DHAとは「ドコサヘキサエン酸」、EPAとは「エイコサペンタエン酸」の略称です。 どちらも青魚に多く含まれているn-3系の脂肪酸のひとつで、ヒトの体内ではほとんどつくることができません。そのため、食事から取り入れることが大切です。  

働きと効果

食べ物から摂取されたDHAは小腸から吸収され、血液によって体内や脳に運ばれます。   DHAは脳への情報伝達に欠かせない成分の材料となり脳を活性化したり、処理能力や判断力、集中力を高めるともいわれています。また、血管を柔らかくするなど、様々な効果があるといわれています。  

DHA・EPAを多く含む食品

主に青魚の脂の部分に含まれています。 多く含まれるもの・・・まぐろ(トロ)、ぶり、さば、さんま、まいわし、さけなど ただし、塩さば、塩さんまなどは塩分が多いので要注意!! 毎日の食事にひと工夫!

効率よくDHA・EPAをとるために

①旬の魚を利用しましょう

新鮮な魚や、旬の脂がのった魚は、DHA・EPAが多く含まれています。  

②抗酸化作用をもつビタミンC・Eを含む食品を一緒にとりましょう

DHA・EPAは酸化しやすい性質をもっています。酸化を防ぐためには、焼き魚にビタミンCを多く含むレモンや大根おろしを添えたり、同じ献立の中に副菜として和え物にビタミンEを多く含むナッツ類を加えたりすることで、DHA・EPAの酸化を防ぐことができます。  

おすすめ一品料理

鮭ともやしのカレー焼き


<1人分>

エネルギー 281kcal
たんぱく質 20.3g
ビタミンC  39mg
ビタミンE  4.1mg
塩分 0.7g

 

作り方

①鮭は一口大のそぎ切りにする。 ②もやしは水洗いして、水気をきっておく。ピーマンと赤パプリカはへたと種を取り除き、5mm幅の千切りにする。

③フライパンにAを入れて熱し、②とBを加えて中火で炒め、しんなりしてきたら耐熱皿に取り出す。

④③の上に①を置き、マヨネーズを格子状に絞りカレー粉を全体にふりかけ、オーブン(230度)で約8分焼き、器に盛る。

 

ポイント

年中手に入る鮭ですが、秋が旬の鮭は脂がのっておりDHAやEPAを多く含んでいます。また抗酸化作用をもつビタミンEが含まれているので、DHA・EPAを効率よく吸収することができます。  

さば缶の中華風サラダ



<1人分>

エネルギー  108kcal
たんぱく質      10.1g
ビタミンC           8mg
ビタミンE       1.6mg
塩分               0.7g

 

作り方

①さば缶はあらかじめ身と汁を分けて身はほぐし、汁を大さじ1とっておく。 ②大根は皮をむき、5cm長さの千切りにして、塩(分量外)を振って揉み、しんなりしてきたら水気を絞る。三つ葉は3cm長さに切る。

③ボウルに①と②を入れて和え、混ぜ合わせたAを入れ、全体に絡ませる。

④③を皿に盛り、白ごまを振る。

 

ポイント

さばの缶詰は手軽に利用できるだけでなく、汁の中にもDHA・EPAがたくさん含まれています。調理方法を工夫して、捨てずに利用しましょう。 また、ビタミンCを多く含む大根やレモン汁と一緒に調理することで、DHA・EPAの酸化を防ぐことができます。  

薬剤師からのミニ情報 ~かかりつけ薬剤師について~

平成20年4月からスタートした「かかりつけ薬剤師」制度。どうしてこのような制度ができたのでしょうか?  

「かかりつけ薬剤師」とは?

薬局経験が3年以上ある、薬剤師研修認定を取得しているなど、十分な経験を持った薬剤師のみがなれます。
健康や介護などに豊富な知識と経験を持ち、患者さんや生活者のニーズに沿った相談に応じることができる薬剤師のことを言います。  

「かかりつけ薬剤師」のメリット

一人の患者さんの薬の服用状況を、一カ所の薬局の一人の薬剤師がまとめて管理して継続して行います。
処方箋による調剤の薬についての管理以外にも、市販薬や健康食品との飲み合わせ、副作用がないかなどの確認を行います。

複数の病院にかかっている人でも、薬を一つの薬局、一人の薬剤師が管理することで相互作用の確認ができ、残薬の削減にも繋がります。健康についてや介護についてなど医療の専門家として様々な相談に対応していきます。  

どうやって「かかりつけ薬剤師」を探すの?

服用薬の情報をまとめるため、かかりつけ薬剤師は一人しか持つことができません。相談しやすく、信頼できる薬剤師がいた時は、その人にかかりつけ薬剤師になれるか相談してみてください。
かかりつけ薬剤師を指名したら、薬剤師がお薬手帳にかかりつけ薬剤師の名前と所属を記入します。かかりつけ薬剤師はいつでも変更したりやめたりする事もできます。