【看護師執筆】授乳時の乳首の痛みはどうすればいい?おすすめのブレストシェル5選 – EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報 【看護師執筆】授乳時の乳首の痛みはどうすればいい?おすすめのブレストシェル5選 | EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報

EPARKくすりの窓口

くすりのお役立ちコンテンツ

【看護師執筆】授乳時の乳首の痛みはどうすればいい?おすすめのブレストシェル5選

参考になった1

2022/7/29
68
「授乳時に乳首がチクチク痛む」「乳首に傷ができている」とお悩みではありませんか?
ママの乳首は繊細で赤ちゃんを抱っこする姿勢が悪かったり、赤ちゃんの吸い付きが浅かったりとちょっとした理由で傷ができ、痛みが出ます。
今回の記事では、授乳時の痛みに悩むママに向けて、乳首の痛みの原因、乳首が痛くなったときに確認するべきポイント、痛みがあるときの乳首ケア、おすすめのブレストシェルを紹介していきます。
ぜひ、参考にして授乳を痛み無く過ごしましょう。

1. 当コラムに掲載されている情報については、原則として薬剤師、医師その他の医療及び健康管理関連の資格を持った方(以下「薬剤師等」といいます)による助言、評価等を掲載しております。当社自身でも掲載内容に不適切な表記がないか、細心の注意を払って確認をしておりますが、医療及び健康管理上の事由など、その内容の正確性や有効性などについて何らかの保証をできるものではありません。あくまで、読者皆様ご自身のご判断にてお読み頂き、ご参考にして頂ければと存じます。

2. 当コラムにおける一般医薬品に関する情報は、読者、消費者の方々に適切な商品選択をして頂くことを目的に、薬剤師等に対して当社より課題、テーマを提示の上、執筆を依頼しております。主眼は、商品より成分であり、特定の商品に関する執筆を依頼しているわけではなく、また特定の医薬品製造事業者等(以下「メーカー等」といいます)からの販売又は紹介に関する対価が発生するものではありません。

3. 当コラムにおける一般医薬品のアフィリエイトリンクにつきましても、読者、消費者の方々への購入の利便性目的に設置しており、前項同様、特定商品の販売により薬剤師等やメーカー等に報酬が入るものではなく、特定商品の誘引を企図したものではありません。

4. 当コラムにおける情報は、執筆時点の情報であり、掲載後の状況により、内容の変更が生じる場合があります。当社は、掲載されている情報を予告なしに変更、更新する場合があります。

5. 記事内で紹介している商品の価格や送料、URLは、JANコードをもとに、対象商品を販売するECサイトが提供するAPIを使用し、生成しています。掲載価格の変動、JANコードの誤登録等による情報相違等があることも考えられ、最新価格や商品の詳細等についてはECサイト、各販売店又はメーカー等よりご確認をお願いします。

6. 当社が行う、調剤薬局様における商品取り置きサービスにつきましても、あくまでユーザーの受け取りの簡便化が目的であり、特定商品及び特定薬局への誘引を企図したものではありません。

7. 前各項に関する事項により読者の皆様に生じた何らかの損失、損害等について、当社は一切責任も負うものではありません。



授乳時の乳首の痛みの原因はどんなもの?


看護師

上原 ひかりさんのコメント

「乳首に痛みが出てきたけど、痛みの原因が分からない」とお悩みのママは多いのではないでしょうか?
ここからは授乳時の乳首の痛みの原因を「ポジショニング」「ラッチオン」「ブラジャーや母乳パットによる摩擦」「搾乳の方法」の4つの視点に分けて解説していきます。


ポジショニングが上手くいっていない

授乳時の乳首の痛み原因として多いのは、「ポジショニングが上手くいっていない」ことです
ポジショニングとは、赤ちゃんを抱っこするときの姿勢のことです。
姿勢が悪いと、赤ちゃんが上手くおっぱいに吸い付くことができなくなり、乳首への負担が高まり乳首に痛みが生じます。
授乳するときは、授乳クッションを活用する、背もたれのある椅子に座るなどし、安定した姿勢を取れるように心がけましょう。すると乳首への負担が減り、痛みも生じにくくなります。

