【薬剤師が解説】足の裏の水ぶくれにおすすめの市販薬はどれ?9選を紹介 – EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報 【薬剤師が解説】足の裏の水ぶくれにおすすめの市販薬はどれ?9選を紹介 | EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報

EPARKくすりの窓口

くすりのお役立ちコンテンツ

【薬剤師が解説】足の裏の水ぶくれにおすすめの市販薬はどれ?9選を紹介

参考になった0

2023/1/23
152
ふと足の裏に違和感を感じて見てみると、ぷつぷつと水ぶくれができていた…なんていう経験はありませんか?そこまで重篤な症状ではないことが多く、セルフケアでなんとかしようと考える方は多いのではないでしょうか。

しかし、足の裏の水ぶくれは同じような症状に見えてもさまざまな原因があるのが特徴です。たとえば水虫が原因の場合、かゆみを伴うからといってステロイド配合の医薬品を使用すると悪化する可能性があります。

足の裏の水ぶくれをセルフケアする場合、原因が何なのかしっかり考える必要があるでしょう。

くすりの窓口医師・薬剤師が
選んだ市販薬を紹介

  • 経験① 現場でよく聞かれる質問
    経験① 現場でよく聞かれる質問
    現場で聞かれる薬の効果や副作用、飲み合わせの注意点等をご説明します。
  • 経験② 現場で教える医薬品
    経験② 現場で教える医薬品
    悩みに合った薬や普段から自分が案内する薬など、現場で案内するものを教えます。
  • 視点① ユーザー目線で解説
    視点① ユーザー目線で解説
    実際にどう使うのかや、ユーザー目線で
    必要な情報をお伝えします。
  • 医師・薬剤師が悩みにお答えします!

当コラムの掲載記事に関するご注意点

1. 当コラムに掲載されている情報については、原則として薬剤師、医師その他の医療及び健康管理関連の資格を持った方(以下「薬剤師等」といいます)による助言、評価等を掲載しております。当社自身でも掲載内容に不適切な表記がないか、細心の注意を払って確認をしておりますが、医療及び健康管理上の事由など、その内容の正確性や有効性などについて何らかの保証をできるものではありません。あくまで、読者皆様ご自身のご判断にてお読み頂き、ご参考にして頂ければと存じます。

2. 当コラムにおける一般医薬品に関する情報は、読者、消費者の方々に適切な商品選択をして頂くことを目的に、薬剤師等に対して当社より課題、テーマを提示の上、執筆を依頼しております。主眼は、商品より成分であり、特定の商品に関する執筆を依頼しているわけではなく、また特定の医薬品製造事業者等(以下「メーカー等」といいます)からの販売又は紹介に関する対価が発生するものではありません。

3. 当コラムにおける一般医薬品のアフィリエイトリンクにつきましても、読者、消費者の方々への購入の利便性目的に設置しており、前項同様、特定商品の販売により薬剤師等やメーカー等に報酬が入るものではなく、特定商品の誘引を企図したものではありません。

4. 当コラムにおける情報は、執筆時点の情報であり、掲載後の状況により、内容の変更が生じる場合があります。当社は、掲載されている情報を予告なしに変更、更新する場合があります。

5. 記事内で紹介している商品の価格や送料、URLは、JANコードをもとに、対象商品を販売するECサイトが提供するAPIを使用し、生成しています。掲載価格の変動、JANコードの誤登録等による情報相違等があることも考えられ、最新価格や商品の詳細等についてはECサイト、各販売店又はメーカー等よりご確認をお願いします。

6. 当社が行う、調剤薬局様における商品取り置きサービスにつきましても、あくまでユーザーの受け取りの簡便化が目的であり、特定商品及び特定薬局への誘引を企図したものではありません。

7. 前各項に関する事項により読者の皆様に生じた何らかの損失、損害等について、当社は一切責任も負うものではありません。


足の裏の水ぶくれに効く市販薬によく含まれている成分


薬剤師

松本 美樹さんのコメント

足の裏の水ぶくれに効果がある医薬品は多いですが、効果・効能に「足の裏の水ぶくれ」とは書いていないため、注意が必要です。

どういった成分のものが足の裏の水ぶくれに効果を示すのか、代表的なパターンを紹介します。

①:テルビナフィンなどの水虫対策成分



足の裏の水ぶくれの原因の1つとして挙げられるのが、水虫です。水虫は白癬菌という菌が原因で起こる皮膚疾患で、指の間がジュクジュクしたり、かゆみや炎症を伴うこともあるのが特徴です。

