【薬剤師が解説】まぶたの虫刺されにおすすめの市販薬を紹介 – EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報 【薬剤師が解説】まぶたの虫刺されにおすすめの市販薬を紹介 | EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報

EPARKくすりの窓口

くすりのお役立ちコンテンツ

【薬剤師が解説】まぶたの虫刺されにおすすめの市販薬を紹介

参考になった3

2023/2/28
9,411
まぶたの虫刺され。あなたはどのように対応していますか?
「まぶたになんて刺されたことないよ!」というかたも今後、まぶたの虫刺されに悩まされることがあるかもしれません。
暖かい時期になると頭を悩ませるトラブルの代表格が虫刺され。そして、虫は刺すところを選んでくれません。
まぶたにも市販薬の塗り薬を使っても大丈夫?
本記事ではそのような疑問を解消し、まぶたに使える市販薬について説明します。

くすりの窓口医師・薬剤師が
選んだ市販薬を紹介

  • 経験① 現場でよく聞かれる質問
    経験① 現場でよく聞かれる質問
    現場で聞かれる薬の効果や副作用、飲み合わせの注意点等をご説明します。
  • 経験② 現場で教える医薬品
    経験② 現場で教える医薬品
    悩みに合った薬や普段から自分が案内する薬など、現場で案内するものを教えます。
  • 視点① ユーザー目線で解説
    視点① ユーザー目線で解説
    実際にどう使うのかや、ユーザー目線で
    必要な情報をお伝えします。
  • 医師・薬剤師が悩みにお答えします!

当コラムの掲載記事に関するご注意点

1. 当コラムに掲載されている情報については、原則として薬剤師、医師その他の医療及び健康管理関連の資格を持った方(以下「薬剤師等」といいます)による助言、評価等を掲載しております。当社自身でも掲載内容に不適切な表記がないか、細心の注意を払って確認をしておりますが、医療及び健康管理上の事由など、その内容の正確性や有効性などについて何らかの保証をできるものではありません。あくまで、読者皆様ご自身のご判断にてお読み頂き、ご参考にして頂ければと存じます。

2. 当コラムにおける一般医薬品に関する情報は、読者、消費者の方々に適切な商品選択をして頂くことを目的に、薬剤師等に対して当社より課題、テーマを提示の上、執筆を依頼しております。主眼は、商品より成分であり、特定の商品に関する執筆を依頼しているわけではなく、また特定の医薬品製造事業者等(以下「メーカー等」といいます)からの販売又は紹介に関する対価が発生するものではありません。

3. 当コラムにおける一般医薬品のアフィリエイトリンクにつきましても、読者、消費者の方々への購入の利便性目的に設置しており、前項同様、特定商品の販売により薬剤師等やメーカー等に報酬が入るものではなく、特定商品の誘引を企図したものではありません。

4. 当コラムにおける情報は、執筆時点の情報であり、掲載後の状況により、内容の変更が生じる場合があります。当社は、掲載されている情報を予告なしに変更、更新する場合があります。

5. 記事内で紹介している商品の価格や送料、URLは、JANコードをもとに、対象商品を販売するECサイトが提供するAPIを使用し、生成しています。掲載価格の変動、JANコードの誤登録等による情報相違等があることも考えられ、最新価格や商品の詳細等についてはECサイト、各販売店又はメーカー等よりご確認をお願いします。

6. 当社が行う、調剤薬局様における商品取り置きサービスにつきましても、あくまでユーザーの受け取りの簡便化が目的であり、特定商品及び特定薬局への誘引を企図したものではありません。

7. 前各項に関する事項により読者の皆様に生じた何らかの損失、損害等について、当社は一切責任も負うものではありません。


まぶたの虫刺されに効く市販薬によく含まれている成分


薬剤師

佐藤 隆太郎さんのコメント

虫刺されによる腫れやかゆみにはヒスタミンと呼ばれる物質が関与しています。
虫刺されに使用できる市販薬にはヒスタミンを抑える成分が含まれていることが多いです。その他に抗炎症作用や殺菌作用を期待した成分も配合されているものがあります。

