漢方薬と一般的な医薬品はどう違うの?

そもそも、漢方薬と一般的な医薬品がどう違うのか気になっている方もいるかもしれません。

漢方は、もともと中国で発達し、日本に渡ってきた伝統医学になります。植物、動物、鉱物などの天然物である生薬を2種類以上組み合わせて作る薬です。1つの薬に複数の生薬を含んでいるため、様々な効果が期待できます。

一方、一般的な医薬品は、症状に対して1番効果がある成分を抽出して、直接的に症状に効かせるイメージになります。市販薬の場合は、様々な効果を期待して、成分が何種類か入っている場合もあります。

漢方薬は、原料が天然物なので、副作用が少ないイメージですが、必ずしも副作用が起こらないわけではないので注意が必要です。

また、漢方薬では、その人の年齢や体型、体力、体質、その時の状態などによって、その人に合った漢方薬が処方されるため、同じ病気でも、違う漢方薬が処方されることや、違う病気でも、同じ漢方薬が処方されることがあります。

葛根湯の効果

葛根湯は、風邪の初期症状に用いられ、熱を上げることで、外部から侵入した菌・ウイルスを弱らせ、発汗を促し、体温を下げる効果があります。

そのため、すでに熱が高い状態や汗を多くかいている場合は、本来の効果が期待できない可能性もあります。そのため、まだ熱がでていない、汗をかいていないなど、風邪のひきはじめに飲むと効果がより期待できます。

具体的には、比較的体力がある方において次の症状に効果が期待できます。

・寒気、発熱
・鼻かぜ
・鼻炎
・頭痛
・肩こり
・筋肉痛
など

風邪症状以外でも、じんましんのかゆみ、はれ、赤みなどにも用いられることがあります。

葛根湯の成分

葛根湯には、7つの生薬が配合されています。

・葛根(カッコン)
・麻黄(マオウ)
・桂皮(ケイヒ)
・芍薬(シャクヤク)
・甘草(カンゾウ)
・大棗(タイソウ)
・生姜(ショウキョウ)

もちろん、名前の如く、葛根(カッコン)が多く含まれており、又、それぞれの生薬の効果によって、様々な風邪症状の改善を期待することができます。

葛根湯を飲むタイミング

葛根湯の飲み方は、成人では、「1日7.5gを2-3回に分けて、食前若しくは食間に水またはぬるま湯で飲みます。」年齢や体重、症状などによって量は適宜増減されます。

食前・・・食事の30分前が目安
食間・・・食事と食事の間、食後2時間後が目安

胃に何も入っていない状態で飲むほうが吸収は良く、効果的であるため、「食前」又は「食間」に飲みます。ただ、先に飲むとどうしても気持ち悪くなって食欲がなくなる、食前に飲み忘れた、などの場合は、食後に飲むようにしましょう。

葛根湯の副作用・注意点

葛根湯の副作用

人によっては、稀に下記のような副作用がでることがあります。

次の症状がみられた場合は、すぐに服用を中止し、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

・食欲不振
・胃部不快感
・発汗過多
・頻脈
・動悸
・発疹、かゆみ
など

重篤な副作用

肝機能障害・・・だるい、発疹・かゆみ、発熱、黄疸(皮膚や目が黄色くなる)
偽アルドステロン症・・・だるい、血圧上昇、むくみ、脱力感、筋肉痛

葛根湯の注意点

・心臓や血管に作用がある「麻黄」の成分を含んでおり、高血圧、心臓病、腎臓病など循環器系の持病がある方は服用に注意が必要となります。

・葛根湯とは別に、他のお薬を服用する場合は、お薬の作用や成分に重複がないか確認が必要です。

・解熱剤で熱を下げる場合は、葛根湯の作用(発汗作用を促し、体温を下げる効果)と効果が逆に働き、飲み合わせとして適正ではない可能性もあります。

上記の注意点について、詳しいことは公的な文章を確認したり、主治医や薬剤師の方に必ず相談するようにしましょう。
31 件