ラッチオンが上手くいっていない

ラッチオンが上手くいっていない

授乳時の乳首の痛みの原因としては、ラッチオンが上手くいっていない可能性も考えられます。
ラッチオンとは、赤ちゃんがおっぱいを飲むときの吸い付き方のことです。
に上手に吸い付くことができていないと、乳首の局所に圧迫がかかり痛みが生じやすくなります。
赤ちゃんが大きく口を開けたタイミングで赤ちゃんがママの乳輪までくわえ込むことができるようにすると、乳首への負担が減り痛みは生じにくくなりますよ。

ブラジャーや母乳パットによる摩擦がある

乳首の痛みの原因としては、ブラジャーや母乳パットによる摩擦も考えられます。
授乳が始まると、おっぱいは母乳を作るため張ります。そのため、通常時に比べておっぱいが大きくなり、普段使っていたブラジャーだとこすれて痛みが生じることがあります。
また、母乳パットを利用している場合は母乳パットが濡れて固くなり、乳首が繰り返しこすれて痛みが生じていることもあります。
授乳時は、普段より大きめのブラジャーを利用する、母乳パットはこまめに取り替えるようにすることをおすすめします。

搾乳方法が間違っている

搾乳方法が間違っているのも、乳首の痛みの原因になります。
母乳の出が悪いからと、乳首を強くつかんで搾乳すると、乳首が傷つき痛む原因になります。
搾乳時は、乳輪をつかんで周りを優しく押すようにするようにし、乳首が傷つかないように気をつけると痛みは出にくくなりますよ。


乳首が痛くなったら再確認したいポイント




乳首に痛みが生じると、授乳も辛くなりますし、痛いし辛い気持ちになりますよね。
ここからは乳首が痛くなったら再確認したいポイントを3つ紹介していきます。

正しいポジショニング・正しいラッチオンができているか?

ポイント1つ目は、正しいポジショニング・正しいラッチオンができているかです。
なぜなら、乳首が痛くなる原因で最も多いとされているのは、これらが正しくできていないことだからです。
ポジショニングは、スタンダードなものとして横抱きが良いと言われていますが、実はおっぱいの大きさや形で正しいポジショニングは変わります。また、ラッチオンのコツも赤ちゃんによって変わります。「赤ちゃんを上手に抱っこできている気がしない」「赤ちゃんが上手くおっぱいを吸ってくれない」という方は、地域の母乳相談窓口に電話をかける、母乳外来に行くなどして、助産師や看護師から正しいポジショニング、正しいラッチオンを習うことをおすすめします。

自分に合ったサイズのブラジャーを利用できているか?

乳首が痛くなったら、自分に合ったサイズのブラジャーを利用できているか確認することをおすすめします。
なぜなら、自分に合わないサイズのブラジャーを利用していると、乳首がこすれ痛みが出現する原因になるからです。
「ブラジャーと乳首がこすれて痛い」という方は、授乳用ブラジャーのお店やネット通販を見て自分に合うもの探してみるのもおすすめです。

正しい搾乳ができているか?

正しい搾乳ができていなかったから、乳首が痛くなっていたという方も多いです。
母乳を出すために、乳首を強くつかみ、乳首が傷つき痛みが生じている方も少なくありません。
搾乳は、乳首を強くつかむのではなく、乳輪周りを優しく押すことで母乳を出すものです。
「搾乳後には、乳首が痛くなる」「搾乳の正しい方法を調べず搾乳している」という方は、一度搾乳器の説明書を読み直すなどし、正しい方法を確認することをおすすめします。


痛みがあるときの乳首のケアを紹介


痛みがあるときの乳首のケアを紹介

「乳首が痛くて辛いけど、どうしたらよいのか分からない」とお悩みのママも多いのではないでしょうか?
ここからは、痛みがあるときの乳首ケアとして、「母乳を塗る」「ハイドロジェルドレッシング材を利用する」、「ブレストシェルを利用する」の3つを紹介していきます。

母乳を塗る

乳首に傷ができて痛い時におすすめなのは、乳首に搾乳した母乳を塗る方法です。
母乳は、赤ちゃんの成長を促進するための栄養や抗体がたっぷり入っているため、傷の治りを促進してくれます。
また、通常の塗り薬はアレルギー反応が出たり、しみたりするリスクがありますが、母乳は自分の体内から出たものなのでアレルギー反応は起こらず、しみる可能性も低いです。また、薬を買いに行く手間もお金もかかりません。傷が辛い場合は、母乳を塗って対処するのがおすすめです。

