【薬剤師が解説】赤ちゃんの夜泣きにおすすめのサプリメントはある?おすすめを紹介 – EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報 【薬剤師が解説】赤ちゃんの夜泣きにおすすめのサプリメントはある?おすすめを紹介 | EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報

EPARKくすりの窓口

くすりのお役立ちコンテンツ

【薬剤師が解説】赤ちゃんの夜泣きにおすすめのサプリメントはある?おすすめを紹介

参考になった0

2022/9/20
249
夜泣きで赤ちゃんに起こされたり、夜もゆっくり休めずに辛い思いをしたりしているママ、パパはきっと少なくないのではないでしょうか。

そんなとき、夜泣きが減るようなサプリメントやアロマオイルは心強い味方。その一方で、赤ちゃんが口に入れるものは品質が高いものでないと不安で、なかなか踏み切れない方もいると思います。

今回紹介するサプリメントは学術文献もあり、病院やクリニックでも使われているので、赤ちゃんに使用できます。また、アロマオイルは芳香浴など、口に入れずに使えます。夜泣きにお困りの方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

くすりの窓口医師・薬剤師が
選んだ市販薬を紹介

  • 経験① 現場でよく聞かれる質問
    経験① 現場でよく聞かれる質問
    現場で聞かれる薬の効果や副作用、飲み合わせの注意点等をご説明します。
  • 経験② 現場で教える医薬品
    経験② 現場で教える医薬品
    悩みに合った薬や普段から自分が案内する薬など、現場で案内するものを教えます。
  • 視点① ユーザー目線で解説
    視点① ユーザー目線で解説
    実際にどう使うのかや、ユーザー目線で
    必要な情報をお伝えします。
  • 医師・薬剤師が悩みにお答えします!

当コラムの掲載記事に関するご注意点

1. 当コラムに掲載されている情報については、原則として薬剤師、医師その他の医療及び健康管理関連の資格を持った方(以下「薬剤師等」といいます)による助言、評価等を掲載しております。当社自身でも掲載内容に不適切な表記がないか、細心の注意を払って確認をしておりますが、医療及び健康管理上の事由など、その内容の正確性や有効性などについて何らかの保証をできるものではありません。あくまで、読者皆様ご自身のご判断にてお読み頂き、ご参考にして頂ければと存じます。

2. 当コラムにおける一般医薬品に関する情報は、読者、消費者の方々に適切な商品選択をして頂くことを目的に、薬剤師等に対して当社より課題、テーマを提示の上、執筆を依頼しております。主眼は、商品より成分であり、特定の商品に関する執筆を依頼しているわけではなく、また特定の医薬品製造事業者等(以下「メーカー等」といいます)からの販売又は紹介に関する対価が発生するものではありません。

3. 当コラムにおける一般医薬品のアフィリエイトリンクにつきましても、読者、消費者の方々への購入の利便性目的に設置しており、前項同様、特定商品の販売により薬剤師等やメーカー等に報酬が入るものではなく、特定商品の誘引を企図したものではありません。

4. 当コラムにおける情報は、執筆時点の情報であり、掲載後の状況により、内容の変更が生じる場合があります。当社は、掲載されている情報を予告なしに変更、更新する場合があります。

5. 記事内で紹介している商品の価格や送料、URLは、JANコードをもとに、対象商品を販売するECサイトが提供するAPIを使用し、生成しています。掲載価格の変動、JANコードの誤登録等による情報相違等があることも考えられ、最新価格や商品の詳細等についてはECサイト、各販売店又はメーカー等よりご確認をお願いします。

6. 当社が行う、調剤薬局様における商品取り置きサービスにつきましても、あくまでユーザーの受け取りの簡便化が目的であり、特定商品及び特定薬局への誘引を企図したものではありません。

7. 前各項に関する事項により読者の皆様に生じた何らかの損失、損害等について、当社は一切責任も負うものではありません。


夜泣きにおすすめのサプリメントの選び方・ポイント


薬剤師

佐藤 美柚さんのコメント

赤ちゃんの夜泣きにおすすめのサプリメントやアロマの選び方やポイントをご紹介します。

品質の高いものから選ぶ



赤ちゃんが使うものは特に、成分や品質が気になるものだと思います。実際のところ、日本ではサプリメントは食品と同じ扱いになっており、医薬品のように厳しい審査などがないため、品質や有効性が不確かなものも多く出回っています。

