メサデルム軟膏の市販薬を紹介!薬局で処方されるメサデルム軟膏の成分や価格、購入方法を比較! – EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報 メサデルム軟膏の市販薬を紹介!薬局で処方されるメサデルム軟膏の成分や価格、購入方法を比較! | EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報

EPARKくすりの窓口

くすりのお役立ちコンテンツ

  • コラムトップ
  • くすり
  • メサデルム軟膏の市販薬を紹介!薬局で処方されるメサデルム軟膏の成分や価格、購入方法を比較!

メサデルム軟膏の市販薬を紹介!薬局で処方されるメサデルム軟膏の成分や価格、購入方法を比較!

参考になった0

2024/5/16
364
湿疹や皮膚炎などの皮膚症状に対してよく処方されるステロイド外用薬。
メサデルム軟膏は病院で使われているステロイドで、その強さは5段階中の3番目に当たる「Strong」です。
この記事では「以前に病院でメサデルム軟膏を処方されて使ったことがあるけれど、忙しくてなかなか病院に行けない」「できれば市販薬で済ませたいけど、同じ成分のものはあるの?」などの疑問にお答えします。

くすりの窓口医師・薬剤師が
選んだ市販薬を紹介

  • 経験① 現場でよく聞かれる質問
    経験① 現場でよく聞かれる質問
    現場で聞かれる薬の効果や副作用、飲み合わせの注意点等をご説明します。
  • 経験② 現場で教える医薬品
    経験② 現場で教える医薬品
    悩みに合った薬や普段から自分が案内する薬など、現場で案内するものを教えます。
  • 視点① ユーザー目線で解説
    視点① ユーザー目線で解説
    実際にどう使うのかや、ユーザー目線で
    必要な情報をお伝えします。
  • 医師・薬剤師が悩みにお答えします!

当コラムの掲載記事に関するご注意点

1. 当コラムに掲載されている情報については、原則として薬剤師、医師その他の医療及び健康管理関連の資格を持った方(以下「薬剤師等」といいます)による助言、評価等を掲載しております。当社自身でも掲載内容に不適切な表記がないか、細心の注意を払って確認をしておりますが、医療及び健康管理上の事由など、その内容の正確性や有効性などについて何らかの保証をできるものではありません。あくまで、読者皆様ご自身のご判断にてお読み頂き、ご参考にして頂ければと存じます。

2. 当コラムにおける一般医薬品に関する情報は、読者、消費者の方々に適切な商品選択をして頂くことを目的に、薬剤師等に対して当社より課題、テーマを提示の上、執筆を依頼しております。主眼は、商品より成分であり、特定の商品に関する執筆を依頼しているわけではなく、また特定の医薬品製造事業者等(以下「メーカー等」といいます)からの販売又は紹介に関する対価が発生するものではありません。

3. 当コラムにおける一般医薬品の各種ECサイト等へのアフィリエイトリンクにつきましても、読者、消費者の方々への購入の利便性目的に設置しており、前項同様、特定商品の販売により薬剤師等やメーカー等に報酬が入るものではなく(アフィリエイトリンクがメーカーサイト、商品公式サイト等である場合を含みます)、特定商品の誘引を企図したものではありません。なお、各種ECサイト等へのアフィリエイトリンクにつきましては、景品表示法上の観点で「PR」等、広告である旨の表記がされることがありますが、当コラム記事におきましては、2.項記載の通りですので、薬機法上の広告に該当するものではありません。

4. 当コラムにおける情報は、執筆時点の情報であり、掲載後の状況により、内容の変更が生じる場合があります。当社は、掲載されている情報を予告なしに変更、更新する場合があります。

5. 記事内で紹介している商品の価格や送料、URLは、JANコードをもとに、対象商品を販売するECサイトが提供するAPIを使用し、生成しています。掲載価格の変動、JANコードの誤登録等による情報相違等があることも考えられ、最新価格や商品の詳細等についてはECサイト、各販売店又はメーカー等よりご確認をお願いします。

6. 当社が行う、調剤薬局様における商品取り置きサービスにつきましても、あくまでユーザーの受け取りの簡便化が目的であり、特定商品及び特定薬局への誘引を企図したものではありません。

