【おすすめの制汗剤】薬剤師が厳選した商品12選【2021年】 – EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報 【おすすめの制汗剤】薬剤師が厳選した商品12選【2021年】 | EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報

【おすすめの制汗剤】薬剤師が厳選した商品12選【2021年】

ビューティー

2021年6月17日更新
views

「汗のニオイをおさえたい」「制汗剤ってどれを使ったらいいのか分からない」この記事は、そんなあなたに向けて書いています。

これから暑くなって、汗をかく季節になりますね。汗をかくと気になるのがニオイ。私自身汗かきなので、毎年夏になると制汗剤は手放せません。

今回の記事では、制汗剤の選び方について解説します。せっかく制汗剤を買ったのに、あまり変化がないのは悲しいですよね。この記事を読んで、自分に合った制汗剤を選べるようになりましょう。

この記事の目次

『制汗剤』について
『制汗剤』とは
『制汗剤』を使用する際の注意点
制汗剤を使用してもまったく変わらない場合
【タイプ別】制汗剤の選び方
【出先で使いたい方】はスプレータイプ
【直塗りしたい方】はロールオンタイプ
【持ち運びたい方】はスティックタイプ
【ニオイや汗の量が気になる方】はクリームタイプ
【薬剤師が厳選】おすすめの制汗剤
【スプレータイプ】おすすめの制汗剤3選
薬用デオドラントスプレー無香料
AgDEO24パウダースプレー
8×4パウダースプレーローズ&ヴァーベナの香り
【ロールオンタイプ】おすすめの制汗剤3選
8×4ロールオン無香料
Ban汗ブロックプラチナロールオン
ニベアデオドラントアプローチパールトーンロールオン無香料
【スティックタイプ】おすすめの制汗剤3選
デオナチュレソフトストーンW
ニベアデオドラントアプローチスティック
QB薬用デオドラントバー
【クリームタイプ】おすすめの制汗剤3選
リフレアデオドラントクリーム
デオナチュレさらさらクリーム
QB薬用デオドラントクリーム
『制汗剤』に関するQ&A
Q&A①:ワキガの臭いなどは、制汗剤だけで改善しますか?
Q&A②:一度開封した制汗剤は、どれくらい使えますか?
Q&A③:妊娠中、授乳中でも制汗剤は使用できますか?
まとめ

『制汗剤』について

まずは制汗剤について、基本的なことをお伝えします。

制汗剤はそもそもどのような役割があるのか、制汗剤を使用する際に注意するべきことなどを解説していきます。ぜひ最後までご覧ください。

『制汗剤』とは

制汗剤とは、汗を一時的に減らすことができるものです。収れん剤という、肌を引きしめて汗をおさえる成分や、汗腺をふさいで汗を抑える成分が含まれています。

過去には塩化アルミニウムという成分が使われていました。しかし、皮膚刺激がある、使用感が悪い、衣服付着すると衣服を劣化させてしまうなどの問題点がありました。

そこで現在では、クロルヒドロキシアルミニウムという成分が主流となっています。クロルヒドロキシアルミニウムは、汗を吸収してゲル化することで、汗腺をふさいで汗をおさえています。

『制汗剤』を使用する際の注意点

制汗剤を使うのは、ワキと足だけにとどめましょう。汗は体温調節をする上で重要な役割を果たしています。制汗剤を全身に使ってしまうと、体温調節ができなくなって熱中症などを引き起こす恐れがあります。

ワキや足の汗は、全体に対して量が少ないこと、また衣服や靴で熱がこもりやすいことから、体温調節には大きく関わらないとされています。

また、制汗剤は清潔な肌に使うのが原則です。そのため、汗拭きシートやぬれタオルで汗をふき取ってから使うようにしましょう。

制汗剤を使用してもまったく変わらない場合

制汗剤を使用してもニオイが強く残ってしまう場合は、ワキガの可能性も考えられます。

もともと制汗剤は、汗の量を減らすことを目的として使います。そのため、ワキガの原因になる細菌を殺す効果は持ち合わせていないものも多いです。

ワキガの場合は、殺菌作用を持つ成分が含まれているものを選ぶようにしましょう。制汗剤ではなく、ワキガ専用のクリームなども市販されています。合わせて使用してみるのも良いでしょう。

【タイプ別】制汗剤の選び方

続いては、制汗剤の選び方を解説します。

制汗剤には、スプレータイプ、ロールオンタイプ、スティックタイプ、クリームタイプがあります。それぞれのタイプによって特徴が異なります。あなたに合ったものを選んでくださいね。

【出先で使いたい方】はスプレータイプ

スプレータイプは、運動後や出先でさっと使えるのがポイントです。メントール配合で清涼感があるもの、冷却力が強いものもあります。

また、肌に触れずにケアできるので衛生的です。しかしながら、制汗作用が弱めで、持続時間もやや短いのがデメリットです。また、スプレーを出すときに噴射音がするため、使っていることが周りに知られたくないという方は気になってしまうでしょう。

【直塗りしたい方】はロールオンタイプ

ロールオンタイプは、ムラなくぬれることがポイントです。ぬった後が粉っぽくなったり、白くなったりしないのもメリットですね。

ただし、肌に直接ぬりこむ必要があるため、使う場合は脇毛をあらかじめ処理しておいた方が良いでしょう。ぬってからすぐはべたつくので、衣服は薬剤が乾いてから着るようにしてください。

