メタボリックシンドロームとは?

メタボリックシンドロームとは、肥満に高血圧・高血糖・脂質代謝異常が組み合わさり、動脈硬化を起こしやすい状態のことです。

内臓脂肪とは?

体脂肪には、皮膚の下にたまる「皮下脂肪」と内臓の周りにたまる「内臓脂肪」の2種類があります。メタボリックシンドロームを予防するためには「内臓脂肪」を減らすことが大切です。
体内の脂肪1kgを消費するのに必要なエネルギーは、約7200kcalと言われています。例えば、1ヶ月で1kgの脂肪を減らそうとすると、7200kcal÷30日=240kcalとなり、1日あたり240kcal分のエネルギーを多く消費するか、その分食べる量を減らせば良いことになります。食品のカロリー表示等を意識して、減量の参考にしてみてください。

メタボ予防のポイント

①食事はバランスよく摂り、腹八分目を心がけましょう

主食・主菜・副菜のそろった食事を心がけましょう。
満腹まで食べると、食べ過ぎにつながり、余分な脂肪や糖分が蓄積してしまい、内臓脂肪がつきやすくなります。

②よく噛んで食べましょう

脳が満腹を感じるまでには時間がかかります。食事時間は20分以上、一口30回噛むことを目標にすると、満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを防ぐことができます。

③食事は規則正しく摂り、寝る前の食事を控えましょう

夜更かしや朝寝坊は、朝食の欠食や昼食のドカ食いにつながりやすくなります。また、夜はエネルギーの代謝が低下しているため、寝る前の食事は内臓脂肪の蓄積を招きます。寝る2~3時間前までには夕食をすませるようにしましょう。

④野菜から先に食べ、食物繊維をたっぷり摂りましょう

野菜を先に食べることで、主食などの食べ過ぎを防ぐことができます。また、野菜や海藻類、きのこ類、豆類などに多く含まれる食物繊維には腸でコレステロールや糖分の吸収を防ぐ働きがあります。
44 件