【2021年】なかなか治らない喉の痛みはどうすればいい?市販薬も紹介 – EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報 【2021年】なかなか治らない喉の痛みはどうすればいい?市販薬も紹介 | EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報

【2021年】なかなか治らない喉の痛みはどうすればいい?市販薬も紹介

病気

2021年6月18日更新
views

ちょっとした体調の不調から喉の痛みが起こることがあります。

喉の痛みが起こる最も多い原因は、喉の粘膜に何らかのウイルスや細菌が感染して炎症を生じる咽頭炎です。いわゆる「風邪」の一般的な症状であり、今回紹介する市販薬の服用などで、特に問題なく数日で自然と治ることがほとんどです。

しかし、なかなか治らない喉の痛みは単なる「風邪」ではなく重篤な病気のサインであることも…。ここでは、治らない喉の痛みの原因と、重病が疑われるサインを詳しく解説します。

「風邪」による喉の痛みの正体は?

「風邪」による喉の痛みの正体は?


喉が痛くなる原因で最も多いものは「風邪」による喉の炎症です。「風邪」をひくと全身に様々な症状が現れますが、喉の痛みは多くの「風邪」で生じる症状です。

では、なぜ喉は炎症を起こしやすいのでしょうか?詳しく見てみましょう。

防御反応によるもの?

防御反応によるもの?


私たちの体には、ウイルスや細菌と言った病原体が体内に侵入すると、それをブロックして排出しようとする働きがあります。病原体の侵入経路は様々ありますが、最も一般的な経路は口や喉から病原菌を吸いこんだり、飲み込んだりすることです。

このため、喉や鼻の粘膜は、病原体が更に体の奥へ侵入するのを防ぐため、「せん毛」と呼ばれる構造を持ちます。「せん毛」は細かい毛が密生した構造であり、侵入した病原体をキャッチして体外へ押し出す働きをします。この「せん毛」が正常に働くことで、私たちの体は病原体の侵入をブロックすることができ、肺炎などの重篤な感染症を防いでいるのです。

しかし、喉の粘膜に「せん毛」があることで、喉には多くの病原体が存在し、完全に体外へ排出されなかった病原体は喉で炎症を起こし、「喉の痛み」や「喉の腫れ」を引き起こすのです。

つまり、喉の痛みは私たちの体で病原体に対する制御反応が正常に行われている証拠でもあるのです。

風邪による咽頭炎…悪化すると?

風邪による咽頭炎…悪化すると?


喉には、「せん毛」と呼ばれる病原体をキャッチする構造だけでなく、「扁桃」と呼ばれるリンパ組織があり、喉に入り込んだ病原体を捕らえ、素早く退治するための構造があります。

風邪による咽頭炎が悪化して喉に病原体が増殖すると、扁桃が活発に働くようになり、炎症を起こすことがあります。

これを「扁桃炎」といい、子どもに多く見られますが、咽頭炎が悪化すると大人でも発症することがあります。扁桃炎は一般的に咽頭炎よりも痛みが強く、唾や水分を飲み込むのも困難なことも少なくありません。また、喉の痛みだけでなく、高熱や関節痛、全身倦怠感などの症状を伴いやすいのも特徴です。

長引く喉の痛み…その原因は?

長引く喉の痛み…その原因は?


軽度な咽頭炎は、熱がない場合もあり、市販薬の使用でも数日で自然に治ることがほとんどです。また、重度な咽頭炎や扁桃炎を発症した場合でも、適切な治療を行えば、熱が下がる頃に治るものです。

しかし、中には鎮痛剤や抗生剤を服用しても頑固に治らない喉の痛みが生じることがあります。

このような長引く喉の痛みは、単なる咽頭炎や扁桃炎ではなく、喉の周囲に関連した病気が隠されている可能性があります。では、具体的にどのような病気が考えられるのでしょうか?病気のサインを含めて詳しく見てみましょう。

咽頭炎や扁桃炎が長引いている?

咽頭炎や扁桃炎が長引いている?


軽度な咽頭炎は、市販薬の使用などで数日で自然に治ることがほとんどです。また、重度な咽頭炎や扁桃炎を発症した場合でも、適切な治療を行えば、熱が下がる頃に治るものです。

しかし、中には鎮痛剤や抗生剤を服用しても頑固に治らない喉の痛みが生じることがあります。

このような長引く喉の痛みは、単なる咽頭炎や扁桃炎ではなく、喉の周囲に関連した病気が隠されている可能性があります。では、具体的にどのような病気が考えられるのでしょうか?病気のサインを含めて詳しく見てみましょう。

なかなか治らない喉の痛みは、咽頭炎や扁桃炎が治りきらずに症状が長引いているケースが多いです。次のような場合には、咽頭炎や扁桃炎が長引くことがあるので注意しましょう。

・喉の乾燥
・喫煙
・アルコールや香辛料
・声を出す機会が多い
・免疫力が低下した状態

咽頭炎や扁桃炎以外の病気?

咽頭炎や扁桃炎以外の病気?


