目次

・アレロックとは?
>アレロック錠
>アレロック顆粒
・効果
>アレルギー性鼻炎
>蕁麻疹や発疹
・副作用
・薬価
・花粉症に処方されるほかの薬
・アレグラ
>効果
>副作用
>薬価
・ザイザル
>効果
>副作用
>薬価
・比較まとめ
・抗ヒスタミン薬の新薬
・まとめ

アレロックとは?

アレロックは抗ヒスタミン薬の一つで、アレルギーによって引き起こされる症状を抑える薬です。花粉症による各症状を緩和させる専用の薬ではなく、じんましんや皮膚のかゆみにも使用されます。

2歳から使用でき、1日2回服用します。

アレロック錠

アレロックの錠剤は、普通の錠剤と、口に入れるとすぐに溶けるOD錠があります。
それぞれ2.5mgと5mgの2つの大きさがあるため、合計4種類が発売されています。

7歳以上であれば5mgを1日2回、それぞれ1錠服用するのが通常です。
2.5mgの錠剤は、副作用が強く出すぎる場合や、高年齢者など量が少なくても効果が得られる場合に使用されます。

アレロック顆粒

アレロックは錠剤以外に粉薬も発売されています。
粉薬といってもさらさらな粉ではなくて、粒が大きい顆粒剤です。顆粒剤は、錠剤が喉に引っかかるなどで飲めない方や子供に使用されることが多い形状です。

多くの粉薬は体重で服用量が決まるのですが、アレロック顆粒は年齢で服用量が決まっており、2歳から6歳までは一律で1回0.5gを服用します(2.5mg錠に相当します)。
7歳以上は錠剤を使用してもいいのですが、錠剤を飲めないお子さんには顆粒剤を使用することもあります。
体重によって細かく服用量を変えなくてもいいということは、安全な薬であることの裏返しでもありますが、体の大きな6歳の子には少し効き目が弱くなる可能性は否定できません。

効果

アレルギー性鼻炎

花粉症とは正式な医学用語ではなく、正式には「アレルギー性鼻炎」といいます。
花粉が体内に侵入すると、花粉が引き金となって「ヒスタミン」というアレルギーを引き起こす物質が出てきます。そのため花粉が侵入する鼻や眼で花粉症の各種症状が出るというわけです。

アレロックの主な作用は、ヒスタミンを体内で働かせないようにする抗ヒスタミン薬ですが、そもそも花粉が侵入してもヒスタミンを出させない抗アレルギー作用も持ち合わせています。
アレロックは、抗ヒスタミン薬の中でも新しい分類の第二世代抗ヒスタミン薬です。同じ分類の薬は、2016年11月現在で全部で11種類が発売されています。
それらの効果を直接的に比較した実験はありませんが、多くの医師や薬剤師はアレロックが最も効果が高い・強い薬である印象を持っているのではと思います。

蕁麻疹や発疹

アレロックのような抗ヒスタミン薬は、花粉症だけでなく蕁麻疹や発疹、皮膚のかゆみにも使用されます。
蕁麻疹や発疹も花粉症と同じヒスタミンによって引き起こされるアレルギー反応であることが多いためです。
花粉症は花粉が原因で発症しますが、蕁麻疹や発疹は原因がさまざまであるというところが異なる点です。

副作用

アレロックに特有の副作用はありませんが、次のような抗ヒスタミン薬に特徴的な副作用に注意が必要です。
作用が強い分、副作用が起こりやすいのですが、古くから使用されている第一世代の抗ヒスタミン薬に比べればリスクは高くありません。

■眠気
■口の渇き
■頭痛
■倦怠感(体がだるい)

特に眠気が起こりやすく、自動車の運転や危険な機械を操作する作業をする前には服用しない方がいいでしょう。

私も花粉症を持っていますが、一番つらいのは鼻の症状で十分眠れないことです。
そんな時はアレロックの眠気の副作用に助けられることもあって、副作用の全てが「悪」ではないと感じています。

薬価

40 件