1.妊娠検査薬の選び方

ドラッグストアのコーナーを見ると、いろいろな妊娠検査薬が陳列してあります。

現在、日本の市場に出回っている妊娠検査薬は、添付の説明書に沿って正しく使用したのであれば、100%近い正確さで判定できます。

ということは、どこのメーカーで検査しても大差ないということです。

 

では、何をポイントにして選ぶといいのでしょうか?

 

各メーカーの大きな違いは下記の通りです。

 

○検査をする時期

○判定結果表の表示の形態

○尿をかける時間

○価格 など

 

従って、どこに一番、重点を置くかということで妊娠検査薬を選ぶことになります。

 

2.【タイプ別】妊娠検査薬 おすすめ人気ランキング

各タイプ別にランキング形式でご紹介していますので、関心のあるタイプから読み進めてください。

 

2-1. タイプⅠ 早く判定結果を知りたい方

市販の妊娠検査薬には、生理予定日には検査できる早期妊娠検査薬と生理予定日から一週間後から検査する一般妊娠検査薬とがあります。

 

早く妊娠結果を知りたい人は早期妊娠検査薬がいいでしょう。

ただ、この製品は一般の妊娠検査薬と比べ、非常に種類が少なく、選択肢があまりありません。

その上、第一類医薬品ということで購入時に薬剤師による説明、指導が義務付けられています。

 

早期妊娠検査薬の特徴と注意点

・尿中の(※)hCGが25mlU/ml以上になると感知します(一般の生理検査薬は50mlU/ml以上)

・生理予定日から検査可能(一部の外国製品は数日前より可能)です

・生理予定日の検査結果が陰性で、その後、生理がなければ、一週間後、再検査を推奨します。

・1日のうち、いつ検査してもいいという妊娠検査薬がほとんどですが、できるだけ、朝起床時の尿で検査しましょう。

(尿が薄いと、尿中に分泌される(※)hCG量も少なく、はっきりと判定できないことがあります。とくに妊娠の可能性が大きいのであれば、さらなる正確性を求めて早朝の濃い尿で検査されることをおすすめします)

 

・妊娠していなくても重度の糖尿やタンパク尿、血尿で陽性になることがあります。

・この検査は子宮外妊娠などの異常妊娠の鑑別ができないので、陽性反応が出たら、速やかに受診してさらなる詳細検査を受けましょう。

 

 

(※)hCG:ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(Human Chorionic Gonadotrophin)

妊娠により、胎盤絨毛細胞から分泌される糖タンパクのホルモン

 

第1位  アラクス チェックワンファスト(第一類医薬品)

Pregnancy-test-1

アラクス チェックワンファスト 添付文書

第一類医薬品であるため、薬剤師のいる店舗で購入します。

規格

1回用
2回用

特徴

・生理予定日から検査できます
・判定結果(赤紫色のライン)は、残ります
・測定時間は1分です。

検査方法

・スティックの尿吸収体部分に3秒間、直接尿をかけます
・その後、平らな場所に静置します
・1分後、終了表示窓に赤紫色のラインを確認後、判定します

判定結果

・陽性:判定表示窓に赤紫色ラインが出ます。出たラインの色が薄くても陽性です。
・陰性:判定表示窓に赤紫色のラインが出ません。
・再検査:尿をかけた後、1分以上経過しても、判定終了窓に赤紫色のラインが出ない場合、検査方法が不適切だった可能性があり、別のスティックで再検査します。

 

詳細を見る

 

第2位 ドクターズチョイス ワンステップ妊娠検査薬 10回用

Pregnancy-test-2

ドクターズチョイス ワンステップ妊娠検査薬 10回用

アメリカの製品となります。

※サイト等を介して個人輸入を行う際には十分にご注意下さい。

規格

10回用

特徴

生理予定日4日前から判定できます

検査方法

・紙コップなどに新鮮尿を入れます
・試験紙に表示してある矢印を下に向けます
・MAXラインまで尿の中に侵します
・10秒後、試験紙を尿から引き出し、平らな場所に静置します。
・5分以内に判定します。5分以上経過すると、正しく判定できないことがあります。

判定結果

・陽性:コントロールラインの下にテストラインが表示されます
・陰性:コントロールラインのみ表示されます
・再検査:コントロールライン、テストラインどちらも表示されない場合、エラーとなり、再検査します

 

