【薬剤師が解説】テプレノンが含まれる市販薬は?おすすめ2選を紹介 – EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報 【薬剤師が解説】テプレノンが含まれる市販薬は?おすすめ2選を紹介 | EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報

EPARKくすりの窓口

くすりのお役立ちコンテンツ

【薬剤師が解説】テプレノンが含まれる市販薬は?おすすめ2選を紹介

胃の不調

2021年11月25日更新
83 views
テプレノンを購入したいと思っても「市販薬でテプレノンが含まれている商品はあるの?」「他の胃薬とはどう違うの?」と疑問に思いますよね。

市販の胃薬はさまざまな種類があるため、何が最適なのか分かりにくく感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、テプレノンという胃粘膜保護成分について解説します。テプレノンの特徴や他の胃粘膜保護成分との違いを知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

当コラムの掲載記事に関するご注意点

1. 当コラムに掲載されている情報については、執筆される方に対し、事実や根拠に基づく執筆をお願いし、当社自身でも掲載内容に不適切な表記がないか、細心の注意を払って確認をしておりますが、医療及び健康管理上の事由など、その内容の正確性や有効性などについて何らかの保証をできるものではありません。あくまで、読者皆様ご自身のご判断にてお読み頂き、ご参考にして頂ければと存じます。

2. 当コラムにおいて、薬剤師、医師その他の医療及び健康管理関連の資格を持った方による助言、評価等を掲載する場合がありますが、それらもあくまでその方個人の見解であり、前項同様に内容の正確性や有効性などについて保証できるものではありません。

3. 当コラムにおける情報は、執筆時点の情報であり、掲載後の状況により、内容の変更が生じる場合があります。当社は、掲載されている情報を予告なしに変更、更新する場合があります。

4. 前各項に関する事項により読者の皆様に生じた何らかの損失、損害等について、当社は一切責任も負うものではありません。



テプレノンとは?




まずはテプレノンの基本情報を見ていきましょう。

・効果
・使用
・服用量
・副作用
・幼児・妊婦・授乳婦の服用

以下で詳しく解説します。

効果について

テプレノンは、荒れた胃粘膜を修復・保護する作用を持つ薬です。

胃炎や胃潰瘍などにより胃が荒れてしまっている方に用いられます。

テプレノンを含む市販薬は、胃もたれや胸やけ、食欲不振など、胃粘膜が荒れたことによって現れるさまざまな症状の改善に最適です。

使用(幼児・妊婦・授乳中の女性も含む)について

テプレノンを含む市販薬は、15歳以上の成人で使用が認められています。

高齢者も服用できますが、状態によっては量を減らすなどの調節が必要な場合もあるため、購入前に医師や薬剤師、登録販売者などへの事前相談を推奨しています。

妊娠中や授乳中の方については、絶対に飲めないわけではありません。お母さんや赤ちゃんの状態を見ながら服用の是非を判断する必要があるため、高齢者の方同様専門家に相談してから購入するかどうかを決めましょう。

幼児の服用に関しては、市販薬で服用できるものは残念ながらありません。

1日の服用量について

1日の服用量は、150mgと定められています。

基本的には3回に分けて、50mgずつ服用します。市販薬であっても処方薬と同量のテプレノンが含まれていて、飲み方にも違いはありません。

ただし処方薬に関しては、症状に合わせて適宜増減することがあります。

副作用について

テプレノンを服用した方のうち、約0.5%に副作用が報告されています。

症状としては、便秘や下痢、吐き気などの消化器症状や、発しんやかゆみなどの皮膚症状が挙げられます。

まれに肝機能障害が起こることもあるため、万が一薬を飲んで体に異常が生じた場合は、すぐに服用を中止して医師の診察を受けてください。

他の薬との違いについて




続いては、他の薬との違いを解説します。

胃粘膜保護成分として他によく使われる薬として「レバミピド(商品名:ムコスタ)」が挙げられます。2つの成分がどのように異なり、どのような共通点があるのかを理解しましょう。

レバミピドとの違い

レバミピドとテプレノンの効果に大きな違いはありません。

どちらも荒れた胃粘膜を修復・保護する作用を持っています。飲み方や副作用の症状や頻度を比較しても、着目すべき違いはありませんでした。

大きな違いを挙げるとすれば「テプレノンは市販薬にも使われているが、レバミピドは処方薬でのみ使われている」ということです。現状、市販薬の中でレバミピドを使用した商品はありません。

併用しても大丈夫?

基本的には併用しません。

作用が似通っており、併用することによる相乗効果が期待できないためと考えられます。

また、併用することで副作用リスクが高まる可能性もあります。もし過去に処方されたレバミピドとテプレノンの両方が自宅にある場合でも、医師からの指示がない限り併用はしないでください。

テプレノンを含む市販薬はある?どこで買える?




