【第2類医薬品】命の母ホワイト 180錠 | 小林製薬 | ドラッグ新生堂サンリブ久留米店の取り扱い商品

お知らせ

【第2類医薬品】命の母ホワイト 180錠 | 小林製薬

  • 【第2類医薬品】命の母ホワイト 180錠 | 小林製薬

メーカー 小林製薬

【第2類医薬品】命の母ホワイト 180錠 | 小林製薬

在庫:
店舗在庫状況について
(在庫更新日時:2024/04/27 )
店舗情報
店舗名:ドラッグ新生堂サンリブ久留米店
住所:福岡県久留米市野中町1411-1
定休日:なし
営業時間:月~日:9:30~21:00

商品情報

リニューアルに伴い、パッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

商品区分:第二類医薬品

【命の母ホワイトの商品詳細】
●つらい生理を楽にする生理諸症状改善薬です。
●生理・妊娠・出産などで女性ホルモンや自律神経のアンバランスによって起こる症状を改善するお薬です。
●11種類の生薬が血行を促し体を温めることで生理時の痛み(生理痛)や頭痛、腰痛やイライラなどの心身不調や生理不順、冷え性などを改善していきます。

【効能 効果】
・月経痛、月経不順、ヒステリー、腰痛、頭痛、貧血、冷え性、血の道症※1、肩こり、めまい、動悸、こしけ※2
※1:「血の道症」とは、月経、妊娠、出産、産後、更年期など女性のホルモンの変動に伴ってあらわれる精神不安や苛立ちなどの精神神経症状および身体症状のことである。
※2:「こしけ」とはおりもののことである。

【用法 用量】
・1回4錠、1日3回毎食後に水またはお湯で服用してください。

★用法・用量に関連する注意
・定められた用法・用量を厳守すること。
・吸湿しやすいため、服用のつどキャップをしっかり閉めること。
※15歳未満は服用しないこと。

【成分】
(1日量(12錠)中)
トウキ末:300mg
センキュウ末:200mg
シャクヤク末:300mg
ブクリョウ末:200mg
ソウジュツ末:200mg
タクシャ末:150mg
ケイヒ末:200mg
ボタンピ末:200mg
ダイオウ末:200mg
トウニン末:100mg
ニンジン末:50mg
添加物として、ケイ酸AL、タルク、炭酸Ca、酸化チタン、ゼラチン、アラビアゴム、白糖、ミツロウ、カルナウバロウを含有する。

【注意事項】
★使用上の注意
●してはいけないこと
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)
・授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳をさけること

●相談すること
・次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦または妊娠していると思われる人
(3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(4)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)
(5)胃腸が弱く、下痢しやすい人
・服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、製品の文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
皮ふ・・・発疹・発赤、かゆみ
消化器・・・胃部不快感、食欲不振、吐き気・嘔吐、はげしい腹痛を伴う下痢、腹痛
・服用後、下痢の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続または増強が見られた場合には、服用を中止し、製品の文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
・しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、製品の文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること

★保管および取扱い上の注意
・直射日光の当たらない湿気の少ない涼しいところに密栓して保管すること
・小児の手の届かないところに保管すること
・他の容器に入れ替えないこと(誤飲の原因になったり品質が変わる)
・本剤をぬれた手で扱わないこと
・ビンの中の詰め物は輸送時の破損防止用なので開封時に捨てること
・乾燥剤は服用しないこと

発売元
小林製薬株式会社
541-0045 大阪市中央区道修町4-3-6
お客様相談室 電話06-6203-3625
受付時間 9:00-17:00(土・日・祝日を除く)

製造販売元
小林製薬株式会社
567-0057 大阪府茨木市豊川1-30-3

※注意点【免責】

EPARKくすりの窓口では、サイト上に最新の商品情報を表示するよう努めておりますが、メーカーの都合等により、商品規格・仕様(容量、パッケージ、原材料、原産国など)が変更される場合がございます。
このため、実際にお届けする商品とサイト上の商品情報の表記が異なる場合がございますので、ご使用前には必ずお届けした商品の商品ラベルや注意書きをご確認ください。
さらに詳細な商品情報が必要な場合は、メーカー等にお問い合わせください。
商品情報の誤りについてのご報告は、こちらからお願いいたします。