2-2. タイプⅡ 使いやすいものが良い方

生理予定日一週間後から検査できる一般の妊娠検査薬のほうが比較的使いやすいです。

尿中のhCGが50mlU/ml以上になると、感知します。

生理予定日から一週間以上、経過していることもあってhCGの量は十分、尿中に分泌され、妊娠確定判断がより確実となります。

 

妊娠の有無を早く知りたいなどの理由がなければ、一般の妊娠検査薬が使いやすいと思われます。

第二類医薬品なので、薬剤師がいなくても購入できるという便利さもあります。

注意点などは前述した早期妊娠検査薬と同じです。

 

フライング検査をしたい

フライング検査とは、妊娠の有無を早く知りたいと、妊娠検査薬が指定している検査開始日(大体、生理予定日から一週間後)よりも早く検査することです。しかし、早すぎると正しい結果が出にくく、フライング検査をする時期をしっかりと見極める必要があります。

 

フライング検査をしたいのであれば、一般の妊娠検査薬よりも半量のhCGを感知できる早期生理検査薬をおすすめします。

一般の生理検査薬でも多少のフライングであればできなくはありませんが、フライング検査となると、精度が落ちるので、そこを理解して自己判断であれば問題ないでしょう。

 

第1位 アラクスチェックワン 2回用(第二類医薬品)

Pregnancy-test-3

アラクスチェックワン 2回用 添付文書

本体は、スリムなスティック形状でもちやすく、尿の跳ね返りも押えられ、妊娠検査薬の初心者でも使いやすくなっています。

判定結果も消えないので、他の人にも見せることができます。

 

 

 

第2位 ドゥーテストhCGa 2回用(第二類医薬品)

Pregnancy-test-4

ドゥーテストhCGa 2回用 添付文書

本体に尿をかける時間が2秒なので、尿量が少なくても検査ができます。

 

第3位 オムロン クリアブルー2回用(第二類医薬品)

Pregnancy-test-5

オムロン クリアブルー 添付文書

くっきりとした青いラインが出るので、しっかりと判定できます。

 

詳細を見る

 

第4位 ウー・マン チェック 2回用(第二類医薬品)

Pregnancy-test-6

ウー・マン チェック 2回用  添付文書

親指が触れる箇所にグリップがついているのでしっかり持って、検査をすることができます。

 

 

第5位  ハイテスターN 2回用(第二類医薬品)

Pregnancy-test-7

ハイテスターN  添付文書

5秒以上、尿をかけなければいけませんが、その分、採尿部も大きくなっています。

 

 

 

2-3. タイプⅢ コスパを優先したい方

ここに記した価格は必ずしも最安値とはかぎりませんが、標準価格として参考にしてください。

 

また、安価な製品は一般妊娠検査薬のほうです。一般妊娠検査薬の中でも、デジタルタイプはかなり高額になっています。

コスパを優先されたい方は、アナログタイプの一般妊娠検査薬がおすすめです。

早期妊娠検査薬は、下記のランキングを見れば、お分かりになると思いますが、かなり価格が高くなります。

 

ただ、アメリカ製のドクターズチョイス ワンステップ妊娠検査薬は早期妊娠検査薬でありながら、10本用が1980円(税込:送料別)というかなり安価な製品があります。(個人輸入となりますので、十分にご注意下さい。)

 

第1位 アラクスチェックワン2回用(第二類医薬品):401円(税込)

第2位 ウー・マン チェック 2回用(第二類医薬:407円税込)

第3位 クリアブルー 2回用(第二類医薬品):414円(税込)

第4位 P-チェック・S 2回用(第二類医薬品):494円(税込)

第5位 ドゥーテストhCGa 2回用(第二類医薬品):497円(税込)

第6位 ハイテスターN2回用(第二類医薬品):866円(税込)

第7位 チェックワンファスト2回用(第一類医薬品):1650円(税込)

第8位 チェックワンデジタル3回用(第二類医薬品):3,024円(税込)

 

 

2-4. タイプⅣ 判定結果表示のみやすさを優先したい方・おすすめランキング

判定表示窓の形態もメーカーによって異なることがあります。

 

第1位 アラクスチェックワンデジタル(第二類医薬品)

Pregnancy-test-8

チェックワンデジタル 添付文書チェックワンデジタル 補助説明書チェックワンデジタル 取扱説明書

基本的には一般妊娠検査薬であるアラクスチェックワンと同じです。違う部位は判定結果表示窓に出る表示形態が「+」「-」のデジタル表示になっているところです。

 

