【おりものにおすすめ】薬剤師が厳選した市販薬6選【2021年】 – EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報 【おりものにおすすめ】薬剤師が厳選した市販薬6選【2021年】 | EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報

【おりものにおすすめ】薬剤師が厳選した市販薬6選【2021年】

女性機能の不調

2021年6月14日更新
views

女性なら誰にでもある「おりもの」。下着が汚れるし、臭いがすることがあって気になる・・・とマイナスなイメージをお持ちの方も多いと思いますが、おりものは女性のカラダにとって、とても大切なものなのです。

おりものは大きく2つの役割を担っています。まず1つは「膣を守る」というものです。膣内部のうるおいを保って粘膜を守ったり、汚れを排出したり、バイ菌などが子宮内に侵入するのを防いでくれます。

そしてもう1つが、「受精を助ける」というものです。排卵時にはゼリー状に変わり、精子を受け入れやすい状態にしてくれます。

こんな重要な役割を持つおりものですが、普段と違う色や臭いがある時、誰かに相談しようと思ってもなかなかしにくいもの。この記事では、正常なおりものがどういう状態なのかや、異常がある時はどう対応したらいいのかについて、おすすめの市販薬と共に紹介しています。ぜひお役立てください。

『おりもの』について

まずは正常なおりものがどういう状態なのか、またどういうおりものが出た時に、感染症や病気の可能性があるのかについて説明します。

受診が必要なおりものの特徴についても紹介していますので、当てはまる場合は速やかに受診するようにしましょう。

『おりもの』の原因

おりものは、女性ホルモンや年齢の影響を受けて、同じ人でも変化します。例えば、排卵期の前には精子を迎えいれるためにおりものの量が多くなりますし、卵白のようなどろっとした伸びるおりものがでることもあります。

また一般的に30代、40代と年齢を重ねるにつれておりものの量は減っていきます。こういった変化は正常なものなのですが、色が白く濁っていたり、出血や悪臭がある場合は、性感染症や何らかの病気が原因である可能性があります。

『おりもの』のタイプ

・透明でサラサラしている。生理前で少し白く粘りがある。臭いはないか、少し酸っぱい臭いがする。
⇒正常なおりものです。

・白く濁っており、カッテージチーズ状、臭いはあまりない
⇒カンジダ膣炎の可能性があります。

・灰色がかっていて、魚の腐ったような臭いがある
⇒細菌性膣炎の可能性があります。

・泡状黄緑、異常に黄色い、強い悪臭がある
⇒トリコモナス膣炎の可能性があります。

・黄緑がかっていて色膿のように見える、悪臭がある
⇒淋菌感染症の可能性があります。

・水っぽいおりもので量が多い、臭いはあまりない
⇒クラミジア感染症の可能性があります。

・赤褐色、茶褐色、ピンク色。悪臭はある場合とない場合がある。
⇒萎縮性膣炎、子宮頸管ポリープ、子宮頸ガンの可能性があります。

・赤褐色、茶褐色で臭いはない。
⇒子宮頸ガンの可能性があります。

受診の目安

色が黄緑がかっていたり、生理直後でないのに赤褐色、茶褐色をしている場合、腐った魚のように生臭い場合、カッテージチーズのようにポロポロしているおりものが出た場合には、医療機関を受診して詳しい検査を受けましょう。

また、性感染症や病気が原因である可能性がある場合、灼熱感や外陰部のかゆみ、性交痛を伴うことがあります。そういった場合にも、早めに受診するようにしてください。

受診する診療科は産婦人科または婦人科になりますが、どういう症状がいつからあるのか詳しく説明するようにしましょう。

【タイプ別】薬・サプリメントの選び方

人によって症状や悩みはさまざま。自分に合った薬やサプリメントを選ぶためのポイントをいくつか紹介します。

【かゆみを伴う方】は高ヒスタミン成分入りがおすすめ

かゆみを伴う場合は、クロタミトンやジフェンヒドラミンなどの高ヒスタミン成分が入っているものを選ぶようにしましょう。

また、リドカインという成分が含まれているものには、局所麻酔作用があり、かゆみに素早く作用してくれます。抗ヒスタミン成分含有の薬では効かないような痒みが強い場合に、使用するようにしましょう。

他にも酢酸トコフェロールといった、患部の治りを早める作用のある成分や、グリチルリチン酸などの炎症を抑えてくれる成分が含まれているものがおすすめです。

【膣内環境を改善したい方】は乳酸菌がおすすめ

腸と同じように膣にも良い菌と悪い菌がいます。膣内環境が乱れていると、免疫力が下がって感染症にかかりやすくなってしまいますので、乳酸菌をとり環境を整えるようにしましょう。