しっかりしたエビデンスがあるものなのか、品質が高いものなのか、ホームページなどを確認してから使用するようにしましょう。

ちなみに今回ご紹介するサプリメントは「ロイテリ菌」という母乳に含まれる乳産菌のひとつです。品質も高く、赤ちゃんに使用できる商品です。

続けやすさ(飲みやすさ・価格など)から選ぶ



赤ちゃんに錠剤のサプリメントを飲ませるのは難しいので、液体のサプリメントをおすすめします。液体ならスプーンに入れて飲ませたり、哺乳瓶の口の部分に入れて飲ませたり、乳房に塗布して授乳時に飲ませたりできます。

赤ちゃんの夜泣き対策のサプリメントはまだ多くありませんが、価格帯は、続ける上で負担にならないものを使用すると良いでしょう。

原材料や原産国を重視して選ぶ



サプリメントは、日本より欧米の方が研究や使用が進んでいます。さらに夜泣き対策の商品となると、日本で開発・製造されているものは、数えられる程しかありません。

商品を選ぶ際には原材料が国産かどうかではなく、原材料について明確な記載があるものを選ぶことをおすすめします。信頼できるメーカーであれば、ホームページに原材料の由来表示がありますので、確認してみてください。

【厳選】夜泣きにおすすめのサプリメント 2選


薬剤師

佐藤 美柚さんのコメント

赤ちゃんの夜泣きにおすすめのサプリメントやアロマオイルを、厳選してご紹介します。

  • サプリメント
  • 液体タイプ
  • 〇〇原産国:スウェーデン
バイオガイア

チャイルドヘルス リキッド

最安値 2,300 (税込)

赤ちゃんの夜泣きを減らす

スウェーデンのある企業が開発した夜泣き対策のサプリメントです。この会社は、母乳由来の乳酸菌「L.ロイテリ菌」を配合。こちらのサプリメントは乳児にも与えやすい液体タイプで、世界85の国で販売されているものになっています。夜泣きでお困りの方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

分類 サプリメント
有効成分(含有量)/主成分(含有量) ロイテリ菌
タイプ 液体
使用可能な開始年齢(目安) 乳幼児からOK
摂取目安量 1回あたり5滴以上目安
1回の使用あたりのコスト(目安) 120円
風味 なし
原産国 スウェーデン
アレルギー表示 なし

  • アロマ
AMOMA

ベビースリープ

最安値 1,698 (税込)

ママも赤ちゃんもゆっくり休めるように

ベビースリープは、香りで「すやすや習慣」を作ってくれる赤ちゃん向けのブレンド精油です。寝かしつける時や添い寝をするときに親のパジャマにつけたり、赤ちゃんの寝室にこのアロマを染み込ませたハンカチを置いたりすることで赤ちゃんが心地よく眠るのを助けてくれます。100%植物性で、合成香料や合成保存料が無添加です。

分類 アロマ
有効成分(含有量)/主成分(含有量) ベルガモット、ラベンダー、クラリセージ
タイプ アロマ
使用可能な開始年齢(目安) 乳幼児からOK
摂取目安量 適量
1回の使用あたりのコスト(目安) ---
風味 ---
原産国 記載なし
アレルギー表示 なし

【比較一覧表】この記事で紹介している商品

商品名

バイオガイアチャイルドヘルス リキッド


AMOMAベビースリープ


最安値

2,300円(税込)

送料:無料 Amazon 詳細を見る

1,698円(税込)

送料:0円 Amazon 詳細を見る
特徴 赤ちゃんの夜泣きを減らす ママも赤ちゃんもゆっくり休めるように
商品リンク


商品を使用するときのポイントや注意点について


薬剤師

佐藤 美柚さんのコメント

サプリメントやアロマオイルを使用するときには、注意していただきたいことがあります。以下にいくつかご紹介します。

使用するときのポイント



今回紹介したサプリメント「チャイルドヘルス」は、元々母乳由来の乳酸菌です。夜泣きがおさまらない時はもちろん、日常的に使用しても良いでしょう。生きた乳酸菌が入っているので保管には注意が必要です。高温、直射日光を避け、25度以下で保存しましょう。またこの商品は妊娠中や授乳中、子どもでも使用できます。

アロマオイル「ベビースリープ」については、皮膚に直接原液を塗るのではなく、芳香浴のみで使用してください。使うタイミングとしては、赤ちゃんを寝かしつけるときに使うのが良いでしょう。妊娠中の方は正産期(妊娠37週目~41週目)に入ってから使うよう、メーカーのホームページに記載があります。

使用に注意が必要な人・NGな人は?



