【薬剤師が解説】頭がかゆいときにおすすめの市販薬はどれ?6選を紹介 – EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報 【薬剤師が解説】頭がかゆいときにおすすめの市販薬はどれ?6選を紹介 | EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報

EPARKくすりの窓口

くすりのお役立ちコンテンツ

【薬剤師が解説】頭がかゆいときにおすすめの市販薬はどれ?6選を紹介

参考になった0

2022/8/5
710
暑い日が続いていますが、いよいよ夏も本番ですね。夏は汗も多くかいてしまい、蒸れたりかゆみが出たりとお肌のトラブルが増える季節です。

帽子をかぶる事も多く、頭のかゆみで悩んでいるかたも多いのではないでしょうか。かゆみは少しでも早く何とかしたいですよね。

そこで今回は、頭がかゆいときにおすすめの市販薬を中心にご紹介をさせて頂きます。

くすりの窓口医師・薬剤師が
選んだ市販薬を紹介

  • 経験① 現場でよく聞かれる質問
    経験① 現場でよく聞かれる質問
    現場で聞かれる薬の効果や副作用、飲み合わせの注意点等をご説明します。
  • 経験② 現場で教える医薬品
    経験② 現場で教える医薬品
    悩みに合った薬や普段から自分が案内する薬など、現場で案内するものを教えます。
  • 視点① ユーザー目線で解説
    視点① ユーザー目線で解説
    実際にどう使うのかや、ユーザー目線で
    必要な情報をお伝えします。
  • 医師・薬剤師が悩みにお答えします!

1. 当コラムに掲載されている情報については、原則として薬剤師、医師その他の医療及び健康管理関連の資格を持った方(以下「薬剤師等」といいます)による助言、評価等を掲載しております。当社自身でも掲載内容に不適切な表記がないか、細心の注意を払って確認をしておりますが、医療及び健康管理上の事由など、その内容の正確性や有効性などについて何らかの保証をできるものではありません。あくまで、読者皆様ご自身のご判断にてお読み頂き、ご参考にして頂ければと存じます。

2. 当コラムにおける一般医薬品に関する情報は、読者、消費者の方々に適切な商品選択をして頂くことを目的に、薬剤師等に対して当社より課題、テーマを提示の上、執筆を依頼しております。主眼は、商品より成分であり、特定の商品に関する執筆を依頼しているわけではなく、また特定の医薬品製造事業者等(以下「メーカー等」といいます)からの販売又は紹介に関する対価が発生するものではありません。

3. 当コラムにおける一般医薬品のアフィリエイトリンクにつきましても、読者、消費者の方々への購入の利便性目的に設置しており、前項同様、特定商品の販売により薬剤師等やメーカー等に報酬が入るものではなく、特定商品の誘引を企図したものではありません。

4. 当コラムにおける情報は、執筆時点の情報であり、掲載後の状況により、内容の変更が生じる場合があります。当社は、掲載されている情報を予告なしに変更、更新する場合があります。

5. 記事内で紹介している商品の価格や送料、URLは、JANコードをもとに、対象商品を販売するECサイトが提供するAPIを使用し、生成しています。掲載価格の変動、JANコードの誤登録等による情報相違等があることも考えられ、最新価格や商品の詳細等についてはECサイト、各販売店又はメーカー等よりご確認をお願いします。

6. 当社が行う、調剤薬局様における商品取り置きサービスにつきましても、あくまでユーザーの受け取りの簡便化が目的であり、特定商品及び特定薬局への誘引を企図したものではありません。

7. 前各項に関する事項により読者の皆様に生じた何らかの損失、損害等について、当社は一切責任も負うものではありません。



頭がかゆいときの市販薬の選び方・ポイント


薬剤師

高見 学さんのコメント

かゆみを改善したい時にどのように薬を選ぶか悩みますよね。そこで有効成分や薬のタイプなど選ぶポイントを紹介します。

頭のかゆみに効く有効成分か確認する



頭のかゆみを抑えるために、どのような成分が入っているか、確認する事が重要です。

例えば、ジフェンヒドラミンという成分は、かゆみなどのアレルギー症状を引き起こすヒスタミンの働きを抑える事で、かゆみを抑えます。

またかゆみは炎症によって生じる場合もありますが、ステロイドはかゆみの原因である炎症を抑える事でかゆみに効果を示します。かゆみの原因がシラミである場合もあり、その場合はシラミをやっつけてくれる成分を含むシャンプーを使用します。

