1.ダイエットサプリメントの選ぶポイント

ダイエットサプリメントの種類と、それぞれの選び方について解説します。

沢山あるように見えるダイエットサプリメントも、種類で分けれは実は単純です。

 

1-1. サプリメントの種類を理解し目的に合ったものを選ぼう

「ダイエットサプリメント」と一口に言っても、その働きには様々な種類があります。単純に「痩せるサプリメント」として考えるのではなく、「どんな仕組みで痩せるのか?」をしっかり理解してから買うのが大切です。

 

サプリメントの仕組みを理解し、自分の目的に合ったものを選ぶようにしましょう。今日のダイエットサプリメントは、大きく次の3つに分類できます。

 

■カット系サプリメント

■燃焼系サプリメント

■整腸系サプリメント

 

それぞれの特徴と、どんな方にオススメなサプリメントなのかを以下で簡単に解説していきます。

 

1-2. 食事制限が苦手な方には「カット系」サプリメント

diet-cut

カット系サプリメントは、主に胃腸の中で一緒に食べた食事を吸着し、消化吸収を遅らせる成分を含んだサプリメントです。

どんなにカロリーの高い食べ物でも、それが身体に吸収されなければ太ることはありません。。

もちろん全く吸収されなくなる訳ではありませんが、吸収を緩やかにする事で、同じ量の食事を食べても太りにくくなる可能性があります。

 

カット系サプリメントには、主に糖質の吸収を抑える「桑の葉」、「サラシア」、「ギムネマ」。脂肪の吸収を抑える「キトサン」や「リポサンウルトラ」などがあります。

食事制限が苦手でどうしても食べてしまう方は、食べる前にカット系サプリメントを飲んでおくと吸収が抑えられ、罪悪感も和らぐかも知れません。

 

【参照】http://www.maypro.co.jp/liposan-ultra/

1-3. 年齢で痩せにくさを感じる方には「燃焼系」サプリメント

diet-nenshou

燃焼系サプリメントは、主に体脂肪の分解や、代謝を高めて脂肪の燃焼を促進する成分を含んだサプリメントです。

ダイエット成功には生きているだけで消費する基礎代謝を高めることが不可欠ですが、人間の身体は年齢とともに老化して基礎代謝は落ちていきます。

 

「30代に入ってから一気に痩せなくなった」という方は非常に多く、加齢で身体の様々な機能が衰えることで、基礎代謝が低下して痩せなくなるのです。

そもそも体脂肪を分解したり、中性脂肪を燃焼させる能力すら衰えていくので、運動を頑張っても中々成果が出なくなってくる場合もあります。

 

燃焼系サプリには、身体の機能を高めるのに必要な「アミノ酸」や、体脂肪の分解・燃焼を促進する「葛の花イソフラボン」や「カルニチン」などがあります。

年齢からくる身体の衰えとともに、ダイエットの成果が出にくくなったり疲れやすくなった方は、燃焼系サプリメントで今一度身体の機能を呼び起こすことがダイエットに繋がるかも知れません。

 

【参照】https://h-jp.fujifilm.com/

1-4. お腹の調子が不安な方には「整腸系」サプリメント

diet-seiichou

整腸系サプリメントは、便秘などを解消し、お腹の調子を整える成分を含んだサプリメントです。

便秘はダイエットの大敵。便秘解消なくしてダイエット成功はありませんし、そもそも溜まった便がスッキリ出るだけで体重も2~3kgストンと落ちることも珍しくありません。

 

腸は食べたものを吸収し、いらないものを排出する器官です。

腸の調子が悪いと、必要な栄養を吸収できないし、不要になったものも上手く排出できません。このような状態でダイエットなどしている場合では無いのです。

 

腸内の善玉菌は最近では「痩せ菌」と呼ばれることもあり、善玉菌の存在が肥満の防止にも非常に重要なことが分かってきています。

 

整腸系サプリメントには、活きた善玉菌を摂取する「プロバイオティクス」と、既存の善玉菌に餌を与えて増やす「プレバイオティクス」があり、その両方を合わせた「シンバイオティクス」を最近ではよく聞くようになりました。

