとっても身近に購入できる薬になります。 どちらもよく耳にする薬だけど、ロキソニンとカロナールってどう違うの?と疑問を持たれている方のために今回は、ロキソニンとカロナールの作用・効果・副作用の違いなどについて説明します。

ロキソニンとカロナールの作用の違い

 



まずは、ロキソニンとカロナールの作用について見比べてみましょう。効果を発揮する作用のメカニズムに違いがあります。

ロキソニン(ロキソプロフェン)

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)のタイプに分類されます。

体内の「痛み、炎症、発熱」などを引き起こす物質(プロスタグランジン)が作られるのを抑えることによって、炎症に伴う腫れや痛みをやわらげ、熱を下げます。

カロナール(アセトアミノフェン)

NSAIDsとよばれる一般的な解熱鎮痛薬とメカニズムに違いがあります。非ピリン系解熱鎮痛薬に分類され、脳の中枢神経や体温調節中枢に作用することによって、解熱鎮痛効果を示します。

ロキソニンとカロナールの薬の剤型<タイプ>




ロキソニン、カロナール共に錠剤以外にも様々な薬のタイプがあります。その時の自分にあった剤形を選ぶ目安にしてください。

ロキソニン(ロキソプロフェン)

ロキソニンには、内用薬として錠剤の他に細粒があります。

錠剤は市販薬でもありますが、細粒は医師の診察を受けないと購入することはできません。
複数の会社から発売されているので、ロキソプロフェンという名前で検索したほうがいいかもしれません。このほかにも、外用薬としてテープ剤、パップ剤、ゲル、ローションがあります。
外用薬は全て市販薬として購入可能です。どの外用薬を選ぶかの基準は、部位や薬の使いやすさなどによって自分で選ぶことができます。

カロナール(アセトアミノフェン)

カロナールには、内用薬として錠剤の他に細粒、シロップ、ドライシロップがあります。
細粒とドライシロップはよく似ていると思われがちですが、ドライシロップは甘みなどのコーティングがしてあり、そのままで飲んでも水に溶かして飲んでもいい薬です。
市販薬であれば、錠剤、シロップがあります。外用薬としては、坐剤があります。坐剤は市販薬もあります。アセトアミノフェン自体は苦いので、成人であれば錠剤、小児であれば、使いやすさから坐剤、シロップを選ばれることが多いです。


ロキソニンとカロナールの価格の違い




ロキソニンとカロナールはどちらも解熱鎮痛剤です。では、価格はどのような違いがあるでしょうか。

ロキソニン(ロキソプロフェン)の錠剤

薬価:
1錠12.4円
(参考)ジェネリック医薬品の薬価:
1錠5.7〜9.8円

カロナール(アセトアミノフェン)の錠剤

薬価:
カロナール200 1錠6.2円
カロナール300 1錠7.2円
カロナール500 1錠8.2円

(参考)ジェネリック医薬品の薬価:
実は、カロナールはジェネリック医薬品に分類され、アセトアミノフェンを成分とする先発医薬品はありません。

ロキソニンとカロナールの効果・副作用の違い




どちらも痛みや熱、炎症を抑える解熱鎮痛薬として処方されます。同じような効果が期待できますが、副作用の面では少し違いがあります。

ロキソニン(ロキソプロフェン)

解熱鎮痛薬として効果が期待できる薬ですが、副作用のリスクもあります。副作用としては特に胃腸障害があります。そのため、胃腸が弱い方や消化潰瘍の方は、服用には注意が必要です。胃薬が合わせて服用されることが多くあります。

その他の副作用としては、吐き気、嘔吐、発疹などもあります。市販薬でも、成分であるロキソプロフェンを含む薬が第1類医薬品(代表例:ロキソニンS)として販売されています。

カロナール(アセトアミノフェン)

ロキソニンを代表する非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDS)と比較すると、副作用が少なく、効果が穏やかだと言われており、妊娠中に服用されるケースもあります。ただ、自己判断で飲まずに必ず、医師の指示の元に服用しましょう。

小さな子どもにも、カロナールの成分であるアセトアミノフェンを含む薬は、粉薬や座薬などでも一般的に処方されます。市販薬でも、風邪薬などでアセトアミノフェンを含む薬は多く販売されています。

もちろん、副作用がないわけではなく、効果についても個人差があります。主な副作用としては、発疹、嘔吐や食欲不振などがあります。

ロキソニンとカロナールの子どもの服用についての違い




子どもの急な発熱や痛みで市販薬を使いたいという方もいると思います。子どもへの使用はどのようになっているのでしょうか。

ロキソニン(ロキソプロフェン)

ロキソニンの「小児等への投与」の添付文書には下記のような記載があります。

“低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない。”

このため、基本的にロキソニンは、小さな子どもには使用されず、子ども用に用量設定などもありません。
自己判断で、薬の量を半分にしたからといって子どもに服用させないようにしましょう。
ロキソニンと同じ成分を含む市販薬においては、15歳未満の服用は認められていません。

カロナール(アセトアミノフェン)

カロナールの「小児等への投与」の添付文書の記載は、下記になります。

“低出生体重児,新生児及び3ヵ月未満の乳児に対する使用経験が少なく,安全性は確立していない。”

カロナールは、ロキソニンと違い、幼児や小児、子どもに対しても処方されます。体重1kgあたり1回10〜15mg、1日総量60mg/kgを限度とし、成人の量を超えないこととされています。医師の指示を必ず守って、服用しましょう。
また、市販薬において、15歳未満でも服用できるものがあります。

ロキソニン・カロナールの市販薬はある?


