アスピリンとNSAIDs

アスピリンは有名な痛み止めなのでご存知の方も多いと思います。バファリン®がその代表ですね。

NSAIDsというのは非ステロイド性炎症剤(Non-Steroidal Anti-Inflammatoty Drugs)の略です。

ステロイド以外の抗炎症薬を指す言葉ですが、代表的なものを挙げると、
・ロキソプロフェン(ロキソニン®)
・ジクロフェナク(ボルタレン®)
・インダシン(インドメタシン®)
・イブプロフェン(ブルフェン®、イブ®)
・メフェナム酸(ポンタール®)
・エテンザミド(ノーシン®)
・イソプロピルアンチピリン(セデス・ハイ®)
などがあります。

ざっくり言うと、広く使用されている解熱鎮痛剤の多くがNSAIDsということになります。

飲み薬だけではなく、NSAIDsを含む湿布や塗り薬も同じように発作を引き起こしてしまうので、痛み止めで喘息発作を起こしたことがある人は注意が必要です。

アスピリン喘息の特徴

さて、アスピリン喘息の特徴についてまとめていきます。アスピリン喘息は最近は、アスピリン誘発性呼吸器疾患(Aspirin-exacerbated respiratory disease:AERD)とも呼ばれています。 喘息患者のうちアスピリン喘息を有している のは5〜10%くらいと言われています1)
重症喘息を引き起こし、場合によっては命に関わるほどの発作が起きてしまうことがあります。

いつ頃起こるのか?

だいたい、NSAIDS等の解熱鎮痛剤を飲んでから1時間以内には症状が現れることが多いです(10分単位で悪化していきます)。アナフィラキシーのような重篤な症状を起こすことも珍しくなく、呼吸困難、血圧低下 などの重い喘息症状が起きてしまうこともあります。

鼻の症状がアスピリン喘息のサイン?

アスピリン喘息の方は鼻が悪いという特徴を持つ人が多いと言われています。
嗅覚(におい)が低下している喘息患者さんはアスピリン喘息の可能性が疑われます。
また、鼻のポリープである鼻茸(はなたけ)や副鼻腔炎(蓄膿)になったことがある人やその治療歴、手術歴のある喘息患者さんにもアスピリン喘息が多いと言われています。

アスピリン喘息が起きる理由

NSAIDsによってアスピリン喘息が起きる仕組みははっきりわかってはいませんが、アラキドン酸という物質の代謝が関係していると言われています。
アラキドン酸という物質はCOX-1と言う酵素に代謝される反応経路とリポキシゲナーゼという酵素に代謝される反応経路を持っています。NSAIDsはCOXの働きを抑えることで消炎解熱鎮痛作用を発揮するのですが、COXの中のCOX-1と言う酵素はアラキドン酸からPGE2と言う気管支を拡張させる効果を持つ生理物質を作っています。

なので、COX-1を抑えることでPGE2の気管支拡張作用が抑えられてしまうことになります。また、COXによる代謝経路が抑えられた結果、リポキシゲナーゼによる反応経路が活発になります。その結果、トロンボキサンの産生が上がってしまい、LTC4、LTD4、LTE4などが増え、気管支平滑筋収縮作用、血管透過性亢進作用、鼻汁分泌作用などの症状が出現するのではないかと言われています。
このあたりについては、過去に自分のブログの中で詳しくまとめているので、気になる方はどうぞ。

食べ物でもアスピリン喘息が起きる?

ここまでNSAIDsでアスピリン喘息が起きると説明してきましたが、実はアスピリン喘息の原因となるのはNSAIDsだけではないんです。食品や歯磨き粉に含まれている添加物によって引き起こされることがあるのが知られています。

誘発物質とされている物質

30 件