特に膣内では、デーデルライン桿菌という乳酸菌が、膣内を酸性の状態にし、他の微生物が侵入したり増殖したりするのを防いでくれています。生活の乱れやストレスなどによってホルモンバランスが崩れることで、このデーデルライン桿菌の活動が低下し自浄作用も低下します。

ですので、膣内環境を改善するためには、こういった乳酸菌が補えるサプリメントを選ぶようにしましょう。

【薬剤師が厳選】おすすめの商品

薬局やドラッグストアに行ってもなかなか薬剤師や登録販売者に相談しにくいデリケートゾーンの悩み。そんな方でも行ってすぐに購入できるよう、薬剤師、NR・サプリメントアドバイザーの資格を持つ私がおすすめするサプリメント・薬をいくつかご紹介します。

【比較一覧表】おりものにおすすめの商品

商品画像 ビタトレールデリモア
万協製薬
フェミニーナジェル
小林製薬
デリケアb
池田模範堂
デリテクト
DHC
フェミラクト
大鵬薬品工業
ジョイエ
HERBEST
商品名 ビタトレール デリモア フェミニーナジェル デリケアb デリテクト フェミラクト ジョイエ
特長 デリケートな部分の痒みに素早く効く サラサラパウダーinのフェミニーナジェル 健康な肌と同じ弱酸性のクリーム 女性の繰り返しがちなデリケート悩みに。ダブルの乳酸菌パワー 女性のために開発された乳酸菌サプリメント 品質と安全性にこだわっており防腐剤、合成着色料、香料など無添加のサプリメント
コストパフォーマンス 10点|10点中 8点|10点中 8点|10点中 8点|10点中 7点|10点中 5点|10点中
即効性 9点|10点中 9点|10点中 6点|10点中 6点|10点中 6点|10点中 5点|10点中
商品リンク

『おりもの』に関するQ&A


おりものについて、よくある質問にお答えします。

Q&A①:おりものが毎日でるのですが、これは病気でしょうか?

おりものが毎日出るのは、病気ではありません。おりものは、子宮、膣、汗腺からの分泌物や粘膜が混じりあって外に排出されたもので、分泌されるのはとても正常なことです。

ただしおりものは、女性器に異常が起きるとその量や色、匂いに変化を生じるので、普段から変化を注意してみることも必要です。あまりにも量が多い場合や黄緑や茶色などの色がついているとき、悪臭がする場合には病気が原因である可能性があります。

Q&A②:陰部をよく洗うことで、感染症を防げますか?

陰部を清潔に保つことは非常に重要なことです。しかし、洗いすぎてしまうことで、雑菌から膣や子宮をまもってくれる常在菌まで滅菌し、膣の自浄作用を低下させてしまう可能性があります。

また、洗剤でかぶれたり、乾燥することでかゆみを生じることがあります。陰部を洗う際には、お湯でも十分なのですが、もし洗剤を使用する場合には、デリケートゾーン用の洗剤や弱酸性のボディウォッシュを使用して優しく洗うようにしましょう。

Q&A③:どういう人が、膣カンジダなどの感染症にかかりやすいのですか?

女性であれば誰でも性感染症にかかる可能性はありますが、出産時は分娩や免疫力の低下、疲労などによりもっともかかりやすくなります。

その他、糖尿病などの基礎疾患がある方や、抗生物質服用時、ピルやステロイド服用時、免疫系機能が弱まっているときに膣の中で悪玉菌が増殖して発症することがあります。

特にHIVに感染している方は発症しやすい状態のため、必ず医師の診断を受けるようにしましょう。また、疲れやストレスが溜まっているときも免疫力が低下してかかりやすくなります。

まとめ


いかがでしたか。デリケートゾーンの悩みは人に打ち明けづらく、インターネットで検索したり1人で抱えこんでいる方もいると思います。しかし、薬を選ぶときはちゃんと症状に合っているのか、サプリメントを選ぶ時には品質や安全性が高いものなのかしっかり見分ける必要があります。

特にサプリメントは、日本では食品の一つに分類されており、薬のようにしっかりとした法律がないために効果が低い可能性のあるものや、製造工程、原料が明記されていないものも数多くあります。

ですので自分では選べない方、他に薬を服用している方は薬剤師や医師に相談するようにしましょう。また、陰部の病気の可能性のある場合は、早めに医療機関を受診し、適切な検査、治療を受けることをおすすめします。

この記事に関連するタグ

関連する記事

人気の記事

新着の記事

くすりの窓口は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

この記事を書いたアドバイザ

佐藤 美柚
内科、外科、小児科、脳神経外科、透析科、整形外科、皮膚科など幅広い患者様の健康維持増進の為に日々奮闘しております。薬剤師の役目としましては、薬を調剤するだけでなく患者様の普段の生活に寄り添い的確な指導をす...