7. 前各項に関する事項により読者の皆様に生じた何らかの損失、損害等について、当社は、一切の責任を負うものではありません。

全部見る

メサデルム軟膏とは


薬剤師

平博子さんのコメント

メサデルム軟膏は、大鵬薬品工業から1987年に承認・発売された医療用のステロイド外用薬です。
軟膏以外にもクリームとローションタイプがあり、現在では多くのジェネリック医薬品が発売されています。

作用の仕組みと成分・効果

メサデルム軟膏の主成分はデキサメタゾンプロピオン酸エステルというステロイドです。
体内で炎症反応が起こると、アラキドン酸という物質から、痛みや炎症の原因物質であるプロスタグランジンやロイコトリエンが生成されます。
ステロイドはアラキドン酸の働きを抑制することで強い抗炎症作用を示すと考えられています。
一般に非ステロイド性抗炎症剤(NSAIDs)は、プロスタグランジンの生成を抑えますが、ステロイドはその前段階であるアラキドン酸の作用を抑えるため、NSAIDsよりも強い抗炎症作用を持っています。

どんな時に使われる?

メサデルム軟膏に限らず、ステロイド外用薬は局所で作用して炎症を鎮めるため、湿疹や手荒れなどの皮膚炎、虫刺されなど様々な皮膚疾患に使われています。
医療用のステロイド外用薬はその強さにより、「Weak」「Mild」「Strong」「Very Strong」「Strongest」の5段階に分類されていますが、デキサメタゾンプロピオン酸エステルは「Strong」にあたります。
この分類は、皮膚の炎症の強さや使用部位により使い分けられています。


メサデルム軟膏の市販薬はある?購入するにはどうすればいい?


メサデルム軟膏の市販薬はある?購入するにはどうすればいい?

現在、メサデルム軟膏は医療用のものしか存在ましせん。
そのため全く同じものが欲しい場合は、病院から処方してもらう以外、入手はできません。
しかし、市販薬の中には、同等の強さのステロイド外用薬も販売されています。

メサデルム軟膏とリンデロンVs(市販薬)に違いはある?

メサデルム軟膏の強さが「Strong」に分類されることはすでにご説明しましたが、同等の強さを持つ市販薬にリンデロンVsシリーズがあります。
リンデロンVsは医療用であるリンデロンVのスイッチOTCで、主成分はベタメタゾン吉草酸エステルです。
成分は異なりますが、強さは同等のステロイド外用薬であり、処方箋がなくても入手ができることから、代替品としての選択肢の一つと言えるでしょう。


市販で購入できるメサデルム軟膏を含む市販薬


市販で購入できるメサデルム軟膏を含む市販薬

メサデルム軟膏もしくは同成分のものは、今のところ市販されていません。
市販のステロイドで対応したい場合は、メサデルムと強さが同等のものを選ぶと良いでしょう。
またステロイド外用薬は使用する部位や年齢によっても使い分けが必要です。
そこで、どのような場合にどのような強さのものを選ぶと良いのかをご紹介します。

有効成分デキサメタゾンプロピオン酸エステルのみを選びたい方は【単剤】

メサデルムが欲しいけれど病院に行く時間がないという方は、市販薬の中でも同等レベルのステロイドをお試しください。
市販のステロイドは、「Weak」「Mild」「Strong」の3段階までが発売されています。
メサデルムと同等の「Strong」では、ベタメタゾン吉草酸エステルの軟膏やクリーム、ローションが市販されています。
ただし、デリケートな部位や子どもへの「Strong」の使用はお控えください。

かゆみや炎症を伴う方は【+かゆみ止め】

市販のステロイド外用薬には、ステロイドだけではなくかゆみ止めなど他の成分が配合されているものも多く発売されています。
虫さされなどかゆみが気になる場合は、クロタミトンやジフェンヒドラミンなどのかゆみ止めやグリチルレチン酸などの抗炎症剤を配合したものを使ってみるのもいいでしょう。
配合剤には、「Mild」や「Weak」のステロイドが使用されているものも多くありますので、使用部位や年齢によって選んでください。

