かぜ症候群に対する抗菌薬

かぜ症候群とは、一般的に鼻水やのどの痛みを主症状とした急性上気道炎(普通感冒)のことを指します。前回のコラムでもお伝えしたように、かぜ症候群の80~90%はウイルスが原因であるため、基本的には抗菌薬は効きません。しかし、明らかに肺炎でなさそうなのに抗菌薬が処方されているケースが多いと思いませんか?「そういえば、この間風邪をひいて近所の病院に行ったら抗菌薬をもらったな」という人は多いはず!

私も医師になった頃は、指導医の見よう見まねでかぜ症候群に対して抗菌薬を処方していたことがあります。周囲を見回しても、「この患者さんは、もしかしてかぜ症候群ではないかもしれない」「かぜ症候群のように見えるが、もしかしたらこの後肺炎を発症するかもしれない」などといった不安から処方されていることが多かったように思います。

そもそもなぜ風邪に抗菌薬を処方するのか

そもそも抗菌薬を外来で処方するのはなぜでしょう?簡単です、細菌感染症を治療したいからです。しかし、実際に風邪症状で遭遇する患者さんの9割以上はおそらくかぜ症候群で、抗菌薬の必要がない患者さんです。現在、かぜ症候群に対して処方されているのは、おそらく「もし抗菌薬を処方していなくて患者さんが悪くなったら、どうしよう」という防衛医療的な側面が大きいと考えます。私も毎日のように薬剤を処方していますから、その気持ちは分かります。医師は、副作用が軽い抗菌薬を処方して治療失敗を避けられるなら、とりあえず処方しておこうという気持ちになりがちですから。

「抗菌薬(抗生剤)を処方してくれないんですか?」

明らかにかぜ症候群の患者さんにこう言われると、ツライ。「必要ないですよ」と言うのは簡単ですが、もし万が一かぜ症候群ではなくて、細菌性肺炎の初期症状だった場合、後から「医療ミスだ!」と非難されれば、ひとたまりもないからです。

また、多忙な外来ではかぜ症候群に抗菌薬は必要ないということを説明する十分な時間が取れないこともあり、結果的に「効率的診療」の名のもとに抗菌薬がどんどん処方されていくのです。昔のように「心配せずに、主治医である私の言うことを聞いておきなさい」といった診療の方が、むしろ抗菌薬の処方は少なかったと言う医師もいるかもしれません。

世界的にも抗菌薬の濫用は問題視されている

ある研究者は、かぜ症候群や気管支炎の半数以上に抗菌薬が投与されていることを報告しています(1)。これらの疾患に投与された抗菌薬の量は、アメリカの年間抗菌薬消費量の実に21%にあたります。そのほとんどが不必要な抗菌薬とされていますが、抗菌薬を製造販売している企業にとっては「かぜ症候群には抗菌薬は不要ですよ~」と宣伝することは自社の首を絞めることになるため、積極的にそういったキャンペーンを応援している企業はほとんどありません。むしろ、「肺炎だったら困るから抗菌薬の処方をお願いしま~す」と販売促進をしている企業の方が多いのではないでしょうか。

経済的な影響もさることながら、かぜ症候群への抗菌薬使用の最たる問題は、耐性菌の出現です。現在多くの病院で問題になっているメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)、ペニシリン耐性肺炎球菌(PRSP)、基質拡張型βラクタマーゼ(ESBL)産生菌などは、ヒトが抗菌薬を使用してきた歴史が生み出した耐性菌たちです。ニュースで聞いたことがありませんか?多剤耐性菌が悪さをした、病院で感染例がした、など。こういった耐性菌は、普通の抗菌薬が効かないので、治療に困ることが多いのです。

そのため、目の前の患者さんをどうにかするという観点だけでなく、日本の感染症治療の将来を見据えつつ、抗菌薬の適応を本気で考えなければならない時代になりつつあるのです。

抗菌薬投与を控えるために【進むガイドラインの整備】

2016年にアメリカ疾病対策センター(CDC)とアメリカ内科学会(ACP)は合同で成人急性気道感染症(要はかぜ症候群)に対する抗菌薬の適正使用に関する臨床ガイドラインを公開しました(2)。この中で、合併症を有さない急性気管支炎やかぜ症候群に対する抗菌薬投与を控えるよう強く呼びかけています。製薬会社がどんどん売り込みをかけても、学会がNO!と言えばさすがに処方する医師も減るだろう、という意味合いもあります。

ガイドラインでは、この10年間で抗菌薬処方が減ったことは認めています。実際に、私が研修医をしていた頃と比較すれば抗菌薬の処方は随分減りました(それでも多いですが)。しかし、キノロン系抗菌薬(クラビット®など)やマクロライド系抗菌薬(クラリス®など)の処方はこの10年で4倍に膨れ上がっているそうです。

以上のことから、よほどのことがない限りかぜ症候群には抗菌薬を投与しないことがお分かりでしょう。明らかに喉が痛くて鼻水が出ている風邪の状態で、「とりあえず抗菌薬(抗生剤)ください」などとは言わないよう患者さんも気をつけねばなりません。

まとめ

・かぜ症候群に抗菌薬は効かない
・ちまたではいまだに多くの抗菌薬が不適切に処方されている
・不適切な抗菌薬の処方によって耐性菌が増えている

参考文献

1) Gonzales R, et al. Principles of appropriate antibiotic use for treatment of acute respiratory tract infections in adults: background, specific aims, and methods. Ann Intern Med. 2001 Mar 20;134(6):479-86.
2) Harris AM, et al. Appropriate Antibiotic Use for Acute Respiratory Tract Infection in Adults: Advice for High-Value Care From the American College of Physicians and the Centers for Disease Control and Prevention. Ann Intern Med. 2016 Mar 15;164(6):425-34.
12 件