【医師解説】右下腹部が痛む…考えられる原因とおすすめの市販薬 5選 – EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報 【医師解説】右下腹部が痛む…考えられる原因とおすすめの市販薬 5選 | EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報

EPARKくすりの窓口

くすりのお役立ちコンテンツ

【医師解説】右下腹部が痛む…考えられる原因とおすすめの市販薬 5選

参考になった2

2022/7/29
331
お腹の痛みは誰しもよく感じる痛みです。一般的には、右下腹部が痛む場合は盲腸だと言われますが、実は右下腹部が痛い人の中でも、本当に盲腸で痛んでいる人はあまり多くありません。では、それ以外に右下腹部に痛みを感じる場合、どのような病気が考えられるでしょうか。また、どのように対処したら良いでしょうか。この記事で紹介していきましょう。

くすりの窓口医師・薬剤師が
選んだ市販薬を紹介

  • 経験① 現場でよく聞かれる質問
    経験① 現場でよく聞かれる質問
    現場で聞かれる薬の効果や副作用、飲み合わせの注意点等をご説明します。
  • 経験② 現場で教える医薬品
    経験② 現場で教える医薬品
    悩みに合った薬や普段から自分が案内する薬など、現場で案内するものを教えます。
  • 視点① ユーザー目線で解説
    視点① ユーザー目線で解説
    実際にどう使うのかや、ユーザー目線で
    必要な情報をお伝えします。
  • 医師・薬剤師が悩みにお答えします!

1. 当コラムに掲載されている情報については、原則として薬剤師、医師その他の医療及び健康管理関連の資格を持った方(以下「薬剤師等」といいます)による助言、評価等を掲載しております。当社自身でも掲載内容に不適切な表記がないか、細心の注意を払って確認をしておりますが、医療及び健康管理上の事由など、その内容の正確性や有効性などについて何らかの保証をできるものではありません。あくまで、読者皆様ご自身のご判断にてお読み頂き、ご参考にして頂ければと存じます。

2. 当コラムにおける一般医薬品に関する情報は、読者、消費者の方々に適切な商品選択をして頂くことを目的に、薬剤師等に対して当社より課題、テーマを提示の上、執筆を依頼しております。主眼は、商品より成分であり、特定の商品に関する執筆を依頼しているわけではなく、また特定の医薬品製造事業者等(以下「メーカー等」といいます)からの販売又は紹介に関する対価が発生するものではありません。

3. 当コラムにおける一般医薬品のアフィリエイトリンクにつきましても、読者、消費者の方々への購入の利便性目的に設置しており、前項同様、特定商品の販売により薬剤師等やメーカー等に報酬が入るものではなく、特定商品の誘引を企図したものではありません。

4. 当コラムにおける情報は、執筆時点の情報であり、掲載後の状況により、内容の変更が生じる場合があります。当社は、掲載されている情報を予告なしに変更、更新する場合があります。

5. 記事内で紹介している商品の価格や送料、URLは、JANコードをもとに、対象商品を販売するECサイトが提供するAPIを使用し、生成しています。掲載価格の変動、JANコードの誤登録等による情報相違等があることも考えられ、最新価格や商品の詳細等についてはECサイト、各販売店又はメーカー等よりご確認をお願いします。

6. 当社が行う、調剤薬局様における商品取り置きサービスにつきましても、あくまでユーザーの受け取りの簡便化が目的であり、特定商品及び特定薬局への誘引を企図したものではありません。

7. 前各項に関する事項により読者の皆様に生じた何らかの損失、損害等について、当社は一切責任も負うものではありません。



右下腹部の痛みはどうして起きる?考えられる原因は?

