アディポネクチンとは?

アディポネクチンとは、脂肪細胞から分泌される善玉ホルモンの一種です。
アディポネクチンは血液中に存在し、傷ついた血管を修復するなど血管のメンテナンス役としての働きや、脂肪燃焼作用、血管拡張作用などがあり、生活習慣病を予防する効果が期待されています。そのため、別名「長寿ホルモン」「やせホルモン」とも言われています。
アディポネクチンは脂肪細胞から分泌されますが、内臓脂肪が増えるとアディポネクチンの分泌量が減少してしまうことが分かっています。内臓脂肪を減少させることでアディポネクチンは自然と増加するため、日々の運動に加え食生活の改善が大切です。

アディポネクチンの働き

◎糖尿病予防

アディポネクチンは糖質の代謝を促進するとともに、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの働きを助けるため、糖尿病を予防する効果があります。

◎脂質異常症予防

アディポネクチンは脂肪燃焼を高める働きがあります。脂肪燃焼を高めることによって、余分な脂肪の蓄積を防ぐため、脂質異常症を予防・改善する効果があります。

◎高血圧予防

アディポネクチンは血管を拡張し血流を良くする働きがあるため、高血圧予防に効果的です。

◎動脈硬化予防

アディポネクチンは血中に含まれ、全身を巡って傷ついた血管の修復を行います。また、それだけではなく血管を拡げることで血流を良くするため、動脈硬化を予防する効果があります。

アディポネクチンを増やす食事のポイント

◎大豆たんぱく質

大豆たんぱくに含まれる「βコングリシニン」はアディポネクチンを増やすといわれています。大豆や豆腐、納豆などの大豆製品を積極的に取り入れるようにしましょう。

◎EPA

45 件