アレグラとディレグラの作用の違い

まずは、アレグラとディレグラの作用について比較してみましょう。

アレグラ

アレグラの成分は、「フェキソフェナジン」となります。「抗ヒスタミン薬」とよばれるタイプのアレルギー症状を抑えるお薬に分類されます。

アレルギー症状の原因となる体内物質であるヒスタミンの作用を抑えることで、アレルギー症状に効果があります。アレルギー性鼻炎に加え、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎・皮膚そう痒症、アトピー性皮膚炎)に伴うかゆみの症状などにも効果が期待できます。

抗ヒスタミン薬の中でも、第2世代とよばれる比較的新しいタイプのお薬で、従来の抗ヒスタミン薬で多くあった副作用、口の乾きや排尿障害、又、眠気症状などが少ないとされています。

ディレグラ

一方、ディレグラの成分は、「フェキソフェナジン」と「プソイドエフェドリン」になります。アレグラの成分に、プソイドエフェドリンがプラスされています。

そのため、アレグラと同様にアレルギー症状の原因となる体内物質であるヒスタミンの作用を抑えることで、アレルギー症状に効果があることに加え、プソイドエフェドリンの効果が期待できます。

◆プソイドエフェドリンの効果とは?◆
プソイドエフェドリンは、「α交感神経刺激薬」とよばれるタイプのお薬で、鼻づまりに対して効果があります。

交感神経を刺激する作用があり、鼻の粘膜にあるα(アルファ)受容体を刺激することで、血管を収縮させ、粘膜の充血や腫れを抑えることにより、鼻づまりを解消する効果をもちます。

そのため、鼻づまりの症状がひどい場合、アレグラよりもディレグラが適している場合があります。
ディレグラは、アレルギー性鼻炎にのみしか適応はなく、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎・皮膚そう痒症、アトピー性皮膚炎)に伴うかゆみの症状に対しては、使用できません。

作用の違いまとめ

ディレグラは、アレグラの成分に加え、鼻づまりを解消する効果がある「プソイドエフェドリン」の成分を含んでおり、アレルギー症状を抑えることに加え、鼻づまりにも効果があります。

ディレグラは、抗ヒスタミン薬では効きづらい鼻づまりの症状に対して効果が期待できます。

アレグラとディレグラの飲み方の違い

飲み方にも違いがありますので、説明します。

アレグラ

成人、12歳以上の小児は、1日2回、1回1錠[60mg錠]を服用します。7歳以上12歳未満の小児は、1日2回、1回1錠[30mg錠]を服用します。症状によって適宜増減があります。

ディレグラ

成人、12歳以上の小児は、1日2回、1回2錠を、朝及び夕の空腹時に服用します。

飲み方の違いまとめ

アレグラは1回1錠であるのに対して、ディレグラは1回2錠を服用します。また、アレグラは服用のタイミングが、食前後で定められていませんが、ディレグラの場合は、朝及び夕の空腹時とされています。

ディレグラを服用する上での注意点

ディレグラは、鼻づまりの症状が中等症以上の場合に使用するよう適応が限定されています。

また、鼻づまりの症状が強い期間のみの最小限の期限の使用にとどめ、鼻づまりの症状が改善された場合には、速やかに、抗ヒスタミン剤単独[アレグラなど]に切り替える必要があります。

[参考]添付文書の記載

添付文書上では、次の記載があります。

・本剤の使用は鼻閉症状が強い期間のみの最小限の期間にとどめ、鼻閉症状の緩解がみられた場合には、速やかに抗ヒスタミン剤単独療法等への切り替えを考慮すること。[本剤を2週間を超えて投与したときの有効性及び安全性は検討されていない。]

・本剤の使用により効果が認められない場合には、漫然と長期にわたり投与しないように注意すること。

アレグラとディレグラの副作用の違い

アレグラとディレグラで共通する副作用

アレグラ、ディレグラに含まれるフェキソフェナジンは、第2世代とよばれる抗ヒスタミン薬であり、眠気などの副作用が従来のお薬より出にくいとされていますが、個人差があり、下記の副作用症状がでる可能性があります。

・口の渇き
・眠気
・便秘
・下痢
・頭痛

ここで挙げているものは一例ですので、いつもと違うような気になる症状が出た場合は、医師や薬剤師に早めに相談するようにしましょう。

ディレグラのみにある副作用

アレグラと比較しても、そこまで副作用に大きな差はありません。ただ、プソイドエフェドリンが含まれていることにより、下記に該当する方は、服用に注意が必要となります。主治医に必ず相談するようにしましょう。

服用禁忌

・本剤の成分及び類似する成分に対し過敏症の既往歴のある患者
・重症の高血圧の患者[症状が悪化するおそれがある。]
・重症の冠動脈疾患の患者[症状が悪化するおそれがある。]
・狭隅角緑内障の患者[症状が悪化するおそれがある。]
・尿閉のある患者[症状が悪化するおそれがある。]
・交感神経刺激薬による不眠、めまい、脱力、振戦、不整脈等の既往歴のある患者[塩酸プソイドエフェドリンの交感神経刺激作用が強くあらわれるおそれがある。]

慎重に服用

・糖尿病の患者[血糖値が上昇するおそれがある。]
・高血圧の患者[血圧が上昇するおそれがある。]
・虚血性心疾患の患者[虚血性心疾患が悪化するおそれがある。]
・眼圧上昇のある患者[眼圧が上昇するおそれがある。]
・甲状腺機能亢進症の患者[交感神経刺激作用が増強するおそれがある。]
・前立腺肥大のある患者[排尿困難が悪化するおそれがある。]
・腎機能障害のある患者

副作用の違いまとめ

アレグラとディレグラでは、副作用に大きな違いはありませんが、ディレグラの場合は、服用に注意が必要な場合があるので、必ず主治医や薬剤師に申告し、相談するようにしましょう。

おわりに

花粉症などのアレルギー性鼻炎に効果的なお薬である「アレグラ」と「ディレグラ」の効果と副作用の違いについて参考になりましたでしょうか?

鼻づまりがひどく辛い場合は、ディレグラの服用が有効ですので、主治医に相談してみましょう。ただ、症状がひどい一時的な服用にとどめるようにし、長期での服用は避けましょう。