テプレノンを含む市販薬には「新セルベール整胃プレミアム」という商品のみが市販されています。

第2類医薬品に分類されていて、ドラッグストアやオンラインストアなどで購入できます。錠剤と細粒の2種類が用意されていて、効果に違いはありません。使い勝手の良さで選んで問題ないでしょう。 

エーザイ

新セルベール整胃プレミアム<錠> 18錠

最安値 832 (税込)

胃もたれ・食べ過ぎに効く

胃粘膜を保護するテプレノンを、医療用と同量配合しています。そのほか胃の動きを活発にする成分や、脂肪の消化を助ける酵素などが配合されていて、食べ過ぎなどによる胃の不調を感じている方に最適です。細粒タイプもあるので、飲みやすい方を選んでください。

分類 第2類医薬品
有効成分 テプレノン、ソウジュツ乾燥エキス、コウボク乾燥エキス、リパーゼAP6
服用回数 1日3回・1回1錠
妊娠中・授乳中の服用 要相談
服用が可能な年齢 15歳以上
こんな症状に 胃もたれ、食べすぎ、食欲不振、胃部・腹部膨満感、胸やけ、飲みすぎ、はきけ(むかつき、嘔気、悪心)、嘔吐、胸つかえ
有効成分の含有量 10点|10点中
コストパフォーマンス 8点|10点中
即効性 6点|10点中

エーザイ

新セルベール整胃プレミアム細粒  12包 12包

最安値 845 (税込)

胃を守るテプレノンを医療用と同量配合

年齢とともに減少した胃粘液の影響で、胃もたれや胃の不調を感じやすくなっている方におすすめです。胃を保護するテプレノンのほか、胃の動きを活発にする生薬や消化を助ける消化酵素を配合。元気な胃を取り戻します。

分類 第2類医薬品
有効成分 テプレノン、ソウジュツ乾燥エキス、コウボク乾燥エキス、リパーゼAP6
服用回数 1日3回・1回1包
妊娠中・授乳中の服用 要相談
服用が可能な年齢 15歳以上
こんな症状に 胃もたれ、食べすぎ、食欲不振、胃部・腹部膨満感、胸やけ、飲みすぎ、はきけ(むかつき、嘔気、悪心)、嘔吐、胸つかえ
有効成分の含有量 10点|10点中
コストパフォーマンス 8点|10点中
即効性 6点|10点中

【比較一覧表】この記事で紹介している市販薬

商品画像 新セルベール整胃プレミアム<錠> 18錠
エーザイ
新セルベール整胃プレミアム細粒  12包 12包
エーザイ
商品名 新セルベール整胃プレミアム<錠> 18錠 新セルベール整胃プレミアム細粒  12包 12包
特長 胃もたれ・食べ過ぎに効く 胃を守るテプレノンを医療用と同量配合
最安値

832円(税込)

送料:無料 Amazon 詳細を見る

845円(税込)

送料:無料 Amazon 詳細を見る
商品リンク

胃腸薬の売れ筋ランキングもチェック!

なお、ご参考までに、胃腸薬のAmazon、楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。



『テプレノン』に関するQ&A




最後はテプレノンに関して、よくある質問に回答します。

テプレノンの特徴や他の胃粘膜保護薬との違いについて解説しましたが、まだ分からないことがある方もいらっしゃることでしょう。ぜひQ&Aで疑問を解決してくださいね。


テプレノンを含む薬とロキソニンを一緒に飲んでもいいですか?
病院でテプレノンとロキソニンを同時に処方されるケースは見られますが、市販薬を併用することは推奨しません。

市販薬の場合、基本的には他の薬と併用することを想定して作られていないため、もし体調不良が現れても保障されない可能性があるためです。

ロキソニンによる胃への負担が気になる場合は、ロキソニンシリーズの中で胃粘膜保護成分が配合されている「ロキソニンSプラス」や「ロキソニンSクイック」などを選んでみてください。

テプレノンはうつにも効果があるのですか?
うつに対する効果は認められていません。処方薬を含め、胃炎や胃潰瘍にのみ適応があります。

テプレノンのカプセルと細粒は、効果が違うのですか?
効果に違いはありません。成分量も同量なので、飲みやすさなどで選んで問題ありません。

テプレノンを飲むときに、牛乳などの胃を保護するような飲料と一緒に飲んでもいいですか?
薬は基本的に水またはお湯で服用してください。指示された飲み方以外の方法で服用して体に異常が現れた場合、保障されない可能性があるためです。

テプレノンに禁忌はありますか?
市販薬は年齢制限などが設けられていますが、処方薬であれば禁忌はありません。子どもが服用する場合は、医師の判断により用量や飲み方を調節して処方されるケースもあります。

まとめ




今回は、テプレノンについて解説しました。

胃粘膜保護を目的として処方薬ではよく用いられる成分ですが、市販薬としての取り扱いはまだラインナップが少ないようですね。市販のものを購入する場合は年齢制限などが設けられているため注意が必要です。

実際の商品も紹介したので、購入を検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

※掲載内容は執筆時点での情報です。

くすりの窓口は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。
記事内で紹介している商品の価格や送料・URLは、JANコードをもとにECサイトが提供するAPIを使用し、生成しています。
掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなどで情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等についてはECサイト、各販売店やメーカーよりご確認ください。
記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が株式会社くすりの窓口に還元されることがあります。

この記事を書いたアドバイザ

村岡 祐菜
現場薬剤師として働く以外にもさまざまな選択肢があること、ハンデがあってもやりたいことは叶えられるということを、自分の仕事を通して伝えていきたいです。

関連する記事

人気の記事

新着の記事

体の部位ごとから探す

胃腸の症状
  1. 下痢
  2. 便秘
  3. 吐き気
  4. 整腸
  5. 胃の不調
  6. 腹痛

特集

この記事に関連するタグ