1.市販のサプリメントの選び方

様々な商品が発売されている葉酸サプリの中から、自分にあったサプリを選ぶためのポイントを解説します。

葉酸サプリと一口に言っても、商品によって重視しているポイントが異なるため、自分が重視したいポイントは何かをよく考えてサプリを選べるようになりましょう。

 

1-1. 葉酸の配合量は400μg以上か

葉酸サプリは、特に妊活中・妊娠中・授乳中の方によく使われるサプリメントです。

胎児の先天性異常の中でも特に多い「神経管閉鎖障害」は、母親が十分な量の葉酸を摂取することで発症率を下げられることが、世界中の沢山の研究で報告されています。

 

胎児の神経管が形成されるのは妊娠4~5週目ですが、一般的に女性が妊娠に気がつくのは6~7週目であるため、妊娠に気づいてから葉酸サプリを飲み始めても予防の意味はありません。

このため、妊娠を計画し始めた段階から葉酸サプリを飲み始めることが必要で、厚生労働省では妊娠を希望する女性に対して「食事に加えてサプリから1日400μg」の葉酸を摂取するよう推奨しています。

 

葉酸サプリを選ぶ際は、1日分の摂取目安量が「400μg」以上はあることを、一つの基準とすると良いでしょう。

 

【参照】

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-05-002.html

 

1-2. 葉酸の種類は何か

葉酸はほうれん草やブロッコリーなどの野菜に含まれる栄養素ですが、これらの食材に含まれる葉酸は「ポリグルタミン酸型葉酸(食事性葉酸)です。

食事性葉酸は天然の栄養素ですが、吸収効率はあまり良くなく、体内で利用できるのは摂取量の半分程度と言われています。

 

葉酸サプリに配合されるのは、ほとんどが人工的に合成された「モノグルタミン酸型葉酸」で、こちらは吸収効率が高くなるように作ってあるので、摂取量の85%ほどは吸収できると言われています。

 

葉酸摂取量を増やしたいならモノグルタミン酸型の葉酸サプリを選ぶべきですが、「あくまでも食事から摂取」を重視する場合は、食事性葉酸を使ったサプリも選ぶことが出来ます。

 

【参照】

https://www.elevit.jp/nutrition/folic-acid/difference/

 

1-3. 葉酸以外にも妊活に役立つ栄養素があるか

妊活・妊娠中の栄養補給のサポートとして葉酸サプリを選ぶ場合、葉酸以外にも大切な栄養素は沢山あります。

葉酸以外に配合されている栄養素が充実しているかどうかも、葉酸サプリを選ぶ際の重要なポイントになりますね。

妊活に大切と言われることが多い栄養素と、その働きを以下に簡単にまとめました。

 

鉄分:血液の材料になり女性は特に不足しやすい

カルシウム:精子が卵子と結合する際に使われる他、妊娠中は母体で不足しやすい

ビタミンB群:体内でのエネルギー代謝に関わり、身体の活力を保つ

ビタミンA.C.E:抗酸化力が高く、細胞の酸化を防ぐ

ビタミンD:カルシウムの吸収をサポートする

 

2.【シーン別】葉酸サプリ おすすめ人気ランキング

市販の葉酸サプリの中から、上記の基準を元におすすめできる葉酸サプリを、サプリメントアドバイザーが厳選しました!

単純なランキングというより、重視したい基準ごとに選びやすいように紹介していきます。

 

2-1. コスパを重視 【オーガニックマドンナ葉酸サプリ】

yousan-1

オーガニックマドンナ葉酸サプリは、情報誌の「たまごクラブ」「ひよこクラブ」などを出版しているベネッセが開発・販売している葉酸サプリです。

 

長年ママのための情報誌を手掛けてきたベネッセが、製薬会社と提携してママのために葉酸サプリを発売したのです。

葉酸は基本の400μgを配合し、「鉄分20mg」、「カルシウム:100mg」を配合しています。

 

また必須脂肪酸である「DHA:100mg」を配合しているのも、大きな特徴です。

DHAは脳細胞の材料となる事が知られており、妊娠中にDHAの摂取量が多かった子どもは発達障害のリスクが低いという報告もあります。

 

