1.メサデルム軟膏とは?

1-1. メサデルム軟膏の成分と作用

 メサデルム軟膏の有効成分は、「デキサメタゾンプロピオン酸エステル」という、いわゆるステロイドの一種です。

 

作用の仕方は、皮膚に塗布された有効成分が皮膚に浸透し、過剰になっている免疫反応を抑制することと、拡張している毛細血管を収縮させることで湿疹やかぶれ、腫れ等の症状を緩和します。

 

強い抗炎症作用により、早い段階で高い治療効果を得ることができます。

 

 

1-2. メサデルム軟膏のステロイドの中での位置付け

 ステロイド外用薬の作用の強さは、以下の5段階にランク分けされています。

 

・最も強い(Strongest)

・とても強い(Very Strong)

・強い(Strong)

・ふつう(Medium)

・弱い(Week)

 

メサデルム軟膏は、5段階中の3番目の強さ「強い(Strong)」に分類されています。

作用の強さのランク分けは、症状の強さや身体のどの部位に使用するかによって、どれぐらいの強さのステロイド外用薬を使用すればよいかを考える目安となります。

 

例えば、皮膚が薄い顔や陰部、乳幼児の肌は「ふつう(Medium)」または「弱い(Week)」ランクのステロイド外用薬を、皮膚が分厚い手や足、背中に強く症状が出ている場合は「最も強い(Strongest)」や「とても強い(Very Strong)」ランクのものを選択するのが一般的です。

「強い(Strong)」に分類されるメサデルム軟膏は首やお腹など、比較的皮膚の柔らかい部位の中程度の症状に使用されることが多いです

 

 

 

1-3. どんな場合に使用する?

 メサデルム軟膏の効能・効果は、湿疹・皮膚炎です。アトピー性皮膚炎や蕁麻疹、虫刺され、掻きむしった後のかぶれ、あせも等の皮膚症状に使用します。

 

「強い(Strong)」ランクですので、多くは小学生以降の手足や背中、成人の首やお腹に使用されます。

 

一般的には、皮膚の薄い顔や陰部、乳幼児の肌に使用することはありません(※症状の強さや、年齢・合併症等によっては、医師の判断により使用することもあります)。

 

 

1-4. 軟膏・クリーム・ローションの使い分け

 メサデルムには、軟膏の他にクリーム・ローションの3つの剤型があります。

 

①軟膏

使用感はベタベタしますが、刺激性はほとんどないため皮膚の弱い方に適しています。

また、乾燥した患部、湿潤した患部のどちらにも使用できます。

 

②クリーム

伸びがよく使用感がいいのが特徴ですが、クリーム基材に含まれている界面活性剤が皮膚に刺激感を与えることがあります。子供などベタベタするのが苦手な方にクリームが使用されることが多いです。

 

湿潤した患部よりも乾燥した患部に適しています。

 

③ローション

軟膏やクリームでは塗りにくい頭髪部などに使用されるのが一般的です。少し刺激性があります。

 

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

円形脱毛症の使用されることもある?

 

以前は、円形脱毛症の原因は主にストレスだと言われていましたが、最近の研究では過剰な免疫反応により発症することが分かってきました。その研究によると、ストレスは要因の一つですが、直接的な原因ではないとのことです。

 

このことは円形脱毛症の人の皮膚の一部を顕微鏡でみた結果、毛根の周りに多くの免疫細胞が存在していたことから証明されています。円形脱毛症は、毛根の周りの免疫細胞が成長期の毛根を攻撃してしまうことで発症するということです。

 

このことから、円形脱毛症の治療に免疫活動を抑制するステロイド外用薬が使用されることがあります。これは円形脱毛症の治療ガイドラインでも推奨されている治療法です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

 

2.メサデルム軟膏の正しい使用方法(注意点)

 ステロイド外用薬は使用量が難しく、少なすぎると十分な効果が得られず、多すぎると副作用のリスクが高くなってしまいます。

使用量の目安として1FTU(フィンガーチップユニット)が良く使われます。

 