白癬菌は真菌というカテゴリーの菌で、治療には抗真菌薬配合の医薬品を使用します。皮膚科で処方してもらうことが多いですが、市販薬の中にも抗真菌薬が配合された外用剤があり、それらを使って症状の緩和をはかることも可能でしょう。

②:ステロイド・ノンステロイドの抗炎症作用のある成分



水虫ではない何らかのアレルギー反応が原因の水ぶくれの場合に有用なのが、ステロイド配合の外用剤です。ステロイドというと怖いイメージをお持ちの方が多いかもしれません。

しかし、正しく使用することで患部を早くきれいに治すことができて、副作用も抑えることができます。

また、子どもでも使いやすいノンステロイドの商品も販売されています。これらはステロイド配合の医薬品に比べて緩やかな効き目ですが、さまざまな場面で使いやすいなど応用が利くというメリットがあります。

足の裏の水ぶくれを緩和できる市販薬の選び方・ポイント


薬剤師

松本 美樹さんのコメント

基本的には上記の成分が配合された医薬品を中心に選択することになるのですが、それらをどんな視点で選べばいいのか解説します。

もっとも重要なのは、水虫が原因かそれ以外が原因かを判断することです。判断がつかない場合は受診をおすすめします。

ポイント①:水虫対策を重視する



水ぶくれの原因が水虫であると断言できるのなら、水虫の原因である白癬菌を殺菌することで症状の緩和が見込めます。

代表的な市販薬の成分には「テルビナフィン」「ブテナフィン」などがあり、多くの商品では水虫特有のかゆみやかさかさを緩和する成分も一緒に配合しているのが特徴です。

水虫が原因ならこれらの抗真菌薬を根気よく使用することで効果が期待できますが、水虫でない場合は塗布しても効果がないため、水虫かどうか判断に困る場合はいちど専門家にご相談いただくのがおすすめです。

ポイント②:症状の緩和を重視する



水ぶくれに加えてかゆみや炎症を伴う場合は、症状を抑える成分を配合した医薬品を選びましょう。

市販薬ではステロイド配合のものや、ノンステロイドでもかゆみ・炎症を抑える成分のものが販売されています。何らかのアレルギー反応が原因の軽い症状なら、ステロイド配合の軟膏を数日使えば改善することが多いです。

一方、水虫など感染由来の症状の場合、ステロイド配合の軟膏を使用すると悪化する場合があるため、注意が必要です。

ポイント③:保湿と保護を重視する



何らかのアレルギーなどが原因でも、症状がごく軽ければ保湿・保護のみで改善する場合もあります。医薬部外品の中には、保湿有効成分が配合されたクリーム・ローションなどが存在するため、手厚く保湿ケアする場合はそれらを選ぶのをおすすめします。

保湿ケア成分として実績のあるヘパリン類似物質や、炎症を抑える有効成分のグリチルレチン酸などの成分が目印になるでしょう。

なお、医薬部外品の商品では水虫を改善することはできないため、水虫の疑いがある場合は選ばないようにしてください。

【厳選】足の裏の水ぶくれを緩和するのにおすすめの市販薬 9選


薬剤師

松本 美樹さんのコメント

足の裏の水ぶくれを緩和できる市販薬・医薬部外品を具体的に紹介していきます。

成分・剤形が多く悩んでしまうという場合は、薬剤師や登録販売者に相談して、一緒に選んでみてください。

ポイント①:水虫対策を重視した市販薬 3選

まずは水虫に効果がある薬を具体的に紹介します。

抗真菌成分に加え、かゆみ止め成分が数種類含まれているのがこのカテゴリーの商品の特徴です。塗り薬のほか、液剤やスプレー剤など変わったタイプの医薬品も販売されています。

