1.西洋医学と東洋医学の違い

現在、医療の中心になっているのは西洋医学です。西洋医学では体の悪い部分を見つけ出し、手術で切除したり、薬で直接治したりします。病気の治療というと西洋医学のイメージを持つ方が多いのではないでしょうか?

 

これに対して東洋医学は、悪い部分ができる原因を考え、体質を改善することで、体の内側から病気の原因に対して働きかけ、病気を治療したり未然に防いだりするという考え方になります。東洋医学では漢方薬の他に、鍼やお灸、あん摩による治療が行われます。

 

2.複数の生薬を組み合わせて作られる漢方薬

漢方薬は植物や動物、鉱物などを加工して作られた生薬を複数組み合わせて作られています。小青竜湯の場合、以下の8つの生薬の組み合わせで作られています。

 

半夏(ハンゲ):サトイモ科カラスビシャクの球根の外皮を除いて乾燥したもの
甘草(カンゾウ):マメ科カンゾウ属植物の根や根茎を乾燥したもの
桂枝(ケイシ):クスノキ科ケイの若枝を乾燥したもの
五味子(ゴミシ):マツブサ科チョウセンゴミシの熟した果実を乾燥したもの
細辛(サイシン):ウマノスズクサ科ウスバサイシンまたはケイリンサイシンの
         根及び根茎を乾燥したもの
芍薬(シャクヤク):ボタン科シャクヤクの根を乾燥したもの
麻黄(マオウ):マオウ科ソウマオウ、チュウマオウ、またはモクゾウマオウの
        地上茎を乾燥したもの
乾姜(カンキョウ):ショウガ科ショウガの根茎を蒸して乾燥したもの

 

一つ一つの生薬も様々な薬効を持っていますが、漢方薬では複数の生薬を組み合わせることで、お互いの欠点を補ったり、効果を強め合ったりできるように作られています。患者さんの状態(証)ごとに様々な漢方薬の組み合わせ(処方)が存在します。

 

3.小青竜湯ってどんな薬?

小青竜湯は、漢方の古典「傷寒論」(しょうかんろん)に以下のように記載されています。



傷寒、表解セズ、心下ニ水気有リテ乾嘔、発熱シテ欬シ、或イハ渇シ、或イハ利シ、或イハ噎シ、或イハ小便不利シテ小腹満シ、或イハ喘スル者ハ小青竜湯之ヲ主ル。

傷寒、心下水気アリ、欬シテ微喘、発熱、渇セズ、小青竜湯之ヲ主ル。

 

「傷寒」とは体の外の環境変化により経絡が乱れ、発熱を伴う状態のことです。「表解セズ」とはこの場合、風邪の初期症状が改善しないことを意味します。「心下」はみぞおち周辺を意味しますが、そのあたりに水が溜まることで、えずき(乾嘔)や発熱や咳、場合によっては口渇、下痢、咽び、尿が出にくくなることによる下腹部膨満、息切れなどの症状が起こることもあります。

小青竜湯は滞ってしまった水によって冷えた部分を温めながら水の流れを改善し、気の乱れを鎮めることで鼻水やくしゃみなどの症状を抑える漢方薬です。

 

4.解表剤(ゲヒョウザイ)である小青竜湯

漢方医学の世界では「表裏(ヒョウリ)」という概念があり、病気の原因(邪気)が身体のどのあたりに存在するかを表します。

 

「表」は身体の表面に近い場所に邪気があればまだ病気の初期段階と考えます。身体の表面に症状が出る、風邪のひき始めなど比較的治りが早い段階を「表証」と言います。身体の表面と言うと皮膚だけを想像しがちですが、もう少し範囲は広く、筋肉や骨、喉や鼻、目なども「表」の範囲です。

それに対して「裏」は内臓や脳など身体の深いところを指します。裏まで邪気が侵入してしまっている、病気としては重たい状態を「裏証」と言います。

発汗作用により,表面の熱を冷まし、「表」証を「解」除する処方を解表剤(ゲヒョウザイ)と呼んでいます。小青竜湯は解表剤に分類される漢方処方です。

 