ハイドロジェルドレッシング材を利用する

「乳首の傷がブラジャーがこすれて痛い」とお悩みの方は、ハイドロジェルドレッシング材を利用してみるのもおすすめです。
ハイドロジェルドレッシング材は、傷を外部の刺激から守り保湿することで、傷の回復を促進します。
塗り薬などを利用しなくても乳首の傷の回復を促進することや、ブラジャーなどの刺激からも乳首を守ることができるので便利です。一方で、値段は塗り薬より高いのが難点です。

ブレストシェルを利用する

乳首の痛みがあるときは、ブレストシェルを利用するのもおすすめです。
ブレストシェルは、乳首を外部の刺激から守る乳首保護器です。柔らかい素材でできていることが多く、乳首を優しく外部の刺激から守ってくれます。使うときは、乳頭にはめるだけ、取り外しもすぐできるので使い方も簡単です。ブレストシェルの上から赤ちゃんに授乳できるので、乳首の傷に赤ちゃんが触れて痛むことが無いのもうれしいポイントです。乳首の痛みが強いときは利用してみるのもおすすめです。


おすすめのブレストシェル 5選


「どのブレストシェルを選らんだら良いのか分からない」「おすすめのブレストシェルを知りたい」というママも多いのではないでしょうか?
ここからは、おすすめのブレストシェルを5つ紹介していきます。
商品の特徴を詳しく紹介していくので、ぜひ参考にして自分に合うブレストシェルを見つけてください。

ピジョン

乳頭保護器授乳用ソフトタイプ M

柔らかなシリコン素材が乳首を守る

柔らかなシリコン素材が乳首を守ってくれるピジョンの乳首保護器です。 乳首の形をした乳首保護器だから、授乳のとき乳首に当てれば直接乳首に赤ちゃんが触れなくても授乳できます。保管ケースがついているのも便利です。

タイプ ソフトタイプ
素材 本体:シリコンゴム ケース:ポリプロピレン
重量 40.82g
サイズ M
カネソン

カネソン Kaneson ママニップルシールド 乳頭保護器 Mサイズ 2枚入(内径14mm)

赤ちゃんが飲みやすい乳頭保護器

ママの乳頭を守りながらも赤ちゃんが母乳を飲みやすいように工夫して作られた母乳保護器です。 乳孔は、Y字カットになっているのでおっぱいと乳頭へしっかり密着します。 乳頭保護器とおっぱいの密着率が高いので赤ちゃんは母乳が吸いやすいです。

タイプ なし
素材 ‎本体:シリコーンゴム 保管ケース:ポリプロピレン スタンド:PET
重量 64 g
サイズ 14.4 x 10 x 8 cm; 64 g(梱包サイズ)
ヌーク

NUK ヌーク 乳頭保護器(ケース付き) M(20mm)/2個入り FDNK40717602

安くて使いやすい乳頭保護器

透明なブルーの色味が印象的な乳頭保護器です。 乳頭につけると、赤ちゃんが乳首に直接触れることが無く授乳できるので、乳首が痛いときに便利です。値段が2個で770円と安いのもうれしいです。ケース付きなので持ち運びにも便利です。

タイプ なし
素材 シリコン製
重量 30g
サイズ M
メデラ

Medela(メデラ) 乳頭保護器 ニップルフォーマー

乳首の形を整えてくれる乳頭保護器

扁平、陥没乳頭の方向けの乳頭保護器です。 圧をくわえることで、へこんだ形など赤ちゃんが飲みにくい形の乳頭の形を整え、赤ちゃんが母乳を飲みやすいようにします。 シリコンリングは柔らかく、フィット感が心地よいのも特徴です。

タイプ なし
素材 ポリプロピレン、シリコンーン、他
重量 74g
サイズ 10.8 x 10.5 x 6.7 cm; 74 g(梱包サイズ)
Angelcare

Angelcare 母乳コレクター 

母乳パットの代わりにもなる乳頭保護器

液体シリコーンでできていて柔らかく乳頭にフィットし乳頭を守ってくれる乳頭保護機です。 独自設計で母乳をためることができる機能もついているので母乳パット代わりにもなります。 乳頭を守り、母乳パット代わりにもなり便利です。