【持ち運びたい方】はスティックタイプ

スティックタイプは、制汗剤が固形になったものです。リップクリームのようにくり出して使います。密着性が高く毛が多い部分にも使えるので、脇汗などが気になる方にも向いています。サイズがコンパクトなので、持ち運びにも最適です。

一方で、乾くと肌が白っぽくなったり、服につくと残ってしまうなどのデメリットがあります。

【ニオイや汗の量が気になる方】はクリームタイプ

クリームタイプは、密着力が高いのが特徴です。ニオイが気になる人や、汗の量が多い人におすすめです。

手で取ってぬるタイプなので、量の調節がしやすいのもメリットです。質感も、しっとりしたクリームタイプやさっぱりとしたジェルタイプのものがあります。あなたの好きな質感のものを選ぶことができますね。

一方で、容器はジャータイプなど、持ち運びにはあまり向いていません。出かける前に家でつけるにはおすすめです。

【薬剤師が厳選】おすすめの制汗剤

それでは次は実際に、今販売されている商品の中でおすすめのものを紹介します。

スプレータイプ、ロールオンタイプ、スティックタイプ、クリームタイプそれぞれについて商品をピックアップしました。どの商品を買うか迷っている方は参考にしてください。

【比較一覧表】おすすめの制汗剤

商品画像 薬用デオドラントスプレー 無香料
Ag DEO 24パウダースプレー
8×4 パウダースプレー ローズ&ヴァーベナの香り
8×4 ロールオン 無香料
Ban 汗ブロック プラチナロールオン
ニベアデオドラントアプローチ パールトーン ロールオン 無香料
デオナチュレ ソフトストーンW
ニベアデオドラントアプローチスティック
QB 薬用デオドラントバー
リフレア デオドラントクリーム
デオナチュレ さらさらクリーム
QB 薬用デオドラントクリーム
商品名 薬用デオドラントスプレー 無香料 Ag DEO 24パウダースプレー 8×4 パウダースプレー ローズ&ヴァーベナの香り 8×4 ロールオン 無香料 Ban 汗ブロック プラチナロールオン ニベアデオドラントアプローチ パールトーン ロールオン 無香料 デオナチュレ ソフトストーンW ニベアデオドラントアプローチスティック QB 薬用デオドラントバー リフレア デオドラントクリーム デオナチュレ さらさらクリーム QB 薬用デオドラントクリーム
特長 白くなりにくいサラサラパウダー配合 汗をしっかり吸着!ニオイもおさえる 自然由来の有効成分が汗とニオイをケア ニオイが気になるワキにしっかりぬれる ウォータープルーフでムレやこすれに強い スキンケア成分とトーンアップ成分配合 直ぬりで汗やニオイを元から防ぐ 汗とニオイにだけでなく保湿も同時にできる 手を汚さずに肌にぬりこめる制汗剤 直ぬりで汗やニオイを元から防ぐ 汗とニオイにだけでなく保湿も同時にできる 手を汚さずに肌にぬりこめる制汗剤
コストパフォーマンス 10点|10点中 7点|10点中 9点|10点中 10点|10点中 7点|10点中 8点|10点中 9点|10点中 10点|10点中 7点|10点中 10点|10点中 8点|10点中 6点|10点中
即効性 7点|10点中 8点|10点中 7点|10点中 7点|10点中 7点|10点中 7点|10点中 8点|10点中 7点|10点中 7点|10点中 7点|10点中 8点|10点中 7点|10点中
持続性 8点|10点中 9点|10点中 8点|10点中 8点|10点中 9点|10点中 8点|10点中 9点|10点中 9点|10点中 9点|10点中 9点|10点中 9点|10点中 9点|10点中
商品リンク

『制汗剤』に関するQ&A


それでは最後に、制汗剤に関してよくある質問にお答えします。

ここまで制汗剤についていろいろとお伝えしてきましたが、まだ疑問点や不安点が残る方もいらっしゃるでしょう。Q&Aを読んで疑問を解決してくださいね。

Q&A①:ワキガの臭いなどは、制汗剤だけで改善しますか?

ワキガのニオイに有効な成分が含まれている制汗剤と、含まれていない制汗剤があります。

ワキガは菌の増殖が原因なので、ワキガを引き起こしている菌に有効な殺菌作用のある成分が含まれている必要があります。どの製品がワキガに有効か分からない場合は、ドラッグストアなどで薬剤師や登録販売者にご相談ください。

Q&A②:一度開封した制汗剤は、どれくらい使えますか?

保管条件によるので、一概には言えません。しかしながら、可能なかぎり購入したシーズン中に使い切るようにしてください。

Q&A③:妊娠中、授乳中でも制汗剤は使用できますか?

できます。ただし、体調が敏感になりやすい時期ではあります。もし使用後に肌の異常などが現れた場合は、使用を中止してください。

まとめ

今回は、制汗剤の選び方について解説しました。制汗剤は、一時的に汗をおさえる作用があります。汗は体温調節に重要な役割を担っているので、制汗剤の使いすぎには注意しましょう。

具体的には、ワキと足のみの使用にとどめましょう。制汗剤のタイプはさまざまなものがあるので、目的や用途に合わせて適切なものを選んでくださいね。この記事を読んで、今年の夏が少しでも快適になれば幸いです。

この記事に関連するタグ

関連する記事

人気の記事

新着の記事

くすりの窓口は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

この記事を書いたアドバイザ

村岡 祐菜
薬局薬剤師としての仕事をしながら、Instagramにて一般の方や新人薬剤師に向けたお役立ち情報を発信しています。 ライターの仕事も合わせて、薬剤師の多様な活躍の仕方を実現したいと考えています。