目次:ロコイドは顔に塗っても大丈夫?

1. ロコイドは安心して使用できる?
(1) そもそもステロイド薬とは?
(2) ロコイドの強さは?
(3) ロコイドは顔に塗っても良い?
2. ステロイド薬の副作用が強いといわれる理由・誤解
3. ロコイドを使用する上での注意点
(1) 正しい使用方法を守りましょう
(2) 使用禁忌の症例があります
(3) 副作用に注意しましょう
(4) こまめに様子をみましょう。
4. ロコイドと同じ成分の市販薬はある?
5. おわりに

1. ロコイドは安心して使用できる?

(1) そもそもステロイド薬とは?

メディアや周囲の人の話から、なんととなく「ステロイド薬」のことを聞いたことがあるという方も、実は詳しく知っている方は、少ないのではないでしょうか?
ステロイドとは、私たちの体の中にある副腎皮質という器官で作られているホルモンの一種です。
ステロイドは、体内において様々な働きをもちます。(糖やタンパク質の代謝、抗炎症作用、免疫抑制作用、骨代謝など。)つまり、私たちが生きて行く上で、必要不可欠なホルモンなのです。

ステロイド薬とは、このステロイドホルモンを治療に応用するために、人工的に開発された薬です。今回の記事のテーマは、「塗り薬」ですが、実際には、飲み薬、吸入薬、点鼻薬、点眼薬、注射など、様々な分野で、様々な治療に対して、ステロイド薬は用いられます。
ステロイドの塗り薬は、主に炎症をおさえる「抗炎症作用」が期待され、湿疹、皮膚炎など皮膚疾患に対して幅広く使用されます。

(2) ロコイドの強さは?

医療の場では、ステロイドの塗り薬において、「強さ」をあらわす指標があります。医師がステロイドの塗り薬を処方する際には、使用する体の部位や症状の重症度などを考慮し、その強さを選択基準としています。
主に「血管収縮指数(血管がどの程度収縮するかを示し、指数が高いほど、作用が高いとされる)」と「臨床の効果」によって評価され、5つのランクに分けることができます。
●最も強い(Storongest)
●非常に強い(Very Strong)
●強い(Strong)
●普通(Medium)
●弱い(Weak)
ロコイドは、この5つのランクの中で、下から2番目である「普通(Medium)」に分類されます。一般的に症状が軽症の場合には、ロコイドなど普通(Medium)以下の強さのステロイドの塗り薬を用います。
また、小さなお子さんの場合、一般的に、成人に使用するステロイドの塗り薬よりも1ランク低い塗り薬が使用されます。
ただし、症状が軽症で、大人でも普通(Medium)や弱い(Weak)が使用されるケースでは、お子さんも同様のランクの塗り薬を使用するケースもあります。

(3) ロコイドは顔に塗っても良い?

42 件