①:ジフェンヒドラミン

かゆみなどのアレルギー症状にはヒスタミンという物質が関与しており、ヒスタミンを抑える抗ヒスタミン薬が市販されています。
抗ヒスタミン薬のジフェンヒドラミンは虫刺されの薬によく配合されており、かゆみなどの症状を和らげます。ステロイドが使いにくいところにも使いやすいため、ノンステロイドの塗り薬の主成分として用いられていることが多くなっています。

②:イソプロピルメチルフェノール

虫刺されの市販薬にはイソプロピルメチルフェノールといった殺菌作用のある成分が配合されているものがあります。虫刺されをかきこわしてしまい、とびひなどの二次感染が起こる可能性があるためです。
かゆみを我慢できずに寝ている間にかきこわしてしまったことはありませんか?ただの虫刺されだと思っていても、思いがけないトラブルで症状が悪化することがあるので注意したいところです。

③:ウフェナマート

抗炎症作用が期待できる非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)にウフェナマートという成分があります。ウフェナマートを主成分とする虫刺されの塗り薬も販売されており、腫れや痛みの緩和に役立ちます。
虫刺されによる腫れの強さはそのときによって違うかと思います。抗ヒスタミン薬を使ってもなかなか腫れが引かないときに試してみるといいでしょう。


まぶたの虫刺されを緩和できる市販薬の選び方・ポイント


まぶたの虫刺されを緩和できる市販薬の選び方・ポイント

市販の塗り薬では目のまわりへ使用できないものがいくつもあります。たとえばステロイドを含む市販の塗り薬は目の周囲に使用できません。また、スース―する成分が入っているものも不向きです。ポイントをおさえて薬を選びましょう。

ポイント①:子どもへの使いやすさを重視する

小さな子どもには液体タイプの塗り薬がおすすめです。小さな子どもはかゆみを我慢できずに目をこすってしまいます。液体タイプは乾いてしまえば塗ったあとに触っても指につきません。こすってしまった場合のリスクは小さくなります。まぶたに塗るときは液体を指先に少量とり、まつげの生え際を避けて塗るようにしましょう。目のなかに入るリスクを下げるために子どもが寝ている間に塗ってあげるとよいでしょう。

ポイント②:腫れ・かゆみの緩和を重視する

まぶたの虫刺されはマスクなどで隠しにくいため、いち早く腫れやかゆみを緩和したい部位です。
早く症状を抑えたい人は抗ヒスタミン作用、抗アレルギー作用、抗炎症作用などが期待できる市販薬を選ぶとよいでしょう。
病院ではステロイド外用薬が処方されることがありますが、市販薬で目の周囲に使うことができるステロイド外用薬は販売されていません。少しでも早く症状の改善を求める場合は皮膚科や眼科への受診をおすすめします。

ポイント③:殺菌作用を重視する

二次感染を予防するためには殺菌作用が期待できる成分を含むものを選ぶとよいでしょう。掻いてはダメだとわかっていてもかいてしまうのが虫刺され。寝ている間に虫に刺されたところをかきこわした経験もあるのではないでしょうか。
虫刺されの薬を選ぶときにはイソプロピルメチルフェノールやトリクロロカルパニリドという成分が入っていれば殺菌作用が期待できます。


【厳選】まぶたの虫刺されを緩和するのにおすすめの市販薬 7選


薬剤師

佐藤 隆太郎さんのコメント


目のまわりへ使用できる市販薬を取り上げました。
それぞれ成分や剤形が違うので、好みや状態に合わせて使い分けると良いでしょう。

ポイント①:子どもへの使いやすさを重視した市販薬 3選

子どもへの薬の使用は慎重になる親御さんが多いかと思います。
何歳から薬を使ってよいのか添付文書に記載がなくて困った経験はありませんか?ここでは小さな子どもにも使える市販薬を紹介します。

アクセス数1位

池田模範堂

かゆみ肌の治療薬ムヒソフトGX 150g

最安値 802

肌にやさしく、かゆみの緩和

スーッとする成分やステロイドを含まないクリーム剤。
かゆみや炎症を緩和する成分やお肌のはたらきを整えるビタミンがバランスよく配合されています。
生後1か月から使用可能。

