【過食におすすめ】薬剤師が厳選した市販薬・サプリメント6選【2021年】 – EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報 【過食におすすめ】薬剤師が厳選した市販薬・サプリメント6選【2021年】 | EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報

【過食におすすめ】薬剤師が厳選した市販薬・サプリメント6選【2021年】

メンタルヘルス

2021年6月14日更新
views

ダイエットを契機に発症する過食は、摂食障害の一つです。

過食を引き起こすのは単なるダイエット願望だけではなく、背景にはさまざまな心理的要因が関係しているため、過食をやめられない場合は専門家による治療が必要なケースもあります。

やけ食いなどの一時的なストレス過食には、市販薬やサプリメントで経過をみるのもよいでしょう。過食による受診の目安と、過食のケアにおすすめの市販薬とサプリメントを紹介します。

『過食』について

過食の原因はいくつかありますが、状態によっては病院の受診が必要な場合もあります。

過食になる原因と対処方法、受診の目安について解説します。

『過食』とは

過食症は摂食障害の一つで、食事量のコントロールができずに過食を繰り返してしまう病気です。医学的には「神経性過食症」と呼ばれます。

過食だけではなく、体重を増やさないように嘔吐したり、下剤を服用したり、食べ過ぎた分を排出しようとする行動をとるのが特徴的です。

また、食べたあとに嘔吐する行動はないものの、食欲を抑えられず過食に走ってしまう自分に罪悪感を抱く「過食性障害」という病気もあります。

『過食』の原因とケアについて

過食をはじめ、摂食障害に陥る方は10~20代の女性が多く、「痩せたい」という願望がきっかけで過食になってしまうケースがあります。

「体型を人から指摘された」「体型が原因でいじめにあった」「ダイエットして達成感を得た」など、ささいなことがきっかけで極度にダイエット願望が強くなります。

しかし、過食の原因は単純なものではなく、ストレス、対人関係の問題、個人のパーソナリティ(頑張り屋、周囲の期待に応えたいなど)、抑うつ、アルコールや薬物への依存など、さまざまな要因が複雑にからみあっている可能性があります。

専門家による治療では、過食を引き起こす心理的な背景を見つけ、認知行動療法や薬物療法などによって不安を軽減し、適切な食事ができるようにサポートします。

受診の目安

過食には心理的要因が関係しているため、心療内科や精神科などの治療が必要なケースがあります。

やけ食いなどの一時的なストレス過食であれば受診の必要はありませんが、以下のような項目に心当たりがある方は、一度専門家に相談してください。

・過食や、それにともなう嘔吐や悪心、下剤の服用などの行動が週1回以上ある。
・過食をやめたいがやめられない。
・過食のあとに自己嫌悪に陥る。

【タイプ別】薬・サプリの選び方

一時的なストレス過食が多い方は、市販薬やサプリメントを試してみるのもよいでしょう。

過食におすすめの市販薬や、サプリメントにおすすめの成分や選び方を解説します。

【薬でケアしたい方】は漢方薬

市販薬のなかで、ストレスで過食してしまう方におすすめなのが漢方薬です。

東洋医学が発祥である漢方薬は「なんとなくイライラする」「ストレスがたまっている」など、病名がつけられないような状態に対しても効果を発揮します。ストレス軽減のほか、継続服用で体質改善にも役立ちます。

漢方は空腹時の方が体内の吸収がよいので、基本的には食前または食間(食後2時間後)に服用します。

【サプリメントでケアしたい方】はビタミンB群やGABA、ギムネマ

ついつい食べ過ぎてしまう人は、脳の栄養が足りない可能性があります。

ビタミンB群は、脳の摂食中枢(食欲をコントロールしている場所)に信号を送る神経伝達物質の材料となります。特に、糖分の代謝を助けて脳にエネルギーを供給するビタミンB1、神経機能をサポートするビタミンB6などが多く含まれたサプリメントを選ぶとよいでしょう。

ストレスで過食に走ってしまう人は、緊張やストレスを緩和するGABA(γ-アミノ酪酸)がおすすめです。

また、インドのハーブから抽出される血糖サポート成分・ギムネマなどもあります。

食事のあとは血糖値を下げるためにインスリンが分泌されますが、大量の炭水化物を摂取すると、分泌されるインスリンの量も多くなります。すると逆に低血糖状態になるため、脳は危険を感じて今度はたくさん食べるように命令を出します。

このように、血糖値の乱高下が続くと過食になりやすく、脳も疲弊してしまいます。食べ過ぎてしまうことが多い人は、ギムネマなど血糖値のコントロールをサポートする成分をサプリメントで摂取しておくのもよいでしょう。