化膿を伴う方は【+抗生物質】

強いかゆみでかき過ぎてしまい、患部がジクジクと化膿してしまうこともありますよね。
ステロイドは、抗炎症作用以外に免疫抑制作用も併せ持っているため、化膿を起こしている皮膚に使用するとさらに症状を悪化させてしまう恐れがあります。
このような場合には、ステロイドに細菌の繁殖を抑える抗生物質を配合した市販薬を使用するのが良いでしょう。
市販されているものには、フラジオマイシン硫酸塩やオキシテトラサイクリン塩酸塩などの抗生物質が配合されたものがあります。


【厳選】メサデルム軟膏を含む市販薬 9選


メサデルム軟膏を使いたい場合は、病院を受診する必要がありますが、病院に行く時間がないなどの理由で市販薬を使用する場合は、炎症やかゆみの度合い、化膿の有無などを考慮して適切なものを選びましょう。
何を選べば良いのか迷った場合は、薬剤師や登録販売者に相談してください。

有効成分デキサメタゾンプロピオン酸エステルのみを選びたい方におすすめの市販薬 3選

現在デキサメタゾンプロピオン酸エステルを含む市販薬は販売されていません。
同等の「Strong」であるベタメタゾン吉草酸エステルの単剤で販売されているものがありますのでご紹介します。

PR

シオノギヘルスケア

リンデロンVs軟膏 10g

最安値 1,320

皮膚の保湿・保護効果に優れた軟膏タイプ

有効成分ベタメタゾン吉草酸エステルが、湿疹・皮膚炎・かぶれやそれに伴うかゆみを改善します。
刺激が少ない軟膏タイプで、乾燥した患部から湿った患部まで使えます。
医療用のリンデロンV軟膏のスイッチOTCです。

分類 指定第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 1g中
ベタメタゾン吉草酸エステル 1.2mg
効果・効能 しっしん、皮ふ炎、あせも、かぶれ、かゆみ、しもやけ、虫さされ、じん ましん
用法・用量 1日1回~数回 適量を患部に塗布
妊娠中・授乳中の使用 妊婦;要相談
スーッとする成分 ×
解熱成分 ×
漢方成分 ×
剤型 軟膏
ステロイドの強さ Strong

PR

シオノギヘルスケア

リンデロンVsクリーム 10g

最安値 1,190

ベタつきが少なく伸びが良いクリームタイプ

有効成分ベタメタゾン吉草酸エステルが、湿疹・皮膚炎・かぶれやそれに伴うかゆみを改善します。
クリームなので軟膏よりもベタつかずさらっとした使い心地です。
医療用のリンデロンVクリームのスイッチOTCです。

分類 指定第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 1g中
ベタメタゾン吉草酸エステル 1.2mg
効果・効能 しっしん、皮ふ炎、あせも、かぶれ、かゆみ、しもやけ、虫さされ、じん ましん
用法・用量 1日1回~数回 適量を患部に塗布
妊娠中・授乳中の使用 妊婦;要相談
スーッとする成分 ×
解熱成分 ×
漢方成分 ×
剤型 クリーム
ステロイドの強さ Strong

PR

第一三共ヘルスケア

ベトネベートクリーム 5g

最安値 648

さらっとした使い心地の良いクリームタイプ

有効成分ベタメタゾン吉草酸エステルは医療用にも使われているステロイド。
湿疹やかぶれなど、さまざまな皮膚の炎症にすくれた効果を発揮します。
軟膏と比べてベタつきが少なくて伸びの良いクリームタイプです。

分類 指定第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 100g中
ベタメタゾン吉草酸エステル 0.12g
効果・効能 しっしん、皮膚炎、あせも、かぶれ、かゆみ、しもやけ、虫さされ、じんましん
用法・用量 1日1~数回、適量を患部に塗布
妊娠中・授乳中の使用 妊婦;要相談
スーッとする成分 ×
解熱成分 ×
漢方成分 ×
剤型 クリーム
ステロイドの強さ Strong

かゆみや炎症を伴う方におすすめの市販薬 3選

夏になると虫さされやあせもに悩まされる方も多いと思います。
このような場合は、かゆみ止めが配合されたものを早めに使用して皮膚炎の悪化を防ぎたいものです。
市販薬には、かゆみ止め配合のステロイドも多く発売されていますのでご紹介します。

