頭痛の種類をチェック:あなたの頭痛はどのタイプ?

主な頭痛の種類について簡単にまとめます。
1、緊張型頭痛
2、片頭痛(偏頭痛)
3、群発頭痛
4、その他
自分の頭痛がどのタイプかわかりますか?
それぞれの症状と春先に起こりやすくなる理由を詳しくまとめてみますね。

頭痛の種類1:緊張型頭痛

多くの方が経験する頭痛で、頭痛の中で最もポピュラーなものです。

原因

身体的な疲れや精神的なストレスにより、首や肩の筋肉が「緊張」することから起こります。「緊張型頭痛」と呼ばれているのはこのためです。季節の変わり目には、新学期、引越し・異動などでストレスを感じやすく頭痛が起こりやすいと考えられています。

姿勢の悪さも影響するので、同じ姿勢で行うパソコン作業など長時間のデスクワークの後に起こりやすいです。
そのほか、睡眠不足、食事等の生活リズムの乱れも原因となります。

症状

痛みは頭全体~後頭部を中心に両側に発生することが多く、首を回したときにめまいを起こすこともあります。痛みは、重たい鈍痛です。頭蓋骨をグっと抑えると頭痛がなくても痛みが出ることがあり、触診で診断を類推することもできます。 肩こりや首のコリも同じ原因で起こるので同時に発症することが多いです。

対策・改善方法

血流が悪くなっていることが原因なので、入浴等、首回りや肩を温めるのが効果的です。
首や肩のストレッチで筋肉をほぐしたり温めたりするのも効果的です。
緊張型頭痛の痛みは痛み止めを服用することで緩和することができます。
筋肉の緊張を抑えるために、筋弛緩剤を服用することもあり、ストレスを緩和できる抗不安薬を服用することもあります。

頭痛の種類2:片頭痛(偏頭痛)

頭の片側(もしくは両側)が痛むことから片頭痛と言われています。男性よりも女性に多いことが知られています。

原因

発症のメカニズムは緊張型頭痛とは異なります。
片頭痛は血管が過度に拡張することによって起こる頭痛です。
原因ははっきりとはわかっていませんが、ストレスによるセロトニンの働きが関与しているのではないかと言われています。
ストレス等がきっかけでセロトニンが一気に放出さてしまうと血管は一時的に収縮しますが、その反動で血管が拡張します。
ですが、セロトニンが枯渇している状態なので、血管は再び収縮することができず、それが片頭痛の症状を引き起こしてしまうのではないかと考えられています。
強いストレスが持続している場合、それから解放された時にも起こりやすくなるので、ハードな仕事を終えた休みの日に発症してしまうことも多いです。
また、緊張型頭痛から解放された時に片頭痛を発症してしまう、緊張型頭痛と片頭痛の混合型の頭痛になってしまう場合もあります。

症状

42 件