久光製薬

ブテナロックVαクリーム

最安値 1,039

7つの有効成分配合で症状を緩和する

ブテナフィンという白癬菌に効果がある抗真菌成分に加え、水虫特有のかゆみやかさかさに効果的な成分が配合されたクリームです。角質層に浸透し、白癬菌を殺菌します。塗ったときにスーっと清涼感があり、使用感がお好みの方も多いかもしれません。

分類 指定第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) <1g中>
ブテナフィン塩酸塩(10mg)、ジブカイン塩酸塩(2mg)、クロルフェニラミンマレイン酸塩(5mg)、グリチルレチン酸(2mg)、l-メントール(20mg)、クロタミトン(10mg)、イソプロピルメチルフェノール(3mg)
効果・効能 水虫、いんきんたむし、ぜにたむし
用法・用量 1日1回、適量を患部に塗布
タイプ クリーム剤
妊娠中・授乳中の使用 妊娠中:相談すること
授乳中:使用可能
使用が可能な年齢 記載なし(乳幼児は相談すること)
スーッとする成分の有無
染みるタイプ ×
コンタクト装着での使用 -
薬の匂い 記載なし

GSK

ラミシールプラス液

最安値 1,018

ピンポイントで塗布できる抗真菌薬

テルビナフィンという抗真菌薬が主成分の医薬品です。そのほか、かゆみや炎症を抑える効果がある成分も配合されています。ピンポイントアプリケーターというノズルを採用しており、患部に触れずに直接塗布できるのが特徴です。

分類 指定第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) <100g中>
テルビナフィン塩酸塩(1g)、クロタミトン(5g)、グリチルレチン酸(0.5g)、l-メントール(2g)
効果・効能 水虫、いんきんたむし、ぜにたむし
用法・用量 1日1回、適量を患部に塗布
タイプ 液剤
妊娠中・授乳中の使用 妊娠中:相談すること
授乳中:使用可能
使用が可能な年齢 記載なし(乳幼児は相談すること)
スーッとする成分の有無
染みるタイプ ×
コンタクト装着での使用 -
透明
薬の匂い 記載なし

ロート製薬

エクシブEXスプレー

簡単に広範囲に塗布できるスプレータイプ

抗真菌薬テルビナフィンに加え、かゆみを解消する成分が配合された商品です。スプレー剤で、患部に直接噴霧して使用します。患部に直接触れずに塗布できること、パウダーインでさらっとした使い心地なので、べたつきやムレが気になる方に適しています。

分類 指定第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) <100g中>
テルビナフィン塩酸塩(1.0g)、イソプロピルメチルフェノール(1.0g)、クロルフェニラミンマレイン酸塩(0.5g)、クロタミトン(1.0g)、リドカイン(2.0g)、グリチルレチン酸(0.5g)
効果・効能 水虫、いんきんたむし、ぜにたむし
用法・用量 1日1回、適量を患部に噴霧
タイプ スプレー剤
妊娠中・授乳中の使用 妊娠中:相談すること
授乳中:使用可能
使用が可能な年齢 記載なし(乳幼児は相談すること)
スーッとする成分の有無 ×
染みるタイプ ×
コンタクト装着での使用 -
透明~白
薬の匂い 〇(せっけんの香り)

ポイント②:症状の緩和を重視した市販薬 3選

痛い・かゆいなどのつらい症状を伴うときにおすすめの市販薬を紹介します。ステロイド配合の医薬品は水虫など細菌感染には使えませんので、指の間がジュクジュクしているなど、水虫の恐れがある場合は避けましょう。
 
また、傷がある場合にも適さないので注意してください。

田辺三菱製薬

フルコートf

最安値 1,300

抗菌薬配合のステロイドの軟膏で症状を緩和

フルオシノロンというステロイド成分配合の塗り薬です。かきむしってしまうことで症状の長期化を招いたり、傷跡が残ってしまうような状況を予防してくれます。抗菌薬も配合しており、患部の細菌が増えてしまうのを防ぐ効果もあります。

分類 指定第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) <1g中>
フルオシノロンアセトニド(0.25mg)、フラジオマイシン硫酸塩(3.5mg)
効果・効能 化膿を伴う次の諸症:
湿疹、皮膚炎、あせも、かぶれ、しもやけ、虫さされ、じんましん

