1.喘息治療薬としてのテオドールの位置づけ

喘息治療薬には、気道の炎症をおさえて発作の発生を防ぐ「長期管理薬」と、発作が起きたときに使う「発作治療薬」があります。テオドールは長期管理薬の一つですが、テオドールの有効成分であるテオフィリンを含む薬剤の中には、発作治療薬として使われるものもあります。

1-1. テオドールは長期管理薬の一種

喘息は、長期管理薬による治療がベースとなります。長期管理薬として中心的な役割を果たすのは、吸入ステロイドです。吸入ステロイドは、気管支の炎症をおさえて喘息発作を起こりにくくします。

 

そして、吸入ステロイドと合わせて使われるのが、気管支を広げる働きのある薬剤(気管支拡張薬)です。気管支拡張薬には、「長時間作用性β2刺激薬(交感神経を刺激して気管支を広げる薬剤)」、「ロイコトリエン受容体拮抗薬(気管支収縮作用にかかわるロイコトリエンという物質をブロックする薬剤)」、そして、テオドールをはじめとした「テオフィリン徐放製剤」などがあります。

 

テオフィリン徐放製剤は、効き目が長時間続くように工夫されている薬剤です。テオフィリンには、気管支を広げる働きだけではなく、炎症をおさえる作用もあります。

 

なお、治療に使う薬の組み合わせは喘息の重症度などに応じて決められますが、テオフィリン徐放製剤は軽症~重症まで幅広く使うことができる薬剤です。

1-2. テオフィリンは発作治療薬として使われることも

喘息の発作時に使われる「発作治療薬」は、気管支を広げる効果が短時間であらわれる薬剤です。「短時間作用性β2刺激薬」のほか、テオドールと同成分の「テオフィリン薬」が用いられることがあります。発作治療薬として使われるテオフィリン薬は、テオドールより早く効果があらわれます。

2.テオドールで生じうる副作用

テオドールの主な副作用は、悪心・嘔気、頭痛、腹痛、下痢、振戦(ふるえ)、食欲不振、動悸などです。また、何らかの理由でテオフィリンの血液中の濃度(血中濃度)が高くなると、けいれんや意識障害、血圧低下、呼吸の促進、不整脈、横紋筋融解症(筋肉が破壊されてしまう症状)などが生じることもあります。

 

テオフィリンの血中濃度が高くなった際に生じる副作用は重篤なものが多く、早急な手当てが必要となります。

 

また、テオドールは小児にも処方されることがあるので、自覚症状をうまく伝えられない幼い子どもの体調変化には、とくに注意が必要です。

3.どのようなときにテオドールの副作用が生じやすいのか

テオドールの重篤な副作用は、テオフィリンの血中濃度に影響を与える薬剤を併用した場合のほか、生活習慣や体調に変化があったときなどに生じやすくなります。

3-1. テオドールの効果に影響を与える薬剤

・カフェイン
テオドールの成分であるテオフィリンは、カフェインとよく似た構造を持ちます。そのため、カフェインを含む薬剤を服用すると、副作用が強くあらわれる可能性があります。カフェインは、市販の風邪薬などに含まれていることがあります。

 

・エフェドリン、麻黄(マオウ)
エフェドリンや麻黄(マオウ)の副作用は、テオフィリンの副作用と同じような機序で発生します。そのため、併用には注意が必要です。エフェドリンは風邪薬や咳止め、鼻炎薬などに、麻黄は漢方薬などに配合されていることがあります。

 

・抗菌薬・抗生物質・抗真菌薬など(いずれも一部のみ)
一部の抗菌薬・抗生物質・抗真菌薬などは、テオフィリンを分解する酵素の働きを妨げます。そのため、テオフィリンの血中濃度が上昇して、副作用が生じることがあります。

 

そのほか、胃酸をおさえる薬・不整脈などの薬・血栓予防の薬・うつ病の薬・ヘルペスや帯状疱疹などの薬・骨粗しょう症の薬・尿酸値を下げる薬など(いずれも一部のみ)も、テオフィリンの血中濃度を上昇させる作用があるため、副作用に注意が必要です。

3-2. テオドールの効果に影響を与えるその他の要因

・年齢
テオフィリンの代謝は個人差が大きく、とくに高齢者や幼い子どもでは血中濃度が高くなりやすいことが知られています。

・薬の服用間隔
テオドールの服用は、1日1回あるいは2回です。服用量や服用間隔を自己判断で変更すると、テオフィリンの血中濃度が高くなって副作用が生じることがあります。

 

・飲食物に含まれるカフェイン
カフェインを含む飲食物の影響で、副作用があらわれることがあります。カフェインはコーヒーや茶類だけではなく、栄養ドリンクやコーラなどにも含まれています。

 

・発熱
発熱している小児にテオドールなどを投与すると、テオフィリンの血中濃度が上昇してけいれんなどの副作用が生じることがあります。これは、テオフィリンに対する肝臓の代謝能力が低下するためといわれています。

 

・喫煙および禁煙
喫煙は、テオフィリンの血中濃度を低下させることが分かっています。そのため、喫煙者にはテオドールが多めに処方されることがあります。しかし、禁煙したことを医師に伝えず、禁煙後も喫煙時と同じ用量が処方されると、テオフィリンの血中濃度が高くなりすぎて副作用が生じることがあります。

4.テオドールの使用に不安を感じたら…

テオドールに限らず副作用はどのような薬剤にでもあるものですが、テオドールの使用に不安を感じる場合には、まず医師に相談しましょう。とくに、テオドールの副作用と思われる症状があらわれた場合は必ず受診し、どのような症状が起きたのかを詳しく説明しましょう。

 

医師が必要と判断した場合には、血液中のテオフィリン濃度を測定する「TDM (Therapeutic Drug Monitoring)」という検査が実施され、投与量が細かく調整されることもあります。

 

医師へ相談しにくい場合は、調剤薬局の薬剤師に相談するのも良い方法です。薬局へ行くときは、飲み合わせのチェックができるようにお薬手帳を持参するようにしましょう。また、喫煙習慣や体調変化など、ちょっとした出来事についても薬剤師に伝えるようにしてください。

 

確認の結果、飲み合わせに注意が必要な薬剤が処方されている場合や、副作用の可能性が否定できない場合は、薬剤師が処方医に問い合わせ(疑義照会)をすることもあります。また、医師から特別な指示(飲み方の変更や早期受診のすすめなど)があった場合には、薬剤師から患者さんに指示が伝えられます。

 

子どもにテオドールが処方されている場合は、薬局で薬袋を分けてもらうこともおすすめです。粉薬で処方されている場合には、ほかの薬剤と混合しないように頼めば、分けてパックしてもらうこともできます。また、てんかん発作を起こしたことがある場合は、医師・薬剤師双方に伝えるようにしましょう。

5.おわりに

テオドールは、気管支を広げたり炎症をおさえたりする効果を持つ薬で、喘息治療では喘息発作を起こさないようにする長期管理薬の一つとして使われます。しかし、テオドールは血中濃度が上昇すると副作用が生じやすくなるため、ほかの薬との飲み合わせや日常生活の変化などにも注意が必要です。その一方で、テオドールは血中濃度を測定して投与量をコントロールすれば、安全に使うことができます。テオドールの使用に不安を感じる場合は、医師・薬剤師に積極的に相談し、重篤な副作用の発生を防ぐようにしましょう。