シングレアとキプレスって違うお薬?同じ成分?

実は、シングレアとキプレスの成分はどちらも「モンテルカスト」であり、全く同じ成分になります。成分だけでなく、適応症や用法用量、添加物、錠剤の形や色も同じであり、全く同じという認識を持って良いでしょう。お薬のシートのデザインも非常に似ております。

どちらもジェネリック医薬品ではなく、先発医薬品になります。同じお薬ですが、販売会社がそれぞれ異なるため、商品名が異なります。(併売品)

シングレア・・・MSD
キプレス ・・・杏林製薬

シングレアとキプレスは同じお薬ですので、効果も違いはないとご認識下さい。
このようにお薬の成分、効き目等が一緒で、商品名が違うお薬は、他にも存在します。

シングレア・キプレスの成分と効果

シングレア、キプレスの成分であるモンテルカストは、「抗ロイコトリエン薬」とよばれるタイプのアレルギー症状を抑えるお薬になります。

アレルギー症状の原因となる体内物質であるロイコトリエンの作用を抑えることで、アレルギー症状の改善に効果があります。

アレルギー反応を引き起こす物質としては、「ヒスタミン」がよく知られていますが、同じように、ロイコトリエンもアレルギー反応を引き起こす物質になります。

ロイコトリエン???と思った方のために、説明を補足します。

気管支の収縮や鼻みず、鼻づまりなどのアレルギー症状に大きく関わっているのが、「ロイコトリエン」という体内の物質になります。気管支や鼻の粘膜の壁細胞とよばれる場所には、「ロイコトリエン受容体」と呼ばれる受容体があり、そこに「ロイコトリエン」がくっつくことで、アレルギー症状を引き起こします。

抗ロイコトリエン薬と呼ばれるお薬は、「ロイコトリエン受容体」に「ロイコトリエン」の代わりにくっつくことで、「ロイコトリエン」をブロック(邪魔)します。

このようにして、ロイコトリエンの作用を抑えることによって、喘息症状やアレルギー性鼻炎(鼻みず、鼻づまり、くしゃみなど)を改善する効果をもたらします。

他に抗ロイコトリエン薬と呼ばれる作用のあるお薬としては、オノン(成分名:プランルカスト)があります。

シングレア・キプレスの飲み方

どんな場合に服用?

気管支喘息、又、アレルギー性鼻炎などの症状に対して処方され服用します。気管支喘息では、喘息が起こらないように予防的に服用するお薬であり、発作を直接止める作用はありません。そのため緊急の発作時には、必要に応じて他の即効性のあるお薬を服用する必要があります。

但し、参考として、錠剤・OD錠については、気管支喘息、アレルギー性鼻炎に適応がありますが、細粒、チュアブル錠に関しては、気管支喘息のみの適応になります。

飲み方は?飲む量は?

シングレア・キプレスには、錠剤、細粒、チュアブル錠があります。症状やご年齢に合わせて処方されます。1歳以上の小児から処方されることがあります。
作用は1日持続するため、1日1回の就寝前の服用が基本になります。喘息の症状が夜間〜早朝にかけて多いため、就寝前の服用が推奨されています。

《錠剤・OD錠》
-気管支喘息-
成人:モンテルカストとして10mgを1日1回就寝前に服用
-アレルギー性鼻炎-
成人:モンテルカストとして5~10mgを1日1回就寝前に服用
《細粒》
1歳以上6歳未満の小児:モンテルカストとして4mg (本剤1包) を1日1回就寝前に服用
※味は、苦みがなく甘みがあり、口に入れるとすぐに溶けるようになっているため、比較的、お子さんでも飲みやすいお薬です。それでも飲みづらい場合には、ゼリーやヨーグルト、バニラアイスなどと混ぜても問題ありません。
《チュアブル錠》
6歳以上の小児:モンテルカストとして5mgを1日1回就寝前に服用
※口の中で舐めて溶かす、または、噛み砕いても服用できます。

シングレア・キプレスの知っておくべき副作用

シングレア・キプレスは、副作用が少ないお薬ですが、稀に副作用がでる可能性があります。よく聞く副作用としては、下痢、腹痛、吐き気の症状になります。ここで挙げているものは一例ですので、いつもと違うような気になる症状が出た場合は、医師や薬剤師に早めに相談するようにしましょう。

主な副作用

・下痢
・腹痛
・吐き気
・胸やけ
・頭痛
・眠気
などがあります。

重大な副作用

稀に、下記のような副作用症状がでることがあります。このような副作用症状が出た場合は、使用を止め、すぐに医療機関を受診しましょう。

・アナフィラキシー症状
お薬に対するアレルギー症状で、呼吸困難、全身潮紅、血管浮腫、蕁麻疹などの症状が起こる可能性があります。

・血管浮腫
血管浮腫があらわれることがあるので、観察を十分に行いましょう。

・劇症肝炎など重篤な肝障害
だるい、吐き気、発熱、皮膚や白目が黄色くなるなどの初期症状があります。特に、長期でシングレア・キプレスを服用する場合には定期的に肝機能の検査を受けるようにしましょう。

注意が必要な飲みあわせ

シングレア・キプレスと注意が必要なお薬の飲み合わせとして、てんかん等のけいれん発作を予防したり、鎮静作用を目的として処方されるフェノバール錠(成分名:フェノバルビタール)があります。このお薬と併用すると、お薬の代謝酵素を促進し、シングレア・キプレスの作用を弱めてしまう可能性があります。併用されるお薬がある場合には、必ず医師または薬剤師に相談しましょう。

シングレア・キプレスのジェネリック医薬品はある?

シングレア・キプレスのジェネリック医薬品、モンテルカストを主成分としたお薬が2016年9月上旬より、販売開始となりました。現状では1社からの販売となっておりますが、今後、複数の製薬会社から販売されると想定されます。また、現状は、錠剤だけですので、OD錠やお子さんなどに処方されるような細粒やチュアブルのタイプのジェネリック医薬品は販売されていません。こちらも今後、発売されていくと想定されます。
<参考>
モンテルカスト錠10mg「KM」 1錠 101.8円 (先発品 203.50円)
モンテルカスト錠5mg「KM」 1錠 76.80円 (先発品 153.20円〜153.80円)

※ジェネリック医薬品とは・・・
先発品(新薬)の特許がきれたあと、他のメーカーが先発品(新薬)と同じ有効成分で効能・効果が原則同じで販売できます。開発コストを抑えて発売するため、先発品(新薬)より安くなります。

シングレア・キプレスと同じ成分の市販薬はある?

シングレア・キプレスは、医療機関を受診し、医師に処方せんを出してもらわないと服用することはできません。現状ですと、薬局やドラッグストアで市販薬としては販売されていないお薬になります。

抗ロイコトリエン薬のタイプではありませんが、同じようにアレルギー症状を改善する効果のある市販薬(抗ヒスタミン薬のタイプなど)は販売されています。詳しくは、薬剤師や登録販売者に相談しましょう。

喘息の場合は、症状が悪化する前に早めに医療機関を受診しましょう。

おわりに

シングレア・キプレスの効果と副作用について参考になりましたでしょうか?
シングレア・キプレスは、1日1回の服用で効果が持続し、安全性が高いアレルギー症状をおさえるお薬になります。錠剤、OD錠、細粒、チュアブル錠といった規格があり、小さなお子さんにも処方されます。
お薬ですので、副作用のリスクもあります。指示どおりの用法を守って服用することが大切になります。自己判断で効かないからといって服用をやめたり、多めに飲んだりしないようにしましょう。
現在、服用されている方は、用法、副作用に関してあらためて確認してみましょう。