逆流性食道炎に用いられる治療薬一覧と服用期間、市販薬について解説 – EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報 逆流性食道炎に用いられる治療薬一覧と服用期間、市販薬について解説 | EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報

EPARKくすりの窓口

くすりのお役立ちコンテンツ

逆流性食道炎に用いられる治療薬一覧と服用期間、市販薬について解説

参考になった152

2022/6/21
635,242
胸焼けがひどく、喉に酸っぱいものがこみ上げてくる(呑酸(どんさん))など不快な症状がある場合、それは「逆流性食道炎」かもしれません。

症状が軽い方や忙しい方の中には、病院に行く前に、まずは市販薬で様子を見たいと考えている方もいるでしょう。あるいは、病院に行くべきか迷っている方もいるかもしれません。

今回は、胸焼けや呑酸などの症状に用いられる薬のうち、自分で購入できる市販薬や漢方薬の特徴や種類一覧を解説するとともに、生活習慣の改善のアドバイスや病院に行った方がよいタイミングなどもご紹介します。

くすりの窓口医師・薬剤師が
選んだ市販薬を紹介

  • 経験① 現場でよく聞かれる質問
    経験① 現場でよく聞かれる質問
    現場で聞かれる薬の効果や副作用、飲み合わせの注意点等をご説明します。
  • 経験② 現場で教える医薬品
    経験② 現場で教える医薬品
    悩みに合った薬や普段から自分が案内する薬など、現場で案内するものを教えます。
  • 視点① ユーザー目線で解説
    視点① ユーザー目線で解説
    実際にどう使うのかや、ユーザー目線で
    必要な情報をお伝えします。
  • 医師・薬剤師が悩みにお答えします!

当コラムの掲載記事に関するご注意点

1. 当コラムに掲載されている情報については、原則として薬剤師、医師その他の医療及び健康管理関連の資格を持った方(以下「薬剤師等」といいます)による助言、評価等を掲載しております。当社自身でも掲載内容に不適切な表記がないか、細心の注意を払って確認をしておりますが、医療及び健康管理上の事由など、その内容の正確性や有効性などについて何らかの保証をできるものではありません。あくまで、読者皆様ご自身のご判断にてお読み頂き、ご参考にして頂ければと存じます。

2. 当コラムにおける一般医薬品に関する情報は、読者、消費者の方々に適切な商品選択をして頂くことを目的に、薬剤師等に対して当社より課題、テーマを提示の上、執筆を依頼しております。主眼は、商品より成分であり、特定の商品に関する執筆を依頼しているわけではなく、また特定の医薬品製造事業者等(以下「メーカー等」といいます)からの販売又は紹介に関する対価が発生するものではありません。

3. 当コラムにおける一般医薬品のアフィリエイトリンクにつきましても、読者、消費者の方々への購入の利便性目的に設置しており、前項同様、特定商品の販売により薬剤師等やメーカー等に報酬が入るものではなく、特定商品の誘引を企図したものではありません。

4. 当コラムにおける情報は、執筆時点の情報であり、掲載後の状況により、内容の変更が生じる場合があります。当社は、掲載されている情報を予告なしに変更、更新する場合があります。

5. 記事内で紹介している商品の価格や送料、URLは、JANコードをもとに、対象商品を販売するECサイトが提供するAPIを使用し、生成しています。掲載価格の変動、JANコードの誤登録等による情報相違等があることも考えられ、最新価格や商品の詳細等についてはECサイト、各販売店又はメーカー等よりご確認をお願いします。

6. 当社が行う、調剤薬局様における商品取り置きサービスにつきましても、あくまでユーザーの受け取りの簡便化が目的であり、特定商品及び特定薬局への誘引を企図したものではありません。

7. 前各項に関する事項により読者の皆様に生じた何らかの損失、損害等について、当社は一切責任も負うものではありません。



逆流性食道炎に効果がある市販薬の選び方


薬剤師

竹中 孝行さんのコメント

現在、逆流性食道炎を治療する市販薬はありませんが、症状を緩和する下記の作用を持つ薬が市販されています。

1.胃酸の分泌を抑制する作用
2.分泌された胃酸を中和する作用
3.食道の粘膜を保護する作用
4.消化管の動きを改善する作用

1,2は胃酸という食道を攻撃する因子を抑える働き、3は食道を守る力を高める働き、4は逆流を起きにくくする働きでつらい症状を緩和します。ご自身の症状、期待する作用に合わせて薬を選びましょう。

また、本記事では各薬につき1剤形のみを紹介していますが、粉薬、普通の錠剤、口の中で溶けるタイプの錠剤など様々なタイプが発売されているものもあります。ご自身の飲みやすさに合わせて選ぶことができます。

市販薬から選ぶ



市販薬には、作用を一つに絞った薬と、これらの作用を総合的に併せ持った薬があります。下記で紹介している薬では、ガスター10が作用を一つに絞った薬に該当し、ガストールとパンシロンは複数の作用を持つ薬です。