また1ヶ月分が単品購入で1,200円と非常に安く、コストパフォーマンスを求めるのならオススメです。

【公式サイト】

https://shop.benesse.ne.jp/

(1)【参照】

https://www.sciencedaily.com/releases/2019/10/191002181125.htm

2-2. 葉酸配合量を重視 【エレビット】

yousan-2

エレビットは、大手製薬会社のバイエル製薬が開発した葉酸サプリで、最大の特徴は一日分の葉酸配合量が「800μg」と非常に多いことです。

バイエル製薬のHPによると、日本人女性は葉酸を小腸で吸収するために必要な酵素の働きが遺伝的に低下しており、葉酸を体内でうまく利用できないと言われています。

このためサプリメントで多めの葉酸を補給し、妊活・妊娠へ少しでも栄養面でのサポートをしていくというもの。

 

エレビットには葉酸の他にも「鉄分:21.5mg」、「ビタミンD:7μg」、「亜鉛7.5mg」など男女ともに大切な栄養がしっかり配合されており、妊娠・妊活をサポートする葉酸サプリではファーストチョイスと言えます。

 

なお配合量は1日3粒目安の量ですので、摂取量を減らしたい場合は飲む量を減らせば大丈夫です。

【公式サイト】

https://www.elevit.jp/aboutelevit/folic-acid800/

 

2-3. 栄養バランスを重視 【メルミー葉酸サプリ】

yousan-3

メルミー葉酸サプリは、株式会社エヌエーショップが開発・販売している葉酸サプリで、管理栄養士が完全監修したバランスの良い栄養成分で人気となっています。

 

葉酸は基本の400μgを配合する他、「鉄分:15mg」、「亜鉛:5mg」、「ビタミンC125mg」と男女ともに大切な栄養素をしっかり配合。

加えて妊活・妊娠では、「カルシウム」の重要性が近年注目されています。

 

カルシウムは子宮内で精子が卵子に結合する時に不可欠な栄養素で、カルシウム不足が妊娠しづらさに与える影響が指摘されています。

また妊娠できた後も、赤ちゃんの骨格を形成するためにお母さんの身体から大量のカルシウムが移行するため、妊娠中は特に不足させたくない栄養素です。

 

カルシウムを摂取する時はマグネシウムとのバランスが重要ですが、メルミー葉酸サプリでは「カルシウム:241mg」、「マグネシウム:136mg」で理想的な2:1のバランスになっており、さすが管理栄養士が監修したサプリですね。

【公式サイト】

https://na-shop.jp/mereme/lp/

 

2-4. 安全性の高い葉酸を重視 【レピールーオーガニック】

yousan-5

レピールーオーガニックは、オーガニックブランドが開発・販売している無添加葉酸サプリです。

 

最大の特徴は配合している葉酸の種類で、人工的に合成されたモモノグルタミン酸型葉酸ではなく、レモン由来の食事性葉酸を使用していることです。

葉酸を多く含むオーガニック栽培のレモン果皮抽出物を濃縮してサプリメント化しているため、野菜などから食事で摂取するのと同じように葉酸を摂取できます。

 

天然の植物に含まれる、様々な栄養素の相互作用はまだまだ解明されておらず、この点がサプリが天然食材に劣る点です。

一粒あたりの配合量が安定しないデメリットはありますが、余計な人工物ではなく天然食材の強みを活かしたい方には人気となっています。

【公式サイト】

https://lepeelorganics.jp/lp?u=pure-botanical-folate-re

 

2-5. 美容も合わせて重視 【ベルタ葉酸サプリ】

yousan-6

ベルタ葉酸サプリは、株式会社ビーボが開発・販売している葉酸サプリで、テレビCMなどでもお馴染みですね。

 

葉酸サプリは基本の400μgを配合する他、「鉄分20mg」、「カルシウム250mg」を配合。

ただしマグネシウムの配合が少ないため、カルシウムとのバランスの乱れが少し気になります。

 

特徴としてはコラーゲン、ヒアルロン酸など美容成分も多く配合しており、妊活中、妊娠中の女性の美にも訴求しています。

定期購入では初回分が1,980円と低価格で、コストパフォーマンスでも人気です。

【公式サイト】

https://belta-shop.jp/shopping/

 

