【薬剤師が解説】目頭がかゆいときにおすすめの目薬はどれ?6選を紹介 – EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報 【薬剤師が解説】目頭がかゆいときにおすすめの目薬はどれ?6選を紹介 | EPARKくすりの窓口コラム|ヘルスケア情報

EPARKくすりの窓口

くすりのお役立ちコンテンツ

【薬剤師が解説】目頭がかゆいときにおすすめの目薬はどれ?6選を紹介

参考になった0

2022/8/5
502
目の周囲は皮膚が薄くデリケートな部分であるため、少しの刺激でかゆみなどの症状を引き起こすことがあります。特に目頭がかゆいときは、目薬と塗り薬のどちらを使った方がよいのか、病院に行ったほうがよいのか、判断に迷われる場面もあるでしょう。

この記事では、市販の目薬を選ぶときのポイント、目頭のかゆみにおすすめの市販薬、目薬を使用するときの注意点について解説します。

くすりの窓口医師・薬剤師が
選んだ市販薬を紹介

  • 経験① 現場でよく聞かれる質問
    経験① 現場でよく聞かれる質問
    現場で聞かれる薬の効果や副作用、飲み合わせの注意点等をご説明します。
  • 経験② 現場で教える医薬品
    経験② 現場で教える医薬品
    悩みに合った薬や普段から自分が案内する薬など、現場で案内するものを教えます。
  • 視点① ユーザー目線で解説
    視点① ユーザー目線で解説
    実際にどう使うのかや、ユーザー目線で
    必要な情報をお伝えします。
  • 医師・薬剤師が悩みにお答えします!

1. 当コラムに掲載されている情報については、原則として薬剤師、医師その他の医療及び健康管理関連の資格を持った方(以下「薬剤師等」といいます)による助言、評価等を掲載しております。当社自身でも掲載内容に不適切な表記がないか、細心の注意を払って確認をしておりますが、医療及び健康管理上の事由など、その内容の正確性や有効性などについて何らかの保証をできるものではありません。あくまで、読者皆様ご自身のご判断にてお読み頂き、ご参考にして頂ければと存じます。

2. 当コラムにおける一般医薬品に関する情報は、読者、消費者の方々に適切な商品選択をして頂くことを目的に、薬剤師等に対して当社より課題、テーマを提示の上、執筆を依頼しております。主眼は、商品より成分であり、特定の商品に関する執筆を依頼しているわけではなく、また特定の医薬品製造事業者等(以下「メーカー等」といいます)からの販売又は紹介に関する対価が発生するものではありません。

3. 当コラムにおける一般医薬品のアフィリエイトリンクにつきましても、読者、消費者の方々への購入の利便性目的に設置しており、前項同様、特定商品の販売により薬剤師等やメーカー等に報酬が入るものではなく、特定商品の誘引を企図したものではありません。

4. 当コラムにおける情報は、執筆時点の情報であり、掲載後の状況により、内容の変更が生じる場合があります。当社は、掲載されている情報を予告なしに変更、更新する場合があります。

5. 記事内で紹介している商品の価格や送料、URLは、JANコードをもとに、対象商品を販売するECサイトが提供するAPIを使用し、生成しています。掲載価格の変動、JANコードの誤登録等による情報相違等があることも考えられ、最新価格や商品の詳細等についてはECサイト、各販売店又はメーカー等よりご確認をお願いします。

6. 当社が行う、調剤薬局様における商品取り置きサービスにつきましても、あくまでユーザーの受け取りの簡便化が目的であり、特定商品及び特定薬局への誘引を企図したものではありません。

