お薬とグレープフルーツジュースの関係

一般的に、お薬は体内に入ると“代謝酵素”で分解されて、しだいに効き目を失っていきます。その代謝酵素の働きを邪魔する成分が、グレープフルーツジュースに含まれています。(参考:グレープフルーツに含まれる“フラノクマリン”が、体内の代謝酵素である、“シトクロムP450のCYP3A4”を阻害します。)

グレープフルーツジュースの成分が体内の代謝酵素の働きを邪魔すると、薬の分解を遅らせるため、薬の効き目が強くでてしまい、副作用が現れる可能性が高くなります。そのため、お薬によっては、グレープフルーツジュースと一緒に飲むことが禁止されているのです。

グレープフルーツジュースと飲み合わせが悪い薬

グレープフルーツジュースと飲み合わせが悪い薬の代表例は下記になります。主に、「高血圧薬」「不眠症治療薬」「免疫抑制剤」「高脂血症治療薬」の一部がが該当します。同じタイプのお薬でも、影響がないお薬も多くあります。

参考までに一部の紹介になりますので、詳しくは、お薬を受け取る際に薬剤師に確認するようにしましょう。

カルシウム拮抗薬(高血圧や狭心症等)

・カルブロック(アゼルニジピン)
・アテレック(シルニジピン)
・コニール(ベニジピン塩酸塩)
・アダラート(ニフェジピン)
・ワソラン(ベラパミン塩酸塩)  等

不眠症治療薬(寝つきを良くする)

・ハルシオン(トリアゾラム)  等

免疫抑制剤(免疫反応を抑える)

・ネオーラル(シクロスポリン)
・サンディミュン(シクロスポリン)
・プログラフ(タクロリムス水和物)  等

高脂血症治療薬(コレステロール値を下げる)

・リピトール(アトルバスタチンカルシウム水和物)
・リポバス(シンバスタチン)  等

ジュースでなければよい?他の柑橘系との飲み合わせは?

実は、ジュースだけでなく、果実にも同じ物質が含まれているとされているため、注意が必要です。

また、どうしてグレープフルーツだけ?と思っている方もいるかもしれませんが、実はグレープフルーツだけでなく、他の柑橘系でもザボン、ダイダイ、スゥィーティー等にも含まれており同様の症状が起こる可能性があります。

一方で、同じ柑橘系でも、レモン、みかんやオレンジ等は代謝阻害物質が含まれていないため、薬の服用前後で食べてもほとんど問題ないとされています。
22 件