1.処方箋の有効期限はいつまで?

一部の病院を除いてほとんどの病院では、処方箋を発行しています。これらの処方箋の有効期限は、基本的には交付日を含めて4日間となっています。

4日間あれば土日を挟んでもお薬を受け取れること、また、診察から期間が空くと必要な治療薬が変わる可能性があるために有効期限が4日と決まっています。

年末年始やゴールデンウィークなど、長期休みでお薬を受け取ることが難しい場合には医師に事前に相談することができます。

処方箋の有効期限を過ぎてしまうと無効になってしまうので期限が切れないように注意しましょう。

 

2.処方せんはどこの薬局に持って行ってもいいの?

「保険薬局」、「処方せん受付」という表示をしている薬局であれば全国のどの薬局でも対応ができます。

病院の前の薬局(門前薬局)はいつも混んでいて待ち時間が長いと感じる場合には、家の近くの混んでいない薬局でお薬をもらうということもできます。

しかし、医療用麻薬など一部の特殊な薬剤については取り扱いに許可が必要な薬剤が存在します。取り扱いができないと言われた場合は付近の取り扱い可能な薬局を教えてもらうことも可能ですが、事前に医師、薬剤師に確認するのがよいでしょう。

 

3.こんな時は病院に処方箋を再発行してもらう

3-1. 処方せんの期限が過ぎた時

処方箋の有効期限が過ぎた場合は無効となり、薬局に持参しても薬をもらうことが出来ません。薬が必要な場合はもう一度受診した病院に行って処方箋を再発行してもらう必要があります。処方箋を再発行してもらう場合には、自費での再発行料がかかり、期間が経過しているとあらためて診察が必要となる場合もあります。処方箋をもらったら、すぐに薬局に持っていきましょう。

 

3-2. 処方せんを失くした時

処方箋を失くした場合にも薬局でお薬をもらうことが出来ません。薬局は処方箋なしには患者さんにお薬を渡すことは法律で禁じられているからです。

処方箋を失くしたことに気づいた場合は、病院で処方箋を再発行してもらいましょう。自費での再発行料、また期間が経過しているとあらためて診察を受ける必要があります。

また薬局でもらったお薬を失くした場合にも、処方箋を再発行してもらう必要があります。

薬の紛失の場合も保険が効かないので、薬局での薬代も自費で払う必要があります。処方箋も薬も失くさないように気をつけましょう。

 

3-3. 薬局に持って行く前に必要な薬が出ていないことに気づいた時

継続的に服用している薬など、本来、必要な薬剤が処方箋に記載されていない場合は病院で医師に事情を説明することで処方箋を再発行してもらうことが出来ます。

必要な薬剤がないからと自分で処方箋に薬剤名を書いたり、書き換えたりすると処方箋が無効になってしまうので処方箋には何も書かないようにしましょう。

薬局で事情を説明してから、薬剤師が医師に問い合わせることで、該当の薬剤を追加してもらえる場合もありますが、再度受診するように指示を受けることもあります。そのため、途中で気づいた場合には病院に事情を説明したほうが良いでしょう。

 

4.すぐに薬をもらうことが出来ない場合にできること

4-1. 処方箋を渡して後で取りに行く

処方箋を薬局に持参しても、時間帯によってはかなり混んでいることも多いです。

忙しくて長時間薬局で待つことができない場合や、待っている間に買い物に行きたいと感じた時は、薬局で処方箋を受付してから後で取りに行くことも可能です。

薬局によって混んでいる時間、空いている時間は違いますが準備ができているとスムーズに薬を受け取ることができます。

 

4-2. 処方箋画像を事前に薬局に送っておく

薬局によって処方箋画像を送ることによって先にお薬を調剤してくれる場合があります。処方箋を持っていく薬局に、どんなサービスがあるかどうか事前に確認してみましょう。

 

※くすりの窓口かEPARKお薬手帳についてのバナーを貼付させてください。※

 

4-3. 病院からFaxで処方箋を薬局に送ってもらう

病院で処方箋をもらった時に病院の受付に行く予定の薬局に処方箋のFaxを送ってもらうこともできます。

 

 

紹介した(2)(3)には注意点があります。

処方箋の画像やFaxを送ったからといって、処方箋原本を持っていかないと薬を受け取ることができません。画像やFaxは、コピーを送ったに過ぎないため処方箋を受付したことにならないからです。そのため、処方箋原本を4日以内に薬局に持っていかないと期限切れで処方箋が無効になってしまうのは変わりません。忘れないように注意が必要です。

 

5.門前薬局と近所のかかりつけ薬局のメリット、デメリット

薬局は全国に6万近く存在していて病院の前に薬局があることが多いです。住んでいる家の近くにも薬局があるのではないでしょうか

処方箋は保険薬局であれば、どこでも受付することができるので、病院の前の薬局(門前薬局)以外にも近所の薬局で薬を受け取ることもできます。複数の病院で処方箋をもらった時も近所の決まった薬局で薬を受け取れるので、特定のかかりつけ薬局を決めておくこともできます。

 

5-1. 門前薬局

・メリット

目の前の病院から処方箋を受付することが多いため、処方箋に記載している薬剤を備蓄している可能性も高いです。門前薬局が空いている場合にはすぐに薬を受け取ることもできます。

医薬品は膨大な種類が存在しているため、全ての医薬品を備蓄することは不可能です。薬局に在庫していない医薬品が処方されている場合は取り寄せる必要があります。

門前の薬局でも備蓄していない可能性もゼロではないので、気になる場合は処方箋を持っていた時に薬局のスタッフに質問してみましょう。

 

 

・デメリット

規模の大きい病院の場合だと、時間帯によって門前薬局はかなり混んでいることもあります。住んでいるところから遠い場合には、待ち時間に一度帰ることも難しいでしょう。

また、複数の病院に受診している場合では、薬局もそれぞれ異なるため、薬の飲み合わせを確認する手段がお薬手帳に限られます。お薬手帳を忘れた場合には飲み合わせの確認することができないため、お薬手帳を忘れないように気を付けましょう。

 

5-2. 近所のかかりつけ薬局

・メリット

近所の薬局を選んだ場合には、事前に処方箋を渡し、準備をしてもらってから後で取りに行くことができます。事前に処方箋画像やFaxを送ることも同様です。また、一つの薬局で処方箋受付をしている場合は、お薬の飲み合わせもすぐに確認できるので、万が一お薬手帳を忘れても安全にお薬を使用することができます。

 

・デメリット

薬局に在庫できる種類も限りがあるため、初めて持って行く病院の処方箋の場合には在庫していない場合があります。

取り寄せるのに時間がかかるので後日取りに行く事もあるので近所でかかりつけ薬局を見つける方がいいでしょう。

継続的にお薬をもらう場合にはそのことを薬局に伝えて、取り置きできるか相談してみてください。

次回以降はスムーズにお薬を受け取ることが可能になります。

 

6.終わりに

処方箋には発行日も合わせて4日間の有効期限があります。

有効期限が過ぎると無効になってしまうので、せっかく薬局に持参しても薬を受け取ることができないので注意していきましょう。

薬局に事前に画像やFaxで送ったり、事前に処方箋を渡したりすることで、待ち時間を減らすこともできますし、近所の薬局の場合には取りに行く負担も減ります。

保険薬局であれば、どの病院の処方箋も受付できるので信頼できるかかりつけ薬局を見つけてみてください。