7. 前各項に関する事項により読者の皆様に生じた何らかの損失、損害等について、当社は一切責任も負うものではありません。

目頭がかゆいときの目薬の選び方・ポイント


薬剤師

大月 萌さんのコメント

目薬を購入するときは、配合されている成分や使い勝手を参考に選ぶとよいでしょう。

目頭がかゆいとき、目薬を選ぶうえで押さえておきたいポイントを説明します。

有効成分を確認する



目頭のかゆみを抑えるためには、かゆみの元となるヒスタミンを抑える「抗ヒスタミン成分」配合の目薬を選びましょう。

市販の目薬に配合されている抗ヒスタミン成分には「ケトチフェンフマル酸塩」や「クロルフェニラミンマレイン酸塩」などがあります。クロモグリク酸ナトリウム」や「アシタザノラスト水和物」など、アレルギーを抑える成分が入っているものも効果的です。

かゆみ以外にも目やにや腫れなどの症状がある場合は、細菌感染による麦粒腫(ばくりゅうしゅ:いわゆる「ものもらい」)や結膜炎の可能性があるため、抗菌成分が入っている目薬を選ぶとよいでしょう。

スーッとする成分が入っているか確認する



目薬をさすときスーッと感じるのは、清涼化剤であるメントールの働きによるものです。

点眼した時にスッキリ感が欲しい方はメントール入りの目薬を、スーッとする感じが苦手の方はメントールが入っていない目薬を選びましょう。

コンタクトレンズをつけている時でも使用できるか確認する



コンタクトレンズ使用者にとって目薬の使用が問題になるのは、目薬に含まれる防腐剤がコンタクトレンズに吸着し、レンズの変形や角膜障害などを引き起こすことがあるためです。

かゆみ止め成分が配合された市販の目薬の場合、1日数回点眼することが多いため、日中にコンタクトレンズを外して点眼するのはなかなか大変です。コンタクトレンズを使用している方は、防腐剤無添加のタイプなど、コンタクトレンズを装着したままでも点眼できる製品を選ぶとよいでしょう。

【厳選】目頭のかゆみにおすすめの目薬 6選


薬剤師

大月 萌さんのコメント

目頭がかゆいときにおすすめの、市販の目薬を6選紹介します。

大正製薬

アイリスAGガード 10ml

最安値 650 (税込)

かゆみと炎症を抑えて修復をサポート

抗アレルギー成分「ケトチフェンフマル酸塩」のほか、抗炎症成分「グリチルリチン酸二カリウム」と傷ついた粘膜の修復をサポートする「タウリン」を配合。かゆみを抑えながら、目の状態を整えます。清涼感がありすっきりとしたさし心地です。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量) ケトチフェンフマル酸塩69mg、グリチルリチン酸二カリウム250mg、タウリン1000mg(100ml中)
おすすめの症状 花粉症・ハウスダストなどによる目のかゆみ・充血
用法・用量 1回1〜2滴、1日4回
内容量 10ml
妊娠中・授乳中の使用 使用可能だが、必要に応じてかかりつけ医に相談
使用が可能な年齢 1歳以上
爽快感の有無 スーッとするタイプ
コンタクトを着用したままの使用 使用不可
1回の使用あたりのコスト(目安) 13.4円

ロート製薬

ロートアルガードクリアマイルドZ 13ml

最安値 1,060 (税込)

つらい目のかゆみを抑える処方

抗アレルギー成分、抗ヒスタミン成分、抗炎症成分のトリプル処方で、つらい目のかゆみを鎮めます。アレルギー症状が続き、炎症もある方におすすめです。メントールは配合されていないので、目への刺激が少なく使いやすいです。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量) クロモグリク酸ナトリウム 1%、クロルフェニラミンマレイン酸塩 0.03%、プラノプロフェン 0.05%、コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 0.5%
おすすめの症状 花粉症・ハウスダストなどによる目のかゆみ・充血
用法・用量 1回1〜2滴、1日4回
内容量 13ml
妊娠中・授乳中の使用 使用不可
使用が可能な年齢 7歳以上
爽快感の有無 マイルドなタイプ
コンタクトを着用したままの使用 使用不可
1回の使用あたりのコスト(目安) 15.2円

わかもと製薬

アレジフェンス 5ml×2

最安値 700 (税込)