ガスター10はいわゆるスイッチOTCと呼ばれる市販薬で、これまで処方箋薬(医師の診察、処方の元使われる薬)として使用されてきた薬が、薬局・薬店などで医師の処方なしに買えるOTC薬として販売されるようになったものです。胃酸の分泌をしっかり止めたい方にはガスター10がおすすめです。

一方で、ガストールやパンシロンは胃酸の分泌を抑える成分、分泌された胃酸を中和する成分、逆流してしまった胃酸から食道を保護する成分が総合的に含まれた薬です。

これらの薬に含まれる、胃酸の分泌を止める成分は、ガスター10と比べるとその作用は緩やかと言われていますが、総合的な作用を求める方にはこれらの薬がおすすめです。

漢方薬から選ぶ



今回紹介している漢方薬は、主に消化管の動きを改善する作用を持つ薬です。

消化管の動きが悪くなると、胃に入った食べ物や、分泌された胃酸が胃下部からうまく排泄されず、胃上部から逆流してしまう原因となります。よって、消化管の動きを改善することで、胃酸の逆流を抑えます。

下記で紹介している薬のうち、止逆清和錠は消化管の動きを改善する作用に加え、分泌された胃酸を中和する作用も併せ持っています。市販薬はほとんどの場合、15歳未満は服用できませんが、漢方薬には子どもも服用できるものがあります。

また、市販薬と比較して、服用期間が比較的長く設定されているものが多いのも特徴です。

逆流性食道炎におすすめの市販薬・漢方薬




逆流性食道炎に効果がある市販薬 3選

第一三共

ガスター10 S錠 6錠

最安値 865 (税込)

逆流性食道炎の処方箋薬と同成分を含む薬

ガスター10は逆流性食道炎に対して使われる、病院でもらう薬と同成分を含む薬です。胃酸の分泌を抑制する作用に特化した薬です。食事に関係なく、症状が出た時に1日2回まで飲むことができます。

分類 第一類医薬品
有効成分 ファモチジン
服用/塗布回数 1回1錠、1日2回まで
内容量 6錠
タイプ 錠剤
有効成分・含有量 9点|10点中
コストパフォーマンス 8点|10点中
即効性 9点|10点中

エスエス製薬

ガストール錠 30錠

最安値 791 (税込)

3つの作用で総合的に胸焼け、呑酸等を改善

胃酸の分泌を抑え、分泌されてしまった胃酸も中和、さらに逆流してしまった胃酸から食道を保護するという3段階で総合的に症状を改善します。食事と同じタイミングで飲むので忘れにくいです。

分類 第二類医薬品
有効成分 ピレンゼピン塩酸塩水和物/メタケイ酸アルミン酸マグネシウム/炭酸水素ナトリウム/ビオヂアスターゼ2000
服用/塗布回数 1回3錠、1日3回毎食後
内容量 30錠
タイプ 錠剤
有効成分・含有量 8点|10点中
コストパフォーマンス 8点|10点中
即効性 9点|10点中

ロート製薬

パンシロンキュアSP錠 30錠

最安値 589 (税込)

3つの作用で総合的に症状を改善

胃酸の分泌を抑え、分泌されてしまった胃酸も中和、さらに逆流してしまった胃酸から食道を保護するという3段階で総合的に症状を改善します。食事の前後、どちらでも飲むことができます。お値段も比較的安価です。

分類 第二類医薬品
有効成分 水酸化マグネシウム/合成ヒドロタルサイト/沈降炭酸カルシウム/アルジオキサ/ピレンゼピン塩酸塩水和物/炭酸水素ナトリウム/チンピ末
服用/塗布回数 1回2錠、1日3回、食前または食後
内容量 30錠
タイプ 錠剤
有効成分・含有量 8点|10点中
コストパフォーマンス 9点|10点中
即効性 9点|10点中

逆流性食道炎に効果がある漢方薬 3選

大正製薬

大正漢方胃腸薬 60錠

最安値 747 (税込)

胃の不調、不快感への定番薬

二つの漢方処方を含んだ薬です。安中散は消化管の動きを改善することで、胃酸の逆流を抑えます。また、芍薬甘草湯は胃の緊張をほぐし、胃痛を和らげます。40年以上のロングセラーです。

分類 第二類医薬品
有効成分 安中散(ケイヒ/エンゴサク/ボレイ/ウイキョウ/シュクシャ/カンゾウ/リョウキョウ)、芍薬甘草湯エキス末(シャクヤク/カンゾウ)
服用/塗布回数 5~14歳:1回2錠、15歳以上1回4錠、1日3回、食前又は食間
内容量 60錠
タイプ 錠剤
有効成分・含有量 8点|10点中
コストパフォーマンス 7点|10点中
即効性 9点|10点中

小林製薬

ギャクリア 10包

最安値 1,418 (税込)

消化管運動の改善と食欲を亢進

ギャクリアの有効成分である六君子湯は、逆流性食道炎に用いられます。グレリンという食欲を増進するホルモンの分泌を促すことで、弱った胃腸を整えるだけではなく、落ちてしまった食欲も改善します。