 

便秘がちで食生活も乱れている方は、まず整腸系サプリメントでお腹の調子を整える事から始めましょう。

 

【参照】https://institute.yakult.co.jp/

1-5. サプリメントは続けやすい形が一番

diet-hand

「サプリメント」というと錠剤やカプセルをイメージする方が多いですが、本来の「補給」という意味からすれば、形状は関係ありません。

必要な栄養素を補給するものがサプリメントであって、その形状はドリンクやパウダーなど様々なバリエーションがあります。

 

錠剤を水で飲み込むだけなのが楽で良いという方も入れば、ドリンクを1本飲むのが好きな方や、パウダーで料理に混ぜて摂るのが便利だという方もいます。

自分のライフスタイルに合わせて、続けやすい形を選ぶのが一番です。

 

2.専門アドバイザーが選ぶ、ダイエットサプリメントおすすめ5選【2020】

ダイエットサプリメントの種類別に、サプリメントアドバイザーが選ぶオススメのサプリを紹介します。まずはこの中からご自身にあったサプリメントを選んでみて下さい。

 

2-1. カロリミット

diet-1

「カロリミット」は、健康食品大手のファンケルが開発したカット系ダイエットサプリメントの大ヒット商品です。

糖質の吸収を抑える「桑の葉イミシュガー」と「ギムネマ」。脂肪の吸収を抑える「キトサン」と「茶サポニン」をバランス良く配合し、糖質にも脂肪も効率的にカット。

 

本品を実際に使っての臨床試験も行われており、効果が期待されているダイエットサプリメントです。

 

【公式サイト】https://www.fancl.co.jp/

詳細を見る

 

2-3. キトサン 500mg +クロミウム

diet-2

アメリカのサプリメント大手メーカー「ナウフーズ」が開発した、キトサンとクロミウム(リポサンウルトラ)のカット系サプリメントです。

キトサンはエビの甲羅から摂れる食物繊維で、胃の中で脂肪を吸着する効果が認められており、脂肪の多い食事が好きな方に適しています。リポサンウルトラはキトサンの進化版で、脂肪吸着量がキトサンよりも高いとされています。

 

余計なものは一切入れず、キトサンとリポサンウルトラを摂りたいだけならコストパフォーマンスは最高。食べて痩せるダイエットには、強力なサポーターになってくれます。

 

【公式サイト】https://www.suplinx.com/

 

2-3. メタバリア葛の花イソフラボン

 

diet-3-1

「メタバリア」は、FUJIFILMが開発したダイエットサプリメントで、特に「葛の花イソフラボン」は燃焼系サプリメントとして大ヒットした商品です。

葛の花イソフラボンには、食事でとった糖質が脂肪に変換されるのを抑制、体脂肪の分解を促進、さらに脂肪の燃焼を促進する作用がある事が報告されています。

 

肥満気味な方、BMIが高めの方、おなかの脂肪が気になる方、ウエスト周囲径が気になる方に適した機能性表示食品で、特に痩せにくくなったと感じる女性にオススメです。

 

【公式サイト】https://h‐jp.fujifilm.com/

 

2-4. シンバイオティクス ヤクルトW

diet-4

「ヤクルトW」は、乳酸菌ドリンクの大手ヤクルトが開発したシンバイオティクスドリンク。

ドリンク1本に300億個の活きた「乳酸菌シロタ株」と、2.5gの「ガラクトオリゴ糖」を配合した整腸系サプリメントです。

 

活きた乳酸菌は「プロバイオティクス」で、その乳酸菌の餌になるガラクトオリゴ糖が「プレバイオティクス」。

両方を合わせたハイブリットな「シンバイオティクスドリンク」として、ヤクルトの新たな主力商品になっています。

 

ドリンクタイプは錠剤よりも配合量を増やしやすく、ヤクルトの味が好きな方には続けやすい事も大きなメリットですね。

 

【公式サイト】https://h-jp.fujifilm.com/

 