喉の痛みの多くは咽頭炎や扁桃炎が原因ですが、中には異なる病気によって喉の痛みが引き起こされていることもあります。では、どのような病気が喉の痛みを引き起こすことがあるのでしょうか?その見分け方を見てみましょう。

①逆流性食道炎
食後や夜間など決まった時に痛みを生じ、胸焼けなどの胃腸症状を伴うのがポイントです。

②がん
がんは、喉の痛み以外にも様々な変調を来たし、食欲低下や体重減少、貧血などを生じるのがポイントです。

③大動脈瘤
締め付けられるような痛みや慢性的な声の枯れを生じるのがポイントです。

④狭心症
体を動かした後や明け方など決まった時間帯に生じ、数分で治まるのがポイントです。

⑤喉にうつる性病
自身やパートナーが性病にかかったことがある人や、難治性の口内炎がある場合には注意が必要です。

①の逆流性食道炎以外は市販薬では対応が難しいので、医療機関を受診しましょう。




長引くのどの痛みに効果がある市販薬 比較 一覧

商品画像 イノセアワンブロック
佐藤製薬株式会社
パンシロンキュアSP錠
ロート製薬株式会社
ガスター10
第一三共ヘルスケア
ツムラ漢方半夏厚朴湯エキス顆粒
株式会社ツムラ
アシノンZ錠
ゼリア新薬
商品名 イノセアワンブロック パンシロン キュアSP錠 ガスター10 ツムラ漢方半夏厚朴湯エキス顆粒 アシノンZ錠
特長 過剰な胃酸分泌を速やかにかつ持続的に抑制 胃痛によく効くトリプルアクション処方 胃酸の出過ぎを調整して、すぐれた効果発揮 喉のつかえ感がある逆流性食道炎に 胃酸の出過ぎによる症状に良く効きます
有効成分・含有量 10点|10点中 9点|10点中 10点|10点中 9点|10点中 10点|10点中
コストパフォーマンス 9点|10点中 10点|10点中 9点|10点中 9点|10点中 10点|10点中
即効性 10点|10点中 10点|10点中 10点|10点中 10点|10点中 10点|10点中
商品リンク



こんな場合は病院へ

こんな場合は病院へ


長引くのどの痛みが、咽頭炎でも扁桃炎でも逆流性食道炎でもない場合は、病院を受診するべきです。また、逆流性食道炎の市販薬を服用しても、3日程度で症状に改善が見られない様であれば薬が合わない、または他の原因が潜んでいる場合がありますので病院を受診しましょう




長引くのどの痛みに関するQ&A

長引くのどの痛みに関するQ&A


のどの痛みが長引く場合、生活習慣の乱れや痛み発生の裏に別の病気を疑う必要もあります。痛みの程度に寄らずしっかり対策をしましょう。

新型コロナウイルス感染も疑われますか?

新型コロナウイルス感染症の自覚症状の1つとして、喉の痛みも報告されています。感染が疑われる場合は、医療機関等の窓口に問い合わせましょう。

ストレスも喉の痛みの原因になりますか?

ストレスは心身の色々なところに症状としてあらわれます。その1つとして、喉の痛みを感じる場合があります。喉にポリープなどの出来物がないのに、物が飲み込みにくい感覚がある場合、梅核気(ばいかくき)というストレスによる喉の違和感が起こることがあります。

逆流性食道炎による喉の痛みは薬でしか治りませんか?

逆流性食道炎を起こす胃酸は、健康な人でも分泌されていますが、胃と食道の間の締まりが緩くなると、胃酸の逆流が起こります。その為、横になる場合には布団の下に座布団などを敷き、5~10㎝程度の高さを出すと、胃から食道に向けて傾斜がつき、胃酸が逆流しにくくなります。 他にも、寝る2時間前には飲食を避けることなども工夫として有効です。

病院ではどのような検査が行われますか?

診察で、咽頭を診て炎症の有無の確認、血液検査による炎症反応や腫瘍マーカーの判定、腫瘍性の病変が診られる場合は、一部を切除して病理検査が行われます。他にも必要に応じて、胃カメラ、レントゲン、CTスキャンなど画像診断が行われます。

病院に行く際は何科を受診したらよいですか?

基本的には耳鼻咽喉科が良いでしょう。ただし、逆流性食道炎など他の病気が原因の場合もあるので、内科等を受診して検査を受け、適切な診療科を紹介してもらう方法もあります。




まとめ

まとめ


喉の痛みは軽度な風邪でも生じ、多くの人が一年に何度も悩まされるものです。しかし、適切な治療を行っても痛みが改善しないケースでは、生活習慣によって咽頭炎や扁桃炎が治りづらい状態であることや、何らかの病気が原因の可能性があります。

今回は、その中でも長引く喉の痛みを引き起こす原因となる病気の対処として、逆流性食道炎の症状に対する市販薬を紹介しました。

医療用にも使われる成分の市販薬や漢方薬から選ぶことが出来ます。

それでも、喉の痛みが長く続くときには、病院を受診し、適切な検査を受けることをおすすめします。

この記事に関連するタグ

関連する記事

人気の記事

新着の記事

くすりの窓口は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

この記事を書いたアドバイザ

くすりの窓口薬剤師