医師

郷 正憲さんのコメント

腹痛は様々な原因で起こります。しかし右下腹部に限定すると、原因となる病気はそこまで多くありません。右下腹部には主に小腸と大腸があり、また腸の後ろには尿管があります。右下腹部だけが痛い場合はそれらの臓器の異常が考えられます。実際にそれぞれの病気でどのような痛みの特徴があるのか紹介します。

虫垂炎

一般に「盲腸」と呼ばれる病気です。しかし、虫垂炎は正確に言うと、”盲腸”ではなく、”虫垂”に炎症が起こる病気です。盲腸は小腸から大腸へ移る場所で、右下腹部に存在します。虫垂はそこからぶら下がるように存在する臓器です。

大腸の一部ではありますが、便が通過するわけではなく、現在でもなぜ虫垂が存在するのかははっきり分かっていません。虫垂の中は便が通過するわけではありませんが大腸から内腔がつながっており、便が入ってくることはあります。この入り口に糞石という大腸の中で作られる石や、その他のものが詰まってしまい、虫垂の中に閉じ込められた便が炎症を起こします。すると、虫垂全体が炎症を起こしてしまいます。発症当初は虫垂という内臓自体が痛み、みぞおちの辺りに痛みを感じる場合もあります。

しかし長期間経過し、虫垂の炎症が周囲の腹膜に波及し、腹膜炎となります。こうなると、腹膜炎が起こっている右下腹部に痛みが限局します。抗生物質での治療も行われますが、噴石などが詰まっているとなかなか治らないことも多く、手術で虫垂を切除することも多くあります。

結腸憩室炎

結腸は大腸の事です(正確には、結腸と直腸を合わせて大腸と呼びます)。大腸は管のような構造をしていますが、所々に憩室と言って、風船のように膨らんだ部分ができてしまいます。これを憩室(けいしつ)といい、長い期間便秘を起こしたり、年を重ねたりする事で形成されます。

憩室は便が入ると流れが滞ってしまうことが多く、虫垂炎のようにたまった便が炎症を起こし、憩室炎となります。憩室炎は虫垂炎と同じように最初は内臓の痛みですが、憩室炎が続くと腹膜炎へと至ります。治療は基本的には抗生剤治療のみで行います。虫垂炎のように入り口が詰まることは少ないですし、虫垂に比べて憩室は非常に小さいため、炎症が起こる場所が限定的であるからです。

便秘症

便秘による腹痛は非常に多いです。特に女性に多く、ほとんどの女性が悩んでいると言っても過言ではないかもしれません。

便秘による腹痛は、便が硬くなって動きにくくなったときに、腸が頑張って便を動かそうと強く蠕動(ぜんどう)することで痛みとなります。たいていの場合、便が硬くなる、肛門に近い大腸が存在する左下腹部に多くなりますが、時折右下腹部に痛みを感じる事があります。腸の蠕動による痛みですから、腸の蠕動に合わせて痛みが強くなったり弱くなったりします。

卵巣出血

ここからは女性特有の卵巣による痛みを紹介します。卵巣自体は左右に1個ずつある内臓ですから、それぞれ病気を起こした側の下腹部が痛みます。卵巣出血は、何らかの原因で卵巣の中に出血を起こすことで痛みを感じる病気です。卵巣は管腔状の臓器ではなく、塊になった臓器です。ですので、中で出血を起こすと内部の圧力が上がります。内臓は内部の圧力が上がると痛みを感じて異常を脳に伝える仕組みをしていますから、出血により圧力が上がると痛みを感じます。出血自体は自然に止まりますが、血液が吸収されるまでは暫く痛みが続きます。

排卵痛

排卵時に起こる痛みです。卵巣からは卵子が2ヶ月に1回、左右交代で排出されます。卵子を排出するとき、卵巣内部では排出のために圧力が上がりますから、痛みを感じます。痛みは一時的で、数時間で治まる事がほとんどです。


卵巣嚢腫茎捻転

卵巣嚢腫というのは、卵巣にできる良性の腫瘍です。良性の腫瘍ですから、転移をしたり周りの臓器に浸潤したりといったことはなく、大きくなるだけです。しかし、他の体の部分にできる良性腫瘍と異なり、卵巣嚢腫は非常に大きくなることがあります。卵巣自体は靱帯で骨盤に固定されていますが、完全にがっちりと固定されているわけではなく、ぶらぶらと動くことができます。卵巣嚢腫ができて卵巣全体が大きく重くなると、その靱帯を軸にぐるっとねじれてしまうことがあります。これが卵巣嚢腫茎捻転です。捻転した側の下腹部に強い痛みを感じます。自然に戻ることはほとんどありませんし、放置すると血流が阻害され、卵巣が壊死してしまいますから早期に手術が必要です。