通年性の目のアレルギー症状に効く

通年性のアレルギーに使える目薬です。アレルギー成分「アシタザノラスト水和物」を配合、かゆみを引き起こす化学伝達物質の放出を抑制して効果を発揮します。5mlボトルの2本入りで、衛生的で使いやすいのもうれしいポイントです。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量) アシタザノラスト水和物 1.08mg(1ml中)
おすすめの症状 花粉・ハウスダストなどによるアレルギー症状の緩和、目のかゆみ、充血、なみだ目、異物感
用法・用量 1回1〜2滴、1日4回
内容量 5ml×2本
妊娠中・授乳中の使用 使用可能だが、必要に応じてかかりつけ医に相談
使用が可能な年齢 7歳以上
爽快感の有無 マイルドなタイプ
コンタクトを着用したままの使用 使用不可
1回の使用あたりのコスト(目安) 16.3円

大正製薬

アイリスAGユニット

最安値 564 (税込)

防腐剤無添加で新鮮な使い切りタイプ

2種類の抗炎症成分のほか、抗ヒスタミン成分や充血除去剤など、6種類の有効成分を配合しています。防腐剤が入っていない使い切りタイプで、いつでも新鮮なさし心地です。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量) イプシロン-アミノカプロン酸1.0%、グリチルリチン酸二カリウム0.25%、クロルフェニラミンマレイン酸塩0.03%、塩酸テトラヒドロゾリン0.05%、タウリン1.0%、コンドロイチン硫酸エステルナトリウム0.1%
おすすめの症状 目のかゆみ・充血
用法・用量 1回2〜3滴、1日3〜6回
内容量 18本
妊娠中・授乳中の使用 使用可能だが、必要に応じてかかりつけ医に相談
使用が可能な年齢 記載なし
爽快感の有無 マイルドなタイプ
コンタクトを着用したままの使用 ハードコンタクトは使用可能
1回の使用あたりのコスト(目安) 55円

参天製薬

サンテメディカル抗菌 0.3ml×20本

目やにや腫れを伴う目のかゆみに

抗菌成分「スルファメトキサゾール」が、細菌感染によるものもらいや結膜炎などの症状を抑えます。目やにや腫れなどを伴う目の痒みがある方におすすめです。1回使い切りタイプで衛生的です。

分類 第2類医薬品
有効成分(含有量) スルファメトキサゾール4.0%、グリチルリチン酸ニカリウム0.25%、タウリン1.0%、ビタミンB6 0.1%
おすすめの症状 ものもらい(麦粒腫)・結膜炎
用法・用量 1回1滴、1日3〜5回
内容量 0.3mL × 20本
妊娠中・授乳中の使用 使用可能だが、必要に応じてかかりつけ医に相談
使用が可能な年齢 1歳以上
爽快感の有無 マイルドなタイプ
コンタクトを着用したままの使用 ハードコンタクトは使用可能
1回の使用あたりのコスト(目安) 81.4円

ライオン

スマイルコンタクトAL-Wマイルド 12ml

最安値 505 (税込)

東海エリアの方は取扱い店あり 近隣の取り扱い店舗を探す 539.0円(税込)/1個あたり539.0円(税込)

この商品の最安値はこちら! Amazonで見る 505円(税込)

ペイペイジャンボ開催中 Yahoo!ショッピングで見る 546円(税込)

お買い物マラソン 開催中 楽天で見る 591円(税込)

カラーを除くすべてのコンタクトに使用可能

カラーコンタクトを除くすべてのコンタクトレンズ装着時に使用可能な目薬です。抗炎症成分、抗ヒスタミン成分、うるおい成分など、5種類の有効成分を配合しています。防腐剤無添加ですが、独自技術により防腐効果を持たせています。