5.小青竜湯に含まれる各生薬の働き

各生薬の働きを簡単にまとめます。

最も重要な役割を持つ生薬(君薬)は麻黄です。麻黄は体を温めて発汗させることで体の表面の熱を解る辛温解表剤薬の代表です。また、宣肺平喘(センパイヘイゼン)といって、肺の気の巡りを改善して呼吸を落ち着かせる働きも持ちます。

君薬の効果を増したり早めたりする生薬(臣薬)に当たるのが桂枝と甘草です。

桂枝は麻黄と同じく辛温で発汗解表。宣肺平喘の働きを持ちます。
甘草は桂枝とともに体の表面の熱を解り、構成している生薬全体を調和します。

芍薬(白)と五味子は肺気の逆上を抑えることで咳を鎮めます。

乾姜・細辛・半夏は体を温め、痰を減らします。

代表的な働きだけまとめましたが、実際にはもっと様々な多くの効果が合わさって小青竜湯は効果を発揮します。

 

6.医薬品として使用されている小青竜湯

小青竜湯は医療用医薬品としての承認を受けており、医療保険の対象となっています。承認されている効能・効果は以下のような内容になります。

 

下記疾患における水様の痰、水様鼻汁、鼻閉、くしゃみ、喘鳴、咳嗽、流涙:

気管支炎、気管支喘息、鼻炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、感冒

 

記載されている内容はこれまでの説明に登場したものがほとんどです。

医療用医薬品として承認されている小青竜湯は11種類あり、メーカーや剤型(顆粒、細粒、錠剤)が異なり、中には生薬の配合量が異なりますが、効果に大きな差はありません。また、小青竜湯は一般用医薬品としても多く販売されています。

 

7.漢方薬小青竜湯と飲み合わせ

小青竜湯は市販もされているため、病院や診療所で医師の診断を受けなくても購入することが可能な医薬品です。もちろん、医薬品であるため、購入・使用に際しては様々な注意が必要になりますが、その1つに他の薬との飲み合わせがあります。

 

漢方薬には飲み合わせの心配がないというイメージがありますが決してそんなことはありません。代表的なものでは、ウィルス性肝炎やがんの治療に使用されるインターフェロンという薬を使用している際に小柴胡湯という漢方薬を使用することで間質性肺炎が引き起こされてしまうことが知られています。その他、作用が重複するものなど使用する薬の性質によっては飲み合わせの注意が必要となります。

 

小青竜湯を構成する生薬のうち、麻黄に含まれるエフェドリンという成分には注意が必要です。西洋医学的には交感神経を刺激することで発汗・気管支拡張作用を発揮する成分なので、麻黄やエフェドリンはもちろん、似たような作用を持つ薬を一緒に飲むと効果が強まり、不眠や動悸、発汗過多、精神興奮などを引き起こしてしまう可能性があります。

 

具体的には麻黄やエフェドリンを含む薬、パーキンソン病に使用されるMAO阻害剤と呼ばれる薬、甲状腺機能低下症に使用される薬(チロキシン、リオチロニン)、カテコールアミン製剤(アドレナリン、イソプレナリン)、主に気管支拡張剤として使用されるキサンチン系製剤(テオフィリン、ジプロフィリン)などは麻黄の効果を強めてしまうので注意が必要と言うことになります。一緒に飲むことが必ず危険というわけではありませんが、重なることで効果が強く出すぎてしまう可能性があるということです。

 

特にエフェドリンやテオフィリンは市販の風邪薬にも含まれているので購入して使用する際には薬剤師や登録販売者の相談するようにしてください。

 

8.まとめ

小青竜湯は水っぽい鼻水や痰に伴うくしゃみ、鼻づまり、咳など対し、医療用・一般用で広く使用されている漢方薬です。花粉症やアレルギー性鼻炎に対してよく使用されます。

 

麻黄を含むため、他にも漢方薬を服用している場合は特に麻黄の重複に注意が必要ですし、エフェドリンやテオフィリン、その他にも注意が必要な成分があるので薬剤師に相談してから服用を開始するようにしてください。

 

参考

ツムラ小青竜湯エキス顆粒(医療用) 添付文書

高山宏世 「腹証図解 漢方常用処方解説 改訂版」, 2019

タケダの生薬・漢方薬事典 生薬図鑑(https://takeda-kenko.jp/kenkolife/encyclopedia/)