分類 第3類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) <成分・分量 100g中>
ジフェンヒドラミン塩酸塩(2.0g)、パンテノール{(プロビタミンB5)1.0g}、トコフェロール酢酸エステル(0.5g)、グリチルレチン酸(0.2g)
効果・効能 かゆみ、皮ふ炎、かぶれ、しっしん、じんましん、あせも、しもやけ、虫さされ、ただれ
用法・用量 1日数回、適量を患部に塗布してください。
薬・サプリメント・食品のタイプ クリーム剤
妊娠中・授乳中の使用 使用可能
使用が可能な年齢 生後1か月以上
スーッとする成分の有無 ×

池田模範堂

ムヒベビー 15g

最安値 538

虫刺されや湿疹、おむつかぶれにも

かゆみや炎症効果が期待できるジフェンヒドラミンやグリチルレチン酸を配合。
ステロイドやスーッとする成分を含まないため、目の周囲にも使いやすい薬です。
殺菌作用のあるイソプロピルメチルフェノールも配合しています。

分類 第3類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) <成分・分量 100g中>
ジフェンヒドラミン(1.0g)、グリチルレチン酸(0.5g)、イソプロピルメチルフェノール(1.5g)、トコフェロール酢酸エステル(0.5g)
効果・効能 かゆみ、虫さされ、あせも、かぶれ、しっしん、じんましん、皮ふ炎、しもやけ、ただれ
用法・用量 1日数回、適量を患部に塗布してください。
薬・サプリメント・食品のタイプ クリーム剤
妊娠中・授乳中の使用 使用可能
使用が可能な年齢 生後1か月以上
スーッとする成分の有無 ×

池田模範堂

液体ムヒベビー 40ml

最安値 495

浸透しやすい液体タイプのかゆみ止め

スポンジヘッド容器構造で、液剤であっても手を汚さず使えます。
目の周囲へは少量を指先につけて使うのがコツ。
お肌へ浸透しやすい液体タイプですので、すばやくかゆみを緩和します。

分類 第3類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) <成分・分量 100g中>
ジフェンヒドラミン塩酸塩(2.0g)、パンテノール{(プロビタミンB5)1.0g}
効果・効能 かゆみ、虫さされ、あせも、かぶれ、しっしん、じんましん、皮ふ炎、しもやけ、ただれ
用法・用量 1日数回、適量を患部に塗布してください。
薬・サプリメント・食品のタイプ 液剤
妊娠中・授乳中の使用 使用可能
使用が可能な年齢 生後3か月以上
薬の風味 無香料
スーッとする成分の有無 ×

ポイント②:腫れ・かゆみの緩和を重視した市販薬 1選

虫刺されの症状は腫れ、かゆみ、痛みなどをともなうことが多いです。かゆみ止めを使用しても腫れがなかなか引かないこともあります。
抗ヒスタミン作用や抗炎症作用など複数の効果が期待できる薬を紹介します。

ロート製薬

メンソレータムADボタニカル 90g

最安値 618

3つのかゆみ止め成分がかゆみをブロック

クロタミトン、リドカイン、ジフェンヒドラミンの3つのかゆみ止め成分を配合。3つの角度からかゆみへアプローチ。
抗炎症成分とビタミンE誘導体も含み、しつこいかゆみの改善が期待できます。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) <成分・分量 1g中>
クロタミトン(50mg)、リドカイン(20mg)、ジフェンヒドラミン(10mg)、トコフェロール酢酸エステル{(ビタミンE誘導体)5mg}、グリチルレチン酸(2mg) 
効果・効能 かゆみ、皮フ炎、かぶれ、じんましん、虫さされ、しっしん、ただれ、あせも、しもやけ
用法・用量 1日数回、適量を患部にぬってください。
薬・サプリメント・食品のタイプ クリーム剤
妊娠中・授乳中の使用 使用可能
使用が可能な年齢 記載なし
薬の風味 ヒーリングハーブの香り

ポイント③:殺菌作用を重視した市販薬 3選

かきこわしなどによる二次感染予防のために殺菌作用が見込める市販薬を紹介します。かきこわしが心配な人は参考にしてみてください。

佐藤製薬

ポリベビー 50g 50グラム

最安値 578

ジュクジュクしているところにも使える

湿疹やおむつかぶれなど、子どもの肌トラブルの強い味方。
抗ヒスタミン薬のジフェンヒドラミンも含有し、虫刺されのかゆみを緩和します。さらに殺菌成分トリクロロカルバニリドによる二次感染予防にも効果が期待できます。