市販薬は病院に行かなくても購入できるのがメリットですが、ロキソニン・カロナールは市販薬はあるのでしょうか?

ロキソニン(ロキソプロフェン)

ロキソニン(ロキソプロフェン)が主成分の商品を3つご紹介します。
第一三共

ロキソニンS 12錠

販売価格 535.0円(税込)

1回1錠で痛みに速く効く

「ロキソプロフェンナトリウム水和物」が、痛みや熱の原因物質をすばやく抑え、すぐれた鎮痛効果・解熱効果を発揮します。胃への負担が少ないプロドラッグ製剤です。 眠くなる成分(鎮静催眠成分)を含みません。1回1錠でよく効きます。のみやすいピンクの小型錠です。

分類 第1類医薬品
有効成分 ロキソプロフェンナトリウム水和物
服用回数 原則2回まで
服用可能年齢 15歳以上
眠くなる成分 なし
有効成分・含有量 9点|10点中
コストパフォーマンス 8点|10点中
即効性 9点|10点中
第一三共

ロキソニンSテープL 7枚

つらい肩・腰の痛みの芯まで直接浸透

優れた鎮痛消炎効果をもつロキソプロフェンナトリウム水和物を配合。痛みの芯まで直接浸透。辛い痛みにしっかり効く。微香性で匂いも目立ちにくく、1日1回で、しっかり密着して効果を発現します。

分類 第2類医薬品
有効成分 ロキソプロフェンナトリウム水和物
服用回数 1日1回
服用可能年齢 記載なし
眠くなる成分 なし
有効成分・含有量 9点|10点中
コストパフォーマンス 8点|10点中
即効性 9点|10点中
ライオン

バファリンEX 10錠

世代を超えた様々なつらい痛みに

ロキソプロフェンナトリウム水和物配合。ダブルアクション2層錠で眠くなる成分を含まない。アクション1で、胃粘膜保護成分が胃を守る。アクション2で有効成分が鎮痛効果を発揮。1回1錠、飲みやすい小粒の錠剤です。

分類 第1類医薬品
有効成分 ロキソプロフェンナトリウム水和物/乾燥水酸化アルミニウムゲル
服用回数 原則2回まで
服用可能年齢 15歳以上
眠くなる成分 なし
有効成分・含有量 9点|10点中
コストパフォーマンス 10点|10点中
即効性 9点|10点中

カロナール(アセトアミノフェン)

カロナール(アセトアミノフェン)が主成分の商品を3つを紹介します。

ジョンソン・エンド・ジョンソン

タイレノールA 10錠

空腹時にのめる優しさで、効く

タイレノールAは,主に脳(中枢神経)に作用し、痛みや熱をおさえます。胃にはもともと、胃酸から胃壁を守るプロスタグランジン(PG)という物質があります。タイレノールAはこのPGにほとんど影響を与えないため「空腹時」にものめるやさしさで、効果があります。

分類 第2類医薬品
有効成分 アセトアミノフェン
服用回数 1日3回を限度
服用可能年齢 15歳以上
眠くなる成分 入っていない
有効成分・含有量 8点|10点中
コストパフォーマンス 7点|10点中
即効性 7点|10点中
ライオン

バファリンルナJ 12錠

学生でも飲みやすい

年齢に応じた服用量で、小・中・高校生も服用可能です。学校生活を邪魔しないよう、眠くなる成分を含みません。水無しで飲めるチュアブル錠です。

分類 第2類医薬品
有効成分 アセトアミノフェン
服用回数 1日3回を限度
服用可能年齢 7歳以上
眠くなる成分 入っていない
有効成分・含有量 8点|10点中
コストパフォーマンス 8点|10点中
即効性 7点|10点中
大正製薬

ナロン錠 24錠

発熱・頭痛・生理痛に

発熱・頭痛・歯痛・生理痛等お悩みの方の解熱鎮痛薬です。アセトアミノフェン・エテンザミドの解熱鎮痛作用、ブロモバレリル尿素の鎮静作用により、これらの痛みを効果的にしずめます。本剤は非ピリン系で、8歳の子どもから服用できます。

分類 指定第2類医薬品
有効成分 アセトアミノフェン/エテンザミド /ブロモバレリル尿素/無水カフェイン
服用回数 1日3回まで
服用可能年齢 8歳以上
眠くなる成分 入っていない
有効成分・含有量 9点|10点中
コストパフォーマンス 9点|10点中
即効性 8点|10点中