【薬剤師が厳選】おすすめの商品

過食におすすめの商品にはさまざまな種類がありますが、たくさん種類があって何を選べばよいのかわからないという方もいるでしょう。

そんな方のために、過食におすすめの商品を薬剤師が厳選しました。次から紹介していきますので、過食をセフルケアで改善したい方は参考にしてください。

【比較一覧表】過食におすすめの商品

商品画像 コッコアポG錠
クラシエ
漢方桂枝加竜骨牡蠣湯エキス顆粒
ツムラ
抑肝散加陳皮半夏エキス顆粒
クラシエ
Dear-NaturaビタミンB群
アサヒグループ食品
ストレスケア
FANCL
ギムネマ30日分
DHC
商品名 コッコアポG錠 漢方桂枝加竜骨牡蠣湯エキス顆粒 抑肝散加陳皮半夏エキス顆粒 Dear-Natura ビタミンB群 ストレスケア ギムネマ 30日分
特長 ストレス過食を抑制する錠剤タイプの漢方 イライラしがちで夜更かししてしまう人に PMSのなかでも苛立ちが強い人におすすめ 脳の栄養源になるビタミンB群をチャージ サプリでストレスをコントロール 甘いものを食べ過ぎてしまう人におすすめ
コストパフォーマンス 9点|10点中 8点|10点中 8点|10点中 8点|10点中 7点|10点中 7点|10点中
即効性 7点|10点中 7点|10点中 7点|10点中 7点|10点中 7点|10点中 7点|10点中
商品リンク

『過食』に関するQ&A


過食に関するよくある質問とその回答をまとめました。

Q&A①:ストレスが溜まりすぎると過食になるのですか?

ストレス発散の方法は人それぞれですが、食でストレスを解消しようとすることがあります。しかし、これはその人の意志の問題ではなく、ストレスがたまると神経伝達物質である「ノルアドレナリン」が増加し、摂食中枢を刺激します。

一方、感情にブレーキをかけて食べ過ぎを阻止する「セロトニン」は減少するため、結果的に食欲をコントロールできずに過食になってしまいます。また、ストレスホルモン「コルチゾール」が分泌され、これが食欲抑制ホルモンである「レプチン」を減少させます。

このように、ストレスによる過食には神経伝達物質やホルモンが関係しているため、たとえ食べ過ぎてしまっても過度に自分を責めることなく、心の栄養補給ができたと考えることが大切です。

Q&A②:「過食かも…」と思った時、どこの病院に行けばいいのですか?

過食には、さまざまな心理的要因が関係していることが多いです。病院を受診する際は、心療内科や精神科を受診しましょう。

また、生理前はホルモンバランスの関係でどうしても食欲が強くなるため、食べ過ぎてしまったと思っても自分を責める必要はありません。

ただ過食以外にも、イライラや肌荒れ、体の不調などが生理前に顕著に強くなる場合は、PMS(月経前症候群)の可能性があるため、婦人科を受診しましょう。病院以外でも、カウンセラーに相談するのも一つの方法です。

Q&A③:過食で下剤が手放せません。このままだとどうなりますか?

宿便がたまっていないにも関わらず、食後に下剤を服用するのが常習化していると、体は排出するものがないので、下痢と同じような状態になります。

食べ物の栄養が小腸から吸収される前に排出されてしまうため、栄養不足になって肌や髪のツヤがなくなったり、倦怠感が出たり、脱水を引き起こしたりする可能性があります

Q&A④:ご飯を食べた後、いつも嘔吐感があります。これって過食ですか?

一時的なやけ食いであれば大きな問題はありませんが、いつも嘔吐感があるようであれば、過食の可能性があります。

過食は、短時間で大量の食べ物を口にするのが特徴です。脳内の摂食中枢が刺激されて満腹だと認識するまでは時間がかかるため、その間に大量の食べ物を食べると、胃腸は食べ物を処理しきれずに嘔吐してしまいます。

できるだけゆっくり食べることを心がけていただきたいですが、ストレスによる過食の場合は無我夢中で食べていて、食事のペースを意識できていないというケースも多いです。過食でいつも吐き気を感じているようであれば、一度病院を受診しましょう。

まとめ


過食には医師による治療が必要なケースがあります。週1回以上の過食がある場合や、嘔吐や下剤の使用を繰り返している場合は、病院を受診しましょう。

一時的なストレス過食であれば、市販の漢方薬やサプリメントで経過をみるのもよいでしょう。

この記事に関連するタグ

関連する記事

人気の記事

新着の記事

くすりの窓口は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

この記事を書いたアドバイザ

大月 萌
複雑で難しい医療に関する情報を、「わかりやすく丁寧に伝える」ということをモットーにライティングに励んでいます。皆さまの疑問や不安を解決できるような記事を作成していきたいと思います。