塩分とは?

塩の主成分は「塩化ナトリウム」です。「ナトリウム」は塩に含まれる代表的なミネラルで、私たちの体になくてはならないものです。

 

ヒトの細胞には一つ一つに水分が含まれ、細胞の内と外の圧力は常に一定に保たれています。圧力がどちらか一方にかたよりすぎると脱水症状やむくみ、循環不全につながります。そうならないためにナトリウムは細胞の内と外の圧力を一定に保つように働いています。

 

摂りすぎはなぜいけない?

 

 

一日の目標量

男性8.0g/日、女性7.0g/日、高血圧の方は6.0g/日を目標にしましょう。私たちが利用している食品には栄養成分表示が義務付けられており、ナトリウム量または食塩相当量が表示されています。食塩相当量が表示されていなくてもナトリウム量がわかれば、食塩相当量を計算することができます。食品に含まれる塩分量を知り、上手に減塩をしていきましょう。

 

 

美味しく楽しく♪減塩調理のコツ

 

おすすめ一品料理

かぶとつくねの煮物

 

<1人分>

エネルギー      287kcal

カリウム        845mg

塩分          11.2g 

 

 

作り方

①かぶは皮をむき、くし形に切る。

②葉は4~5cmの長さに切る。

③ボウルにAを入れ、粘りが出るまで混ぜ合わせ、食べやすい大きさに丸める。

④鍋にBと①と③を入れ、蓋をして弱火で煮る。かぶが柔らかくなったら②を入れ、1~2分

加熱する。仕上げに薄口しょうゆを加え皿に盛りつけ、青ねぎをのせる。

 

ポイント

だし汁につくねの肉の旨味が加わるため、味に深みが出て少量の煮汁でもおいしくいただけます。また、仕上げにしょうゆを加えることで使用量が少なくなり減塩につながります。

 

 

白菜とセロリの浅漬け

 

 

<1人分>

エネルギー      024kcal

カリウム        .527mg

塩分           0.5g 

 

 

作り方

①白菜は葉と芯の部分を分けて細切りにする。

②セロリはピーラーで筋を取り、斜め薄切りにする。

③ビニール袋に①と②、Aを入れて揉み、冷蔵庫で2~3時間置く。

④味がなじんだら器に盛りつけ、刻んだゆずの皮をのせる。

 

 

ポイント

冬野菜の白菜と香味野菜のセロリを使った浅漬けです。ゆずの果汁と皮の爽やかな香りにより塩分が少なくても美味しくいただけます。

 

 

薬剤師からのミニ情報 ~インフルエンザ~

風邪の多くは、発症後の経過が緩やかで発熱も軽い場合が多く、喉や鼻の症状が主に見られるのに対し、インフルエンザは38度~39度以上の高熱(但し高熱が出ない場合もあります)、強い倦怠感、関節痛などの全身症状が現れ、激しい咳や鼻水なども急激に悪化する傾向があります。

 

インフルエンザが疑われる症状が出た場合は、早めに受診しましょう。早い段階で治療するとウイルスの増殖を抑え、早めの回復が望めます。

 

代表的なインフルエンザの薬の特徴

タミフル

経口の薬で、1日2回5日間服用を続けて治療します。小さなお子様には飲みやすいドライシロップ(粉薬)もあります。

 

リレンザ

専用の器具を使って薬剤を吸入する吸入薬です。1日2回、5日間にわたって吸入します。粉薬を直接気道に届けることでウイルスの増殖を抑えることができます。

 

イナビル

特徴として1回の吸入で治療が終わり、継続した治療の必要がありません。しかし、1回の治療でしっかりと薬を吸入する必要があるため、指導を受けながら吸入するのが安心です。

 

ラピアクタ

病院で1回約15分程かけて行う点滴の薬です。1度の投与で治療が終わります。

 

ゾフルーザ

今年発売された新薬で、吸入ではなく1回の服用で治療が完了する初めての薬です。年齢や体重によって使用する量が変わります。

 

注意点

子どもの場合はインフルエンザ脳症に気をつけましょう。特に熱がある間は子供が1人きりにならないようにしましょう。

インフルエンザ脳症のリスクが上がってしまう解熱剤があります。自己判断で使用せず、必ず医師や薬剤師に相談しましょう。

 

予防方法

マスクの着用や手洗い、うがいを行いましょう。また、予防接種を受けることでインフルエンザにかかりにくく、脳症などの合併症を防ぐ効果があります。流行期に入る前に早めに受けることをおすすめします。