分類 第3類医薬品
有効成分(含有量) グリチルリチン酸二カリウム0.125g、クロルフェニラミンマレイン酸塩0.03g、コンドロイチン硫酸エステルナトリウム0.5g、ピリドキシン塩酸塩0.01g、L-アスパラギン酸カリウム0.2g(100ml中)
おすすめの症状 ゴロゴロ感・かゆみ
用法・用量 1回1〜2滴、1日5〜6回
内容量 12ml
妊娠中・授乳中の使用 使用可能だが、必要に応じてかかりつけ医に相談
使用が可能な年齢 乳幼児は使用不可
爽快感の有無 マイルドなタイプ
コンタクトを着用したままの使用 カラーコンタクト以外は使用可能
1回の使用あたりのコスト(目安) 5.5円

【比較一覧表】この記事で紹介している市販薬

商品名

大正製薬アイリスAGガード 10ml

ロート製薬ロートアルガードクリアマイルドZ 13ml

わかもと製薬アレジフェンス 5ml×2

大正製薬アイリスAGユニット

参天製薬サンテメディカル抗菌 0.3ml×20本

ライオンスマイルコンタクトAL-Wマイルド 12ml

最安値

650円(税込)

送料:0円 Amazon 詳細を見る

1,060円(税込)

送料:無料 Amazon 詳細を見る

700円(税込)

送料:無料 Yahoo! 詳細を見る

564円(税込)

送料:無料 Amazon 詳細を見る

505円(税込)

送料:無料 Amazon 詳細を見る
特徴 かゆみと炎症を抑えて修復をサポート つらい目のかゆみを抑える処方 通年性の目のアレルギー症状に効く 防腐剤無添加で新鮮な使い切りタイプ 目やにや腫れを伴う目のかゆみに カラーを除くすべてのコンタクトに使用可能
商品リンク

目薬の売れ筋ランキングもチェック!

なお、ご参考までに、目薬のAmazon、楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。



使用するときのポイント


薬剤師

大月 萌さんのコメント

目のかゆみに対して、目薬や塗り薬を使用するときのポイントについて解説します。

目の周りの皮膚の部分にかゆみ止めの塗り薬を塗ってもいいの?



目の周辺の皮膚がかゆい場合、目もとに使える塗り薬であれば、使用しても大丈夫です。ただし、目頭など目に入りそうな部位は塗り薬を使用せず、眼科を受診した方がよいでしょう。

なお、目やまぶたに使用できる眼軟膏は、市販では入手できません。目の周辺の皮膚や眼球は非常にデリケートなので、心配な方は自己判断で市販薬を使うのではなく、眼科を受診して適切な処置を受けましょう。

副作用はある?使用に注意が必要な人・NGな人は?



人によっては、目薬の成分によって目の充血やかゆみ、刺激感、皮膚の発疹などの症状が現れる場合があります。点眼してこのような症状が見られた場合は、使用を中止して眼科を受診しましょう。

また、緑内障がある方は、市販の目薬の使用によって病状が悪化する可能性もあります。市販薬を使用する前に、必ずかかりつけの眼科医に相談してください。

妊娠中・授乳中、子どもでも使用できる?



用法用量を守って正しく使えば、妊娠中や授乳中の方でも、かゆみ止めの目薬の使用は問題ありません。点眼後に、瞼を閉じて目頭を1分ほど押さえていただくと、全身に移行する薬剤の量が少なくなり、胎児や母乳に対する影響を最小限に抑えることができます。

ただし、不安な方は使用する前にかかりつけ医に相談してください。 子どもに関しては、製品ごとに使用できる年齢が決まっていますので、パッケージをよく確認してから使用してください。

こんなときは病院へ



市販の目薬を数日間使用しても症状が改善されない場合は、眼科を受診しましょう。

また、目もとの皮膚はデリケートなため、塗り薬の使用など判断に困る場合は、自己判断で市販薬を使用せず、眼科医に相談してください。

『目頭』『かゆみ』に関するQ&A




目頭やかゆみに関するよくある質問とその回答をまとめました。

目頭がかゆいときに、花粉症用の目薬を代用してもいいですか?
花粉症シーズンに購入したかゆみ止めの目薬があれば、目頭がかゆいときに代用してもかまいません。 ただし、花粉症の目薬を数日間使用しても症状が改善しないときは、使用をやめて眼科医に相談してください。

