症状別コンタックの副作用

まずはじめに、これらの副作用は必ずすべての症状が出る、というものではなく人によって副作用のあらわれ方が異なります。

きちんと用法・用量を守ることで、安全にお薬を飲むことが出来ますので、いますぐお薬を飲むのを止めるなど、必要以上に心配することはありません。

ただし、作用の裏にはもちろん副作用があります。正しい知識をおさえて、おかしいな、と感じはじめたら医療機関を受診するようにしましょう。

それでは、「新コンタックかぜEX」「新コンタックかぜ総合」の副作用を説明していきます。

「便秘気味になった・口がかわく・眠気」症状

新コンタックかぜEX・新コンタックかぜ総合ともに「口のかわき」「眠気」の症状が副作用としてあります。原因の成分はそれぞれ異なります。

また、代表的な症状として新コンタックEXには便秘の症状があります。

新コンタックかぜEXの場合

鼻炎症状(鼻水、鼻づまり、くしゃみ等)を和らげるdl-クロルフェニラミニンマレイン酸塩やヨウ化イソプロパミドの副作用症状により、便秘・口のかわき・眠気症状があらわれることがあります。

新コンタックかぜ総合の場合

「口のかわき」「眠気症状」が、鼻炎症状(鼻水、鼻づまり、くしゃみ等)を和らげるdl-クロルフェニラミニンマレイン酸塩の副作用症状としてあらわれることがあります。

「胃もたれ等の消化器症状」の症状

食欲不振、胃もたれ、腹痛、嘔吐等の消化器症状がどちらのコンタックでも出ることがあります。どちらも解熱鎮痛作用を示す成分によるものです。

新コンタックかぜEX

解熱鎮痛効果を示す成分、イブプロフェンの副作用症状になります。

新コンタックかぜ総合

解熱鎮痛効果を示す成分、アセトアミノフェンの副作用症状になります。

その他の症状

その他の副作用による症状として、下記のものがあります。

新コンタックかぜEX

<皮膚症状>発疹、かゆみ
<循環器症状>動悸
<呼吸器症状>息切れ
<泌尿器症状>排尿困難
<その他>歯ぐきの出血、出血が止まりにくい、目のかすみ、異常なまぶしさ、体のだるさ
など

新コンタックかぜ総合

<皮膚症状>発疹、かゆみなど
<精神神経症状>めまい
<呼吸器症状>息切れ
<泌尿器症状>排尿困難
<その他の症状>過度の体温低下
など

注意すべき重篤な副作用

コンタックに限らず、下記の重篤な症状は、お薬に対するアレルギー症状で、お薬全般で起こりうる副作用になります。明らかにいつもと違うような症状が出た場合は、直ぐに医療機関を受診するようにしましょう。

重篤な症状例

ショック(アナフィラキシー)、皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、中毒性表皮絵師融解症)、肝機能障害、ぜんそく、など

おわりに

今回は、「新コンタックかぜEX」「新コンタックかぜ総合」の副作用について説明しましたが、コンタックに含まれるお薬の成分は、シリーズによって少しずつ違うため、効果や副作用もお薬によって違いがあります。

副作用かな?と疑問や不安に感じた場合は、公的な文書を確認し、症状が悪化する前にお薬の使用を中止し、医療機関を受診するようにしましょう。