骨盤内の炎症性疾患

これも女性に多く起こります。様々な原因で、女性は骨盤内に炎症を起こしやすいです。というのは、女性には子宮がありますが、子宮からつながる卵管は腹腔内に開口しているため、様々なものがお腹の中に入り込みやすいのです。

例えば、子宮内膜症という病気では子宮内膜が腹腔内に入り込み増殖することで痛みが起こります。また、様々な性感染症が腹腔内に入り込むことがあり、骨盤内に炎症を起こします。骨盤内も腹膜がありますから、腹膜炎の痛みが起こります。

尿管結石

尿管とは、腎臓から膀胱まで尿を送る管で、左右一対あります。この尿管の中に石が出来、その石が尿の流れとともに尿管の中を流れていくときや、尿管内に結石が詰まって尿が流れなくなり、尿を送ろうと尿管が強く蠕動したときに痛みを感じます。非常に強い痛みが特徴で、おとなでも七転八倒する事が多いです。多くの場合は背部の激痛を訴えますが、時折腹部の鈍い痛みを訴える人もいます。

過敏性腸症候群

便秘や下痢を繰り返す疾患です。特にストレスが原因で、腸の蠕動が正しく行われないことにより、腹痛を感じたり、便を出した後でも便が出そうな感じがしたりと、一般に”ストレスでお腹の調子が悪い”症状が起こります。



右下腹部の痛みに効果のある市販薬 5選

医師

郷 正憲さんのコメント

右下腹部の痛みは原因が様々ですから、痛みに対する痛み止めも原因によって様々です。
それぞれの薬剤に、どのような病気の際に使用するのがいいのかをコメントしてありますから、ご参考にしてください。

便秘・過敏性腸症候群など腸の不調に効果がある市販薬 2選

健栄製薬

酸化マグネシウムE便秘薬 90錠

最安値 1,051 (税込)

東海エリアの方は取扱い店あり 近隣の取り扱い店舗を探す 1,065.0円(税込)/1個あたり1,065.0円(税込)

この商品の最安値はこちら! Amazonで見る 1,051円(税込)

ペイペイジャンボ開催中 Yahoo!ショッピングで見る 1,056円(税込)

お買い物マラソン 開催中 楽天で見る 824円(税込) 送料300円

便を軟らかくし、便通をよくする

便が硬く、便秘がひどい人におすすめです。マグネシウムは腸管の中に入ると水分を保持し、便の水分含有量を増やすことで便を軟らかくします。また、自分自身の便の性状に応じて量を増減することが可能です。製剤自体は同じ成分で医療機関でもよく処方されます。

分類 第3類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) 酸化マグネシウム2,000mg(6錠中)
効果・効能 便秘、便秘に伴う次の症状の緩和:頭重、のぼせ、肌あれ、吹出物、食欲不振(食欲減退)、腹部膨満、腸内異常醗酵、痔
薬のタイプ 錠剤
服用可能年齢 5歳以上
妊娠・授乳中の服用 可能
大正製薬

コーラック 350錠

最安値 2,719 (税込)

便を出す力を助ける

便が固いわけではないが、普段から便がなかなか出てこず便秘となり、お腹がいたい人におすすめされる薬です。有効成分のビサコジルが腸蠕動を亢進させ、便の通りをよくします。便が硬い人は腸蠕動が強くなる事でかえって腹痛が強くなる場合があるので、注意が必要です。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) ビサコジル
効果・効能 慢性便秘、常習性便秘
薬のタイプ 錠剤
服用可能年齢 (記載なし)
妊娠・授乳中の服用 妊婦は要相談

一時的な痛みを取る痛み止め 3選

ジョンソン・エンド・ジョンソン

タイレノールA

最安値 500 (税込)