分類 第3類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) <成分・分量 10g中>
ビタミンA油{10mg(ビタミンAとして10,000I.U.)}、エルゴカルシフェロール{(ビタミンD2)0.01mg}、トリクロロカルバニリド{(T.C.C)30mg}、ジフェンヒドラミン(50mg)、酸化亜鉛(1,000mg)
効果・効能 おむつかぶれ、あせも、湿疹、皮膚炎、ただれ、かぶれ、かゆみ、しもやけ、虫さされ、じんま疹
用法・用量 1日1〜2回適量を患部に塗布します。
薬・サプリメント・食品のタイプ 軟膏剤
妊娠中・授乳中の使用 使用可能
使用が可能な年齢 記載なし
スーッとする成分の有無 ×

第一三共ヘルスケア

オイラックスソフト 16g

最安値 790

ノンステロイドのかゆみ止め、肌の修復も

2つのかゆみ止め成分を配合。
さらにアラントインという成分が弱った肌の修復を助けてくれます。
殺菌成分のイソプロピルメチルフェノールも配合し、二次感染による悪化も未然に防ぐ効果が期待できます。

分類 第3類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) <成分・分量 100g中>
クロタミトン(10.0g)、ジフェンヒドラミン塩酸塩(1.0g)、グリチルレチン酸(0.5g)、アラントイン(0.2g)、イソプロピルメチルフェノール(0.1g)、トコフェロール酢酸エステル{(ビタミンE酢酸エステル)0.5g}
効果・効能 しっしん、かぶれ、かゆみ、虫さされ、じんましん、しもやけ、皮膚炎、あせも、ただれ
用法・用量 1日1~3回、適量を患部に塗布して下さい。
薬・サプリメント・食品のタイプ クリーム剤
妊娠中・授乳中の使用 使用可能
使用が可能な年齢 記載なし
スーッとする成分の有無 ×

興和

新レスタミンコーワ軟膏 30g

最安値 443

低刺激でべとつかないかゆみ止め

5つの有効成分をバランスよく配合した鎮痒消炎剤。
虫刺されだけではなく、デリケートな部分のかゆみ、炎症にも効果が期待できます。
殺菌成分のイソプロピルメチルフェノールが雑菌の繁殖を抑えます。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量)/主成分(含有量) <成分・分量 100g中>
ジフェンヒドラミン(1g)、リドカイン(2g)、グリチルレチン酸(0.5g)、トコフェロール酢酸エチル(0.5g)、イソプロピルメチルフェノール(0.1g)
効果・効能 かゆみ、かぶれ、湿疹、皮膚炎、じんましん、あせも、ただれ、虫さされ、しもやけ
用法・用量 1日数回、適量を患部に塗布してください。
薬・サプリメント・食品のタイプ クリーム剤
妊娠中・授乳中の使用 使用可能
使用が可能な年齢 記載なし
スーッとする成分の有無 ×

【比較一覧表】この記事で紹介している商品


商品名

池田模範堂かゆみ肌の治療薬ムヒソフトGX 150g

アクセス数1位

池田模範堂ムヒベビー 15g

池田模範堂液体ムヒベビー 40ml

ロート製薬メンソレータムADボタニカル 90g

佐藤製薬ポリベビー 50g 50グラム

第一三共ヘルスケアオイラックスソフト 16g

興和新レスタミンコーワ軟膏 30g

最安値

802

送料:別 楽天 詳細を見る

538

送料:別 Yahoo! 詳細を見る

495

送料:別 楽天 詳細を見る

618

送料:別 楽天 詳細を見る

578

送料:別 Yahoo! 詳細を見る

790

送料:別 楽天 詳細を見る

443

送料:別 楽天 詳細を見る
特徴 肌にやさしく、かゆみの緩和 虫刺されや湿疹、おむつかぶれにも 浸透しやすい液体タイプのかゆみ止め 3つのかゆみ止め成分がかゆみをブロック ジュクジュクしているところにも使える ノンステロイドのかゆみ止め、肌の修復も 低刺激でべとつかないかゆみ止め
商品リンク

市販薬を使用するときのポイントや注意点について


市販薬を使用するときのポイントや注意点について

まぶたはデリケートゾーン。塗り薬の使用には細心の注意が必要です。
思いがけないトラブルを未然に防ぐためにも、使用のポイントや注意点を把握しておきましょう。

使用するときのポイント・副作用はあるの?

