【薬剤師解説】みかんや柑橘類と飲み合わせが悪い薬一覧 – EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報 【薬剤師解説】みかんや柑橘類と飲み合わせが悪い薬一覧 | EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報

EPARKくすりの窓口

くすりのお役立ちコンテンツ

【薬剤師解説】みかんや柑橘類と飲み合わせが悪い薬一覧

参考になった4

2024/5/14
753
薬局で薬をもらうときに「グレープフルーツは摂取しないでください」と言われたことはありませんか?
なぜグレープフルーツなのだろう、みかんなどの柑橘類は大丈夫などだろうかと疑問に感じた方もいらっしゃるかもしれません。
実は、みかんは大丈夫ですが、グレープフルーツはダメなのです。
それは、グレープフルーツに含まれる「フラノクマリン類」という成分が薬物代謝を遅くすることに起因しています。
このフラノクマリン類は、全ての柑橘類に含まれるわけではありませんが、グレープフルーツをはじめ甘夏みかんやハッサク、スウィーティなど薬物への影響が大きいものもあるのです。また、グレープフルーツジュースだけではなく、ジャムやお菓子などの加工品にも注意する必要があります。
うっかり摂取すると、薬の効果が増強されて効きすぎる場合があるため飲み合わせに注意して、正しく薬剤を使用しましょう。

くすりの窓口医師・薬剤師が
選んだ市販薬を紹介

  • 経験① 現場でよく聞かれる質問
    経験① 現場でよく聞かれる質問
    現場で聞かれる薬の効果や副作用、飲み合わせの注意点等をご説明します。
  • 経験② 現場で教える医薬品
    経験② 現場で教える医薬品
    悩みに合った薬や普段から自分が案内する薬など、現場で案内するものを教えます。
  • 視点① ユーザー目線で解説
    視点① ユーザー目線で解説
    実際にどう使うのかや、ユーザー目線で
    必要な情報をお伝えします。
  • 医師・薬剤師が悩みにお答えします!

当コラムの掲載記事に関するご注意点

1. 当コラムに掲載されている情報については、原則として薬剤師、医師その他の医療及び健康管理関連の資格を持った方(以下「薬剤師等」といいます)による助言、評価等を掲載しております。当社自身でも掲載内容に不適切な表記がないか、細心の注意を払って確認をしておりますが、医療及び健康管理上の事由など、その内容の正確性や有効性などについて何らかの保証をできるものではありません。あくまで、読者皆様ご自身のご判断にてお読み頂き、ご参考にして頂ければと存じます。

2. 当コラムにおける一般医薬品に関する情報は、読者、消費者の方々に適切な商品選択をして頂くことを目的に、薬剤師等に対して当社より課題、テーマを提示の上、執筆を依頼しております。主眼は、商品より成分であり、特定の商品に関する執筆を依頼しているわけではなく、また特定の医薬品製造事業者等(以下「メーカー等」といいます)からの販売又は紹介に関する対価が発生するものではありません。

3. 当コラムにおける一般医薬品の各種ECサイト等へのアフィリエイトリンクにつきましても、読者、消費者の方々への購入の利便性目的に設置しており、前項同様、特定商品の販売により薬剤師等やメーカー等に報酬が入るものではなく(アフィリエイトリンクがメーカーサイト、商品公式サイト等である場合を含みます)、特定商品の誘引を企図したものではありません。なお、各種ECサイト等へのアフィリエイトリンクにつきましては、景品表示法上の観点で「PR」等、広告である旨の表記がされることがありますが、当コラム記事におきましては、2.項記載の通りですので、薬機法上の広告に該当するものではありません。

4. 当コラムにおける情報は、執筆時点の情報であり、掲載後の状況により、内容の変更が生じる場合があります。当社は、掲載されている情報を予告なしに変更、更新する場合があります。

5. 記事内で紹介している商品の価格や送料、URLは、JANコードをもとに、対象商品を販売するECサイトが提供するAPIを使用し、生成しています。掲載価格の変動、JANコードの誤登録等による情報相違等があることも考えられ、最新価格や商品の詳細等についてはECサイト、各販売店又はメーカー等よりご確認をお願いします。

6. 当社が行う、調剤薬局様における商品取り置きサービスにつきましても、あくまでユーザーの受け取りの簡便化が目的であり、特定商品及び特定薬局への誘引を企図したものではありません。

