緑内障とは高くなった眼圧により視神経が圧迫され、害される疾患です。そのため、緑内障の治療には眼圧を下げる点眼薬が使用されます。点眼液には様々な種類がありますが、今回はその中でも多く使用されているプロスタグランジンF誘導体キサラタン®(ラタノプロスト)点眼液についてまとめてみようと思います。

目次:キサラタン®点眼液の特徴・副作用・注意点

■キサラタン®とは?眼圧を下げる効果を持つ点眼液
・緑内障と高眼圧症
・キサラタンの有効成分「ラタノプロスト」の働き
■キサラタン®の注意点・副作用
・回数を増やしても効果が強くなるわけではない?
・特徴的な副作用
・保管方法
■参考

キサラタン®とは?眼圧を下げる効果を持つ点眼液

キサラタン®点眼液は眼圧を下げる効果を持つため、緑内障や高眼圧症に使用される薬剤です。まずは、その働きについて簡単にまとめます。

緑内障と高眼圧症

眼圧が高いことを緑内障と言うと思っている方も多いようなのですが、眼圧が高い状態は高眼圧症と言います。緑内障というのは、高くなった眼圧によって視神経が障害を受けてしまう状態です。(一般的に正常とされる眼圧であっても視神経が障害を受けてしまう正常眼圧緑内障も存在します。)

房水と眼圧

人間の体内では血液を通じて様々な組織に栄養分が届けられています。何らかの理由で血液の流れが滞ってしまうと血圧が上昇します。
それに対して、眼球には血管が通っていない組織が存在するため、血液の代わりに房水(ぼうすい:眼球を充たす液体)を通じて栄養分が供給されています。血圧と同じように、何らかの理由で房水の流れが滞ると眼圧は上昇してしまいます。

キサラタンの有効成分「ラタノプロスト」の働き

ラタノプロストは強力な生理活性物質であるプロスタグランジンの構造を一部変化させた成分(誘導体)です。点眼されたラタノプロストはプロスタノイドFP受容体に結合することで、房水の排出を促進することができます。その結果、優れた眼圧降下作用を発揮します。その作用は非常に強力で、ラタノプロストをはじめとするプロスタグランジン関連薬(他にトラボプロスト、タフルプロスト、ビマトプロストがあります)は緑内障治療の際、一番に選ばれる薬(第一選択薬)に位置付けられています。1)

キサラタン®の注意点と副作用

ここからはキサラタン®点眼液を使用する上で知っておいて欲しい注意点についてまとめていきます。

回数を増やしても効果が強くなるわけではない?

キサラタン®点眼液は「1回1滴、1日1回点眼する」ことで効果を発揮します。1日1回で強い眼圧降下作用が発揮できるのなら回数を増やせばもっとよく効くのでは?と思う人もいるかもしれませんがそれは間違いです。キサラタン®点眼液の添付文書を見てみると、「用法及び用量に関連する使用上の注意」の項目には次のように記載されています。
31 件