また、商品によっても異なりますが、目薬の使用期限は開封後1〜3ヶ月程度です。花粉症シーズンに開封済みのものがあっても、開封後数ヶ月経過している目薬は使用しないでください。

目頭と鼻の間がかゆいとき、塗り薬と目薬、どちらを使えばいいのですか?
目の周囲の皮膚は薄く非常にデリケートなため、使用できる塗り薬は限られています。乾燥によるものであればワセリンなどを塗ってもかまいませんが、目の際など眼球に入ってしまいそうな箇所であれば、眼科医で処方される眼軟膏が必要です。

目薬でも症状が改善されるのであれば、目薬を使用してもよいでしょう。

目頭をこすってから目薬をしたら、染みました。すぐに洗い流したほうがいいですか?
こすったときの刺激により、目の表面の角膜が敏感になっている可能性があります。刺激が強いようであればいったん洗い流し、次の点眼タイミングでもう一度使いましょう。

点眼時以外にも目の違和感がある場合は、角膜に傷がついている可能性もあるため、眼科を受診してください。

目頭がかゆく目も充血している時、目の充血を抑える目薬とかゆみを抑える目薬、いっしょに使ってもいいですか?
2種類の目薬を同じタイミングで使用しても問題ありません。点眼するときは、順番はどちらからさしてもかまいませんので、5分以上間隔を開けて点眼してください。

ただし、緑内障など一部の目薬は、他の目薬と同じタイミングで使う場合、さす順番を後にした方がよいものもあります。目薬をさす順番がわからない場合は、医師または薬剤師に確認してください。 

目薬は冷蔵庫で保管したほうがよいですか?
市販の目薬は、常温保存可能です。直射日光の当たらないところで、密栓して保管してください。

冷蔵庫で保管しても問題ありませんが、凍らせないように注意しましょう。商品ごとの保管方法があれば、パッケージの記載に従ってください。

眼科で処方される医療用の目薬は、冷所保存が必要なものもあります。不明な点は医師または薬剤師に確認してください。

まとめ




目頭がかゆいとき、目薬と塗り薬どちらを使えばよいのか判断に困ることもあるでしょう。目もとの皮膚は薄くてデリケートなため、使える塗り薬が限られています。

特に目の際など眼球に触れてしまいそうな箇所は、自己判断で塗り薬を使用せず、眼科医に相談しましょう。

目薬だけで症状が改善されるのであれば、目薬を使用しても問題ありません。かゆみ止めの成分や清涼化剤の有無、コンタクトレンズ装着時でも使用可能かなどのポイントを参考に、目薬を選んでください。

目に関する記事はこちら





※掲載内容は執筆時点での情報です。

 

この記事が参考になったら
投稿しよう。

参考になった

みなさまの投稿をサービス向上に
繋げてまいります。

この記事はいかがでしたか?

投稿ありがとうございました。

くすりの窓口は、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。
記事内で紹介している商品の価格や送料・URLは、JANコードをもとにECサイトが提供するAPIを使用し、生成しています。
掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなどで情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等についてはECサイト、各販売店やメーカーよりご確認ください。
記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が株式会社くすりの窓口に還元されることがあります。

この記事を書いたアドバイザ

大月 萌
複雑で難しい医療に関する情報を、「わかりやすく丁寧に伝える」ということをモットーにライティングに励んでいます。皆さまの疑問や不安を解決できるような記事を作成していきたいと思います。

関連する記事

人気の記事

新着の記事

体の部位ごとから探す

目の症状
  1. コンタクト
  2. ドライアイ
  3. ものもらい
  4. 眼精疲労
  5. 結膜炎
  6. 花粉症・アレルギー

特集

この記事に関連するタグ