PR

ロート製薬

メディクイックプロ軟膏

最安値 1,089

密着軟膏タイプで患部を保護して治療する

患部効いて吸収後は効果が弱まるアンテドラッグ型ステロイド、プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルとかゆみ止め成分のジフェンヒドラミンとリドカインなど9つの有効成分でかゆみや赤みを伴う症状を改善します。

分類 指定第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 1g中
プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル 1.5mg、ジフェンヒドラミン 10mg、リドカイン 10mg、グリチルレチン酸 5mg、アラントイン 2mg、イソプロピルメチルフェノール 1mg、トコフェロール酢酸エステル 10mg、dl-カンフル 1mg、l-メントール 15mg
効果・効能 湿疹、かぶれ、かゆみ、皮フ炎、じんましん、あせも、虫さされ
用法・用量 1日数回、適量を患部に塗布
妊娠中・授乳中の使用 妊婦;要相談
スーッとする成分 dl-カンフル、l-メントール
解熱成分 ×
漢方成分 ×
剤型 軟膏
ステロイドの強さ Mild

PR

第一三共ヘルスケア

オイラックスDX軟膏 16g

最安値 989

子どもから大人まで使えるステロイド配合剤

有効成分デキサメタゾン酢酸エステル(ステロイド)とグリチルレチン酸(抗炎症成分)に加え、かゆみ止め成分のクロタミトンを配合し、かゆみを伴う皮膚の炎症に効果を発揮します。
皮膚を保護する軟膏タイプです。

分類 指定第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 100g中
デキサメタゾン酢酸エステル 0.025g、グリチルレチン酸 0.5g、クロタミトン 5g、酢酸トコフェロール 0.5g、イソプロピルメチルフェノール 0.1g、アラントイン 0.2g
効果・効能 しっしん、かぶれ、皮膚炎、かゆみ、しもやけ、じんましん、虫さされ、あせも
用法・用量 1日数回、適量を患部に塗布
妊娠中・授乳中の使用 妊婦;要相談
スーッとする成分 ×
解熱成分 ×
漢方成分 ×
剤型 軟膏
ステロイドの強さ Weak

PR

田辺三菱製薬

コートf AT軟膏 10g

最安値 840

幼児から小学生にも使える優しいステロイド

アンテドラック型ステロイドのプレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルは患部で効いて吸収後は効果が弱まります。
他にもかゆみや痛みに効くリドカインや抗菌剤などを配合し、かゆみを伴う皮膚の炎症を改善します。

分類 指定第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 1g中
プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル 1.5mg、リドカイン 10mg、イソプロピルメチルフェノール 1mg、トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE) 5mg
効果・効能 湿疹、皮膚炎、かぶれ、かゆみ、虫さされ、あせも、じんましん
用法・用量 1日数回、適量を患部に塗布
妊娠中・授乳中の使用 妊婦;要相談
スーッとする成分 ×
解熱成分 ×
漢方成分 ×
剤型 軟膏
ステロイドの強さ Mild

化膿を伴う方におすすめの市販薬3選

かゆみに耐えられずかき壊してしまった場合など、患部が化膿してしまった場合は、抗生物質を使用して感染を抑えることが大切です。
市販のステロイド外用薬を使用する場合も、抗生物質の配合剤を選んでください。

PR

田辺三菱製薬

フルコートf 5g

最安値 699

ステロイドと抗生物質が化膿した患部に効く

「Strong」ランクのステロイドであるフルオシノロンアセトニドと抗生物質のフラジオマイシン硫酸塩を配合。
湿疹・あせもから、かき壊してジュクジュクした患部までさまざまな皮膚症状をすばやく改善します。

分類 指定第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 1g中
フルオシノロンアセトニド 0.25mg、フラジオマイシン硫酸塩 3.5 mg (力価)
効果・効能 ○化膿を伴う次の諸症:湿疹、皮膚炎、あせも、かぶれ、しもやけ、虫さされ、じんましん
○化膿性皮膚疾患(とびひ、めんちょう、毛のう炎)
用法・用量 1日1~数回、適量を患部に塗布
妊娠中・授乳中の使用 妊婦;要相談
スーッとする成分 ×
解熱成分 ×
漢方成分 ×
剤型 軟膏
ステロイドの強さ Strong