化膿性皮膚疾患(とびひ、めんちょう、毛のう炎)
用法・用量 1日1~数回、適量を患部に塗布
タイプ 軟膏剤
妊娠中・授乳中の使用 妊娠中:相談すること
授乳中:使用可能
使用が可能な年齢 記載なし
スーッとする成分の有無 ×
染みるタイプ ×
コンタクト装着での使用 -
薬の匂い 記載なし

シオノギヘルスケア

リンデロンVs軟膏

最安値 1,190

かゆみや炎症を抑えるステロイド配合軟膏

スイッチOTCという、医療用医薬品から市販薬へ転用されたステロイド成分配合の軟膏です。湿疹や虫刺されなど医療の現場でも幅広く使われてきた成分です。軟膏のほか、クリームや液剤も市販されています。患部に合わせて選んでみてください。

分類 指定第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) <1g中>
ベタメタゾン吉草酸エステル(1.2mg)
効果・効能 しっしん、皮ふ炎、あせも、かぶれ、かゆみ、しもやけ、虫さされ、じんましん
用法・用量 1日1回~数回、適量を患部に塗布
タイプ 軟膏剤
妊娠中・授乳中の使用 妊娠中:相談すること
授乳中:使用可能
使用が可能な年齢 記載なし
スーッとする成分の有無 ×
染みるタイプ ×
コンタクト装着での使用 -
薬の匂い 記載なし

佐藤製薬

ポリベビー

最安値 583

赤ちゃんから大人まで家族全員で使える軟膏

ステロイド成分無配合の、比較的優しい組成の塗り薬です。名前の通り、赤ちゃん向けに市販されているものではありますが、かゆみ止め成分や殺菌効果がある成分はしっかり配合されており、大人でも使用することができます。

分類 第3類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) <10g中>
ビタミンA油(10mg)、エルゴカルシフェロール(0.01mg)、トリクロロカルバニリド(30mg)、ジフェンヒドラミン(50mg)、酸化亜鉛(1,000mg)
効果・効能 おむつかぶれ、あせも、湿疹、皮膚炎、ただれ、かぶれ、かゆみ、しもやけ、虫さされ、じんま疹
用法・用量 1日1〜2回適量を患部に塗布
タイプ 軟膏剤
妊娠中・授乳中の使用 いずれも使用可能
使用が可能な年齢 0歳以上
スーッとする成分の有無 ×
染みるタイプ ×
コンタクト装着での使用 -
薬の匂い 記載なし

ポイント③:保湿と保護を重視した市販薬 3選

保湿・保護の効果がある医薬部外品を紹介します。
 
これらの商品はコンビニや量販店など、薬剤師・登録販売者が在籍していない店舗でも購入することができます。子どもたちにも使いやすいので、ご家庭で常備しておくのがおすすめです。

ユースキン

ユースキン

最安値 806

健康なお肌に整えるビタミン配合クリーム

ヒアルロン酸などのうるおい成分を配合したクリームです。そのほか、炎症を抑える有効成分やビタミン類を配合しており、お肌に合えば全身に使用することも可能です。120gのボトルは大容量ですが、さらに大容量のポンプも販売されており、家族で使いやすい商品です。

分類 指定医薬部外品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) <1g中>
トコフェロール酢酸エステル (2mg)、グリチルレチン酸(2mg)、dl-カンフル(8mg)、グリセリン(0.4g)
効果・効能 ひび、あかぎれ、しもやけ
用法・用量 1日数回適量をよくすり込んで使用
タイプ クリーム
妊娠中・授乳中の使用 いずれも使用可能
使用が可能な年齢 0歳以上
スーッとする成分の有無
染みるタイプ ×
コンタクト装着での使用 -
黄色
薬の匂い 〇(dl-カンフルの香り)

第一三共ヘルスケア

ミノン全身保湿ミルク

最安値 1,980

低刺激処方が特徴の全年齢向け保湿ミルク

ミノンシリーズの特徴に、低刺激処方というものがあります。添加物やアレルギーの原因物質を極力カットしており、敏感肌の方でも使いやすい組成でしょう。この保湿ミルクは足の裏はもちろん、全身に使用可能です。さらっとした使い心地が特徴です。