タイプ なし
素材 ポリプロピレン
重量 80g
サイズ ‎9× 9 x3 cm

【比較一覧表】この記事で紹介している商品


商品名

ピジョン乳頭保護器授乳用ソフトタイプ M

カネソンカネソン Kaneson ママニップルシールド 乳頭保護器 Mサイズ 2枚入(内径14mm)

ヌークNUK ヌーク 乳頭保護器(ケース付き) M(20mm)/2個入り FDNK40717602

メデラMedela(メデラ) 乳頭保護器 ニップルフォーマー

Angelcare Angelcare 母乳コレクター

最安値
特徴 柔らかなシリコン素材が乳首を守る 赤ちゃんが飲みやすい乳頭保護器 安くて使いやすい乳頭保護器 乳首の形を整えてくれる乳頭保護器 母乳パットの代わりにもなる乳頭保護器
商品リンク

乳首の痛みに関するQ&A


乳首の痛みに関するQ&A

乳首が痛いけど、どうしたらいいの?」と乳首の痛みに関して様々な疑問を持つママは多いのではないでしょうか?
そこで、乳首の痛みに関するQ&Aをまとめました。

乳首の痛みはいつまで続くことが多いですか?
授乳時の乳首の痛みがいつまで続くかは、人によって異なります。
一般的には、離乳食が始まり授乳の機会が減り始める生後7ヶ月頃経つころには「乳首の痛みがよくなった」と感じるママが多いです。
痛みには個人差があるので、焦らず適切な乳首ケアを心がけ授乳を行うことをおすすめします。
乳首がチクチク痛みますが傷はないです。病院に行くべきですか?
授乳のときの姿勢が悪いなど、赤ちゃんが上手におっぱいに吸い付けていない場合は、乳首に負担がかかりチクチク痛むことがあります。
痛みがあったとしても、傷になっておらずおっぱいが熱を持ったり、むくんだり、母乳が出にくくなっている状況でなければ病院行かずに様子見で良いでしょう。
乳首に白い斑点ができました。どうしたらよいですか?
乳首にできる白い斑点は、ニキビのようなもので白斑と言います。大量に出現すると母乳の出口を塞いでしまい、炎症が起きたり母乳が出にくくなってしまいます。
白斑の原因は、脂質の多い食事や糖分の取り過ぎやストレスと言われています。食生活を見直し、休息できる時間を作るようにしましょう。
乳首から出血しました。どうしたら良いですか?
出血したまま授乳を行うと出血はひどくなり、痛みも強くなります。出血した際は、傷を広げないように注意することが大切です。
出血した側の乳首から授乳するときは、ブレストシェルなどを利用して傷が刺激によって悪化しないようにしましょう。また、産婦人科に相談して塗り薬をもらうのもおすすめです。
乳首マッサージは行った方がいいですか?
乳首マッサージは行った方が良いです。なぜなら、乳首マッサージには乳首を柔らかくして赤ちゃんがおっぱいを吸いやすくする効果があるからです。
そうするとと乳首に傷がつきにくくなります。時間があるときは、ぜひ乳首マッサージを行いましょう。



まとめ


まとめ

今回は、乳首の痛みに悩むママに向けて、乳首の痛みの原因、確認ポイント、乳首ケアの方法、おすすめのブレストシェルを紹介してきました。
乳首の痛みは、辛いですが、適切なポジショニング、ラッチオン、乳首ケアで痛みを和らげることが可能です。
今回の記事を参考に、乳首が痛むママの悩みが少しでも解決したらうれしいです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

※掲載内容は執筆時点での情報です。

 

この記事が参考になったら
投稿しよう。

参考になった

みなさまの投稿をサービス向上に
繋げてまいります。

この記事はいかがでしたか?

投稿ありがとうございました。

くすりの窓口は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。
記事内で紹介している商品の価格や送料・URLは、JANコードをもとにECサイトが提供するAPIを使用し、生成しています。
掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなどで情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等についてはECサイト、各販売店やメーカーよりご確認ください。
記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が株式会社くすりの窓口に還元されることがあります。

この記事を書いたアドバイザ

上原 ひかり
看護師として働く傍ら、ライターとして看護の楽しさ、大変さ、やりがいを文章にして発信しています。 看護の専門知識を生かし役に立つ情報をわかりやすく伝えられるよう努力していきます。 よろしくお願いします。

関連する記事

人気の記事

新着の記事

特集

この記事に関連するタグ