PR

第一三共ヘルスケア

ベトネベートN軟膏AS 5g

最安値 641

化膿した皮膚炎にも使える抗生物質配合剤

抗炎症作用に優れたステロイド成分のベタメタゾン吉草酸エステルに抗生物質フラジオマイシン硫酸塩を配合し、化膿を伴うかゆみや湿疹、皮膚炎を改善します。
化膿してジュクジュクした患部の保護に適した軟膏タイプです。

分類 指定第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 100g中
ベタメタゾン吉草酸エステル 0.12g、フラジオマイシン硫酸塩 0.35g(力価)
効果・効能 ○化膿を伴う次の諸症:湿疹、皮膚炎、あせも、かぶれ、しもやけ、虫さされ、じんましん
○化膿性皮膚疾患(とびひ、めんちょう、毛のう炎)
用法・用量 1日1~数回、適量を患部に塗布
妊娠中・授乳中の使用 妊婦;要相談
スーッとする成分 ×
解熱成分 ×
漢方成分 ×
剤型 軟膏
ステロイドの強さ Strong

PR

第一三共ヘルスケア

クロマイ-P軟膏AS 6g

最安値 595

2つの抗生物質配合で化膿した皮膚炎に効く

クロラムフェニコール、フラジオマイシン硫酸塩の2つの抗生物質が化膿した患部を治し、ステロイド成分プレドニゾロンがさまざまな皮膚の炎症に効果を発揮します。
カサカサからジュクジュクまで使用できる軟膏です。

分類 指定第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 100g中
クロラムフェニコール 2g(力価)、フラジオマイシン硫酸塩 0.5g(力価)、プレドニゾロン 0.3g
効果・効能 ○化膿を伴う次の諸症:湿疹、皮膚炎、あせも、かぶれ、しもやけ、虫さされ、じんましん
○化膿性皮膚疾患(とびひ、めんちょう、毛のう炎)
用法・用量 1日1~数回、適量を患部に塗布
妊娠中・授乳中の使用 妊婦;要相談
スーッとする成分 ×
解熱成分 ×
漢方成分 ×
剤型 軟膏
ステロイドの強さ Weak


商品比較表


商品名

シオノギヘルスケアリンデロンVs軟膏 10g

シオノギヘルスケアリンデロンVsクリーム 10g

第一三共ヘルスケアベトネベートクリーム 5g

ロート製薬メディクイックプロ軟膏

第一三共ヘルスケアオイラックスDX軟膏 16g

田辺三菱製薬コートf AT軟膏 10g

田辺三菱製薬フルコートf 5g

第一三共ヘルスケアベトネベートN軟膏AS 5g

第一三共ヘルスケアクロマイ-P軟膏AS 6g

最安値

【PR】

※外部サイトが開きます

1,320

送料:要確認 楽天 詳細を見る

1,190

送料:別 Yahoo! 詳細を見る

648

送料:別 Yahoo! 詳細を見る

1,089

送料:別 Yahoo! 詳細を見る

989

送料:別 Yahoo! 詳細を見る

840

送料:要確認 楽天 詳細を見る

699

送料:別 Yahoo! 詳細を見る

641

送料:別 Yahoo! 詳細を見る

595

送料:要確認 楽天 詳細を見る
特徴 皮膚の保湿・保護効果に優れた軟膏タイプ ベタつきが少なく伸びが良いクリームタイプ さらっとした使い心地の良いクリームタイプ 密着軟膏タイプで患部を保護して治療する 子どもから大人まで使えるステロイド配合剤 幼児から小学生にも使える優しいステロイド ステロイドと抗生物質が化膿した患部に効く 化膿した皮膚炎にも使える抗生物質配合剤 2つの抗生物質配合で化膿した皮膚炎に効く
商品リンク

【PR】

※外部サイトが開きます


市販薬を使用するときのポイントや注意点について


市販薬を使用するときのポイントや注意点について

現在ステロイドの外用薬は、処方箋なしでも入手できる市販薬がたくさん発売されています。
手軽に入手できるステロイド外用薬ですが、使用に際してはいくつか注意も必要です。

使用するときのポイント・副作用はあるの?

