■目次■
・保健機能食品とは
①特定保健用食品(トクホ)
 ◆表示方法
 ◆必要な手続き
 ◆条件付特定保健用食品
②栄養機能食品
 ◆表示方法
 ◆必要な手続き
③機能性表示食品
 ◆表示方法
 ◆必要な手続き
・まとめ

保健機能食品

市場には「健康食品」と呼ばれる食品が数多く流通しており、スーパーやドラッグストアなどでもよく「サプリメント」「栄養補助食品」「栄養強化食品」「健康飲料」などの表示を目にすると思います。しかしながら、これらの表示はどれも法令上の定義はなく、また国による審査なども行なわれていないため、販売会社が表示しようと思えば表示できてしまうのです。
一方、国によって健康や栄養に関する表示が認められ、制度化されている食品を「保健機能食品」といい、「特定保健用食品(トクホ)」「栄養機能食品」「機能性表示食品」の3種類があります。この3種類は、機能性を表示できるという点で、「一般食品」と「医薬品」の中間に位置する食品と言えます。

①特定保健用食品(トクホ)

食品中に含まれる特定の成分(関与成分)が、健康の維持促進に役立つことが試験などによって科学的に証明されていて、国による審査を受けたうえで保健の用途・効果を表示できる食品です。

具体例

・明治ブルガリアのむヨ-グルト LB81(明治)
・ヘルシア緑茶(花王)
・ヤクルト(株式会社ヤクルト)

表示方法

トクホには必ずトクホマークが表示されています。また、保健機能の表示方法も細かく決められており、
「○○(関与成分)が含まれているのでおなかの調子を整えます。」
「○○(関与成分)が含まれておりビフィズス菌を増やして腸内の環境を良好に保つので、おなかの調子を整えます。」のように、関与成分の種類によって表示の仕方が決められています。

必要な手続き

上記の通り、個別に国の審査を受け、許可を得なければトクホとしての販売はできません。トクホは医薬品とは異なるため、消費者庁での審査だけでなく、医薬品と誤認されるような表記になっていないか厚生労働省での審査もあります。また新規の関与成分の場合には、安全性を中心により厳しい審査を受けることとなります。

条件付特定保健用食品

あまり知られていないのですが、トクホの審査で要求している有効性の科学的根拠のレベルには届かないものの、一定の有効性が確認される食品に対して、「条件付特定保健用食品」という表示を許可することがあります。
これまでに許可を得た商品が2件ありますが、1件はすでに販売を終了しており、もう1件も許可は得たものの表示をしていません。

②栄養機能食品

通常の食生活を行うことが難しく1日に必要な栄養成分を摂れない場合に、栄養成分の補給・補完のために利用する食品です。

販売の条件として、「ビタミン13種類・ミネラル6種類・n-3系脂肪酸のうちいずれかの成分を、国で定めた1日あたりの摂取量の上限値・下限値の基準に適合した量含んでいる」必要があります。

具体例

・ヨーグレット・ハイレモン(meiji)
・ビタミン野菜 紙パック200mL 1日分のビタミン12種(伊藤園)
・ウイダーinゼリー マルチミネラル(ウイダー)
など

表示方法

「栄養機能食品(ビタミンC)」のように、機能を表示したい栄養成分の名称が括弧内に表記され、その栄養成分の含有量も必ずパッケージに表示されます。その他にも、トクホ程ではないですが表示に関する決まりがいくつかあります。

必要な手続き

定められた含有量の基準に適合していれば、審査や届出無しに表示することができます。もちろん、表示方法の決まりは守る必要があります。また注意点として、栄養成分の含有量が基準値の範囲内である商品はすべて表示できるため、それ以外の成分や栄養機能については考慮されていない場合があります。

③機能性表示食品

2015年4月から新しく始まった制度で、事業者の責任において科学的な根拠に基づいて機能性を表示している食品です。トクホとは異なり、国による審査はありません。

具体例

・メンタルバランスチョコレートGABA(江崎グリコ)
・サプリメント ネイチャーメイド ルテイン(大塚製薬)
・キリン メッツ プラス レモンスカッシュ(キリンビバレッジ)
など

表示方法

容器包装の主要面(通常、商品名が記載されている面)に「機能性表示食品」と表示されています。また、具体的な機能性についても表示されていますが、トクホの様に文章までしっかりと決められているわけではないので、同じ機能性成分を含んでいても商品によって文章が異なることがあります。

必要な手続き

上記の通り、トクホの様な国による審査はありませんが、販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などを消費者庁に届出る必要があります。また、その届出は全て消費者庁のホームページで公開されています。

まとめ

以上、保健機能食品についての解説でした。

保健機能が表示されている食品でも、それぞれに違いがあることが分かったと思います。毎日の食事というのは、健康を維持していくうえで一番大切なものです。食品の表示に踊らされるのでなく、その表示がどの程度信用できるものなのかを知ったうえで、自分に必要な食品はどれなのかをしっかり判断して購入するようにしましょう。