分類 医薬部外品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) グリチルレチン酸ステアリル(含有量記載なし)
効果・効能 皮ふの乾燥を防ぐ、皮ふにうるおいを与える、皮ふを保護する、肌あれ、あれ性、あせも・にきびを防ぐ、日やけ・雪やけ後のほてりを防ぐ
用法・用量 適量を手にとり、顔やからだの気になる部分になじませる
タイプ リキッド
妊娠中・授乳中の使用 いずれも使用可能
使用が可能な年齢 0歳以上
スーッとする成分の有無 ×
染みるタイプ ×
コンタクト装着での使用 -
薬の匂い 記載なし

コーセー化粧品

カルテHD 高保湿ローション 全身用

最安値 2,530

ヘパリン類似物質配合の高保湿ローション

保水成分であるヘパリン類似物質を配合したローションです。お肌を保湿し、乾燥を防ぎます。のびが良いローションタイプですので、時間がないときでも広範囲に塗布できるのが特徴です。赤ちゃんから大人までターゲットを選ばず使用できます。

分類 医薬部外品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) ヘパリン類似物質、グリチルリチン酸ジカリウム(いずれも含有量記載なし)
効果・効能 肌あれ・あれ性、皮膚にうるおいをあたえる、皮膚の乾燥を防ぐ、皮膚を保護する、肌を整える、 皮膚をすこやかにたもつ、肌をひきしめる、日やけ・雪やけ後のほてりを防ぐ。、かみそりまけを防ぐ、しもやけ・ひび・あかぎれを防ぐ
用法・用量 手のひらに適量をとり、やさしくなじませる
タイプ ローション
妊娠中・授乳中の使用 いずれも使用可能
使用が可能な年齢 記載なし(小さな子どもから使用可能)
スーッとする成分の有無 ×
染みるタイプ ×
コンタクト装着での使用 -
薬の匂い 記載なし

【比較一覧】この記事で紹介している市販薬

商品名

久光製薬ブテナロックVαクリーム

GSKラミシールプラス液

ロート製薬エクシブEXスプレー

田辺三菱製薬フルコートf

シオノギヘルスケアリンデロンVs軟膏

佐藤製薬ポリベビー

ユースキンユースキン

第一三共ヘルスケアミノン全身保湿ミルク

コーセー化粧品カルテHD 高保湿ローション 全身用

最安値

1,039

送料:別 楽天 詳細を見る

1,018

送料:別 楽天 詳細を見る

1,300

送料:別 楽天 詳細を見る

1,190

送料:無料 Yahoo! 詳細を見る

583

送料:別 楽天 詳細を見る

806

送料:無料 Amazon 詳細を見る

1,980

送料:別 楽天 詳細を見る

2,530

送料:別 楽天 詳細を見る
特徴 7つの有効成分配合で症状を緩和する ピンポイントで塗布できる抗真菌薬 簡単に広範囲に塗布できるスプレータイプ 抗菌薬配合のステロイドの軟膏で症状を緩和 かゆみや炎症を抑えるステロイド配合軟膏 赤ちゃんから大人まで家族全員で使える軟膏 健康なお肌に整えるビタミン配合クリーム 低刺激処方が特徴の全年齢向け保湿ミルク ヘパリン類似物質配合の高保湿ローション
商品リンク

水虫改善薬の売れ筋ランキングもチェック!

なお、ご参考までに、水虫改善薬のAmazon、Yahoo!ショッピング、楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。


市販薬を使用するときのポイントや注意点について


薬剤師

松本 美樹さんのコメント

足の裏の水ぶくれに対して、医薬品・医薬部外品を使用する際に注意すべきことを解説します。

判断を誤ると症状が悪化する可能性があるため、医薬品・医薬部外品の選び方が重要です。

使用するときのポイント・副作用はあるの?



