■目次■
・保健機能食品とは
①特定保健用食品(トクホ)
 ◆表示方法
 ◆必要な手続き
 ◆条件付特定保健用食品
②栄養機能食品
 ◆表示方法
 ◆必要な手続き
③機能性表示食品
 ◆表示方法
 ◆必要な手続き
・まとめ

保健機能食品

市場には「健康食品」と呼ばれる食品が数多く流通しており、スーパーやドラッグストアなどでもよく「サプリメント」「栄養補助食品」「栄養強化食品」「健康飲料」などの表示を目にすると思います。しかしながら、これらの表示はどれも法令上の定義はなく、また国による審査なども行なわれていないため、販売会社が表示しようと思えば表示できてしまうのです。
一方、国によって健康や栄養に関する表示が認められ、制度化されている食品を「保健機能食品」といい、「特定保健用食品(トクホ)」「栄養機能食品」「機能性表示食品」の3種類があります。この3種類は、機能性を表示できるという点で、「一般食品」と「医薬品」の中間に位置する食品と言えます。

①特定保健用食品(トクホ)

食品中に含まれる特定の成分(関与成分)が、健康の維持促進に役立つことが試験などによって科学的に証明されていて、国による審査を受けたうえで保健の用途・効果を表示できる食品です。

具体例

・明治ブルガリアのむヨ-グルト LB81(明治)
・ヘルシア緑茶(花王)
・ヤクルト(株式会社ヤクルト)

表示方法

トクホには必ずトクホマークが表示されています。また、保健機能の表示方法も細かく決められており、
「○○(関与成分)が含まれているのでおなかの調子を整えます。」
「○○(関与成分)が含まれておりビフィズス菌を増やして腸内の環境を良好に保つので、おなかの調子を整えます。」のように、関与成分の種類によって表示の仕方が決められています。

必要な手続き

上記の通り、個別に国の審査を受け、許可を得なければトクホとしての販売はできません。トクホは医薬品とは異なるため、消費者庁での審査だけでなく、医薬品と誤認されるような表記になっていないか厚生労働省での審査もあります。また新規の関与成分の場合には、安全性を中心により厳しい審査を受けることとなります。

条件付特定保健用食品

あまり知られていないのですが、トクホの審査で要求している有効性の科学的根拠のレベルには届かないものの、一定の有効性が確認される食品に対して、「条件付特定保健用食品」という表示を許可することがあります。
これまでに許可を得た商品が2件ありますが、1件はすでに販売を終了しており、もう1件も許可は得たものの表示をしていません。

②栄養機能食品

32 件