ステロイドの外用薬を使用する場合は、1日2〜3回にまでにとどめ、症状が改善してきたら徐々に減らしていきましょう。
使用量については、「FTU」と呼ばれる単位を基準に考えます。
1FTUは大人の人差し指の指先から第一関節にかけて薬を乗せた量のことで、大人の手のひら2枚分程度の面積に必要な量になります。
また顔面に塗ると、塗った部分に毛が生えてきたり、ニキビができやすくなる、細菌などに感染しやすくなるなどの副作用が出やすくなりますので注意が必要です。

飲み合わせについて

ステロイドである・ないに関わらず、外用薬は局所に作用するものですので、内服薬との飲み合わせを気にする必要はほとんどありません。
かゆみがひどい時などは逆にかゆみ止めの内服薬と併用すると、症状が軽く済むこともあります。
しかし、通常服用している薬があり心配だという方は、かかりつけの医師や薬剤師に相談してから使用しましょう。

こんなときは病院へ

ステロイド外用薬は、決められた用法・用量を守って使用していれば毎日使用しても大丈夫です。
しかし使用後にかゆみ・吹き出物・赤みが出てくる、刺激などの不快を感じるなど症状の悪化が見られた場合は、直ちに使用を中止して医療機関を受診してください。
またこのような症状がなかったとしても、1週間程度使用しても症状が改善しない場合は漫然と使用せず、医療機関を受診してください。


「メサデルム軟膏」に関するQ&A


「メサデルム軟膏」に関するQ&A

今回は医療用医薬品であるメサデルム軟膏について説明してきました。
しかしここで取り上げてきたこと以外にも疑問や心配があるかもしれません。
そこで、メサデルム軟膏についてよくある質問をいくつかご紹介しておきますので参考にしてください。

虫に刺されました。
メサデルム軟膏があるのですが使っても良いですか?
メサデルム軟膏の添付文書に記載されている効能効果には、「虫さされ」も含まれています。
しかし処方薬は医師が患者の症状に合わせて処方するもので、処方された疾患以外でむやみに使用することはお勧めできません。
使用する場合は、処方医やかかりつけの薬剤師に相談してから使用するようにしてください。
メサデルム軟膏はニキビに効きますか?
メサデルム軟膏をはじめとしたステロイド外用薬をニキビに使用すことはやめてください。
ステロイドを使用すると逆に悪化させてしまう可能性があります。
また顔面はステロイドの吸収率が高い部位ですので、副作用も出やすくなっています。
ニキビに効果のある外用薬を薬局やドラックストアで購入することをお勧めします。
何を買えば良いのか分からなければ、薬剤師や登録販売者に相談してください。
汗疹で処方されたメサデルム軟膏を、すり傷や切り傷に使っても良いですか?
メサデルム軟膏などのステロイドは皮膚血管収縮作用や局所抗炎症作用により、皮膚の炎症やかゆみ、赤みを改善するものです。
効能効果としては、湿疹・皮膚炎群、痒疹群、虫さされ、薬疹・中毒疹など様々な皮膚疾患に適応がありますが、傷に対する効能は記載されていません。
傷にステロイドを使用すると、治りが遅くなったり感染症を悪化させる恐れがあるので使用は避けましょう。



まとめ


まとめ

今回はメサデルム軟膏についてご紹介しました。
メサデルム軟膏(デキサメタゾンプロピオン酸エステル)は医療用医薬品です。
現在同成の市販薬は存在しないため、市販薬を使用する場合には、強さが同等のステロイドを選ぶ、かゆみ止めや抗生物質の配合剤など症状に合わせた物を選ぶなど、個々の状態に合わせて選ぶ必要があります。
症状を悪化させないためにも、使用に際しては薬剤師や登録販売者に相談し、自分に最適なものを購入しましょう。

※掲載内容は執筆時点での情報です。

 

この記事が参考になったら
投稿しよう。

参考になった

みなさまの投稿をサービス向上に
繋げてまいります。

この記事はいかがでしたか?

投稿ありがとうございました。

くすりの窓口は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。
記事内で紹介している商品の価格や送料・URLは、JANコードをもとにECサイトが提供するAPIを使用し、生成しています。
掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなどで情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等についてはECサイト、各販売店やメーカーよりご確認ください。
記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が株式会社くすりの窓口に還元されることがあります。

この記事に関連するタグ

人気の記事

新着の記事

特集