ロキソニンとセレコックスの作用の違い

最初に、セレコックスとロキソニンの作用について見比べてみましょう。どちらのお薬も、「非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)」とよばれるタイプに分類されるお薬になります。ただ、お薬の構造の違いによって、作用に違いがあります。
※カタカナ・英語ばかりですので、読みづらい方は、まとめまでとばしてお読み下さい。

痛み止め、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)とは?

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)のタイプの痛み止めは、体内の「痛み、炎症、発熱」などを引き起こす物質である「プロスタグランジン」が作られるのを抑えることによって、炎症に伴う腫れや痛みをやわらげ、熱を下げます。

プラスタグランジンは、「シクロオキシゲナーゼ(COX)」とよばれる酵素によって作られるのですが、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、シクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害することによって、効果を発揮します。

ロキソニン(ロキソプロフェン)

ロキソニンの主成分はロキソプロフェンになります。説明のように、シクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害することによって、結果として、炎症を引き起こすプロスタグランジンが作られるのを抑え、炎症、痛みや熱を下げる効果を発揮します。

セレコックス(セレコキシブ)

セレコックスの主成分はセレコキシブになります。セレコックスは、ロキソニンなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が胃を荒らす副作用があるということから、それを改善するために開発されたお薬になります。

実は、シクロオキシゲナーゼ(COX)には「COX-1」と「COX-2」の2種類があります。COX-1は胃粘膜の保護効果があり、COX-2は炎症や発熱、痛みを引き起こします。
COX-1まで阻害してしまうと、胃粘膜の保護効果を失うため、結果的に胃を荒らしてしまう可能性があります。
セレコックスは、COX-1には作用せず、COX-2を選択的に阻害するように開発されました。そのため、胃を荒らすことなく、炎症や痛みを抑えることができます。

作用の違いまとめ

◆ロキソニンは、胃の保護作用があるCOX-1と、炎症や発熱、痛みを引き起こすCOX-2を両方とも阻害してしまうため、胃を荒らすという副作用がある。

◆セレコックスは、COX-1には作用せず、COX-2に選択的に作用するため、胃を荒らす副作用が少ない痛み止めとなっている。

ロキソニンとセレコックスの飲み方の違い

ロキソニン(ロキソプロフェン)

疾患や症状によって、多少異なりますが、基本的には、1日3回、1回60mg(1錠)を飲むお薬になります。頓服で服用する場合は、1回60mg(1錠)〜120mg(2錠)を服用します。1回服用したら、少なくとも3-4時間は間隔をあけるような指示があります。

セレコックス(セレコキシブ)

疾患や症状によって、多少異なります。ロキソニンと比較すると、セレコックスは、作用時間が長く持続するため、ロキソニンが1日3回の服用に対して、セレコックスは1日2回の服用になります(1回100〜200mg)。
頓服で服用する場合も、間隔は少なくとも6時間以上あけるような指示があります。又、ロキソニンは、解熱剤としての適応がありますが、セレコックスは、解熱剤としては服用しません。
37 件