2-6. ドラッグストアで手軽に買える【Dear-Natura Style葉酸×鉄・カルシウム】

通販ではなくドラッグストアでも買いやすい葉酸サプリでは、Dear-Naturaシリーズの葉酸が成分・コストの面で優れています。

 

Dear-Naturaシリーズはアサヒグループが開発・販売しているサプリメントで、特に葉酸サプリは葉酸480μgに加えて鉄とカルシウムを配合しており、葉酸以外にも妊婦に必要な栄養素を備えているのが特徴です。

 

同じくドラッグストアでよく売られているDHCや大塚製薬ネイチャーメイドの葉酸サプリと比べると、価格は100~200円ほど高くなりますが、他社製品は葉酸以外の成分がほとんど入っていません。

妊娠に必要なのは葉酸だけでないため、鉄とカルシウムを加えて200円以内の差なら、Dear-Naturaの方がお得だと言えます。

【公式サイト】

https://www.dear-natura.com/yousan

3.購入前に知りたいサプリメントの効果と副作用

葉酸サプリは医薬品ではなくサプリメントなので、副作用ということは報告されていません。

ただどんな栄養でも摂りすぎれば毒になるし、飲み方一つで吸収率も変わってくるものです。

 

葉酸の過剰摂取については、1日1,000μgを超えない事となっています。

過剰摂取による症状では不眠、腹痛などがごくわずかですが報告されています。

 

またオーストラリアの研究では、妊娠後期にまで葉酸サプリを摂取し続けた母親の子どもは、ぜんそくのリスクが約30%高まるという報告もありました。

神経管閉鎖障害の予防に必要な、妊娠前期のみで摂取を辞めた母親ではリスク上昇は見られなかったため、心配なら妊娠後期には葉酸サプリの量を減らすか食事での摂取に切り替えるようにしましょう。

 

また食事性葉酸の場合はサプリで取り続けてもリスク上昇は見られなかったため、食事性葉酸のサプリを選ぶのも一つの選択肢ですね。

 

4.薬剤師が教える!正しいサプリメントの飲み方

葉酸はビタミンBの一種であり、水溶性ビタミンです。

一度に大量に摂取しても、すぐに水に溶けて尿として排出されてしまうため、数回に分けてこまめに摂るようにしましょう。

 

1日3粒であれば、朝昼晩の3回に分けて飲むのが理想。

ちなみに水溶性ビタミンですぐに排出されてしまう事が、葉酸の副作用リスクが低い理由でもあります。

 

5.市販サプリメントに関するQ&A

Q1. 高いサプリメントのほうがよく効く?

値段の高さは、必ずしもサプリメントの効果と関係するものではありません。

サプリメントの値段を決める要素は様々で、単純に広告費を高くかけているから値段が高くなっている商品もあります。

 

まずは商品の栄養成分表示や原産国などをしっかりチェックし、納得できるものを購入することが大切です。

 

Q2. 葉酸サプリはいつからいつまで飲めばいいの?

葉酸は、細胞分裂や血液を作るのに深く関わる栄養素ですので、妊娠してから授乳中まで必要量が多くなります。

 

食事からの摂取を心がけるのが基本ですが、葉酸サプリでの補給も栄養サポートの面では大きな意味を持っています。

妊活中から妊娠前期にかけては多めに飲み、妊娠後期以降は半分程度に減らしても大丈夫ですが、食事やサプリなどいずれかの手段で葉酸の摂取は心がけるようにしてください。

 

Q3. 葉酸サプリは男性も飲んだほうが良いの?

葉酸は細胞分裂の際に働く栄養素ですので、細胞分裂が活発な男性の精子にも必要です。

男性も年齢が上がるほど精子の奇形や運動率の低下が見られるようになり、亜鉛や葉酸の摂取で精子数の増加や奇形の予防効果が報告されています。

 

そうでなくとも葉酸は健康維持に不可欠な栄養素ですので、男性も葉酸サプリは一緒に飲むことが推奨されています。

 

6.まとめ

妊活の栄養サポートとして定着してきた、葉酸サプリについてまとめてきました。

葉酸は人間の健康を維持し、健全な発育のためにも不可欠な栄養素です。

 

食事からの摂取を心がけながらも、葉酸サプリもうまく活用して栄養面で不安が無いようにしたいですね!