1.マイザー軟膏とは?

1-1. マイザー軟膏の成分と作用

マイザー軟膏は「ジフルプレドナート」という、いわゆるステロイドの一種を有効成分とする外用薬です

有効成分が皮膚に吸収され、湿疹やかぶれ、腫れ等の症状を緩和します。必要以上に亢進している免疫活動を抑制することと、拡張している毛細血管を収縮させる作用により皮膚の炎症を抑える作用を発揮します。

 

早期に高い治療効果を得られる一方で、免疫活動を抑制する作用は、ニキビや水虫、カンジダ症などの感染性皮膚疾患の症状の悪化させてしまうこともあります。

 

 

1-2. マイザー軟膏のステロイドの中での位置付け

ステロイド外用薬の作用の強さは、血管収縮力を指標に以下のようにランク分けされています。その中でもマイザー軟膏は、5段階中上から2番目の「とても強い(Very Strong)」に該当し、比較的強めのステロイド外用薬になります。

 

・最も強い(Strongest)

・とても強い(Very Strong)

・強い(Strong)

・ふつう(Medium)

・弱い(Week)

 

身体の部位によりステロイドの吸収されやすさが異なるため、使用する身体の部位とその症状の強さにより、使用するステロイドの作用の強さを選択しますが、このランク分けが選択の指標になっています。

顔や陰部、赤ちゃんの肌は皮膚が薄く、ステロイドの吸収率が高いため作用の弱いものを、逆に手や足など皮膚が厚く、ステロイドの吸収率が低い部位には作用の強いものを使用するのが一般的です。

通常、「とても強い(Very Strong)」に分類されるマイザー軟膏が、皮膚の薄い部分に使用されることはありません(※症状の強さによっては、医師の判断により使用する場合もあります)。

 

 

1-3. どんな場合に使用する?

マイザー軟膏には強い抗炎症作用があり,アトピー性皮膚炎や虫刺され、あせも、ダニによる湿疹など、炎症性の皮膚疾患に幅広く使用されます。

 

「とても強い(Very Strong)」ランクに該当するため、一般的には皮膚が分厚い手や足、背中に中等度から重症以上の症状が出ている場合に使用されます。

 

1-4. 軟膏以外の剤型とジェネリック医薬品

マイザーには、軟膏以外にはクリーム剤があります。それぞれの特徴は以下の通りです。

 

軟膏の特徴

使用感はベタベタしていてあまり良くありませんが、刺激性はほとんどありません。乾燥した患部、ジュクジュクした患部のどちらにも使用できます。

 

クリーム剤の特徴

伸びがよく使用感がいいですが、刺激性があります。ジュクジュクした患部には適しません。

ベタベタするのを嫌がる子供には使いやすいでしょう。

 

マイザー軟膏・マイザークリームには、それぞれ以下のジェネリック医薬品が発売されています。

 

マイザー軟膏のジェネリック

・スチブロン軟膏0.05%

・ジフルプレドナート軟膏0.05%「KN」

 

 

マイザークリームのジェネリック

・スチブロンクリーム0.05%

 

 

ジェネリック医薬品は、研究・開発費が抑えられることで価格が安く設定されており、ジェネリック医薬品を使用することで、医療費の自己負担分を軽減することができます。

ジェネリック医薬品は先発品(マイザー)と有効成分が同一ですので、先発品と同等の効果が期待できます。

薬を処方する医師の意向により、ジェネリック医薬品へ変更できない場合もありますが、ご希望される場合は医師または薬剤師にご相談ください。

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

妊婦さんに使っても大丈夫?