薬のタイプ(軟膏・クリーム・ローション等)や使いやすさを確認する



頭皮には髪の毛がありますので、軟膏やクリームでは塗りにくく、必要な量が患部にしっかり塗れない可能性があります。

そこで頭皮に使用する場合はローションタイプがおすすめです。

皮膚の弱い部分にも使用できるか確認する



市販している頭皮に使用する薬の多くは子どもでも使用できる物が多いですが、保護者の指導監督の元で使用する旨の記載がされており、正しく使用する必要がありますので、注意が必要です。

また、顔などの皮膚の弱い部分についてですが、顔などの皮膚は頭皮に比べてステロイドの吸収率が高い事が知られています。そのため、顔にはステロイドの強さでいうと下から2番目程度(マイルド)までを使用するのが一般的です。

頭皮には下から3番目に相当する強さ(ストロング)のステロイドを使用する事もありますので、頭皮に使用する薬は顔などの弱い皮膚の箇所に広範囲使用するのは控えた方が良いでしょう。加えて、目の周りや粘膜には使用しないでください。

【厳選】頭のかゆみにおすすめの市販薬 6選


薬剤師

高見 学さんのコメント

それでは頭のかゆみにおすすめの市販薬を6種類ご紹介させて頂きます。

ロート製薬

メディクイックHゴールド 30ml

最安値 1,029 (税込)

かゆくてつらい頭皮湿疹等に

特定の部位でのみ作用し、体内に吸収されることで効果を失う薬剤アンテドラッグのステロイドである「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」と「グリチルレチン酸」を配合し炎症を抑えかゆみを抑えます。

分類 指定第2類医薬品
有効成分(含有量) <1mL中>
プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA)<アンテドラッグステロイド> :1.5mg、グリチルレチン酸:10mg、クロタミトン:50mg、アラントイン:2mg、イソプロピルメチルフェノール :1.5mg、l-メントール :35mg
薬のタイプ リキッド
効果が期待できる症状 湿疹、皮フ炎、かゆみ、かぶれ、じんましん、あせも、虫さされ
用法・用量 1日数回、患部に適量を塗布
内容量 30mL
妊娠中・授乳中の使用 妊娠中;医師・薬剤師・登録販売員に相談 授乳中は記載なし
使用が可能な年齢 保護者の指導監督のもとに小児から使用可
ステロイドの強さ 普通(medium)
爽快感の有無 スーッとクールな使い心地
べたつきの有無 なし
1回の使用あたりのコスト(目安) 約20円

池田模範堂

ムヒHDm 30ml

最安値 1,192.0 (税込)

頭皮のかゆみにしみないタイプ

しみる痛みの原因であるエタノールを無配合でしみない、やさしい使い心地。かゆみを抑え、炎症を鎮める、患部を整える3つの作用を目的に、有効成分が配合されています。

分類 指定第2類医薬品
有効成分(含有量) <100g中>
ジフェンヒドラミン塩酸塩:1.0g、プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(PVA):0.15g、ℓ-メントール:1.0g、アラントイン:0.2g、パンテノール(プロビタミンB5):1.0g、イソプロピルメチルフェノール:0.1g、
薬のタイプ ローション
効果が期待できる症状 かゆみ、しっしん、皮ふ炎、かぶれ、あせも、じんましん、虫さされ
用法・用量 1日数回、適量を患部に塗布してください。
内容量 30mL
妊娠中・授乳中の使用 妊娠中;医師・薬剤師・登録販売員に相談 授乳中は記載なし
使用が可能な年齢 保護者の指導監督のもとに小児から使用可
ステロイドの強さ 普通(medium)
爽快感の有無 メントール配合で清涼感がある
べたつきの有無 べたつかないローション
1回の使用あたりのコスト(目安) 約22円

シオノギヘルスケア

リンデロンVsローション

最安値 1,726 (税込)