これまでに発売された妊娠検査薬は、アナログ形式でラインの有無で判定します。

しかし、デメリットとしてラインの出方に濃淡があり、わかりづらいと感じられた方はアラクスチェックワンデジタルをおすすめします。

使用方法が、これまでの製品とは少し、異なる箇所があります。

 

 

第2位 アラクスチェックワン

Pregnancy-test-3

アラクスチェックワン 添付文書

判定結果は、ラインで表示されるアナログ表示です。

判定結果の表示が時間の経過で消える妊娠検査薬が多い中、アラクスチェックワンは消えずに残っています。

 

第3位 クリアブルー

Pregnancy-test-5

クリアブルー  添付文書

判定結果は、ラインで表示されるアナログ表示です。

判定結果の窓が大きく、判定結果の表示も判定しやすいきれいなブルーのラインです。

 

第4位  P-チェック・S

Pregnancy-test-10

P-チェック・S  判定のしかたP-チェック・S  添付文書

ネットにある判定方法の説明が、とてもわかりやすいです。

 

 

第5位 ドゥーテストhCGa

Pregnancy-test-4

ドゥーテストhCGa 添付文書

判定のラインが薄くても、ラインが出ていれば、陽性です。それ以上の詳細な判定は医師が行ないます。

 

 

3.妊娠判定薬の仕組みを知っておきましょう

受精卵が子宮に着床して妊娠が成立すると、hCG((Human Chorionic Gonadotrophin)というヒト絨毛性性腺刺激ホルモンが生成されていきます。

このhCGは妊娠4週目、つまり生理予定日の頃から尿中に排出されるようになります。

妊娠検査薬は尿中に出てきたhCGを感知し、妊娠を教えてくれるわけです。

 

4.妊娠検査薬についてのQ&A

市販の妊娠検査薬は、どれも簡単に使用できるように配慮してあります。

とはいえ、使用していく中でいろいろな疑問にぶつかることも少なくありません。

 

そこで、市販の妊娠検査薬を使用される多くの方が抱かれる疑問をピックアップして、わかりやすく解説していきます。

 

Q1:判定窓に表示されるラインの色が薄かった 陰性?

ラインの色が薄くても表示されていれば、「陽性」です。

フライングのやりすぎで尿中のhCGの量が十分でない場合、ラインの色が薄く出ることがあります。

数日後に再検査してみましょう。

デジタル表示タイプの妊娠検査薬で検査すると、判定がわかりやすくなる可能性があります。

 

Q2:アルコ―ル飲用、喫煙の影響を受ける?

基本的に影響を受けることはありません。

ただし、水分の摂り過ぎは尿を薄めてしまうので、尿中のhCGの濃度も下がってしまいます。

検査前の水分の摂り過ぎには注意してください。

 

Q3:ピル服用の影響はある?

ピルの服用が判定結果を左右することはありませんが、ピル服用を止めた後は生理が不順になることがあります。

そのため、より正確な結果を出すために服用を止めてから3カ月(3周期)経過したあたりから使ってみるか、医師に相談してみましょう。

 

Q4:市販の薬、または医師からもらった薬の影響は?

どちらも基本的に影響はありません。

ただ、産婦人科でhCG注射の治療を受けた場合、その後の約一週間は尿中にhCGが混在

して、陽性の判定が出ることがあります。

それを避けるため、hCG注射後は約2週間、間隔をあけてから検査するといいでしょう。

また、医師に相談してみるのもいいですね。

 

(参照)

https://www.arax.co.jp/checkone/faq.html

 

Q5:妊娠検査薬の廃棄方法は?

妊娠検査薬は「不燃ごみ」に分類されます。

住んでおられる地域の指示に従って廃棄してください。

 

その他、妊娠検査薬の各メーカーが、ネットなどで「Q&A」のコーナーを設置しているので、是非、活用しましょう。

 

5.まとめ

薬局やドラッグストアで気軽に購入できる妊娠検査薬は、仕事や家事に追われる女性にとってあり難い存在です。

ただ、判定結果が陽性で妊娠していることはわかっても、その妊娠が正常なのか異常なのか、そこまでの判定はできません。

そのため、陽性とわかれば、速やかに受診しましょう。