 

妊娠すると痒みを訴える方が多く、その原因はホルモンバランスの乱れによる乾燥だと考えられています。この妊娠による痒みを、医学的には「妊娠性掻痒」といい、治療にステロイド外用薬が使われることがあります。

「ステロイド=怖い」というイメージから、妊娠中に使用するのをためらう方もいるかもしれませんが、妊婦さんが通常使用する量のステロイド外用薬を塗布した場合のお腹の赤ちゃんの安全性は立証されています。

イギリスで行われたステロイド外用薬を妊婦さんに塗り、胎児の発育への影響を検証した大規模試験では、胎児の発育への影響は確認されませんでした。

しかし、ステロイド内服薬(飲み薬)の場合には胎児の発育に影響を与えた事例があり、外用薬も大量に使用すれば内服薬に匹敵する影響を与える可能性もありますので、必ず使用量・使用回数を守ってお使いください。

ステロイド外用薬を使用するリスクよりも、痒みによる不眠やストレスの方が胎児の発育に与える影響がはるかに大きいため、しっかりと治療しましょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

2.マイザー軟膏の正しい使用方法(注意点)

マイザー軟膏などのステロイド外用薬は、症状のある部分にのみに塗るのが原則です。

正常の肌に使用すると副作用が起こりやすくなりますので、症状が出ていない部分には塗り広げないように注意しましょう。

 

使用量の目安として、成人の手のひら2枚分に相当する面積を塗るのに必要な軟膏は0.5gとされています。少なすぎると症状が良くなるまで時間がかかってしまい、多すぎると副作用のリスクが高まるので注意しましょう。

5gチューブや10gチューブに入った軟膏の場合、成人の人指し指の先から第一関節の長さまで出した軟膏の量が約0.2~0.3gですので、その量で手のひら1枚分と覚えておきましょう。

 

保湿剤(白色ワセリンやプロペト、ヒルドイドなど)と一緒にマイザー軟膏が処方されている場合、マイザー軟膏を塗ってから保湿剤を塗ってしまうと、症状の出ていない肌にもマイザー軟膏を塗り広げる恐れがあります。同時に使用する場合には、保湿剤を塗ってからマイザー軟膏を塗るようにしましょう(※医師から使用する順番について説明を受けている場合には、その指示に従ってください)。

 

処方されたステロイド外用薬を、家族で使い回している方もいらっしゃるかもしれません。

医師は症状の強さや使用部位により、処方するステロイド外用薬を決めているため、他人に処方されたステロイド外用薬を使用するのは厳禁です。他人に出ている症状にも適しているかどうかは分かりませんので、必ず本人に処方してもらったものだけを使用しましょう。

 

3.マイザー軟膏で注意すべき副作用

5段階のうち2番目に強い作用がある分、副作用もそれなりに強く現れることもあります。

しかし、副作用は局所的(使用した部分にのみ)にあらわれ、ステロイド内服薬でみられるような全身的な副作用はまず起こりません。

 

マイザー軟膏の副作用には以下のようなものが挙げられます。

皮膚萎縮と毛細血管の拡張に関しては、長期間使用した場合にみられ、短期的(2週間以内)な使用においてはみられません。

 

 ・ニキビ、水虫、カンジダ症などの皮膚感染症

 ・皮膚萎縮(皮膚が薄くなる)

 ・毛細血管の拡張(皮膚が赤くなる)

 ・過敏症(かぶれ・痒み・赤みなどの症状の増悪)

 

これらの副作用は正しく使用していれば、みられることはほとんどありませんが、指示された身体の部位や使用回数から逸脱すれば副作用のリスクは上がってしまいます。必ず、決められた使用方法を守ってお使いください。

 

4.市販でマイザー軟膏は購入できる?

現在、マイザー軟膏と同じ有効成分の市販薬はありません。また、マイザー軟膏と同じ「とても強い(Very Strong)」ランクの市販薬もありませんので、マイザー軟膏を使用するには医師に処方して貰うしかありません。

 

「強い(Medium)」ランク以下のステロイド外用薬でしたら、市販されているので、一度ドラッグストア・薬店などの薬剤師・登録販売者に相談してみるのもいいかもしれません。

 

5.おわりに

今回は、「とても強い(Very Strong)」ランクのマイザー軟膏について解説しました。

 

「ステロイド=副作用が怖い」とイメージされてステロイド外用薬の使用を避けてきたような方もいるかもしれません。そのような方にも、妊婦さんにも使えるぐらい安全であることが伝われば幸いです。

ステロイド外用薬にはマイザー軟膏以外にも種類がたくさんあり、素人にはどれが適しているのか判断が難しいため、必ず医師や薬剤師に症状を診てもらい、選択してもらったものをお使いください。