お薬を飲む上での基本

まず、大前提ですが医師や薬剤師の指示どおり飲む。ということを守りましょう。

医師や薬剤師はあなたの体調や状態、過去に飲んでいたお薬などを考慮して、お薬を処方、調剤しています。同じお薬でも、たとえば大人と子供によって用法用量が違う場合もあります。家にある残薬を家族で使いまわしたりするのは、症状が緩和しないだけでなく、副作用等の危険があるため避けてください。

お薬の知識をつけておくために、薬局でもらうお薬の情報が記載してある紙は、服用前に必ず目を通しておくクセをつけるのがおすすめです。

飲む時間について

よく知られている食前、食後の他にも食間 食直前 食直後 就寝前、起床時などの飲み方があります。それぞれ説明していきます。

食前

食事の30分くらい前の空腹時 吐き気止めや漢方、食欲を出す胃薬などに多いです。

食後

食事の30分くらい後。食後は食事のすぐ後という意味ではないのです。

食間

食後2時間以降の空腹時 漢方は食前又は食間での服用が多いです。

食直前

食事の直前 糖尿病の薬の一部など、食事の直前に服用して血糖値の上昇を抑える薬があります。

食直後

食事が済んだら直ぐ。DHA製剤など、食事の脂肪分と一緒に吸収される薬は食直後服用指示のことが多いです。

就寝前

寝る30分くらい前 いわゆる睡眠薬については、服用したら、歯を磨いてそのまま就寝してください。

起床時

朝起きたら食事をとらずに薬を服用して下さい。骨粗しょう症の薬は起床時のものもあります。

なぜ食後指示の薬が多いの?

食事との影響がない薬については、食前でも食後でも効果はほとんど変わりません。しかし、食前よりも食後のほうが、飲み忘れが少ないことがわかっているため、食事の影響がない薬は一般的には食後指示が多いです。

漢方は食前、食間が多いのはなぜ?

漢方はさまざまな生薬が配合されており、有効成分も多種のものが少量ずつ含まれているため、少しでも吸収のよい空腹時に服用する、というのがもともとの由来のようです。

しかし、最近は漢方薬を食後に処方する医師も多いですし、空腹時と食後でも、効果にほとんど差がないという説もあります。食前、食間に服用し忘れたら、食後でもよいので、気づいたタイミングで服用してください。また、ご自身が服用している漢方について、飲むタイミングで不明なことがあれば、薬剤師にご相談ください。

食後は禁忌!?変わった薬も・・・

寝る前のお薬の中には、「食後に服用してはいけません」という食後禁忌の薬があります。食事により、吸収が極端によくなり、効果が強く発現しすぎるためです。

このような薬もあるので、食事との影響を説明された薬については、正しいタイミングで服用してください。

飲み物との飲み合わせ

次に、薬を飲むときに、薬の効果が変わってしまう飲み物との組み合わせについて説明していきます。
前提として・・・水なしで服用するのは危険ですので絶対にいけません。錠剤が食道の粘膜に貼りついて、粘膜を傷つけてしまうことがあります。それぞれの薬によって、併用できない飲み物がありますので、詳しくは薬剤師にご相談ください。

グレープフルーツジュースとの飲み合わせ

グレープフルーツの中には、小腸の酵素を阻害(ジャマ)し、ある種の薬の分解を妨げる成分が含まれています。従って、ある種の薬の効果が非常に大きくなってしまい、副作用のリスクが高まります。

具体的には、カルシウム拮抗剤とよばれる種類の高血圧の治療薬の大半、スタチン系と呼ばれる高コレステロール治療薬の大半、一部の睡眠導入剤などが該当します。これらの薬とは、グレープフルーツジュースで飲んではいけません。また、グレープフルーツジュースの効果はおよそ3日続くとも言われています。薬を飲むときだけでなく、日常的にもグレープフルーツジュースを避けてください。

ただ、果汁が数パーセントのグレープフルーツジュースについては、ほとんど影響はないと考えられます。果汁100%のものは、特に注意して避けてください。

お茶との飲み合わせ

お茶に含まれるタンニンは、鉄剤(貧血治療薬)と結合して吸収を阻害します。ただ、貧血状態の時には、鉄分を効率よく吸収する体質になっているため、吸収が阻害される量はそこまで多くありません。

可能であればお茶を避けて服用する、という程度で大丈夫です。

コーヒーとの飲み合わせ

コーヒーや栄養ドリンクに含まれるカフェインは、喘息の治療薬のテオフィリンの仲間なので、テオフィリンの副作用が発現する可能性が高まります。喘息でテオフィリン製剤を服用している方は、カフェインの摂取を控えたほうがよいでしょう。

牛乳との飲み合わせ

抗生物質(テトラサイクリン系、ニューキノロン系)は、カルシウムと結合し、吸収が低下することが知られています。これらのお薬を服用する際には、牛乳は避けて服用しましょう。
正しいお薬の飲み方・注意点についてマスターして頂けましたでしょうか?お薬によって注意点などは変わってきます。もしも、この場合はどうだったかな・・・。と心配になったときは、このページを見返してみたり、早めに医師や薬剤師に相談するようにしましょう。