7. 前各項に関する事項により読者の皆様に生じた何らかの損失、損害等について、当社は、一切の責任を負うものではありません。

全部見る

薬とみかんの関係


薬とみかんの関係

薬を飲む際に、食品との相互作用が気になることもあるでしょう。
特に、血圧の薬を使用している方はグレープフルーツの摂取を禁止するように指示を受けたことがあるかもしれません。

柑橘類のなかでも、グレープフルーツには「フラノクマリン類」という成分が含まれており、それが薬物の代謝酵素を阻害してしまうことで薬剤の作用が強く出ることがあるのです。
例えるならば、狭いトンネルに薬の成分とグレープフルーツの成分が一緒に入ろうとしてしまい、結果として代謝が遅れてしまうのです。
柑橘類でも、グレープフルーツはフラノクマリンが多く含まれておりますが、温州みかんやデコポンはほぼ影響がないなど種類によって異なります。
とくに、グレープフルーツジュースは皮まで凝縮されており薬剤へ及ぼす影響が強く出てしまうため注意が必要です。

みかんと飲み合わせが悪い薬


みかんと飲み合わせが悪い薬

みかんは、安藤みかん(絹皮)という品種は薬に影響を与える可能性がありますが、温州みかんなど一般的なみかんはほとんど薬の飲み合わせには影響がありません。
しかし、グレープフルーツと飲み合わせが注意な薬剤は多くあります。
影響を受けるものとして、Ca拮抗剤という部類の血圧の薬剤が有名です。しかし、ほかにも抗がん剤や免疫抑制剤、血液をサラサラにする抗血小板薬、コレステロール薬など多くあるため、今回はグレープフルーツと注意の必要な代表的なものをご紹介します。

血圧の薬

血圧の薬

血圧の薬が全てグレープフルーツと飲み合わせが悪いわけではありません。
なかでも、「カルシウム拮抗剤」という分類の薬剤が、グレープフルーツなどに含まれるフラノクマリン類に大きく影響を受けます。

本来ならば小腸で代謝されるはずの薬剤が、フラノクマリン類によって代謝を阻害されることで血中濃度が上昇して副作用が起こる可能性が高まります。
Ca拮抗薬の中でも、フラノクマリン類の影響を大きく受けるフェロジピンは、グレープフルーツジュースと併用することで体内の薬物血中濃度が2~3倍に上昇することもあるため注意してください。


コレステロールの薬

コレステロールの薬

コレステロールの薬の中でも、グレープフルーツに注意する必要があるものがあります。
成分では、シンバスタチン、アトルバスタチンなどが影響を受けやすい薬剤です。

同じ分類の薬剤でも、同じようにチトクローム3A4で代謝される薬剤でも影響の受け方には差があります。
そのため、ロスバスタチンやプラバスタチンなどの薬剤は比較的影響が出にくいです。
もしも高コレステロール血症のために薬剤の服用が必要な場合は、自分の薬剤がどのくらい相互作用を受けるのかを確認しておくとよいでしょう。

血液サラサラの薬(抗血小板薬)

血液サラサラの薬(抗血小板薬)

血液をサラサラにする薬剤の中でも、血小板の働きを抑制することで血栓を防ぐ薬剤を抗血小板薬と呼びます。
その中の、シロスタゾールという成分はチトクローム3A4で代謝されるため、グレープフルーツを摂取することで作用の増強が見込まれます。
フラノクマリン類の影響は不可逆的なため、気になることがある場合はすぐに医師や薬剤師に相談してください。

免疫抑制剤

免疫抑制剤

シクロスポリンやタクロリムスなどの免疫を抑制する薬剤も、フラノクマリン類の影響を受けることがあります。
これらの薬剤は、リウマチや自己免疫疾患、アレルギー疾患、血液疾患、移植後の拒絶反応の抑制や腎疾患などに使用されます。

グレープフルーツなどが薬に与える影響には個人差があり、摂取した果実の種類にもよるため、一度飲んで影響がなかったら次回も問題ないということはありません。
これらの薬剤を服用している場合は、薬の効き目の安定性も考慮して、相互作用の可能性のある食品の摂取は控えて下さい。


他の柑橘系との飲み合わせは?