胃粘膜障害を起こさない

アセトアミノフェンという痛み止めを主成分としています。アセトアミノフェンは、中枢神経系の痛みを認識する部位に作用して痛みを感じにくくする薬剤です。痛みの種類によらず、色々な痛みに対して効果が見られ、副作用もほとんどありませんからとりあえず飲んでおくのにちょうどいい薬剤です。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) アセトアミノフェン
効果・効能 頭痛・月経痛(生理痛)・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・耳痛・関節痛・神経痛・腰痛・筋肉痛・肩こり痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛、悪寒・発熱時の解熱
薬のタイプ 錠剤
服用可能年齢 15歳以上
妊娠・授乳中の服用 妊婦は要相談
第一三共

ロキソニンSプレミアム 12錠

最安値 630 (税込)

強く早い効果を求める方に

病院で処方されるロキソニンと同じ成分であるロキソプロフェンナトリウム水和物を主軸とし、アリルイソプロピルアセチル尿素や無水カフェインを配合しているため、より強い鎮痛効果を得られます。腸蠕動に合わせて痛みが強くなったり弱くなったりする場合にはあまり効果がありませんが、尿路結石などの痛みに対しては効果があります。腹膜炎に対しても効果がありますが、腹膜炎の場合はすぐに治療をしなければなりませんから、当薬剤を内服するより医療機関を早期に受診する必要があります。

分類 第1類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) ロキソプロフェンナトリウム水和物、アリルイソプロピルアセチル尿素、無水カフェイン、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム
効果・効能 頭痛・月経痛(生理痛)・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・腰痛・関節痛・神経痛・筋肉痛・肩こり痛・耳痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛、悪寒・発熱時の解熱
薬のタイプ 錠剤
服用可能年齢 15歳以上
妊娠・授乳中の服用 出産予定日12週未満の妊婦は不可・その他妊婦と授乳中は要相談
アラクス

ノーシンピュア 24錠

最安値 592 (税込)

早く鎮痛効果が欲しい場合に

イブプロフェンを基本的な鎮痛成分として配合しているほか、アリルイソプロピルアセチル尿素がイブプロフェンの働きを助け、痛みを和らげます。また、無水カフェインも同じように鎮痛成分の働きを助け、それ自体も鎮痛作用を発揮します。こちらもロキソニンSプレミアムと同様に、右下腹部痛の中では尿管結石ぐらいにしか使う機会はないかもしれません。

分類 指定第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) イブプロフェン、アリルイソプロピルアセチル尿素、無水カフェイン
効果・効能 生理痛・頭痛・腰痛・歯痛・咽喉痛・関節痛・筋肉痛・神経痛・肩こり痛・抜歯後の疼痛・打撲痛・耳痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛、悪寒・発熱時の解熱
薬のタイプ 錠剤
服用可能年齢 15歳以上
妊娠・授乳中の服用 出産予定日12週未満の妊婦は不可・その他妊婦と授乳中は要相談

【比較一覧表】この記事で紹介している商品一覧


商品名

健栄製薬酸化マグネシウムE便秘薬 90錠

大正製薬コーラック 350錠

アリナミン製薬タイレノールA

第一三共ロキソニンSプレミアム 12錠

アラクスノーシンピュア 24錠

最安値

1,051円(税込)

送料:無料 Amazon 詳細を見る

2,719円(税込)

送料:無料 Yahoo! 詳細を見る

500円(税込)

送料:無料 Yahoo! 詳細を見る

630円(税込)

送料:無料 Yahoo! 詳細を見る

592円(税込)

送料:無料 楽天 詳細を見る
特徴 便を軟らかくし、便通をよくする 便を出す力を助ける 胃粘膜障害を起こさない 強く早い効果を求める方に 早く鎮痛効果が欲しい場合に
商品リンク

痛み止めの売れ筋ランキングもチェック!

