1.あせもに効果のある市販薬の種類と成分

あせもに効果のある市販薬として、注目する成分のタイプは大きく3種類です。炎症をおさえる抗炎症成分と、かゆみをおさえる成分、化膿をおさえる抗菌作用のある成分です。

1-1. 炎症をおさえる

炎症をおさえる抗炎症成分としては主に2つあります。抗炎症作用の高いステロイド剤と、非ステロイドである抗炎症成分です。

①ステロイド剤

症状がひどい場合には、ステロイド剤を含む塗り薬をおすすめします。
市販のステロイドの成分としては以下の成分があります。

・フルオシノロンアセトニド
・ベタメタゾン
・プレドニゾロン
・ヒドロコルチゾン
・デキサメタゾン  など

②ステロイド

一方で、症状が軽度の場合や、皮膚が薄い患部(顔まわりや外陰部など)、又、小さなお子さんの場合は、非ステロイドである抗炎症成分を含む塗り薬をおすすめします。非ステロイドの抗炎症成分としては、以下の成分があります。

・グリチルリチン酸
・ウフェナマート  など

1-2. かゆみをおさえる成分

かゆみを伴う場合には、かゆみをおさえる成分を含む塗り薬がおすすめです。かゆみをおさえる成分としては、抗ヒスタミン成分や、局所麻酔成分があります。

・ジフェンヒドラミン(抗ヒスタミン成分)
・クロルフェニラミン(抗ヒスタミン成分)
・リドカイン(局所麻酔成分)
・ジブカイン(局所麻酔成分)
・クロタミトン など

1-3. 抗菌作用のある成分

皮膚が傷ついており、感染のリスクがある場合化膿が見られる場合には、抗菌作用のある成分を含む塗り薬がおすすめです。

・フラジオマイシン(抗生物質)
・オキシテトラサイクリン(抗生物質)
・イソプロピルメチルフェノール(殺菌)
・トリクロロカルバニリド(殺菌)
・スルファジアジン(殺菌)  など


2.塗り薬のタイプ

塗り薬として、軟膏、クリーム、ローション、スプレーなど様々なタイプがありますが、あせもに主に使用するタイプは、軟膏、クリームです。それぞれの特徴を記述します。

2-1. 軟膏

軟膏の特徴としては、刺激が少ない、保湿性が高い、汗で流れにくい、傷口がじゅくじゅくしている場合にも使いやすいなどのメリットがあります。一方、デメリットとしては、ベタつくことがあります。傷口の保護や、保湿性が高いため、乾燥部分に適しています。

2-2. クリーム

クリームの特徴としては、ベタつきがなく伸びがよいため、使用しやすい、皮膚へ浸透しやすいなどのメリットがあります。一方で、デメリットとしては、汗で流れやすい、傷口があると、刺激性があるため痛い場合などがあります。肌に浸透しやすいことから、皮膚のかゆみや、皮膚が厚い部分への使用に適しています。

 

3.あせもに効果のある市販薬3つ

あせもに効果のある市販薬として多くの種類が販売されています。今回は一例をご紹介しますが、詳しくは、店頭の薬剤師又は登録販売者の方と相談し、症状に合わせて購入するようにしましょう。

・ポリベビー (第3類医薬品/佐藤製薬)

ステロイド成分を含んでいないため、小さなお子さんにおすすめです。かゆみをおさえるジフェンヒドラミンや殺菌作用のあるトリクロロカルバニリドなどが含まれており、かゆみを抑えてしっかりと患部を保護します。

・レスタミンコーワパウダークリーム (第3類医薬品/興和)

ステロイド成分を含んでいないため、小さなお子さんにおすすめです。かゆみをおさえるジフェンヒドラミンや、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸などが含まれており、あせもの炎症をおさえ、かゆみにも効果があります。

・オイラックスPZ軟膏 (第2類医薬品/第一三共ヘルスケア)

ステロイドであるプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルを含んでいることに加え、かゆみをおさえるクロタミトン、殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールを含んでいます。ステロイドにより、あせもの炎症をしっかりとおさえ、また、かゆみを抑える効果、感染のひろがりを抑える効果が期待できます。

4.おわりに

夏の皮膚トラブルのひとつである、あせもに効果のある市販薬の選び方について参考になりましたでしょうか?

小さなお子さんは汗をかきやすく、あせもになりやすいため、汗をしっかりと拭き、着替えを頻繁に行うなどの注意が必要です。
あせもがひどい場合には、市販薬では効果がない可能性がありますので、はやめに医療機関を受診するようにしましょう。