ご紹介したサプリメントは、特に使用に注意が必要な方やNGな方はいません。 アロマオイルは、妊娠中の方は正産期に入ってから使用するようにしてください。

また、赤ちゃんの夜泣き対策で使用するときには、直接皮膚に触れないよう注意しましょう。ハンカチに染み込ませて枕元に置いたり、ママやパパのパジャマに少し染み込ませたりして使用するようにしましょう。

こんなときは病院へ



サプリメントやアロマオイルを使用して、下痢や嘔吐、発疹や発赤などが出たら、すぐ使用を中止して医療機関を受診してください。 また、サプリメントなどを使用しても、夜泣きが改善せず、ひどい場合は、赤ちゃんの体調が悪かったり別のところに原因があったりするかもしれません。 衣服のタグなどがあたっている、暑すぎたり寒すぎたりする、虫刺されや蕁麻疹など、不具合がないか確認してあげましょう。それでも泣き止まないときは、治療を必要とする場合もありますので医師に相談することをおすすめします。

『夜泣き』『サプリメント』に関するQ&A




夜泣き対策のサプリメントやアロマオイルについてよくある質問についてお答えします。

サプリメントで夜泣きを止めることはできますか? 
今回紹介したサプリメント、バイオガイア社のチャイルドヘルスについては、含有されているロイテリ菌を28日間赤ちゃんに与えることで、泣く時間が1/4に減ることが科学的に検証されています。効果には個人差がありますが、夜泣きに困っているようなら、試してみても良いのではないでしょうか。

サプリメントはいつからはじめたらよいですか?
チャイルドヘルスに限定すると、生後0日の赤ちゃんから使用できます。他のサプリメントの使用方法については、使用前にパッケージに記載されている表示を確認するようにしてください。

いつまでサプリメントを続けたら良いですか?
サプリメントは夜泣きがなくなったらやめても良いでしょう。今回紹介したサプリメント「チャイルドヘルス」は、元々母乳由来の乳酸菌ですから、続けてもかまいません。 腸内細菌のバランス形成は子どもの健康に重要で、将来の健康にも影響を及ぼします。赤ちゃんのおなかの菌は、生まれた瞬間から生後2歳ぐらいまでに、大人と同じ菌の多様性とバランスが構築されます。続けて摂取すれば腸内細菌叢に良い影響があるでしょう。

赤ちゃんにアロマオイルを使用しても大丈夫ですか?
日本アロマ環境協会が作成したガイドラインには、「3歳未満の乳児・幼児には、芳香浴以外は行わないように」と記載されています。肌に直接アロマオイルが触れるような使い方はせず、芳香浴にとどめておくようにしましょう。また、芳香浴をする際も、低濃度・短時間で使用することをおすすめします。

アロマオイルを使用する上で注意点はありますか?
アロマオイルの誤飲や瓶など破損に注意し、手の届かないところに保管することが望ましいです。また赤ちゃんや幼児の負担になりますので、1日中使用するなど、長時間の使用は避けましょう。

まとめ




いかがでしたでしょうか。子育ては人それぞれ。夜泣きは病気ではないし、何も使わないで頑張りたいという方もいると思います。共働きの方や核家族も増えている現代、睡眠時間を確保したりストレスを軽減したりするためにサプリメントやアロマの力を借りるのも選択肢のひとつです。

またこの他にも、漢方薬などの医薬品を使ってみるという方法もありますので、夜泣きで悩んでいる方は、医師や薬剤師に相談してみてください。

赤ちゃんに関する記事はこちら





※掲載内容は執筆時点での情報です。

 

この記事が参考になったら
投稿しよう。

参考になった

みなさまの投稿をサービス向上に
繋げてまいります。

この記事はいかがでしたか?

投稿ありがとうございました。

くすりの窓口は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。
記事内で紹介している商品の価格や送料・URLは、JANコードをもとにECサイトが提供するAPIを使用し、生成しています。
掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなどで情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等についてはECサイト、各販売店やメーカーよりご確認ください。
記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が株式会社くすりの窓口に還元されることがあります。

この記事に関連するタグ

関連する記事

人気の記事

新着の記事

体の部位ごとから探す

小児・女性・男性の症状
  1. こどもの症状
  2. 女性機能の不調
  3. 妊娠・排卵検査
  4. 生理痛
  5. 男性機能の不調

特集