2-5. NICHIGA イヌリン 

diet-5

健康食品の原料メーカーでもある「NICHIGA」のイヌリンパウダーです。

500gで約1,000円とコストパフォーマンスが良く、粉末を水で溶かしたり、料理に混ぜたりしてお召し上がり下さい。

 

イヌリンは水溶性食物繊維として腸内を掃除する他、大腸で善玉菌の餌となる働きもある整腸系サプリメントです。

 

パウダーのため摂取量の調整がしやすく、目安としては1日5g~15gのイヌリン摂取で便秘解消の報告が多く寄せられています。

毎日の食生活にプラスして、家族全員の整腸にも役立つサプリメントです。

 

【公式サイト】https://www.nichiga.net/shopdetail/

 

3.おすすめダイエットサプリメントの比較一覧表

メーカー

ファンケル

ナウフーズ

FUJIFILM

ヤクルト

NICHIGA

画像

diet-1

diet-2

diet-3-1

diet-4

diet-5

商品名

カロリミット

キトサン500mg+クロミウム

メタバリア

シンバイオティクス ヤクルトW

イヌリン500g

価格

1,563円

1,620円

4,935円

3,600円(30本)

1,049円

1日当たりの価格

約52円

約81円

約164円

120円

約31円(1日15gとして)

種類

カット系

カット系

燃焼系

整腸系

整腸系

主な成分

ギムネマ酸

桑の葉

キトサン

茶サポニン

キトサン

クロミウム(リポサンウルトラ配合)

葛の葉由来イソフラボン

乳酸菌シロタ株

ガラクトオリゴ糖

イヌリン

目的

糖質と脂肪の吸収を抑える

脂肪の吸収を抑える

脂肪の燃焼を促進

お腹の調子を整える

お腹の調子を整える

 

4.ダイエットサプリメントの注意点!知らないとお金のムダや副作用も!

ダイエットサプリメントを使う際の、注意点について解説します。どんなに優れたサプリメントも、正しい活用法を知らなければお金の無駄に。

それだけでなく、飲み方を間違えると副作用を起こす可能性もあるので、よく確認して下さい。

 

4-1. サプリメントを過信しない!暴食は厳禁

ダイエットサプリメントは、飲むだけで痩せる魔法の薬ではありません。

痩せるためには、摂取カロリーよりも消費カロリーが上回る事が不可欠で、ダイエットサプリメントはそれを少しサポートするだけです。

 

「ダイエットサプリメントを飲んでいるから安心」と暴食をしたり、運動をサボったりしては本末転倒。

出来る限り食事は節制し、運動時間を確保する努力もすれば、サプリメントとの相乗効果も期待できますよ。

 

4-2. 1日の摂取目安量を守ろう

サプリメントは医薬品では無いため、用法用量の規定がありません。

ほとんどのサプリメントには、1日分の「摂取目安量」が記載されており、これをオーバーし過ぎないように気をつけましょう。

 

サプリメントは一度に大量に飲めば効果が高まるものではなく、毎日適量を継続的に飲むことで効果が出てくるもの。

大量摂取すると逆に下痢、便秘、腹痛、肌荒れなどの副作用を起こす可能性もありますので、十分注意して下さい。

 

4-3. 医薬品との飲み合わせは薬剤師に確認を

サプリメントは医薬品ではありませんが、他の医薬品と一緒に飲むと思わぬ副作用を起こすことがあります。

医薬品の吸収を阻害したり、逆に医薬品と相乗効果を起こして効きすぎてしまうなど、サプリメントと医薬品の併用には注意が必要。

 

現在何らかの医薬品を飲んでいる方がダイエットサプリメントを購入する時は、かかりつけ医や薬剤師に確認してからにしましょう。

 

5.まとめ ダイエットサプリメントを賢く活用しよう

ダイエットサプリメントの選び方と、種類別のおすすめサプリメントについてまとめてきました。

ダイエットサプリメントについては何かと批判も多いですが、どんなサプリでも「飲むだけでは痩せない」のは当たり前。

出来る限りの努力はした上で、目的を理解して賢く活用すれば、とても有用なものです。

 

ダイエットサプリメントを賢く活用して、理想のボディを手に入れましょう!