目のまわりに使用できる市販薬は目の中に薬が入っても安全ということではありません。目の中に薬が入らないように細心の注意を払う必要があります。
万が一、目の中に薬が入ってしまったときは、すぐに水またはぬるま湯で洗い流しましょう。痛みや充血などの症状が出た場合は眼科を受診してください。

子どものまぶたに使用するときには特に注意が必要です。動き回ってしまい、薬が目に入ることも考えられます。できれば寝ている間に塗ってあげるとよいでしょう。

こんなときは病院へ

虫刺されは市販薬で対応できない状態まで悪化してしまうことがあります。以下のような状態であれば受診をおすすめします。

・虫刺され部位に激しい痛みがある
・本当に虫に刺されたのかわからない
・虫刺され部位に水ぶくれができた
・目が充血している
・発熱がある
・刺された部位以外にも湿疹のような症状が広がっている

このほかにも「あれ?おかしいな」と思うことがあれば受診するようにしましょう。


『まぶたの虫刺され』に関するQ&A


『まぶたの虫刺され』に関するQ&A

「まぶたに塗り薬は本当に使っていいの?」このような質問を受けることが多くあります。もちろん状態や薬によって使えるかどうかは違ってきます。よくある質問とその回答を紹介します。

まつげの生え際を虫に刺されました。どうすればいいでしょうか?
目のまわりに使えるとされている市販薬であっても、まつげの生え際では目の中に入ってしまう可能性があるので使用はやめましょう。
保冷剤や氷水の入ったアイスバッグなどで冷やしてみましょう。病院を受診すると眼軟膏などのまつげの生え際にも使える薬を処方されるかもしれません。
朝起きたら2歳の子どものまぶたが腫れていました。虫刺されかと思いますが、市販薬を使っていいでしょうか?
虫刺され以外の可能性はないでしょうか?ものもらいなども寝て起きたタイミングで気付くことがあります。治療が遅れたり、不適切な処置によって皮膚に痕が残る可能性もあるので、受診したほうがよいでしょう。
虫刺されでまぶたがとても腫れています。ステロイドが入った塗り薬を使ってもいいですか?
市販薬で目のまわりに使えるステロイド外用薬はありません。
目周囲へ使用できる抗ヒスタミン薬や抗炎症薬の市販薬を使いましょう。
病院での治療ではステロイド外用薬が用いられることがあります。


まとめ


まとめ

まぶたの虫刺されに対しては注意点を守れば使える市販薬があります。
非ステロイド剤でありスース―する成分が入っていないことが重要です。
有効成分には次のようなものがよく含まれています。

・抗ヒスタミン薬(ジフェンヒドラミンなど)
・非ステロイド性抗炎症薬(ウフェナマート)
・殺菌成分(イソプロピルメチルフェノール)

目のまわりに使用できるものでも、目の中に薬が入っても安全というわけではありません。
目の中に薬が入らないよう、十分注意しましょう。

※掲載内容は執筆時点での情報です。

 

この記事が参考になったら
投稿しよう。

参考になった

みなさまの投稿をサービス向上に
繋げてまいります。

この記事はいかがでしたか?

投稿ありがとうございました。

くすりの窓口は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。
記事内で紹介している商品の価格や送料・URLは、JANコードをもとにECサイトが提供するAPIを使用し、生成しています。
掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなどで情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等についてはECサイト、各販売店やメーカーよりご確認ください。
記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が株式会社くすりの窓口に還元されることがあります。

この記事に関連するタグ

関連する記事

人気の記事

新着の記事

体の部位ごとから探す

肌の症状
  1. あせも
  2. かぶれ
  3. かゆみ
  4. きず
  5. しみ
  6. じんましん
  7. にきび・吹出物
  8. 乾燥・角化症
  9. 湿疹・皮膚炎
  10. 皮膚感染症
  11. 肌あれ
  12. 虫刺され

特集