ロキソニン®S外用薬のラインナップは?

今回、販売開始されたロキソニン®S外用薬は以下のとおりです。

・ロキソニン®Sテープ
・ロキソニン®SテープL
・ロキソニン®Sパップ
・ロキソニン®Sゲル

それぞれ、医療用にも同じものが存在するので、医療用薬品がそのまま市販化された形です。

ロキソニン®S外用薬の含有量は?

医療用と同じロキソプロフェンナトリウム水和物を主成分とするのはもちろんなのですが、その含有量はどうでしょう?
なんと、ロキソプロフェンの含有量も医療用と同じなんです。
販売するのはロキソニン®Sと同じく第一三共ヘルスケア(医療用のロキソニン®は第一三共)です。
主成分、その含有量、製造している会社が同じなわけですから、医療用医薬品と同じものが市販化されたと思ってもらってほぼ間違い無いと思います。

これまで病院に行かないともらえなかったロキソニンパップやロキソニンテープが薬局で処方箋なしで購入できるのは、仕事が忙しくてなかなか病院を受診できない人など、助かる方も多いのではないでしょうか?

ロキソニン®S外用薬の特徴を比較してみる

ここでロキソニン®S外用薬それぞれの特徴を比較してみます。

ロキソニン®Sゲルの特徴

まずはロキソニン®Sゲル。
医療用のロキソニン®ゲル1%がスイッチOTC化されたものになります。主成分はもちろんの事、添加物まで医療用と同じになっています。

■長所
・剥がれることを気にしなくていいので関節等にも使いやすい
・湿布剤に比べるとかぶれたり皮膚炎を起こすことが少ない
・塗った後にべとつくことがなく、使用感がいい

塗り薬なので湿布と異なり、剥がれてしまうことを気になしでいいのは大きいですね。剥がれやすい関節部分にも使いやすいです。貼ったままでの湿布に比べればかぶれたり皮膚炎を起こすことは少ないです。ただし、成分次第に反応してしまう場合もありますので注意は必要です。軟膏ではなく、ゲルタイプなので使用後もさらっとしてくれて使いやすいです。

■短所
・日に何回か塗り直す必要がある
・湿布剤に比べると効いている感じが少ない

ロキソニン®Sパップやロキソニン®Sテープは1日1回貼れば終わりなのですが、ロキソニン®Sゲルは何回か塗らないと効果が維持できません。その分手間がかかると感じる人もいるかもしれません。また、湿布剤のような密着感はないですし、パップのようなひんやり感はないので、効果が少ないと感じてしまう人もいるかもしれません。

OTCのロキソニン®Sゲルは25gのみ

市販のロキソニン®Sゲルの方は25gチューブ1種類のみとなっています。医療用のロキソニン®ゲル1%には25gチューブと50gチューブの2種類があります。推測ですが、医師の診察がない状態での使用となりますので、自己判断で大量に使用してしまわないようにとの配慮から25gチューブのみとなっていることが考えられます。

OTCロキソニン®Sゲルはチューブが違う!

市販のロキソニン®Sゲルはチューブの作りが医療用のロキソニン®ゲル1%とは異なります。医療用の方はアルミチューブとなっていて、少量を出すには調節しやすいんですが、少々扱いにくいところがありました。これに対して、OTCのロキソニン®Sゲルはラミネートチューブになっているので、少ない力で出しやすく、最後まで使い切りやすくなっています。

ロキソニン®Sゲルの使用方法は?

ロキソニン®Sゲルは部位ごとに、塗り込むゲルの長さの目安があります。

・肩、肘、膝:約2〜3cm
・腰:約3〜5cm
これを1日3〜4回使用するようになっています。

医療用と同じということで、使用量の制限も定められています。「1回あたり8cm(2g)、1週間あたり50gを超えて使用しないで下さい。」と記載されていますね。
42 件