有効成分はステロイドのみシンプルな治療薬

OTCとして販売している医薬品の中では最も強い「ストロング」に分類されるステロイドを配合し、皮膚トラブル・皮膚炎に効果を発揮します。

分類 指定第2類医薬品
有効成分(含有量) <1g中>
ベタメタゾン吉草酸エステル 1.2mg
薬のタイプ ローション
効果が期待できる症状 しっしん、皮ふ炎、あせも、かぶれ、かゆみ、しもやけ、虫さされ、じんましん
用法・用量 1日1回~数回 適量を患部に塗布してください。
内容量 10g
妊娠中・授乳中の使用 妊娠中;医師・薬剤師・登録販売員に相談 授乳中は記載なし
使用が可能な年齢 保護者の指導監督のもとに小児から使用可
ステロイドの強さ 強い(strong)
爽快感の有無 マイルドな使用感
べたつきの有無 べたつきにくい乳液タイプ
1回の使用あたりのコスト(目安) 約50円

金鳥

スミスリンLシャンプー 80ml

最安値 2,279.0 (税込)

シラミが原因のかゆみで困っている方に

保育・幼稚園児や小学生の間で集団発生するなどのシラミにシャンプータイプの医薬品です。ヒトに寄生するアタマジラミ・ケジラミの駆除に優れた効果を発揮します。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量) <1mL中>
フェノトリン:4mg
薬のタイプ シャンプー
効果が期待できる症状 シラミの駆除
用法・用量 頭髪:10〜20mL程度
陰毛:3 〜5mL程度
1. シラミが寄生している頭髪又は陰毛を水又はぬるま湯であらかじめ濡らす.
2. 1回量を用い,毛の生え際に十分いきわたるように又全体に均等になるよう
にシャンプーする.
3. シャンプーして5分間放置した後,水又はぬるま湯で十分洗い流す.
4. この操作を1日1回,3日に1度ずつ(2日おきに)3〜4回繰り返す.
内容量 80mL
妊娠中・授乳中の使用 記載なし
使用が可能な年齢 保護者の指導監督のもとに小児から使用可
ステロイドの強さ なし
爽快感の有無 頭に優しい使用感
べたつきの有無 なし
1回の使用あたりのコスト(目安) 約300円

ラクール薬品販売

ラクピオンHスプレー 30mL

頭皮などの湿疹に爽快クール

一回の噴霧で広範囲に使用できき手が汚れないスプレータイプ。べたつきが無く、爽快クールな使用感で頭皮などの湿疹・かゆみ、かぶれを抑えたい方におすすめです。

分類 指定第2類医薬品
有効成分(含有量) <100g中>
プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル:0.15g、ジフェンヒドラミン塩酸塩 :1.0g、アラントイン:0.2g、イソプロピルメチルフェノール:0.1g、l-メントール:3.5g
薬のタイプ スプレー
効果が期待できる症状 湿疹,皮ふ炎,あせも,かぶれ,かゆみ,虫さされ,じんましん
用法・用量 1日数回,適量を患部に塗布してください
内容量 30mⅬ
妊娠中・授乳中の使用 記載なし
使用が可能な年齢 保護者の指導監督のもとに小児から使用可
ステロイドの強さ 普通(medium)
爽快感の有無 爽快クール
べたつきの有無 べたつかない透明液タイプ
1回の使用あたりのコスト(目安) 約20円

ライオン

メソッドCLローション 50ml

最安値 1,088 (税込)

東海エリアの方は取扱い店あり 近隣の取り扱い店舗を探す 1,275.0円(税込)/1個あたり1,275.0円(税込)

この商品の最安値はこちら! Amazonで見る 1,088円(税込)

