アレグラとディレグラの作用の違い

まずは、アレグラとディレグラの作用について比較してみましょう。

アレグラ

アレグラの成分は、「フェキソフェナジン」となります。「抗ヒスタミン薬」とよばれるタイプのアレルギー症状を抑えるお薬に分類されます。

アレルギー症状の原因となる体内物質であるヒスタミンの作用を抑えることで、アレルギー症状に効果があります。アレルギー性鼻炎に加え、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎・皮膚そう痒症、アトピー性皮膚炎)に伴うかゆみの症状などにも効果が期待できます。

抗ヒスタミン薬の中でも、第2世代とよばれる比較的新しいタイプのお薬で、従来の抗ヒスタミン薬で多くあった副作用、口の乾きや排尿障害、又、眠気症状などが少ないとされています。

ディレグラ

一方、ディレグラの成分は、「フェキソフェナジン」と「プソイドエフェドリン」になります。アレグラの成分に、プソイドエフェドリンがプラスされています。

そのため、アレグラと同様にアレルギー症状の原因となる体内物質であるヒスタミンの作用を抑えることで、アレルギー症状に効果があることに加え、プソイドエフェドリンの効果が期待できます。

◆プソイドエフェドリンの効果とは?◆
プソイドエフェドリンは、「α交感神経刺激薬」とよばれるタイプのお薬で、鼻づまりに対して効果があります。

交感神経を刺激する作用があり、鼻の粘膜にあるα(アルファ)受容体を刺激することで、血管を収縮させ、粘膜の充血や腫れを抑えることにより、鼻づまりを解消する効果をもちます。

そのため、鼻づまりの症状がひどい場合、アレグラよりもディレグラが適している場合があります。
ディレグラは、アレルギー性鼻炎にのみしか適応はなく、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎・皮膚そう痒症、アトピー性皮膚炎)に伴うかゆみの症状に対しては、使用できません。

作用の違いまとめ

ディレグラは、アレグラの成分に加え、鼻づまりを解消する効果がある「プソイドエフェドリン」の成分を含んでおり、アレルギー症状を抑えることに加え、鼻づまりにも効果があります。

ディレグラは、抗ヒスタミン薬では効きづらい鼻づまりの症状に対して効果が期待できます。

アレグラとディレグラの飲み方の違い

飲み方にも違いがありますので、説明します。

アレグラ

成人、12歳以上の小児は、1日2回、1回1錠[60mg錠]を服用します。7歳以上12歳未満の小児は、1日2回、1回1錠[30mg錠]を服用します。症状によって適宜増減があります。

ディレグラ

成人、12歳以上の小児は、1日2回、1回2錠を、朝及び夕の空腹時に服用します。

飲み方の違いまとめ

33 件