柑橘類といっても、さまざまな種類があります。

みかんでも、温州みかんは薬にほぼ影響はありませんが、安藤みかん(絹皮)は影響を与えやすく、摂取する柑橘類の種類によって作用が異なります。
また、レモンやスウィートオレンジは果汁はほぼ影響がありませんが、果皮は薬剤に影響する可能性があるため注意が必要です。
グレープフルーツと同様な注意が必要な柑橘類として、スウィーティ、ハッサク、ダイダイ、甘夏、メロゴールドなどがあります。代表的な柑橘類は覚えておきましょう。

薬に影響があることを知らずにみかんを食べていた場合はどうすればいい?

薬に影響があることを知らずにみかんを食べていた場合はどうすればいい?

うっかりみかんを食べてしまった場合でも、心配はありません。しかし、絹皮などフラノクマリン類が含まれる品種を食べてしまった場合は、次回からは食べないように気をつけましょう。1回みかんを食べてしまった程度では、そこまで大きな被害はないと思われます。

しかし、一旦グレープフルーツを摂取してしまうと、その作用は2~3日継続する場合があります。ご自身の服用している薬剤の種類にもよりますが、心配な場合はかかりつけの医師や薬剤師に相談してください。


「みかんと薬の飲み合わせ」に関するQ&A


「みかんと薬の飲み合わせ」に関するQ&A

みかんとの飲み合わせは、大きく薬剤の飲み合わせに影響を及ぼしません。
しかし、グレープフルーツはそうではありません。
医薬品の特性やグレープフルーツが及ぼす影響などを正しく理解して、相互作用のないように正しく使用してください。

時間を空ければ、グレープフルーツジュース飲んでも良い?
グレープフルーツの作用は数時間ではなく、数日持続する場合があります。
そのため、数時間空けてもグレープフルーツジュースは飲んではいけません。グレープフルーツの中でも、グレープフルーツジュースは果実も果皮も凝縮して作られているため薬物代謝酵素に及ぼす影響が強いです。
薬の効果が強まる可能性が高まるため、時間をあけてもグレープフルーツジュースは飲まないで下さい。
どうしてグレープフルーツは薬に影響するの?
薬物の中には、チトクロームという酵素によって代謝されるものがたくさんあります。
チトクロームは、肝のミクロソームの存在している酵素ですが、薬物の代謝を促進したり、無毒化して水に溶けやすくしたりする働きがあります。
グレープフルーツなどの柑橘類に含まれるフラノクマリン類は、チトクロームの中でも3A4という代謝酵素を阻害することがわかっています。そのため、チトクローム3A4で代謝される薬物はグレープフルーツを摂取することで代謝が阻害されて効果が増強される恐れがあるのです。
グレープフルーツジュースはダメでも、グレープフルーツは食べてもいいの?
グレープフルーツにはフラノクマリン類が含まれていることが分かっています。
このフラノクマリン類は、グレープフルーツの中でも、果実よりも果皮の方にはるかに多く含まれているのです。
そのため、皮ごと凝縮して作られているグレープフルーツジュースは、薬に及ぼす影響が大きいと言えます。
フレッシュなグレープフルーツの果実を食べても影響があまりない場合もありますが、果皮を含むジュースを飲んでしまうと薬物の血中濃度が上昇する恐れが高くなるのためとくにグレープフルーツジュースの摂取は控えて下さい。


まとめ


まとめ

食品でも、薬剤の作用に影響するものは多くあります。
その代表的なものとして、グレープフルーツをご紹介しました。

嗜好品の場合、あらかじめ自分の服用している薬剤への影響を承知していなければ、期待する薬効が得られない、または効きすぎて副作用がでてしまうなどの事態を招くことになりかねません。
思いがけず、薬の作用機序に影響してしまう食品はたくさんあるため、服用する際には医師や薬剤師の説明をよく聞き、しっかり情報を整理しておきましょう。


参考文献

pmda|公式HP

※掲載内容は執筆時点での情報です。

 

この記事が参考になったら
投稿しよう。

参考になった

みなさまの投稿をサービス向上に
繋げてまいります。

この記事はいかがでしたか?

投稿ありがとうございました。

くすりの窓口は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。
記事内で紹介している商品の価格や送料・URLは、JANコードをもとにECサイトが提供するAPIを使用し、生成しています。
掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなどで情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等についてはECサイト、各販売店やメーカーよりご確認ください。
記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が株式会社くすりの窓口に還元されることがあります。

この記事に関連するタグ

関連する記事

人気の記事

新着の記事

特集