お買い物マラソン 開催中 楽天で商品を探す

ペイペイジャンボ開催中 Yahoo!ショッピングで商品を探す

かゆい部分に効く非ステロイドの爽快クール

非ステロイド・無着色・無香料のクールな使用感のローション。6種の有効成分を配合し、かゆみに早く効く、頭皮にも使いやすい製品です。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量) <1g中>
ジフェンヒドラミン:10mg、リドカイン:20mg、l-メントール:5mg、グリチルリチン酸二カリウム:10mg、イソプロピルメチルフェノール :1mg、トコフェロール酢酸エステル:5mg
薬のタイプ ローション
効果が期待できる症状 かゆみ、湿疹、皮膚炎、かぶれ、あせも、ただれ、虫さされ、じんましん、しもやけ
用法・用量 1日数回、適量を患部に塗布してください。
内容量 50mⅬ
妊娠中・授乳中の使用 記載なし
使用が可能な年齢 保護者の指導監督のもとに小児から使用可
ステロイドの強さ なし
爽快感の有無 スーッと爽快な使用感
べたつきの有無 べたつかないローションタイプ
1回の使用あたりのコスト(目安) 約13円

【比較一覧表】この記事で紹介している市販薬

商品名

ロート製薬メディクイックHゴールド 30ml

池田模範堂ムヒHDm 30ml

シオノギヘルスケアリンデロンVsローション

金鳥スミスリンLシャンプー 80ml

ラクール薬品販売ラクピオンHスプレー 30mL

ライオンメソッドCLローション 50ml

最安値

1,029円(税込)

送料:無料 Yahoo! 詳細を見る

1,192.0円(税込)

送料:無料 詳細を見る

1,726円(税込)

送料:無料 Yahoo! 詳細を見る

2,279.0円(税込)

送料:無料 詳細を見る

1,088円(税込)

送料:無料 Amazon 詳細を見る
特徴 かゆくてつらい頭皮湿疹等に 頭皮のかゆみにしみないタイプ 有効成分はステロイドのみシンプルな治療薬 シラミが原因のかゆみで困っている方 頭皮などの湿疹に爽快クール かゆい部分に効く非ステロイドの爽快クール
商品リンク

皮膚用治療薬の売れ筋ランキングもチェック!

なお、ご参考までに、皮膚用治療薬のAmazon、楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。


使用するときのポイント


薬剤師

高見 学さんのコメント

おすすめの商品を紹介しましたが、市販薬を使用する際のポイントを紹介致します。

粘膜や粘膜の近い部分にかゆみ止めの塗り薬を塗ってもいいの?



粘膜が近いデリケートゾーンなどは、他の箇所に比べてステロイド成分を吸収しやすい特徴があります。

頭皮に使用する薬剤にはステロイドを含んでいる物もあるため、そのまま使用するのが好ましくない場合があります。(皮膚科や産婦人科など専門の医療機関ではデリケートゾーンにステロイドを使用する事があります)

かゆみ止めの塗り薬にも種類が色々とあるので、使用箇所に適した薬剤を選ぶのが良いでしょう。

使用に注意が必要な人・NGな人は?



医薬品なので副作用は生じる可能性があります。例えば、薬の成分と相性が合わないために、発疹やはれなどが起きたりする場合があります。

またステロイドを含む薬剤の場合、菌が増殖する事で、みずむし・たむしなどの白癬・にきびなどの副作用が出る事があります。そういった症状が出た場合はすぐに使用を中止して医療機関に相談してください。

加えて、薬によって次のような人(水痘(水ぼうそう)、みずむし・たむしなどまたは化膿している患部)や 目やその周囲、 顔の広い範囲には使用できませんので、使用する薬の注意書きをしっかり確認するようにしてください。

妊娠中・授乳中、子どもでも使用できる?



先ほどもご紹介しましたが、市販している頭皮に使用する薬の多くは子どもでも使用できる物が多いですが、保護者の指導監督の元で使用する旨の記載がされており、正しく使用する必要がありますので注意するようにしてください。

妊娠中・授乳中でも使用できる薬剤も多くあるので、医師、薬剤師、登録販売員に確認してみてください。

こんなときは病院へ



5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止して、使用した薬剤の説明書などをもって受診すると良いでしょう。

また副作用を疑う症状(化膿したり、白くなったり、刺激感が続く、治療する前とは違うかゆみや発疹など)が出た場合もすぐに使用を中止して、病院を受診するようにしてください。