分類 第二類医薬品
有効成分 六君子湯エキス(ニンジン/ソウジュツ/ブクリョウ/ハンゲ/チンピ/タイソウ/カンゾウ/ショウキョウ)
服用/塗布回数 1回1包、1日2回、食前又は食間
内容量 10包
タイプ 散剤
有効成分・含有量 9点|10点中
コストパフォーマンス 8点|10点中
即効性 9点|10点中

クラシエ薬品

止逆清和錠 36錠

最安値 897 (税込)

消化管の動きを改善し、胃酸も中和

消化管の動きを改善し、胃酸逆流を抑えてくれるだけではなく、ボレイが配合されていることで分泌されてしまった胃酸を中和してくれます。胃酸の逆流による不快な症状改善のための処方です。

分類 第三類医薬品
有効成分 牛胆汁エキス末/オウバク末/カンゾウ末/ケイヒ末/ショウキョウ末/ボレイ末
服用/塗布回数 11~14歳:1回2錠、15歳以上1回3錠、1日3回、食後又は食間
内容量 36錠
タイプ 錠剤
有効成分・含有量 8点|10点中
コストパフォーマンス 7点|10点中
即効性 9点|10点中

【比較一覧表】逆流性食道炎に効果がある市販薬・漢方薬

商品画像 ガスター10 S錠 6錠
第一三共
ガストール錠 30錠
エスエス製薬
パンシロンキュアSP錠 30錠
ロート製薬
大正漢方胃腸薬 60錠
大正製薬

小林製薬

クラシエ薬品
商品名 ガスター10 S錠 6錠 ガストール錠 30錠 パンシロンキュアSP錠 30錠 大正漢方胃腸薬 60錠 ギャクリア 10包 止逆清和錠 36錠
特長 逆流性食道炎の処方箋薬と同成分を含む薬 3つの作用で総合的に胸焼け、呑酸等を改善 3つの作用で総合的に症状を改善 胃の不調、不快感への定番薬 消化管運動の改善と食欲を亢進 消化管の動きを改善し、胃酸も中和
最安値

865円(税込)

送料:無料 Yahoo! 詳細を見る

791円(税込)

送料:無料 Yahoo! 詳細を見る

589円(税込)

送料:300円 楽天 詳細を見る

747円(税込)

送料:無料 Yahoo! 詳細を見る

1,418円(税込)

送料:無料 楽天 詳細を見る

897円(税込)

送料:無料 Yahoo! 詳細を見る
商品リンク

胃腸薬の売れ筋ランキングもチェック!

なお、ご参考までに、胃腸薬のAmazon、楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。


服用上の注意点・ポイント




ここで挙げている薬は、あくまで症状が軽い場合、短期的に症状を緩和するためのものであり、疾患を治療するものではありません。

また、これらの薬はどれも短いものは3日、長いものでも1か月と服用期間が定められています。逆流性食道炎は治療が遅れると胃潰瘍などの重大な疾患に発展する恐れがあります。定められた期間服用しても症状が改善しない場合や、いつもと違うような気になる症状が出た場合は、医師や薬剤師に早めに相談するようにしましょう。

こんな時は病院へ




これらの薬を定められた期間、服用しても症状が改善しない場合、またはこれまでに改善と悪化を何度も繰り返している場合は注意が必要です。すでに症状が悪化していたり、合併症が起きている恐れがあります。

これらの薬は、症状の改善が目的であり、根本的な治療ができるものではありませんので、早めに受診をしましょう。目安として、連続して2箱目を服用する際は、一度、医師・薬剤師に相談しましょう。

逆流性食道炎の薬に関するQ&A




H2ブロッカーとM1ブロッカーってなに?

薬剤師

竹中 孝行さんのコメント

H2ブロッカーとM1ブロッカーはともに胃酸の分泌を抑える薬の代表ですが、作用する部位が異なります。成分名としては、それぞれファモチジン、ピレンゼピンが有名です。市販薬ではファモチジンはガスター10に、ピレンゼピンはガストールに含まれています。

おわりに




今回は、逆流性食道炎の症状である胸焼けや呑酸などに用いられる薬のうち、自分で購入できる市販薬や漢方薬の特徴や種類一覧を解説しました。

症状が軽い場合は、生活習慣の改善と併せて、市販薬・漢方薬で改善が見込める場合もあります。しかしながら、治療が遅れることで重大な疾患に発展する恐れもあります。効果が不十分な場合は無理をせず、早めに医師・薬剤師に相談しましょう。

※掲載内容は執筆時点での情報です。

 

この記事が参考になったら
投稿しよう。

参考になった

みなさまの投稿をサービス向上に
繋げてまいります。

この記事はいかがでしたか?

投稿ありがとうございました。

くすりの窓口は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。
記事内で紹介している商品の価格や送料・URLは、JANコードをもとにECサイトが提供するAPIを使用し、生成しています。
掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなどで情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等についてはECサイト、各販売店やメーカーよりご確認ください。
記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が株式会社くすりの窓口に還元されることがあります。

この記事に関連するタグ

関連する記事

人気の記事

新着の記事

体の部位ごとから探す

胃腸の症状
  1. 下痢
  2. 便秘
  3. 吐き気
  4. 整腸
  5. 胃の不調
  6. 腹痛

特集