目次:市販で買える咳止め薬コデイン。薬物依存を防ぐには?

・コデインとは?
・コデインと他の咳止め薬の効果比較
・コデインの副作用
・オピオイドの3つの作用
・オピオイドの代表格「モルヒネ」
・語句の整理:薬物依存・乱用、とは?
・薬物依存を予防するには?専門家の指示に従うことが重要
・まとめ
・参考文献

コデインとは?

コデインは非常に古くから使用されている、咳止め成分の一種です。同じ「コデイン」がそのまま薬の商品名になっているほか、「○○コデ」とつく薬に配合されています (1)。

作用メカニズムとしては、脳において咳を起こす部位 (咳中枢) のはたらきを直接抑えることです (2)。

主に、錠剤と粉薬の形で使用され (1)、特に粉薬は量の調整が簡単なことから、こどもの咳止めとしてもよく使われます。

咳止め薬コデインと他の咳止め薬の効果比較

近年使用されている咳止めは、大まかに分類すると、コデインなどを含む「オピオイド」というグループと、それ以外に分けられます。

「それ以外」の代表格は、「デキストロメトルファン (商品名メジコン)」ですが、これとコデインなどオピオイドの咳に対する効果はあまり変わりがないようです (3, 4)。

咳止め薬コデインの副作用

コデインを含めたオピオイドの副作用のプロフィールは、ほとんど共通しています。
ただし、ものによって程度や頻度が異なります。

具体的な副作用の例は、次の通りです (5)。

●呼吸抑制
●便秘
●薬物依存
●眠気

ところで、副作用として「便秘」を挙げましたが、これは他の薬でよくある「一応、能書には書いてある」便秘とは意味合いが異なります。つまり、この便秘は明らかに薬によるものだということです。

これは、オピオイドに腸の運動を抑制する作用があるためですが (2)、これを逆手に取れば、下痢止めとして使えます。

オピオイドの3つの作用

こうしたわけで、コデインには下痢止めとしての効果もあります。また、オピオイドには痛み止めとしての効果もあるので、コデインが使用されるのは、次の3通りになります (5)。

●咳止め
●痛み止め
●激しい下痢の改善

オピオイドの代表格「モルヒネ」

実は、オピオイドにはもっと有名な薬があります。
それは、いわずと知れた「モルヒネ」です。

「モルヒネって確か麻薬じゃなかったっけ?」と思うかもしれませんが、その通りです。モルヒネをはじめとした麻薬には、ご存知の通り依存性が知られています (6)。さきほど、コデインの副作用として「薬物依存」を挙げたのは、こうした理由からです。

そして、コデインも麻薬の一つに数えられますが、実はこれには例外があります。具体的には、粉薬で濃度が1%以下のものは「家庭麻薬」という分類になり、麻薬としての規制の対象外となります。家庭「麻薬」とありますが、普通の麻薬とは明確に区別されています。

化学構造を見ると、モルヒネとコデインは大変よく似ており、その違いはわずかです (2)。しかし、このわずかな違いが、モルヒネとコデインの効果・副作用の違いとなります。

具体的には、コデインはモルヒネに比べて、痛み止めとしての効果は1/6、眠気は1/4程度とされています (5)。一方で、咳止めとしての効果はモルヒネより強いほか、依存を生じる可能性も低いため、低濃度のものは特別な規制がされていないのです。事実、コデインは市販の咳止めにも入っている成分です。

語句の整理:薬物依存・乱用、とは?

ここで、「薬物依存」や「乱用」など、この記事の中心的テーマとなる語句の整理をします。

乱用 (Abuse)

30 件