1FTUとは、軟膏やクリーム剤を成人の人指し指の先から第一関節の長さまで出した量(=約0.5g)のことで、1FTUで成人の手のひら2枚分の面積を塗る量に相当するとされています。手のひら1枚分の面積なら指先から第一関節までの半分の長さ(0.5FTU)を出して塗ると丁度よい量になります。

 

しかし、1FTU=約0.5gというのは25gや50gといった大きいチューブに入った薬の場合です。口径の小さい5gチューブや10gチューブに入った薬では、1FTU=0.2~0.3g程度なので1FTUで手のひら1枚分の面積と考えた方がいいでしょう。

 

白色ワセリンやプロペト、ヒルドイドなどの保湿剤と一緒にメサデルム軟膏が処方される場合、塗る順番にも気を付けなければなりません。

 

特に医師から説明がない場合には、保湿剤を塗ってからメサデルム軟膏を塗るようにしましょう。順番を逆にしてしまうと、症状の出ている以外の正常な肌にもメサデルム軟膏を塗り広げてしまう恐れがあるためです。

 

「以前湿疹が出た時に処方された塗り薬が良く効いたから、使いかけで残っているその薬を虫刺されに使っている」などという声を良く聞きますが、これはお勧めできません。

 

 なぜなら、医師は症状の強さや使用部位により、処方するステロイド外用薬を決めているためです。診断を受けた時点では処方された薬が適していたかもしれませんが、新しく出てきた症状に適しているかどうかは素人には判断は難しいでしょう。不適切な強さのステロイド外用薬の使用は副作用のリスクが上がってしまうので、自己判断でのステロイド外用薬の使用は禁物です。

 

また、薬には使用期限があります。保管状況にもよりますが、開封してから1か月経過したチューブ内部に菌が繁殖するケースもあります。そのような薬を使用すると皮膚感染症を引き起こしてしまう恐れがあるので、開封してから長い時間が経った外用薬は破棄するようにしましょう。

 

 

 

3.メサデルム軟膏で注意すべき副作用

 「ステロイド」と聞くと、副作用が怖いというイメージを持たれる方もいるかも知れません。

 

ステロイドで重篤な副作用が起こるのは内服薬によるもので、外用薬の場合には医師や薬剤師の説明通りに使用すれば、まず重い副作用が起こる事は考えられません(内服薬でも正しく使用すればほとんどの場合において、重篤な副作用は起こりません)。

 

しかし、決められた使い方から逸脱すると副作用のリスクは高まりますので、必ず使用部位や1日の使用回数を守ってお使いください。

 

正しく使用していれば副作用が起こることはほとんどありませんが、ステロイドには免疫機能を抑制する働きがあるため、正しく使用していてもまれにニキビやカンジダ症などの皮膚感染症を引き起こすことがあります。

 

特に乳幼児やご高齢の方、免疫抑制剤という薬を服用している方は、もともと免疫活動が低下しているので頻度が少し高くなります。

 

ステロイド外用薬の使用期間は一般的には2週間程度とされており、長期にわたって使用した場合には皮膚が薄くなったり、赤みを帯びたりすることがあります。使用期間に関しては医師の判断に従い、肌の調子が良くなるからといって、自己判断で長期間の使用は避けましょう。

 

また、肌に薬の成分が合わない場合には、かぶれ・痒みがかえって酷くなってしまうこともあります。

 

これらの副作用症状がみられる場合には使用を中断し、かかりつけの医師または薬剤師に相談するようにしましょう。

 

 

4.市販でメサデルム軟膏は購入できる?

 現在、メサデルムと同じ有効成分の市販薬はありませんが、同じ「強い(Strong)」ランクのステロイド外用薬には、以下の商品があります。

 

 ・ベトネベートN軟膏

 ・ベトネートクリーム

 ・フルコートF軟膏

 

ステロイド外用薬はこれら以外にもたくさん市販されているので、どの商品が症状に適しているのか、ドラッグストア・薬店の薬剤師に相談しましょう。

 

 

5.おわりに

 今回はステロイド外用薬であるメサデルム軟膏について使用方法や注意点、市販薬などについて解説しました。

 

効果が高く、比較的安全性の高い薬ですが、使用方法や使用期限を誤ると副作用や症状の悪化を起こす場合があるので、必ず医師や薬剤師の指示を守って使用しましょう。