こんにちは眼科専門医の平松です。

今回は子供に視力についてお話します。学校で視力検査の結果、視力が悪いといわれることがありますが、視力低下と一口にいっても、原因・種類は様々です。ですから、世の中に出回っている視力回復の方法が、すべての子供に効果があるというわけではありません。ある子には有効でも、ある子には逆効果になってしまうということもあります。よかれと思ってしたことが逆効果にならないよう、子供の視力低下について、正しい知識を付けておきましょう。

子供の視力低下の種類を調べなければ、一生後悔する?

一般的に、子供の視力が悪いと「近視」だと思ってしまいがちです。

なぜなら近視の子の方が多いからです。けれども多いからと言ってあなたのお子さんも近視だとは限りません。病気や状態によっては、治療をしておかないと一生視力が回復しなくなってしまったり、裸眼の状態だけでなく、メガネをかけても0.6までしか見えない…といった状態を引き起こしかねません。
2種類の視力

視力の低下について理解する際、認識していただきたいのは、「視力」とひとくちに言っても、実は以下の2種類の視力がある、ということです。 「裸眼視力」 メガネをかけない視力 「矯正視力」 メガネをかけた視力 普段あなたが口にする視力というのは、メガネをかけないで測る視力で「裸眼視力」といいます。よく言う視力が下がったというのはこの「裸眼視力」が下がることを言います。もう一つの視力は「矯正視力」です。これはメガネをかけた状態での視力のことです。 例えば白内障や網膜剥離などで視力(裸眼視力)が落ちると、メガネをかけても何をしても視力(矯正視力)が上がらなくなってきます。

子供の近視と遠視の例。必ず一度、眼科で確認を!

ほとんどのお子さんは近視による視力低下なので「メガネをかけない視力:裸眼視力」が下がったとしても「メガネをかけた視力:矯正視力」は1.0見えています。

近視(例)
 「メガネをかけない視力:裸眼視力」 0.2
 「メガネをかけた視力:矯正視力」  1.0

ただし、こういった例もあります。
視力検査の結果が悪かったお子さんをお持ちのお母さんが、メガネをかけさせるのがかわいそうだからと視力回復トレーニングをしていました。それでもあんまり変わらないので、あきらめていました。何度も学校で視力が悪いという通知が来るので、仕方なくお子さんを連れて眼科にきました。

結果は、遠視による視力低下でした。

遠視による視力低下は、適切な治療をしないと視力は回復しません。それも「小さいころにしておかないと大人になってからは治らない」のです。結局その子は大きくなってから治療を開始したので視力はメガネをかけても0.4~0.5までしか上がりませんでした。

自動車運転免許を取るには視力が0.7必要です。これでは将来運転免許を取ることはできません。

でも遠視は遠くがみえるのでは?そう思っていないでしょうか。
「近視」=近くが見える
「遠視」=遠くが見える
と勘違いされています。

言葉だけだと遠視は遠くが見える、と誤解されがちなのですが、残念ながら「遠視だと遠くも見えない」のです。

よく視力回復トレーニングという言葉を耳にすると思います。
実際私自身もテレビやラジオ・雑誌でそういう情報を聞かれますが、特にお子さんの場合はトレーニングより前に、「一回は眼科でその視力低下が本当に近視からくるものか調べてください」とアドバイスしています。

なぜなら「自分は近視である。ほかの病気がない。」という事を確認しておかないと不幸なことになってしまう可能性があるからです。メガネをかけても視力が低いままになってしまうと将来の職業にも大きな制限がでます。メガネをかけさせたくないから、という親心から視力回復センターやちまたにある視力回復の方法をためす気持ちはわかりますが、「必ず一回は眼科で確認」が必須です。

視力低下・近視の予防法・回復法は?

では視力低下・近視になりにくい予防法はないのでしょうか?
実はあります。

一つは遠くを見る事です。近くを見る作業が多い子の方が、視力低下しやすいという事がわかっています。また休みの時に外で遊ぶという方が視力低下しにくいという事も事実です。昔から言われている事ですが、遠くを見て外で遊ぶという事が効果的なのです。

視力回復トレーニングはどうでしょうか?有料で高いものが良いでしょうか?視力回復の方法自体は科学的に立証されているわけではありません。けれどもどうしても都会で手元を見る作業が多くなりがちな子供に、遠くで遊ぶような疑似体験をさせることは、進行予防・少しでも良くする、という認識で使う分にはいいでしょう。

毎日何時間もかけてトレーニング受けるとかお金を払ってトレーニングを受ける必要はありませんので、「ゲームをしたら遠くを見る」などを習慣化させるのがよいでしょう。そのほか具体的な方法については回を改めてお話ししたいと思います。

子供のメガネは可哀そう?

また、お伝えしておきたいのは「メガネはあくまで道具ですので、必要以上に使用をためらうことなく、有効に使いましょう」ということです。

親御さんの中には、「子供にメガネをかけるのはよくない。可哀そう」だと思ってしまう方も多いです。

「メガネかけないで見える方が便利」という面もありますのでメガネをしないで済めばいい、という気持ちはわかります。けれどもあまり「可哀そう」とは思ってほしくないというのが、眼科医としての私の気持ちです。

なぜかというと、本当にメガネが必要な場面があるからです。仮にあなたのお子さんが遠視だった場合、メガネをかけることは治療の一環です。糖尿病の子がインスリンを打つ、体の病気の子が薬を飲むのと同じことです。あなたがかわいそうと思ってしまうと子供にその気持ちが伝わります。「嫌だな。したくないな。」と思ってしまうのです。

ですから「メガネはあくまで道具」と考えて、適切に使用してほしいと思います。

まとめ

■視力低下は一度眼科で原因を調べる
■視力には裸眼視力と矯正視力がある
■近視は近くが見えるが遠視は遠くが見えない
■近視・視力低下予防には遠方視や外遊びが大切
■メガネはあくまで道具と割り切って適切に使用する
12 件