なお、ご参考までに、痛み止めのAmazon、楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。




病院に行くべき目安




右下腹部の痛みは、多くが早く治療をするべき病気です。
上記の右下腹部痛を起こす病気のうち、実際に病院に行かなくてもよい場合が多い病気は便秘症ぐらいでしょう。便秘症も、高齢で急にひどくなった場合は大腸癌や腸閉塞など、治療が必要な病気がありますから、油断は禁物です。

特に腹膜炎を起こしているような症状が見られる場合や、突然起こった右下腹部痛、痛みに波がない痛みなどは危険な事が多いですから、すぐに病院を受診しましょう。


右下腹部の痛みに関するQ&A




右下腹部の痛みに対する質問にお答えします。

腹膜炎を起こした場合、どのような症状がありますか。
腹膜炎は前述の通り、腹膜に炎症が波及して起こります。腹膜自体が痛みを感じる機能を持っていますから、じっとしていてもチクチク、ズキズキしたような痛みがあります。また、押すと痛いのはもちろん、手で押して話したときに、周りに痛みがずきっと広がるのも特徴です。また、歩くことでも腹膜の炎症部位がズキズキと痛みます。
便秘の際にはどのような薬剤を使用したら良いですか。
便秘の薬は市販薬では主に2種類あります。1つ目は便を軟らかくする薬です。2つ目は腸蠕動を強くして、便を出す力を助ける薬です。便秘で腹痛がある場合、便がなかなか出なくて腸が頑張って動くことで痛みを感じています。そのため、腸蠕動を強くする薬剤を最初から使用すると腹痛が更にひどくなってしまいます。ですから、最初は便を柔らかくする薬を使用し、それでもなかなか便が出る回数が少ないときに腸蠕動を強くするような薬を使うようにしましょう。
右下腹部痛の際はどのような病院を受診したら良いですか。
腹痛はまずは内科を受診することをおすすめします。仮に卵巣嚢腫の捻転や骨盤内の炎症であっても、疑ったら産婦人科に紹介をしてくれます。毎月月経に伴って痛みを感じる場合は最初から婦人科を受診しても良いでしょう。
尿管結石の痛みの特徴と、どう対処したら良いか教えてください。
前述の通り、尿管結石の痛みは非常に強く、多くの場合非常に強い背部痛を感じます。基本的には流れ出ることを待つしか治療がなく、それまでの症状を抑えるために痛み止めを使用するのみです。しかし、尿管結石の痛みと思っても他の病気が隠れている可能性がありますから、初回の場合は必ず病院を受診しましょう。何回も繰り返す人は、同じような痛みであれば痛み止めで経過を見ても良いですが、熱がでる場合やその他の別の症状が出現した場合には病院を受診しましょう。
痛み止めはどれだけ飲んでも良いですか。
アセトアミノフェンを除き、NSAIDsと呼ばれる痛み止めは胃粘膜障害や腎障害を引き起こす可能性があります。胃潰瘍がある人や、腎機能が悪い人、高齢者はかかりつけの医師に相談し、各薬剤の用法用量をしっかり守って内服しましょう。

まとめ




右下腹部痛を来す疾患と、それに対する対処をまとめました。基本的には右下腹部痛は便秘以外は一度病院を受診するべきですし、便秘でも急にひどくなった場合やそれ以外の症状を伴う場合は病院を受診する方が良いでしょう。


※掲載内容は執筆時点での情報です。

 

この記事が参考になったら
投稿しよう。

参考になった

みなさまの投稿をサービス向上に
繋げてまいります。

この記事はいかがでしたか?

投稿ありがとうございました。

くすりの窓口は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。
記事内で紹介している商品の価格や送料・URLは、JANコードをもとにECサイトが提供するAPIを使用し、生成しています。
掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなどで情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等についてはECサイト、各販売店やメーカーよりご確認ください。
記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が株式会社くすりの窓口に還元されることがあります。

この記事を書いたアドバイザ

郷 正憲
はじめまして。郷 正憲と申します。徳島県という田舎ではありますが、三次救急病院で麻酔科医師として勤務しております。麻酔業務の他、救急外来も担当し、様々な救急患者の初療も行っております。また、ICLSコースとい...

関連する記事

人気の記事

新着の記事

体の部位ごとから探す

胃腸の症状
  1. 下痢
  2. 便秘
  3. 吐き気
  4. 整腸
  5. 胃の不調
  6. 腹痛

特集

この記事に関連するタグ