今回紹介した医薬品・医薬部外品はすべて外用剤です。患部に塗布する際、お風呂上りなどのできるだけ清潔な皮膚に塗布するのがおすすめです。足の裏はムレなどで不衛生になりがちですが、なるべくきれいに保つことで、症状の緩和も期待できるでしょう。

水虫対策の薬、抗炎症作用のある薬、保湿ケアとタイプが異なる商品を紹介しましたので、おすすめな使用方法もそれぞれ異なります。パッケージや添付文書のほか、公式ホームページなども塗布の際に参考にしてみてください。

こんなときは病院へ



副作用もさまざまで、それぞれの商品について確認してから使用していただきたいですが、共通して症状が悪化した場合などはすぐに使用を中止して受診しましょう。

また、一定期間塗布しても改善の兆しがない場合は医薬品の選択を誤っている場合があるため、こちらも中止して受診してください。

いずれの症状の場合でも、皮膚科を受診するのがおすすめです。加えて、水虫かどうか判断しかねるときも、とりあえず市販薬を使用するのではなく、まずは皮膚科に相談するのがベターです。

『足の裏の水ぶくれ』に関するQ&A




足の裏に水ぶくれができてしまった場合によくある相談について、Q&A形式でまとめました。

水ぶくれをつぶしたい、つぶれてしまったなどのお悩みが多いです。セルフケアで解決できることもありますが、基本的にはご自身でつぶすのはおすすめできません。

運動が原因で足の裏に水ぶくれができることはありますか?
運動、とりわけ歩きすぎが原因で足の裏に水ぶくれができることは多いです。新しい靴や、足に合わない靴を履いて長距離を歩いた場合、靴ずれが水ぶくれという症状を伴って現れます。「テーマパークで朝から夜までずっと歩いていたら水ぶくれが…」というのはこのタイプです。

歩きすぎでできてしまった水ぶくれは比較的大きめのことが多く、歩いているうちにつぶれてしまうことがよくあります。痛みを伴うことが多いのも特徴です。

大きな水ぶくれができているのですが、つぶしてもいいですか?
プツプツした小さな水ぶくれから直径1センチを超える大きな水ぶくれまで、水ぶくれの症状はそれぞれです。

大きいサイズの水ぶくれを見つけると「つぶしたい!」と思う方も多いかもしれませんが、少し待ってください。衛生的にセルフケアできるのなら良いのですが、足の裏という細菌が繁殖しやすい部位でもあるため、つぶしてしまうとそこから細菌感染を起こしてしまう恐れがあります。

つぶせるほど大きな水ぶくれの場合は、皮膚科で処置してもらうのがおすすめです。

水ぶくれを放置していたら破れてしまいました。その後、どう対処したらいいですか?
破れてしまった場合、それ以上皮をはがしたりせずに患部を清潔に保ちましょう。気になるでしょうが、衛生面を考えるとあまり触らないのがおすすめです。

時間がたてば残った皮も自然に剥がれ落ちますが、痛みなどがある場合はワセリンを周囲に塗って傷の保護をしたり、抗菌薬の軟膏を塗布することも可能です。痛みがかなり強い、または患部が化膿してしまったときは我慢せずに皮膚科で診てもらうようにしてください。

まとめ




足の裏の水ぶくれにはさまざまな原因があり、それぞれ対処方法が違うということをお伝えできたでしょうか。

細菌感染を起こしやすい部位のため、判断に悩むことが多いでしょう。特に水虫の場合、原因の白癬菌を退治しなければ治りません。

的確に治療をすすめていくためにも、何が原因の水ぶくれかわからなければ、皮膚科を受診して判断を仰ぐのがおすすめです。大きな水ぶくれの場合でも、自己流でつぶさず清潔を保つように心がけてくださいね。

※掲載内容は執筆時点での情報です。

 

この記事が参考になったら
投稿しよう。

参考になった

みなさまの投稿をサービス向上に
繋げてまいります。

この記事はいかがでしたか?

投稿ありがとうございました。

くすりの窓口は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。
記事内で紹介している商品の価格や送料・URLは、JANコードをもとにECサイトが提供するAPIを使用し、生成しています。
掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなどで情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等についてはECサイト、各販売店やメーカーよりご確認ください。
記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が株式会社くすりの窓口に還元されることがあります。

この記事に関連するタグ

関連する記事

人気の記事

新着の記事

体の部位ごとから探す

手・足・指の症状
  1. あかぎれ
  2. いぼ・たこ
  3. たむし
  4. 水虫
  5. 足の症状

特集