今回は、湿布薬として処方されることが多い「モーラステープ」と「ロキソニンテープ」の作用や効果、副作用の違いなどについて説明します。
■目次■
・モーラステープとロキソニンテープの作用の違い
 >痛み止め、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)とは?
 >モーラステープ(ケトプロフェン)
 >ロキソニンテープ(ロキソプロフェン)
 >作用の違いまとめ
・モーラステープとロキソニンテープの価格の違い
 >モーラステープ・パップ(1枚あたり)
 >ロキソニンテープ・パップ(1枚あたり)
 >価格の違いまとめ
 >参考)テープとパップの違い
・モーラステープとロキソニンテープの副作用の違い
 >モーラステープの注意点「光線過敏症」
・モーラステープ、ロキソニンテープの市販薬は販売している?
・おわりに

モーラステープとロキソニンテープの作用の違い

最初に、モーラステープとロキソニンテープの作用について比較してみます。どちらの湿布薬に含まれる成分も「非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)」と呼ばれるタイプに分類されるお薬になります
※カタカナ・英語が多くなるので、読みづらい方は「まとめ」をお読み下さい。

痛み止め、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)とは?

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)タイプの痛み止めは、体内の「痛み、炎症、発熱」などを引き起こす物質である「プロスタグランジン」が作られるのを抑えることによって、炎症に伴う腫れや痛みをやわらげ、熱を下げる効果があります。

プラスタグランジンは、「シクロオキシゲナーゼ(COX)」とよばれる酵素によって作られるのですが、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、シクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害することによって、効果を発揮します。

このタイプのお薬は、痛みや炎症をとるだけではなく、飲み薬では解熱剤としても使用されます。湿布薬では、痛みや炎症をとる効果が期待できます。

モーラステープ(ケトプロフェン)

モーラステープの成分は「ケトプロフェン」になります。説明のようにシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害することによって、結果として、炎症を引き起こすプロスタグランジンが作られるのを抑え、炎症、痛みや熱を下げる効果を発揮します。

NSAIDsの中でも、「プロピオン酸系」とよばれ、比較的副作用が少ないタイプとされています。主に外用薬として使用される成分になります。

1点、モーラステープは、関節リウマチに対する適応があります。おもに慢性期の手関節の疼痛軽減効果が認められています。

ロキソニンテープ(ロキソプロフェン)

ロキソニンテープの成分は「ロキソプロフェン」になります。飲み薬として、痛み止めや解熱剤でご存知の方も多いのではないでしょうか?
ケトプロフェンと同じ「プロピオン酸系」に分類され、比較的副作用が少なく、効き目が良いとされているため、よく使われているお薬になります。飲み薬などの内用薬から湿布などの外用薬と幅広く含まれる成分になります。

作用の違いまとめ

◆ロキソニンテープとモーラステープの成分は、同じタイプの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)になり、比較的副作用が少ないとされています。
◆ロキソニンテープとモーラステープに含まれている成分を比較してみても、特に強さの優劣はないと考えられ、本人にどちらの湿布薬が適しているのかは、個人の使用感によるものが大きいとされています。
◆モーラステープのみ、関節リウマチに対する適応があります。

モーラステープとロキソニンテープの価格の違い

モーラステープ、ロキソニンテープともに、外用薬では、ゲルやパップなど様々なタイプがあります。ここでは、テープとパップの価格について説明します。
(2016年5月時点)

モーラステープ・パップ(1枚あたり)

35 件