ロキソニン(ロキソプロフェン)・カロナール(アセトアミノフェン)の市販薬 比較一覧

 

商品画像 ロキソニンS 12錠
第一三共
ロキソニンSテープL 7枚
第一三共
バファリンEX 10錠
ライオン
タイレノールA 10錠
ジョンソン・エンド・ジョンソン
バファリンルナJ 12錠
ライオン
ナロン錠 24錠
大正製薬
商品名 ロキソニンS 12錠 ロキソニンSテープL 7枚 バファリンEX 10錠 タイレノールA 10錠 バファリンルナJ 12錠 ナロン錠 24錠
特徴 1回1錠で痛みに速く効く つらい肩・腰の痛みの芯まで直接浸透 世代を超えた様々なつらい痛みに 空腹時にのめる優しさで、効く 学生でも飲みやすい 発熱・頭痛・生理痛に
最安値

535.0円(税込)

送料:無料 詳細を見る

1,400円(税込)

送料:無料 Yahoo! 詳細を見る

627円(税込)

送料:無料 Yahoo! 詳細を見る

699円(税込)

送料:無料 Amazon 詳細を見る

788円(税込)

送料:610円 楽天 詳細を見る

509円(税込)

送料:無料 Amazon 詳細を見る
商品リンク

ロキソニン、カロナールに共通する注意点

 



・空腹時での服用を避け、食後に服用しましょう

・1度服用したら、最低でも4時間以上あけるようにしましょう。

・医師の指示どおりの量を守りましょう。効かないからといって、薬の飲み過ぎは厳禁です。ご自分の判断で量を増やしたり、頻繁に飲まないようにしましょう

・一つの解熱鎮痛作用のある薬を服用している場合は、他の解熱鎮痛薬を服用しないようにしましょう。作用が強くなり、副作用のリスクが高まります。

・稀に、今まで副作用がなくても、体調などの変化によって突如薬に対するアレルギー症状(湿疹、アナフィラキシー、ショック症状など)が起こる可能性があります。いつもと違う、少しおかしいと思うような症状が出た場合は、副作用の可能性がありますので、すぐに医師・薬剤師に相談するようにしましょう。


ロキソニン・カロナールについてのQ&A


市販薬のロキソニンとカロナールについてよくある質問をまとめました。

ロキソニンとカロナールを併用することはできますか?
ロキソニン・カロナールの併用については海外の研究レベルでは併用したほうがより効果が出るとの報告もありますが、はっきりとした結論は出ていません。同じ成分のものを併用してしまうと体内に過剰な量が入る可能性があるので、服用前に成分については確認してください。また、市販薬のロキソプロフェンは製品の添付文書のしてはいけないことの欄に[他の解熱鎮痛薬と併用できません]と記載があるものがありますので、その場合は併用することができません。
飲み合わせの悪いものってありますか?
カロナールは飲み合わせの悪いものは特に存在しません。ロキソニンについては、一部の抗生物質や血糖降下薬などの処方された薬と飲み合わせが悪いものがありますので、通院されている方は薬剤師にお尋ねいただいた方がいいでしょう。
生理痛にはどっちがいいですか?
鎮痛薬で子宮への移行性はアセトアミノフェンとロキソプロフェンではそこまで大きくは違いがないので、どちらが有意ということはありません。自分が使いやすい方を使われていいと思います。
新型コロナワクチンの副反応対策にアセトアミノフェンやロキソニンは使えますか?
厚生労働省からの発表で、アセトアミノフェンもロキソニンも接種後の痛みや発熱に対して使用することができるとなっています。この2つ以外の薬も使用することができます。市販薬で購入することも可能ですので、薬局でお尋ねください。ただし、副反応を恐れてワクチン接種前にこれらの薬を服用しておくことは、ワクチンの目的である免疫の獲得に悪い影響がある可能性があるため、おすすめできません。
アセトアミノフェンとロキソプロフェンはドーピング対象の薬ですか?
両方とも成分として対象のものではありません。ただし、市販薬の場合、その他の成分が対象となる場合があるので、スポーツ競技者は服用前に薬剤師にお尋ねいただければと思います。

まとめ


カロナールとロキソニン、同じ解熱鎮痛薬でも、以上のような違いがあります。

もちろん、薬による効果や副作用の差はありますが、人によっても効果や副作用に差がありますので、一概には効果や副作用の比較というのは難しい部分があります。新型コロナワクチンの副反応対策として市販薬を購入される際には、薬剤師にご相談ください。

主治医と相談しながら、症状に合った薬を処方してもらい、治療をしていくことが大切です。


くすりの窓口は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

この記事を書いたアドバイザ

竹中 孝行
薬剤師として働く傍らで、健康・お薬のこと、薬局・薬剤師のことを知ってもらうための活動をしております。 毎年、みんなで選ぶ薬局アワードというイベントを開催しております。詳しくはホームページ欄のリンク先をご覧く...

関連する記事

新着の記事