『頭』『かゆみ』に関するQ&A




『頭』『かゆみ』に関してよく聞かれる質問について紹介させて頂きます。

頭がかゆい時はシャンプーをたっぷり使って洗った方が、スッキリしますか?
シャンプーを必要以上に使用するのは、洗い残しが生じてしまう恐れがあり、かゆみがひどくなったり、頭皮が荒れてしまう原因になってしまいます。ですので、頭がかゆい時でも、使いすぎずに適切な量のシャンプーを使用するようにしてください。

頭をかきすぎると、ハゲてしまいますか?
くすりと健康の情報局によると、薄毛の原因は①血液循環不良説、②男性ホルモン説、③脂漏説、④頭皮緊張説の4つの説であると言われています。

少しかいた程度では薄毛になる事はないですが、かきすぎると頭皮に傷がつき、雑菌などの影響で炎症を起こす可能性があります。 先ほどの説の脂漏説は「皮脂が異常に多く分泌されると、毛穴が詰まったり、皮膚に炎症が起きるなど、髪の成長を阻害する」と考えられており、皮膚の炎症により髪の成長が妨げられ薄毛に繋がってしまう恐れがありますので、かゆみが続く場合は治療をしましょう。

シャンプーを薬用シャンプーに変えるだけでも、かゆみは治まりますか?
かゆみの原因によっては薬用シャンプーを使用する事でかゆみは収まります。

例えば、頭皮の角質が剥がれ落ちたものがいわゆる「フケ」と呼ばれていますが、フケは頭皮の皮質や常在菌のバランスが崩れる事で生じます。フケが多く生じると頭皮に刺激を与えかゆみが生じる事も多く起こります。 そんな時にフケ・かゆみ用の薬用シャンプーに変える事で、フケの原因となる菌の量を減らし、炎症を改善する事でかゆみが治まる事もあります。

ストレスで頭がかゆくなる場合、薬でかゆみを抑えられますか?
頭皮のかゆみの原因の一つに脂漏性皮膚炎という病気があります。皮脂が多い所に起きる炎症でフケやかゆみが生じる事があります。

その病気の原因の一つにストレスがあり、ステロイドなどで治療する事も多く、薬でかゆみが抑えられると思われます。ストレスによるかゆみがあり、薬を使用しても改善しないようであれば医療機関に相談するようにしましょう。

かゆみの原因となるフケを防ぐにはどうしたらいいですか?
フケを防ぐには頭皮の環境を整える事が大事です。髪の毛をしっかり洗って、シャンプーなどが残らないように気をつけたり、寝不足などの体や頭皮に負担を与える事を控えましょう。

また、食生活も極端に偏ったりせずにバランスよく取る事も大事です。

まとめ




実は多くの方が悩まれている頭のかゆみについてご紹介をさせて頂きました。

かゆい症状が続くと、仕事や勉強、家事などに集中できずイライラしてしまいますよね。そんな時は我慢せずにしっかり治療して快適な生活に戻れるようにして頂きたいと思っています。今回の情報が皆様にお役立て頂ければ幸いです。

頭皮に関する記事はこちら






※掲載内容は執筆時点での情報です。

 

この記事が参考になったら
投稿しよう。

参考になった

みなさまの投稿をサービス向上に
繋げてまいります。

この記事はいかがでしたか?

投稿ありがとうございました。

くすりの窓口は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。
記事内で紹介している商品の価格や送料・URLは、JANコードをもとにECサイトが提供するAPIを使用し、生成しています。
掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなどで情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等についてはECサイト、各販売店やメーカーよりご確認ください。
記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が株式会社くすりの窓口に還元されることがあります。

この記事を書いたアドバイザ

高見 学
薬だけでなく、健康の困りごとの最初の相談窓口という存在になれるように日々頑張っています。 薬は正しく使用すれば日常生活の大きな力になってくれますが、間違った使い方は効果が得られないばかりか、副作用などのリ...

関連する記事

人気の記事

新着の記事

体の部位ごとから探す

肌の症状
  1. あせも
  2. かぶれ
  3. かゆみ
  4. きず
  5. しみ
  6. じんましん
  7. にきび・吹出物
  8. 乾燥・角化症
  9. 湿疹・皮膚炎
  10. 皮膚感染症
  11. 肌あれ
  12. 虫刺され
頭の症状
  1. 頭痛
  2. 頭皮の悩み

特集

この記事に関連するタグ